日本国憲法2.0開発部 - 改憲か護憲か?

 こういう憲法になるのなら嬉しいな……
 恐怖の軍国憲法に改悪する位なら、今の憲法の第9条を守っていた方がいいよね

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未来の平和憲法「日本国憲法2.0」のサイトです

2008-07-02 06:55:06 | サイトの趣旨
 こんにちは「日本国憲法2.0開発部」です。
 いま自民党政権は、「国民合意なき改憲工程」のレールを“暴走”しています。
 2007年5月14日には、「日本国憲法の改正手続に関する法律」が強行採決されてしまいました。7月の参院選で野党を過半数にしてこの暴走を食い止めなければ、日本は暗く深い淵に転落してしまいます。

fineちゃん こんな限界状況の中、私たちは、自民党の憲法改正案と異なり、世界の安全と幸せを本当に実現するための改憲案「日本国憲法 2.0」を、情熱を込めて開発し、2006年2月6日、世に投じました。

 この憲法草案を発表して以来、何万人もの人が見てくださり考察してくれました。

 「改憲など絶対だめよ!」という護憲派の人も、「改憲を急ぐべきだ!」という改憲派の人も、どちらでもない人も、ぜひご検討ください。

サイトの趣旨
議論・情報

目次
前文
第1章 憲法
第2章 国
第3章 国民
第4章 公務員
第5章 国民の義務
第6章 国民の権利
第7章 人身の自由
第8章 戦争の防止
第9章 国会
第10章 内閣
第11章 裁判所
第12章 法律
第13章 財政
第14章 地方自治
第15章 改正手続
補則

〔PDF〕日本国憲法2.03全文 New
日本国憲法の総合リンク集 New

 焦点の日本国憲法第9条に対応するのは、日本国憲法2.03の「第8章 戦争の防止」です。

背景

 振り返ると、現行の日本国憲法が制定されて約60年、深刻な問題がいくつも起こってきました。
 (1)テロ対軍隊(+日本の自衛隊)の恐ろしい泥沼戦争、(2)リストラによる正社員枠の激減、(3)保険料等が上がって弱者が見捨てられる社会保障制度破綻、(4)社会に希望が持てない結果としての子供の激減、(5)地球の壊れそうな加熱など……。
 いつのまにか厚い壁と天井に取り囲まれて、さらに火に炙られているような社会になってしまいましたね。

問題意識

 最後の頼みはやっぱり、国民を守るための最高規範であり、すべての法律や機関や判決の基本になっている「日本国憲法」でしょう。
 ところが、選挙や防衛や病気差別などの重要問題で、原告と国で憲法解釈が分かれて繰り返される裁判の数々……。解釈改憲や国際条約の軽視など、日本国憲法の趣旨をないがしろにした立法・施策・判例の数々……。

 例を挙げれば、国民の過半数の合意がない状況で行われたとしか思えぬ、消費税創設やイラク自衛隊派遣、教育基本法改正、そして裁判員制度創設や国民投票法もそれに続こうとしています。
 先制攻撃正当化や非核三原則撤回までが安倍自民党から滲み出ているのがまぎれもない現実です。
 選挙の一票の重みが都市部と非都市部で何倍も違う現状に、甘い判決を続けて政治の歪みの原因を作っている最高裁……。

 2004年4月、「首相の靖国神社参拝は違憲」と判決した福岡地裁の亀川清長裁判長が、事前に遺書をしたためていたのは、誰の殺意を感じていたからか?
 2006年12月、「住民基本台帳ネットワークシステムは違憲」と判決した大阪高裁の竹中省吾裁判官が死んだのは誰のせいか?

 いったいこの国の国家は、美しかった日本と日本人の心を汚してどんな淵に突き落とそうとしているのでしょうか?

 日本国憲法の精神どおりに立法、行政、司法で運用してくれる国であったらよかったのですが……情けない思いですよね。

憲法改正案の提案

 以上のような認識から、思い切って国家システムの規程である憲法に手を入れ、解釈改憲を根絶すべく具体化を進めてみたらどうなるかと考え、私たちで試作したところ、このように新鮮で面白い憲法草案ができたというわけです。

「これだ!」
「ここまで憲法にちゃんと書いてあったら世の中もっと良くなりそうだよね!」

と喜んでいただける各種の「新機能」が満載です。

 この結果、現行憲法全103条が155条に増え(1.5倍)、文字数で約3倍の量になりました。これでも、未来の憲法としては、適量に対してやや多め程度と考えております。
 現在は具体的過ぎる書き方もありますが、国民の合意を前提に、法律に任せるとして歯止めだけ残して簡略化することは考えています。

ビジョン

 自民党の改憲案の正体は、人権明記というオブラートに包んだ軍拡です。
 外国からの侵略への防衛力強化(潜在的攻撃能力の強化ともいえる)、PKO等で派遣される軍隊における殺傷力の強い武器の使用、米国本土や米軍の艦船・航空機・基地などが攻撃されたときでも日本軍が反撃に加わらなくてはいけない戦争共同体制、徴兵制度、ネット情報検閲が、数十本の法律とともに現実のものになります。

 私たちはそれとは違って、各国がこうした平和憲法で同時軍縮を進めて、国と国が助け合い楽しませあうというという「未来ビジョン」を掲げています。

 この目標に近づくために、武力や抑止力に頼らなくてもいい安全な国際社会を、外交努力と国連活動を中心に共同歩調で作っていくわけですが、その先陣を切るべき国は、唯一の被爆国であるわが日本でしょう。もし平和憲法を捨ててしまえば、平和を言う資格があるでしょうか。

日本国憲法2.0の理念

 「日本国憲法 2.0」はその特徴として、今の日本国憲法が国民を国家の暴走から守ってくれる国民主権、自由平等、基本的人権という背骨をしっかりと補強しています。
 そればかりでなく、新しく「人々がもっと助け合えて、もっと楽しませ合える国にしよう!」という新理念を加える提案をしています。

 自衛隊から国際救助隊へ、天皇制から儀礼官(ぎれいかん)制度へ、責任も大きくなる青年については18歳を成人として選挙権付与をするなど、多くの方にご納得いただける変更を提案しています。

(なお、巷で改憲案に上がっていても効果、コスト、副作用の議論が不十分な、大統領制、首相公選制、道州制、憲法裁判所および参議院廃止は、採用しませんでした。)

 もうひとつ、明瞭化も、大きな目的です。
 ●一票の平等や安全保障や国歌・国旗強制問題など、従来解釈が分かれて国と個人の間などで長年争いになっていた事項や、
 ●今は法律条文だけれど国民のために規定している国家システムの大原則、また、
 ●小学生から知っておいて欲しい法の基本原則も、
憲法に書き込んですっきりと解決しました。

活用のススメ

 冒頭述べましたとおり、いま自民党の新憲法草案と国民投票法案をきっかけに改憲か護憲かの論争が起こっています。
 貴方をはじめ国民ひとりひとりの喉元に刃(やいば)が突きつけられて、

 ●軍隊明記・戦時人権制限の“改正”をする
 ●今の憲法の軍縮主義をあきらめず人権を守ってじっくりいく

のどっちを選択するのかと迫られています。
fineちゃん
 日本国民諸賢には、この「日本国憲法 2.0」も題材にして、一段と高い見地でご議論いただけましたら、私たちは最高の幸せでございます。
日本国憲法2.0開発部



 リンクや引用はどんどんしてください。現在、コメントとトラックバックは、可能です(移動、消去、書式変更等をさせていただくことがあります)(お返事はすることも遅れることもしないこともあります)。「日本国憲法2.0」条文の著作権は主張しませんので、この名前で広く本提案、修正案、ご批判をどんどん広めてください。解説文の引用は、出所を明示すればかまいません。投稿コメント・トラックバックの引用は、お断りいたします。講演、番組出演、集会参加、記事執筆、質問回答等は、現在お引き受けしておりません。
コメント  過去ログ→ 87~ 78~ 69~ 62~ 58~ 57~ 49~ 43~ 39~ 34~ 28~ 23~ 16~ 11~ 1~
最新↓ 
最新↓ 
ジャンル:
その他
コメント (53)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 掲載されました | トップ | 第九条交響曲ができました »

53 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2006-06-16 15:02:54
『安倍晋三統一協会祝電問題』を一切無視する「巨大マスゴミ」を許すな!!

「対米売国」どころか「対朝売国の対中売国」、挙句の果ての「対韓売国(統一協会)」に走る『小泉安倍とニセ愛国者』を許すな!

そしてコイツラのヨイショしかしない『朝日・サンケイ・読売・毎日・日経・テレ朝・フジ・日テレ・TBS・テレ東』も許すな!

※売国メディアを糾弾するスレ

【小泉安倍】新聞テレビの世論操作を監視するスレ【20】

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1149515449/

※小泉安倍竹中の売国テキスト「年次改革要望書」を語るスレ

【マスコミに代わり】年次改革要望書を読み解くスレ2

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1148454888/



※数々のネットを含む世論操作疑惑を究明するスレ

まだセコウ】自民党「2ch対策班」8【してますか?

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1148743421/



※巨大マスゴミが無視する重大問題

【政治】 「"統一協会の集団結婚大会に祝電"報道で、安倍氏は回答拒否、保岡氏は認める」…赤旗報じる★13

http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1150424938/

日本国憲法9条 (プロサッカー選手)
2006-09-21 16:04:11
みなさんは、この日本国憲法9条についてどうおもいますか

全く同意できない (左翼撲滅)
2007-03-18 16:33:47
少なくとも日本文化と不可分である天皇制を
どうするかは完全に国民の自由意思である。

それを憲法で制限するなんて、そもそも
国民の自由権を侵害している。

日本国憲法 2.0は、この時点で全く国民世論と
乖離しており、採用公算ゼロです。
Re:全く同意できない (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-18 17:07:37
左翼撲滅さんこんにちは。
 天皇制は日本の根幹であることは、憲法より優位だというお考えですね。分かりました。
誤解しなさるな (左翼撲滅)
2007-03-18 21:03:25
何をトチ狂った誤解してんだか・・・

そもそも天皇制をどうするかは国民に選択の自由
がある。憲法はその自由を保障しさえすれば良い。

天皇制が憲法より優位であるとは言っていない。
国民の選択の自由こそ憲法より優位なのだ。
TBありがとう (蓬莱の島通信ブログ別館)
2007-03-22 18:51:11
TBかりがとうございました。憲法での論議も様々な立場があっていいと思っています。ただし、中国軍の日本への侵攻は時間の問題というのが私のネットから判断した見方です。国内の問題は国土の保全ができてから、ゆっくり考えればいいことで、取り敢えず、何もできずに中国・朝鮮軍に蹂躪されて長い日本の歴史的遺産を失い国民の大半を虐殺される惨禍から逃れることが第一課題だと思っています。
↑全く正しいと思います (左翼撲滅)
2007-03-22 20:45:38
そもそも、自民党の改憲草案は全然軍国主義では
ない。軍国主義にするなら、全軍の幹部化、全軍の
近代化、全人民の武装化、全国土の要塞化の4大
軍事路線で北朝鮮とタメをはる位でなければ!!

自民党の改憲草案でびっくり仰天するくらいなら
中国の急激な軍拡なんかにも心臓発作で倒れるで
しょうね。

私に言わせれば、自民党の改憲草案は、まだまだ
左寄りで戦後民主主義的なニオイが残っています。
こんな穏健な憲法では不満足な人も多いかも。

でも、現行憲法よりは大分マシになっていますよね♪
Re:TBありがとう (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-22 22:01:51
 蓬莱の島通信ブログ別館様いらっしゃいませ。
「中国・朝鮮軍に蹂躪されて長い日本の歴史的遺産を失い国民の大半を虐殺される惨禍から逃れることが第一課題」というご意見ですね。分かりました。
Re:↑全く正しいと思います (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-22 22:08:55
 中国の急激な軍拡もアジアの不安定要因になり、困ったものだと思っています。
 そういう日本も自衛官、予備自衛官の削減をせず、削減しつつある国家公務員の中での自衛官の占有率がじわじわ上がっています。日本の軍拡もアジアの不安定要因でしょう。
 それをいうなら朝鮮民主主義人民共和国こそ不安定の元凶と言われると思います。
 だからこそ外交をもっとグローバルに転換して諸外国の人々・政権にも軍縮のよさを認識させないといけないのではないでしょうか。
 自民改憲案では穏健すぎるという人たちは危機感はよいのですが、防衛が相手にとっては攻撃に見えるという簡単な原則を軽視しているように見えます。
自衛官の占有率 (左翼撲滅)
2007-03-23 22:01:04
国家公務員の中での自衛官の占有率がどれだけで
あるかなんて議論は聞いたことがない。麻生太郎
ではないが、一律削減なんて愚の骨頂。必要なら
ば増やすことも考えねばならない。

そもそも、中国の政治思想は日本をはじめとする
平和国家のそれとは相容れないものがある。軍事
は外交同様、政治の一手段である以上、根本的な
思想的相違が埋められない以上、表面的な軍縮
やらグローバルな外交やらは全く無意味。

本質を欠いた議論は空虚なものです。
こんにちは (手漕ぎの風来坊)
2007-03-23 23:01:58
左翼撲滅さん、あちらこちらでお見かけしますが、貴方は憲法をどのようにご理解されてますか?
もっともらしいお言葉をお使いですが、本質がまったく分かっていらっしゃらない様子。私なら恥ずかしくて、、、
自分のご意見が正しいとお思いなら、自分でブログでも立ち上げて堂々と吠えればよろしいかと思いますよ。「左翼撲滅」などのHNをお使いでは、それも出来ないか。失礼致しました。
Unknown (matsu)
2007-03-24 12:17:43
トラックバックされていたので拝見しましたが、はっきり言って、非武装都市宣言並に現実無視の奇麗事ですね。
自衛隊放棄する事で、どのように国を守るのですか?現在の国防の要は「日米安保」と「自衛隊」であるのは紛れも無い事実です。
有事になっても、軍備で戦う事を放棄するのに、侵略を受けた時に基本的人権である「生存権」をどのように補償するのですか?
外交交渉で生存権を維持できるのであれば、優秀な交渉能力で、一切の対価を与えずに拉致被害者を取り返して見せてください。
それに、中国は尖閣を、韓国・北朝鮮は竹島を、ロシアは北方4島と、侵略行為を受けています。
武力を放棄した社会主義では、国外からの侵略を防ぐことは不可能です。
現実にそぐわない、理想論に酔ってるだけで、実効性が無いですね、それとも、このような意見を出してる事で満足する「市民運動ごっこ」でしかないのですか?
Re:Unknown (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-24 12:43:44
 matsu様ようこそ。
 日本には既に外国からの侵略があり侵略はエスカレートの危機にあるという認識に基づく軍備強化論ですね。力には力で対抗し、殺戮されそうになれば殺戮するしかないではないか、という意見ですね。
 対話と圧力とはよく言われる言葉ですが対話を放棄すれば圧力そして戦いにシフトして、相互に痛手を被らないでしょうか。
Unknown (matsu)
2007-03-24 15:39:03
コメントありがとうございます。
対話と圧力は両方とも必要です。力だけで外交関係を気付けると思うほど愚かな人間はいないでしょう。
ただし、対話だけに極端な比重を置きすぎると、今起こってる竹島問題のように、自国の領土を侵略されても、取り返せない状態になるのでは?
対話を放棄するか、軍備を放棄するかなどという極端な二元論で捉えてもらってもお話にならないと思いますね。
少なくとも、日本の周辺国が軍拡している現状では、安易な軍備放棄や極端な軍縮は危険であるし、国民の生存権の保証は、国家が果たす最大の責任であると考えていますので、奇麗事とか、理想のために「いざ」という時に「理想のために死んでくれ」と言ってるような、理想主義者には賛同できないと言うだけです。
理想で軍縮ができるというなら、北の核兵器をどのように放棄させるのか、具体案を示してもらいたいですね。
実現可能な具体案を出せないのに、大枠の憲法を語るのは本末転倒なのではないでしょうか。
matsu様 (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-24 18:27:47
 「外交10:武力0」の完全非武装論とか、「外交0:武力10」のすぐさま外国を攻撃して懲らしめる論とかの中間のどこかに、私もmatsu様も位置するようです。
 日本の周辺国が“軍拡している”現状では、即刻「外交10:武力0」にするのは現実的でないかもしれませんが、将来に向かって日本がまともな外交努力をしているとは思えません。比率より前に外交活動の絶対量が少なすぎます。
 旧ソ連が米国や日本に向けていた核ミサイルは膨大なので、それを凌駕する軍事力、防衛力で到底対抗できるわけがないとみんな思っていました。その後“仮想敵国”が北朝鮮に移された現在、軍事力、防衛力を増強しないとだめですればよいかのような幻想が誇大に宣伝され、軍拡派の思い通りに進んでいると思われます。
 きのうもアメリカでは、下院がイラクからの兵力撤退求める法案を可決したというのに、いまだに航空自衛隊を派遣している日本では、撤退を延期するだけで外交努力をしていない政権です。
 すぐに攻められてしまうかどうか見解が分かれますが、攻められないなら将来を考えて外交の比率を増やす方がいいと思っています。
コメントありがとうございます (matsu)
2007-03-24 20:44:19
いくつか気になった点があったので、書き込ませていただきます。
外交問題を考える場合に性善説で行動する事事態が私は危険な賭けにしか見えないのです。
そもそも、日本は軍備拡張などしていません。さらに言えば、周辺国と人件費が格段に違うので金額での直接比較具体的ではありません。現在の自衛隊の装備は敵地攻撃能力ほぼ持ち合わせていません、この状況でも周辺国を刺激するだの、外交努力がというのは非現実的だとしか思えません。
それに、イラクの件と、国防は直接リンクさせる問題ではありませんね、撤退を延期できない要因としては、自国の防衛の要をアメリカに頼っている為の政治的判断の要素も多分にありますが、それでも、この件と繋げて発言するのはフェアではないと思います。
そして、日本が軍拡しなくとも周辺国が軍拡を続けるかぎり、話し合いだけで国民を守れると言う事はありえないと思うのです。
武力ゼロを目指しいる訳ではないとおっしゃられてますが、それなら、なぜあなたの理想とする憲法に軍隊軍備の禁止を盛り込むのですか、この矛盾はどうしても理屈に通らないと思われます。
外交努力といいますが、自国の防衛力を欠いた状態では、対等の関係は気付けないでしょう。チベットや、東ウイグルを見ればよく分かると思います。それでも台湾が侵略を退けて来れたのは、アメリカの防衛能力が後ろ盾としてあったからではないでしょうか。
そもそも、中国・北朝鮮・韓国と条約や協定を無視する事もなんとも思わないような国に囲まれている限り、現実的に防衛能力を強化する必要性はあると思います。
Re:コメントありがとうございます (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-24 21:29:05
matsu様
>武力ゼロを目指しいる訳ではないとおっしゃられてますが、
>それなら、なぜあなたの理想とする憲法に軍隊軍備の禁止
>を盛り込むのですか、この矛盾はどうしても理屈に通らな
>いと思われます。

 ここは語弊があったでしょうか、矛盾がないことを説明しておかなくてはいけませんね。
 
>なぜあなたの理想とする憲法に軍隊軍備の禁止を盛り込むのですか、
日本が軍拡競争に参加せず、
自ら体験した悲惨な戦争の再発を厳重に防止するため、
また、国際的緊張を緩和するためです。

>武力ゼロを目指している訳ではないとおっしゃられてますが、
侵略できるほどの武力はゼロですが、警察力のように内乱やテロに対応する程度の武器使用の必要性がなくなることはないと考えます。そのときの世界の平和度に応じた武装が必要なのでしょう。警察に準じる国境警備隊を置く場合、どの程度の装備がいいのかたしかに考えどころです。ただ、今後の争いは国境を超えて大部隊が攻めてくるというのに加えて、テロがあるので厄介ですね。

>中国・北朝鮮・韓国と条約や協定を無視する事もなんとも
>思わないような国に囲まれている限り、現実的に防衛能力
>を強化する必要性はあると思います。
とmatsuさんは考えておられるのですね。
さすが本質を捉えてる人は違う! (左翼撲滅)
2007-03-24 23:57:27
すみませんでした。てっきり貴方を非武装中立論者と
勘違いしていました。日本国憲法2.0開発部様。

私も全く同じ意見です。侵略的な軍隊は全廃すべき
であると考えます。しかし、国際法的に認められた
自衛権の行使を実効性を持って実施できる実力組織
ならばOKということですよね?

であればやっぱり自衛隊ということに落ち着きます
よね。一応、敵国が国際紛争を吹っかけてくるので
すから、交戦団体としてやっぱり形としては軍隊
としなければならない。文民が戦争やっちゃマズイ
ですからね。

侵攻形態も従来型プラスいわゆる「新たな脅威と
多様な事態」対処型、そして国際平和活動の恒常
任務化ですよね。

こうなると現行の自衛隊では力不足。防衛費は
GNP2%くらいまで使った方が良いでしょう。

こういう青写真に沿った新憲法・・・一番近いのが
自民党案ということになりそうですね。これが結論。
Re:Re:コメントありがとうございます (matsu)
2007-03-25 00:05:45
現状認識が、ちょっとおかしいと思う点があるので書き込みさせて頂きます。
まず、「日本が軍拡競争に参加せず、自ら体験した悲惨な戦争の再発を厳重に防止するため、また、国際的緊張を緩和するためです。」
日本は世界的に言われる「軍拡競争」はしていませんよ、確かに防空能力、制海能力は高めですが、他国に攻撃する能力は皆無に近いですし、戦闘機の航続距離も制限しています。過去の大戦の反省というのは大事でしょうが、それを口実にして軍備拡大を続ける国が隣にある限り「防衛」に限っては高レベルの軍備を確保しなければならないと思います。
中国が空母を持っているのに、対抗する手段として空母建造計画すらありません、私は現状の装備編成で良いと思っています。、専守防衛という現在の軍事常識では「日本人は壊滅的な被害受けるまで、自国領土も守るな」という状況に危惧しています。

過去の大戦と引き合いに出しますが、日本は戦後60年以上武力による紛争の解決及び戦争を一切しておりません、それでも、他国の脅威といわれる道理が納得できません。それでも信用されていない日本が良くないというのであれば、それはただの日本人に対する人種差別ではないでしょうか。

「武力ゼロを目指している訳ではないとおっしゃられてますが、侵略できるほどの武力はゼロですが、警察力のよう内乱やテロに対応する程度の武器使用の必要性がなくなることはないと考えます。そのときの世界の平和度に応じた武装が必要なのでしょう。警察に準じる国境警備隊を置く場合、どの程度の装備がいいのかたしかに考えどころです。
ただ、今後の争いは国境を超えて大部隊が攻めてくるというのに加えて、テロがあるので厄介ですね。」

とのことですが、現状の自衛隊の装備でで侵略は間違いなく不可能です、それに国境警備隊に交戦権を与えるなどということは、シビリアンコントロールが崩れる要因になります、これこそ危険な行為であるといえます。
そして、国境警備隊とした場合に交戦権の判断が難しくなる点と、海上保安庁のような組織が過剰に武装する形になれば、かえって他国から信用無くす要因となります。
武力の後ろ盾一切放棄した状態で、紛争解決ができるのでしょうか?私には不可能にしか思えません。
侵略行為の抑止力は、武力と、それを背景にした交渉と、経済力、他国との外交関係、など複合的な要素によって成り立っています。
家に鍵をかけず、皆様の善意を信用します、わが家の全財産は自宅のここに置いていますなんて張り紙出すような、危険なマネに一般国民を巻き込むのは、国民の生存権を否定している、人権侵害でしかないと思います。

裸の王様=日本国憲法2.0開発部様 (左翼撲滅)
2007-03-25 00:12:48
本質が分かっていない、と偉そうに 他人に言う本人が
全く本質を理解していなかったというオチ。ちゃんちゃん♪
自衛官だけが削減されない? (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-25 10:55:44
 自衛官は25.2万人、
 予備自衛官・事務官等が8.1万人
 合計33.2万人 [1]。

 5年間で、郵政公社職員を除く国家公務員(定員ベースで68.7万人)を5%以上、純減させる計画を進めています。
 福祉政策まで次々打ち切られるほどの国家財政の危機の中で、これほど多くを占める自衛官等の削減がなぜされないのでしょうか?
 自衛隊・防衛庁(当時)が財務省に人員を要求したときの理由は

「北朝鮮の特殊部隊二五〇〇人が全国の重要施設一二四カ所に攻めてくる可能性がある。その施設すべてを警備し反撃するために、いまとほぼおなじくらいの人員は必要だ」[2]

といいます。
 けれども、少なくとも、自衛官の人員についても、聖域を設けず、教育関係、給食関係、整備関係等の民間委託等を行うことにより、行政機関に準じて純減を行うことが必須です。

[1] 平成18年版 防衛白書 2006年3月31日の数字
http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2006/w2006_00.html
http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2006/2006/html/i6222000.html
[2] 小熊英二著 日本という国 理論社 2006年
Re:Re:Re:コメントありがとうございます (日本国憲法2.0開発部)
2007-03-25 11:07:39
>家に鍵をかけず、皆様の善意を信用します、わが家の全財産は自宅のここに置いていますなんて張り紙出す
>ような、危険なマネに一般国民を巻き込むのは、国民の生存権を否定し
>ている、人権侵害でしかないと思います。
 国連軍を否定するものではありません。家の中には棒はあってもピストルまではありません。警察官は棒も拳銃ももっていて、泥棒がいるといえば駆けつける。それと同様の仕組みがあれば、国内の警察力が不足する事態でも人権は守られます。
(日本が国連軍の一員として派兵するかどうか、日本人の志願兵が国連軍に参加することを認めるかどうか、国連軍制度、平和維持軍制度、停戦監視団制度、PKO等をどうしたらよいかはまた別問題)
Re:ReRe:Re:コメントありがとうございます (matsu)
2007-03-25 18:14:22
お返事頂きありがとうございます、国連とおっしゃられますが、国連軍の派兵は基本的に安保理の承認があって~でしか動けません。しかも、常設の国連軍は存在しておりません。という事は、侵略行為を受ける→国連安保理が平和維持活動を行うかどうか決定する→各国に参加を要請する→派兵準備の流れを踏まなければ、派兵される事はありません。
緊急時に、このような手続きを必要とする「国連軍」より、自国内に防衛力を持つ事のほうが、確実に安全です。
家に鍵を掛けないというたとえを使ったのは、まさにこれです、国連軍が警察だったとしても、鍵があいていれば到着するまでに確実に被害が出るという事です。
さらに言えば、国連軍の主力となりえるのは過去の実績から見ても米軍です、それなら、煩雑な手続きで無駄なタイムラグによる被害拡大させないためにも、自衛隊&日米安保の方が確実性が高いといえます。
国連軍が到着するまでに被害にあう国民は「理想主義の犠牲者」になるのではないでしょうか?
それに、もし速やかに国連軍が来たとしても、自国の防衛を外国人に押し付ける事になり、それこそ冷戦下で自国の利益だけを追求していると非難されたように、経済活動に支障をきたすといえるでしょう。
それに自衛隊を国連軍に付託するというのであれば、自衛隊はれっきとした軍隊となります。となると軍備の放棄はで着ないと自ら認めた事になりませんか?
平和維持軍も結局被害が出てからでないと行動しません。領海・領空侵犯の時点で、防御体制に入れるようでなければ、ファーストストライクで壊滅的な被害を受けうるというのが、現在の軍事の常識です。
初弾を受けない体制をつくることが、「防衛」であり、鍵をかけるということではないでしょうか。

軍事・軍備がお嫌いなら、逆に軍事軍備の知識を深め現状の軍事に基づく防衛策を提案しないと、机上の空論やら、理想論やら、現実逃避と、信用され無いですよ。
ご連絡 (インターネット九条の会)
2007-03-25 23:03:25
初めましてインターネット九条の会と申します。
(http://kempo9.com/)
当サイトで発行しているメルマガで貴サイトを紹介したいと思います。よろしければ個別にご連絡を差し上げたいと思いますがいかがでしょうか?
info@kempo9.com
拳銃は不要 (左翼撲滅)
2007-04-11 22:48:07
日本国憲法2.0開発部さんの意見に賛成します。

日本は拳銃まで持つ必要はない。
棒で十分。

さて、では棒とはどのような戦力か?
自衛のための最低限度のものでしょう。

さあ!棒=自衛隊を、棒の範囲内で精強なものに
しましょう。そのためには陸海空自衛隊に自衛用
の最新の兵器を購入してあげることです。
だから・・・ (左翼撲滅)
2007-04-11 22:50:49
公務員改革で定員削減なんてもってのほか。
現在は不完全な棒でしかないのですから、
定員及び予算を大幅に増額しましょう。

もちろん有事法制も必要ですし、憲法なんて
変えてしまえばよい。スパイ防止法を制定し、
国内の不穏分子を徹底的に監視し、要すれば
破壊活動防止法を適用してやりましょう。
お邪魔しました。 (真愚)
2007-04-24 23:37:39
こうやって通して作ってみるというのは
なかなか勉強になりますね。
よい機会になりました。ありがとう。
一つだけ、
反戦と平和は別物。
真愚さん (日本国憲法2.0開発部)
2007-04-25 00:33:14
数々の面白いご意見をどうもありがとうございます。
素朴な疑問 (素朴)
2007-05-23 03:43:04
軍備を撤廃したときに、テロや戦争に巻き込まれたらどうするのですか?
日本でテロや戦争が絶対起こらない、巻き込まれないという根拠はありますか?
警察官の装備は軍備なのでしょうか? そうではないのでしょうか?
何をもって武力保持とするのでしょうか? 包丁やカッターナイフはどうですか? 
それとも部隊でなければ武力を装備してもかまわないのでしょうか。
暴力団に対抗するにはどうすればよいですか?
恐らく何度か繰り返された質問だとは思いますが、わかりやすく教えてください。
付け加え (素朴)
2007-05-23 03:50:04
つまり、警官の装備を認めれば、線引きが極めてあいまいになるのではないですか? 
なぜ現在の自衛隊ではいけないのですか? 自衛隊を継子扱いすると、クーデタがいつ起こってもおかしくありません。なぜ自衛官に他の職業や組織と同等の尊厳を認めることができないのでしょうか?
なぜ軍隊を禁じるのでしょうか? 根拠が分かりません。
Re:素朴な疑問 (日本国憲法2.0)
2007-05-29 09:19:29
> 日本でテロや戦争が絶対起こらない、巻き込まれないという根拠はありますか?

 そのような保証や根拠はありません。日本が働きかけ、諸外国や国際機関が平和に向かって成熟した仕組みを作りそういう行動をとり、民族や宗教や土地、経済にからむ、人々の歴史的怨念の解消に向かうとき、テロも戦争も確率は減ります。言ってみればそれが根拠、保証です。この2年や3年でできないことは分かっていますが、日本政府の平和への努力はこの方向に行っている実感がありません。日本国民は

> 軍備を撤廃したときに、テロや戦争に巻き込まれたらどうするのですか?

 巻き込まれて大量に殺傷されたり植民地になり日本人が外国人の奴隷にさせられたらたしかに大変なことです。
 日本国憲法2.0のような憲法を国民が成立させる時代は、前提として諸外国や国連もも平和に向かっての努力を実らせている時期です。
 諸外国もいまのように武力で威嚇したり軍拡せず、英米とアラブ・イスラム圏もいまほど深刻な衝突をせず、ちいさな武力衝突やちいさなテロは国際的な仕組みも協力して抑え込めるようにだんだんなっていくことを期待します。
 たしかに、今より確率は低くてもテロや攻撃を仕掛けられないとはいいきれないかもしれません。それに対抗し鎮圧、排除するために火器、装甲車、航空機、艦船はまだ要るかもしれませんね。

> 警察官の装備は軍備なのでしょうか? そうではないのでしょうか?

 いまの日本の警察官の装備は軍備ではありません。自衛隊の装備はいわゆる自衛戦争向けの武力装備であり、侵略戦争は全くできない程度という人もいれば、事実上侵略にあたる攻撃は、戦争になって勝つかどうかは別にして、できてしまうのではないかと考える私のような人もいるでしょう。
 日本国憲法2.0施行後には、段階的に自衛隊を廃止して、侵略戦争向けの武力装備どころか、自衛戦争向けの武力装備ももちません。自衛のためと称して二国が戦争を開始することはよくあることです。ただ、外国または国内の勢力による国民や国の資産への攻撃やテロは、よほど平和になっていなければありえるので、現在の警察以上、現在の自衛隊未満の装備によって、警察が自分の安全を確保しつつ、大量破壊等を狙う犯罪者を強力に抑え込む仕組みは当面必要になるでしょう。昔なつかしい(?)言葉でいえば、警察予備隊位の位置づけでしょうか。自衛隊から装備や人員の一部を警察に移管することになるのかもしれません。

> 何をもって武力保持とするのでしょうか? 包丁やカッターナイフはどうですか?

 包丁やカッターナイフは攻撃用の道具にもなり得ますが.攻撃用の道具の保持を日本国憲法2.0がすべて禁止するのではありません。警察のもつ警棒、銃、放水車、自衛隊がなくなってからは今の装備の一部も、もつことになるでしょう。
 武力の定義はいま正確にできませんが、いわゆる戦争を自国が仕掛けていくときに必要になるような装備、たとえば空母とか長距離弾道ミサイルや核兵器などを含みます。これらは外国からの攻撃やテロへの対抗に必ずしも要らないと考えます。

> それとも部隊でなければ武力を装備してもかまわないのでしょうか。

 (部隊というより)軍隊でないことがまず必要です。そして実質的に軍隊になるようなほど強力な装備はいけないでしょう。たとえば継続的に外国に兵員を送り込んで装甲車で戦ったり、空母から爆撃機やミサイルによって大量の空襲を行えるような、人員、組織、機器、弾薬などをもっていたらいけません。身につけるような銃を、合理的人数の警察隊がその人数分もっているそれだけのことならいいのかもしれません。

> 暴力団に対抗するにはどうすればよいですか?

 上のとおりなので対抗できます。

> つまり、警官の装備を認めれば、線引きが極めてあいまいになるのではないですか? 
 線引きが難しいのは途中にいろいろな段階があったり、いろいろな外国からの攻撃やテロのパターンがあり、国内でも小は刃物による脅迫から大はクーデターまでいろいろなパターンがあるからでしょう。難しくても線引きは時代に合わせてすればいいのです。新たな事態があれば線を細かくしていきます。
 警察か自衛隊か軍隊かという言葉だけが問題でないことも確かです。実質どういう攻撃ば守備をするパワーなのかで判断します。これも線引きは難しくてもできるはずです。曖昧になるのは線引きしない場合でしょう。

> なぜ現在の自衛隊ではいけないのですか? 自衛隊を継子扱いすると、クーデタがいつ起こってもおかしくありません。なぜ自衛官に他の職業や組織と同等の尊厳を認めることができないのでしょうか?

 日本国憲法2.0が自衛隊を実質的に警察力に減らそうと言っていることと関係ない問題ではないでしょうか。

> なぜ軍隊を禁じるのでしょうか? 根拠が分かりません。

 けんかをしないために道具を使わない、殺人を減らすために銃刀の保持を禁止する、というのは人の知恵ですが、好戦的な国家や勢力がある限り、軍隊の保持そのものが、戦争の引き金を簡単に引き、ひどく悲惨な結果をもたらすことになる、という考え方です。押付憲法かどうかわかりませんが、今の日本国憲法の前文と第九条はその考え方です。
 完全な丸腰がいいと考える人もいるでしょうし、上で述べたように今の警察以上自衛隊未満の装備はあっていいと考える人もいるでしょう。私は後者ですが、仮に世界の国々がずっとずっと未来に、今の日本の都道府県同士のように仲良くなっていて戦いの可能性が低くなっていたら、丸腰に近くなっていくことでしょう。ここまでの話は絵空事という批判をしてもいいです。当分そうできないのは明らかですから。
すみませんが (左翼撲滅)
2007-06-02 16:46:00
安倍政権が目指している憲法改正案と
日本国憲法2.0とやらは全く別物ではないですか。

安倍政権は今を見据えて改憲しようとしている。
日本国憲法2.0は、言うならば遠い未来のための
理想を試しにつくってみました、ってレベルでしょ?

まったく別物ではないですか!!!!!!!!!!
自民党の憲法草案の対案には成り得ませんよ!!!

もう、何を言って良いのやら。
絶句します。


↑へたれ右翼は去ね (秋月瑛二のうっとうしさ)
2007-06-05 05:23:14
自民党の草案なんかを憲法だと思ってる君の知性の無さが一番の問題じゃなw。
そもそもアベちゃんの目指す社会というのは君みたいな知性の低い低学歴の人間には厳しい社会じゃないのかい?
Re:すみませんが (日本国憲法2.0開発部)
2007-06-06 20:43:11
> 安倍政権が目指している憲法改正案と
> 日本国憲法2.0とやらは全く別物ではないですか。

 はい、全く別物です。

> 安倍政権は今を見据えて改憲しようとしている。

 ご承知のように、自民党は、ソ連崩壊で冷戦が終わったら、今度は北朝鮮という仮想敵国を作って危険を宣伝しています。実際に拉致問題を材料に大きく煽って緊張を高めています。そして、軍備増強や軍隊強化をするには障碍になっている日本国憲法の前文と第九条を無効化しようと、憲法改正を計画していますね。中国の軍備拡張や国際テロ組織の攻撃拡大の情勢も利用し、また、国際貢献のためには米英軍と共同で戦えるようにと集団的自衛権の明記も計画しています。
 これらは非常に目先のことであるとともに、過大に宣伝されたり、日本も近隣諸国の神経を逆撫でするような行動をとって、いらぬ国際緊張を作り出している面があることも忘れてはなりません。
 このような意味で、左翼撲滅さんがおっしゃっていることは正しく、賛成ですよ。

> 日本国憲法2.0は、言うならば遠い未来のための
> 理想を試しにつくってみました、ってレベルでしょ?

 試しに作ってみたと言われればその通りで、試案が多くの人に揉まれて、現実的ないい案になっていくのだと思います。
 しかし、永遠に実現できない非現実的な理想や机上の空論ではありません。
 現に、江戸時代以前に日本の中では内戦が絶えませんでした。しかし明治以降はガラリと平和になりました。これを考えてください。
 同じことが世界レベルで実現できないはずがありません。それが今できない理由は100でも200でもそれはあるでしょう。でもそれができないのは、それをしたくない勢力が世界のあちこちにいて戦争や軍拡をしているのが原因なのです。民衆の上に立つ為政者や宗教者や政治団体のリーダーが、真に世界の民衆の幸福を考えず、対立を煽って制裁だの復讐だのという名目で貴重な人命、資金、資材を浪費しているのが現実です。

> まったく別物ではないですか!!!!!!!!!!

 そうですよ。3年後に改憲するような改憲案など作っていませんよ。
 しかし、何百年後かの遠い将来だという一部右翼の方の主張はどうなのでしょう。そんなに平和への悲観論を掲げて直接行動に走っていては、かえって危ないでしょう。
 自民党がそんな早く改憲案を出すことで、世界平和の提唱の説得力がいちばんある日本がそのカードを失ってしまうのです。そんなことは世界の損失です。

> 自民党の憲法草案の対案には成り得ませんよ!!!

 目先にとらわれる国民を作り出して、怖い軍拡路線を敷こうとしている自民党の対案として、当面改正なし、比較的遠い将来に平和憲法に、他国と共同歩調または若干先行して改憲、これが私たちの対案です。左翼撲滅さんが対案と認めてくださらなくてもね。

 左翼撲滅さん、悪い自民党案よりいい対案を出してください。
 あと、私はどこかの左に座っている左翼ではなく、政党や政治団体に属していない、ただの市民にすぎませんのでよろしくね。
相変わらずレベルが低いですな (ブラックコート)
2007-06-07 00:43:01
やっぱりこの憲法2.0とやらはSF小説ですな。
前提としている知識が実際と違いすぎてほとんど空想のレベルになってますよ。

例えば、

> しかし、永遠に実現できない非現実的な理想や机上の空論ではありません。
> 現に、江戸時代以前に日本の中では内戦が絶えませんでした。しかし明治以降はガラリと平和になりました。これを考えてください。

江戸時代以前は内戦が絶えなかったといいますが、江戸時代は平和な時代だったはずでは?いったいどんな内戦があったのでしょうか?教えてください。
また明治時代は戊辰戦争という内戦を経てやっと実現したという現実が抜けています。
戊辰戦争の事実から考えると、明治維新と同じことを世界レベルで行うためには、「大規模な世界戦争」が必要ということになりませんか?
開発部さんにはぜひきちんと考えてもらい、回答をしてもらいたいと思います。
Re:相変わらずレベルが低いですな (日本国憲法2.0開発部)
2007-06-07 00:58:31
 江戸時代は戦国時代などと比べて平和な時代といいたいのでしょう。
 明治の頭にちょっとながら戊辰戦争がかかったからと鬼の首を取ったように言いますね。
 私は江戸時代「以前」と書いたはずです。細かいことにこだわるとレベルが低くなりますので、揚げ足取りの相手はしたくありません。
世界平和の提唱の説得力がいちばんある日本? (左翼撲滅)
2007-06-07 23:37:03
世界平和の提唱の説得力がいちばんある日本なんて
ウソでしょ?

白いハトを飛ばせてみたり、小学生に作文を読ませたり
というような、情緒的な反戦運動しかできず、現実を
見据えた、国際政治レベルの安全保障を語る力が全く
欠けている。

だから、国家の、地域の、世界の安全を保障するため
には何が必要かがわかっていないために、軍備を
無くせばどうにかなる、というような極めて短絡的
な思考しかできない。

こんな国に説得力があるはずがない。
自民党案の対案 (左翼撲滅)
2007-06-07 23:46:54
少なくとも、安倍政権は近々改憲草案を提出するの
だから、日本国憲法2.0がそれに間に合わないので
あれば、敗北ではないですか?

とりあえず世界は非武装にはならないでしょうから
その過渡期の安全保障をどうするかを考えないと、
国民から見向きもされないですよ。
Re:自民党案の対案 (日本国憲法2.0開発部)
2007-06-08 00:09:00
> 少なくとも、安倍政権は近々改憲草案を提出するの
> だから、日本国憲法2.0がそれに間に合わないので
> あれば、敗北ではないですか?

 いいえ。そんな無茶苦茶な(法Lの改正案をAが出したときBが対案を出さなければAが正しく改正は行われるべき)論理では話ができません。

> とりあえず世界は非武装にはならないでしょうから
 短期的にはその通りです。想定する期間は雲泥の差があるでしょうが。

> その過渡期の安全保障をどうするかを考えないと、
 考えていますよ、軍拡以外でね。しかし私が進める代わりに政府と外務省が考えてすすめるように、国民は彼らを選んで役割を付託しているのです。もっと義務を果たしてもらいたい。左翼撲滅さんが文句を言う先が間違っています。

> 国民から見向きもされないですよ。
Re:相変わらずレベルが低いですな (ブラックコート)
2007-06-08 01:12:40
随分知識がないようで、江戸時代がどのように成立したか、戊辰戦争がどれほどのものであったか、まるでご存知ないようですね。まあいいでしょう。SF小説なんだから。

でもこれだけは考えておいてもらいたいのですが、
戦国の世を終わらせたのは誰か?
その男はどのような手段で戦国を終わらせたのか?
そしてその男が作った社会はどのようなものであったか?

同じく、江戸幕府を倒して近代的な明治政府ができるまでにどのような過程があったか?
司馬遼太郎の「坂の上の雲」ぐらい読んでおいてもらいたいものです。
Re:自民党案の対案 (左翼撲滅)
2007-06-08 23:33:20
だったら、日本国憲法2.0の前に、
日本国憲法1.5くらいを提案するべきではないですか?

野心的な未来像を語ることは決して恥ずかしいことでは
ないのですが、それ以前の現実的な施策を、
「それはもちろん考えている」などと軽く流されては
困る。

まさに、それこそが国民が求めている論点であり、
自民党よりも説得力が「客観的に」あるか否かを
決定づけるポイントなのですよ。
Unknown (matsu)
2007-06-10 04:55:32
私の書き込み以降、都合のいい点にだけリアクションなさるのですすね。
もちろん私の返答の疑問点に答える答えないはあなたのサイトですから自由だと思いますが、国連軍の件にちゃんと納得できる答えがなければ、結局空想平和論だと茶化される程度の物だと感じますね。
それに、私とのやり取りの経緯と、その後の方とのやり取りに一貫性が見受けられません。結論ありきで自衛隊の武装解除を目的にするという感じですね。

他国に国防を押し付け、自国の人間が奇麗事を守るために、国連軍に汚れ仕事を押し付けるだけですよね?
ただのわがままじゃないですか?

国連軍に対して過度の期待をされていますが、ソマリアの内乱時に任務途中で撤退した実績のある部隊に国防を任せる事で起こる不利益は、誰が蒙るのですか?
結局、平和主義者の理想の為に「有事の際に日本人は死ね」と言い切ったほうが、まだ本音で語ってるなと感じられますよ。
屁理屈こねても、軍備は必要です。

それと、日本の装備で侵略行為が可能か不可能かについても、帰還する事も考えずに、補給も考えずに、力づくで自衛官を殺すつもりでと言う事なら可能ですが、それをする理由など何一つありません。軍事知識が無さ過ぎます、それで軍事を語ることがどれ程危険な事かも分からないのですか?

軍事に関わる人間に対する差別を拡大させる、非常識な自衛隊差別は問題があると感じました。
憲法改正案を作りました (松本和志)
2007-08-12 11:25:20
暑中お見舞い申し上げます。

初めまして、時代塾改憲フォーラムの松本と申します。後向きの改憲でも下向きの護憲でもない、前向きの市民による新憲法=民憲を目指している、市井人の集まりです。

この度、本フォーラムの改憲案の草稿を公開いたしましたので、ご笑覧に供したく思い、お便りを差し上げるしだいです。

http://souansyuu.exblog.jp/i30/

草稿ゆえまだまだ不備な点も多いのですが、ご意見なども頂ければ幸甚に存じます。では、ご自愛の上お過ごし下さい。拝
笑止 (笑)
2007-08-26 11:25:38
2.0開発部さん
全くのリーガルセンス・バランスの欠乏が見られます。根本から洗脳されているようです。
理解・認識も異様にねじ曲がっています。
また、人の言い分に耳を貸さない、理解しようとしない、自分の「思い込み」の方に持っていこうとする点において、あなたのような人種は議論の余地なしです。
国防と国際貢献は別個のものです。また、対応の仕方は個々の事情によりもっと深く掘り下げるべきです。
苦笑 (にやにや)
2007-10-17 14:02:29
稚拙な言い掛かりレベルの言説に付き合うのは大変って事だね。
多重国籍は異常ですか? (薙島)
2008-06-30 18:59:04
 はじめまして。
 憲法で多重国籍や無国籍を異常と決め付けて、国籍選択か追放かを迫るのは、そもそもこの憲法草案の第一章の理念に反していませんか?
 仮に、法律でそれを禁じることを合憲とするにしても、法律で多重国籍・無国籍者の権利を認めることまで憲法で禁じる必要があるのでしょうか?
 特別永住者だけに「いつでも日本国籍と交換可能な権利」を付与しておいて、その他の人々に日本国籍だけの取得を強要(拒否すれば定住権を剥奪すると脅迫してまで)するのは、自然権の平等原則にも反すると思います。
RE:多重国籍は異常ですか? (日本国憲法2.0開発部)
2008-07-01 00:41:46
 薙島様いらっしゃいませ。
 会社に社員番号を二通りもった社員がいたり、社員でないのに社員と同様の扱いを受けようとする人が会社の中にいると、人事給与、機密保護などあらゆる面で、会社運営に不具合が生じます。国家レベルでは、多重国籍や無国籍が相当します。放置は基本的に登録を担当する行政の怠慢です。速やかに解消できる態勢を作っておくことが、個々の事情はさまざまでもすべての人の権利を守るために必要なことと考えます。
 外国から不法に来た人はその国に帰っていただいて、そこの国民として人権を守ってもらい行政サービスを受ければいいでしょう。一方、古くから日本に定住していて別の帰属国があるわけでもない人は、個々の事情のせいにして長年放置するよりは、事情に応じて国籍を与える方策を考えるべきでしょう。そうしないと、産まれてくる子供たちに問題が広がります。
 さらには無国籍や多重国籍がそもそもなるべく生じないような制度、政策を実施する必要があるでしょう。
 こうした行政の義務を、おろそかにされないよう明記しておこうというものです。
 この憲法の基調をなす人権保護の精神とは無矛盾です。
返信をありがとうございます。 (薙島)
2008-07-02 03:42:37
 例えば、日本に合法的に定住する無国籍状態の人は少なからずいますよね。そういう人たちに、どこかの国籍を取得するよう強要することは人権の抑圧とは考えないんですか?
 EUでも合衆国でもカナダでもオーストラリアでも、難民認定を受けた無国籍の者に対して、自国の国籍の取得を強要して同化を強いることはしませんし、ましてや出身国(彼らを迫害している政府)の国籍を取得できなければ追放なんてことは、そもそも難民保護制度の趣旨に反していると思います。
 彼らの子供たちの権利については、そもそも無国籍在住者の子供は出生によって日本国籍の取得ができるのですから問題はないはずです。

 あるいは、諸々の事情から他国の国籍を取得する日本人は多くいますよね。本人が日本国籍を離脱しない場合、現行の国籍法では日本国籍を一方的に抹消する場合を予定していますけど、実際には職権による国籍抹消なんて全くしていませんよね。なぜなら、そんなことをすれば、国籍レイシャルの家族の生活を破壊することになると法務省も認識しているからです。先進民主国家で多重国籍を正式に認めない国は日本ぐらいですが、じきに法律が改正されるのではないかと期待しています。
 フランスの極右政党が多重国籍の人々の権利を奪おうとしたとき、フランス国民は断固としてそれを阻止しました。人々が複数の国の市民権を持つことができるのは、個人として当然の権利であるからです。これは個人の権利と、国家の制度の、どちらが上位であるかという根本的な問題に他なりません。
RE:多重国籍は異常ですか? (日本国憲法2.0開発部)
2008-07-02 06:12:57
薙島様
 具体的事例に基づいた素晴らしいご議論、心から感謝致します。
 たしかに実際に戦争が絶えない現在の世界においては、無国籍や多重国籍の人々が生じ、それを無理に帰化させることは人権を侵害したり、その国家権力が権限を濫用して国民を増やすことに悪用することにも、つながらないとは限らないと懸念されます。
 この問題は貴重なご指摘を基によく検討して、必要に応じ改めたいと考えます。
 薙島様は規定を削除するだでよいとお考えでしょうか?
 それとも、そういう立場の人々を保護できる規定の案を何かお持ちでしょうか?

 ひとつ、

> そんなことをすれば、国籍レイシャルの家族の生活を破壊する

の部分で、「国籍レイシャル」の意味を知らなかったので、教えていただけませんか? racial=「民族の」 までは分かりますが。
Unknown (薙島)
2008-07-02 07:51:07
 丁寧なレスをありがとうございます。

 まず「国籍レイシャル」ですが単純な誤記です。失礼しました。「バイ・レイシャル」と書いた後に「多国籍の家族」と書き直そうしてそうなりました。

 憲法で、無国籍や多重国籍についての規定を置く必然性は特にないと思います。第一、国籍の要件を法律に委任しているのに、憲法でそれら特定の社会集団を定住させない旨の強行規定だけをわざわざ置くのは不自然だと思いませんか?
Unknown (瀬尾)
2008-08-27 12:31:09
こんにちは。
TBありがとうございました。
意味なし! (アクシオン)
2011-05-22 16:42:25
 早い話が、他の人が戦争のない平和な世界を作ったら、「日本国憲法 2.0」を使えということでしょう。
 まるで意味なし!
Unknown (東京女子医科大学卒業の旧華族出身の「至誠会」の医学博士より)
2015-05-04 20:48:31
①→「diary-daily」

が小和田(江頭)優美子(皇室の雅子妃の母親(→在日●北朝鮮人~中華の●「華僑」3代前に日本に移民した一族(●江頭豊→●北朝鮮人男性→インターネットより写真確認可能→●熊本県●「水俣病」の日本人の約●2万人の死傷者作成(●サムライ文化の日本人の「大和民族」の価値観から離れした異常な被害者数(?_?)?→「日本人」と「イギリス人」の●「公害病」は被害者約数百人~3000人数程度→正確に調査しないと間違ったコメントかも知れないですが…。)しながらお金儲けして、賠償金を踏み倒して派手な海外渡航に動物虐待の豪華な●毛皮のコート(→日本人女性の価値観からかけ離れした法外な金額と予想されます(インターネットより写真確認可能)→小和田優美子は●中国人女性(●華僑)の価値観や思想の外国人女性→独身時代に●全身ヒョウ柄ドレス作成(?_?)→●中国人女性の証拠→インターネット写真確認可能→「ドス子の事件簿」)で豪遊(?_?)、さらに水俣病取材のアメリカ人メディアの→◆ユージンスミス一家を暴力団雇用にて失明、背骨を折りカメラを取り上げ証拠隠滅して奥様を口封じのために●強姦(●1972年の事件→雅子妃も記憶にあるはずの事件である!→小和田優美子も小和田恒も成人(?_?)?)●14才のお嬢様も●強姦による口封じ殲滅をした人間としての●鬼畜の娘)))の『自作自演』雅子妃養護ブログである!

②→NHK『梅ちゃん先生』

が洗脳メディア操作ドラマらしいです。

③→『産経新聞』

が小和田関係者(在日●朝鮮人一族グループ団体)と東宮職員が『外務省』出身(※「大鳳会」→東京の外務省の在日北朝鮮人ヤクザ集団or勧誘された日本人)の雅子妃の父親の→●小和田恒(在日北朝鮮人~在日中華の「華僑」)の部下である(→メディア操作して日本人を混乱させています)。→※●『大鳳会』、という北朝鮮ヤクザ宗教の●『創価学会(池田大作→実名→●ソンテジャク→在日朝鮮人一族)』のネットワークが外務省にも作成されています。

④→『朝日新聞』

も一部、メディア操作されているらしいという意見もあります。(→雅子妃の養護のために都合悪い内容は小さくしか記載しないみたいです)→●「朝日新聞社」にも日本と日本人を破壊する●在日朝鮮人ヤクザ工作員います。

⑤→『朝鮮人』『政治家』

のキーワードでインターネット検索したら

→『与党も野党も在日朝鮮人ヤクザの集団だった!』

というブログサイトあります。

→※●小泉総理大臣まで●母方も●父方ともに「朝鮮人」で(?_?)離婚した●妻も朝鮮人(?_?)付き合っている●愛人も在日「朝鮮人」ですから、いくらなんでも日本人女性一族が一人もいません(?_?)。→在日●朝鮮人政治家の数があまりに多すぎます!→(ここは日本人のための日本ですから、2人数や3人数の在日朝鮮人なら納得ですが、どうして「朝鮮人」が●7割合から8割合と異常な割合で日本の政治界にはびこっているのか(?_?)→在日朝鮮人はもう3世さんなら日本人も同然ですから、21世紀の時代背景にもかかわらず、どうして●地道な「日本人の職人芸」の世界で生きてゆかないのですか(?_?))→在日朝鮮人政治家はカルト北朝鮮宗教の●『統一教会』(→北朝鮮宗教)と深いつながりがあります。(→ロサンゼルスの和食レストランも100パーセント●『統一教会系』(→北朝鮮宗教)らしいです)


→※日本国内のパチンコ屋さんの年商が●20兆円から30兆円であり、在日●朝鮮人が経営していますから(?_?)(→どうして日本のパチンコ業界に朝鮮人がはびこっているのですか(?_?)→自分たちのふるさとの朝鮮半島ではパチンコ屋をなぜ開業しないのですか(?_?))、そのお金を在日朝鮮人政治家に横流しして政治資金にいますから!→さらに日本人の税金etc....お金で在日●朝鮮人を選挙事務所に雇用して、日本人を雇用しない小ずるい団体。

→※雅子妃の双子の妹たちの●池田礼子、渋谷節子、も自作自演の自画自賛のメディア操作の出版物→→●『幸せな子』を作成してメディア操作していますから!→→→インターネット確認可能。

→※要するに、雅子妃と小和田関係者は●北朝鮮ヤクザグループなのですよね…。

→※●『創価学会(●池田大作→実名→ソンテジャク→在日●朝鮮人一族)』(→●北朝鮮宗教)や『創価大学』(→●北朝鮮ヤクザ学校)を作製して日本人を●北朝鮮で洗脳しておきながら!池田礼子は我が子は●学習院初等科、に進学させますから(?_?)???→※要するに、創価大学(●北朝鮮学校)卒業で日本人をヘンテコリンな人間にしておいて、我が子だけはノーマルな日本人の超一流名門校の●天皇陛下御用達の●『学習院初等科』進学ですから(?_?)(?_?)、創価学校(→北朝鮮学校)が日本人に悪い内容だと知っていながら日本人を『創価学会』(→●北朝鮮宗教)や『創価大学』(→●北朝鮮学校)でお金を巻き上げて、我が子には●創価大学(→北朝鮮ヤクザ学校)は絶対に進学させませんから、、、、(?_?)???(●池田礼子のマンションの家賃が月々●250万円(?_?)?→「大和民族」である●サムライ文化の日本人の民族の価値観からかけ離れた法外な金額の家賃→だが祖父の●江頭豊(●北朝鮮人男性→インターネット写真確認可能)の●熊本県の●「水俣病」の日本人被害者2万人を丸無視(→賠償金を踏み倒して◆ユージンスミス一家(●アメリカ人の「水俣病」取材メディア)を暴力団雇用にて障害者にして奥様と14才のお嬢様を●強姦による徹底的弾圧と殲滅口封じ→●1972年→雅子妃も小学生→記憶にある内容の事件)して●アグネスチャン(●中華)の朝鮮半島ボランティアには参加(?_?)?→だが「日本人」に対する「熊本県」のボランティアは無視する(?_?)?)

→雅子妃(●江頭豊→●北朝鮮人男性→インターネットより証拠写真確認可能→●熊本県●「水俣病」の日本人を●2万人死傷者作成しながらお金儲けした犯人(→異常な多数の被害者作成によるお金儲け(?_?))→雅子妃の母方の祖父)と小和田関係者は●在日北朝鮮人(●江頭豊→北朝鮮人肖像画写真、●小和田恒も新潟県で3代前に家系図の行方不明の→北朝鮮~中華(●華僑)から日本の移民の日本人に対する中国人犯罪者一族。)の日本人になりすました団体で、日本人と日本を●韓国~北朝鮮~中国(●朝鮮半島)の「植民地」にしようと画策している●在日朝鮮人の日本国内存在する北朝鮮ヤクザグループなのですよね…。→◆原田正純教授(●「水俣病」治療医師)に対する●「慰問」、●「表敬訪問」をも無視するのですか(?_?)?奥様は九州地方にご存命ですが!

⑥→フジテレビ

も一時期『韓流ドラマ』が流れていましたが、日本人を洗脳するためのメディア操作でした!


→京都大学医学部の●山中伸弥医師

→ノーベル生理学医学賞(スウェーデン)受賞

→ips細胞=人工多能性幹細胞

の医学研究のご成果


→天皇陛下の●「京都御所」の世界一の日本人文化が海外で受賞していて●天皇陛下、が世界中で金賞受賞の威力発揮していていますよ。


→雅子妃のハリボテの外国製の見た目だけが素晴らしいハーバード大学の必要以上に華やかな高学歴だけが人間の100%を決定するのは大間違いですよ。→●サムライ文化の「日本」と「日本人」の素晴らしさが必ずありますよ…。





コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
国民投票法案の今国会成立こだわらずで済むだろうか (小泉内閣の支持率が一桁台になるまで)
私は、自民党支持者として自衛隊は合憲の元、集団的自衛権明記の憲法改正に反対してきました。いわゆる専守防衛に徹すべきという考え方です。 ※専守防衛(せんしゅぼうえい)とは他へ攻撃せず、他から自己、あるいはその領域が攻撃された場合のみ、自己、あ
憲法とは何か (薫 風 ~KUNPOO~)
■ 櫻井よしこ『憲法とは何か』小学館。雑誌『SAPIO』に連載されたものを加筆・再構成し、単行本としてまとめたもの。ベトナム生まれのフリー・ジャーナリスト櫻井女史は、とかくタカ派のイメージが強いのですが、討論番組などでの“知的な語り口”に惹かれて読んでみました
「憲法第99条」とか「デモの意義」とか (オギノフの前頭葉)
昨夜、NTVの「NNNドキュメント’06」を観た。 日テレの番組は「恋から」か「NNNドキュメント」か、ってくらい昔からよく観ている番組だ。 まあ、全然二つの番組の傾向は違うのだが…(笑) 昨夜のタイトルは『憲法第九十九条 土井たか子という生き方』ということで、元衆議
憲法改正について、語りませんかっ!学びませんかっ! (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
自衛軍保持を明記 自民党が初の改憲草案 自民党が改憲草案を発表した。 あなたは、憲法改正に賛成、あるいは反対。まずは、しっかりと自分の考えがもてるようにならなければ、いっぱしの大人とは言えない。 そこでおすすめの本がある 私は日本国憲法です。 この本は.
こんな新憲法はイヤだ~~~!!!<自民党憲法草案> (日本がアブナイ!)
  自民党が立党50周年を祝して(?)作った新憲法の草案が発表された。   http://www.jimin.jp/jimin/shin_kenpou/shiryou/index.html    まだ、ざっとしか読んでいない段階であり、細かい論点、問題点などの話は、今後 色々と書いて行きたいと考えているが。
改憲案まにあ (Peace Powers!)
 先日いただいたトラックバックに、気になる記事がありました。 市民団体が独自改憲
憲法第9条の改正に反対する 憲法改正:「賛成」65%、「反対」は27% (40代の私にとっての最新情報・重要ニュース)
『毎日新聞が実施した全国世論調査によると、憲法改正について「賛成」と答えた人は65%で「反対」は27%だった。一方、戦後日本の平和維持や国民生活の向上に現憲法が果たした役割の評価については、「役立った」とする評価派が8割に達した。 調査は2月10、11.
憲法改正限界説について (ムックの日記)
ちょっと前、普通に憲法について考えてみるブログに、護憲派の方々への疑問という記事がアップされてました(>_
規制の匂いぷんぷん~衆院憲法調査特別委員会で保岡議員がメディア規制について発言 (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
衆院憲法調査特別委員会(中山太郎委員長)が9日午前開かれ,憲法改正の手続きを定める国民投票法案に関して自民、民主両党が意見表明し、これに対する質疑が行われた(読売)が,その内容が衆院のウェブサイトにアップされた。 冒頭,自民党の保岡議員が基調発言をしてい
マガジン9条 「国民投票」結果発表 (ねこまんま)
「06年新春特別企画 マガ9版国民投票」の結果発表が行われました。 大勢は投票〆切時から変わらず改憲派の圧倒的多数でした。 「なぜ、この数字なのか?」と題して、無効とした投票についての解説が行われています。 同一ipからの投票を無効としたことには納得できますし
「自衛隊による拉致被害者救出のシミュレーション・佐藤守・元空将/戦略情報研究所」 (雑食系ブログ。(仮))
これは北朝鮮・拉致問題、そして最近の改憲動向などを考える上でも重要な情報だと前から思っていたので、この機会にリンクを張っておきます。 ・「自衛隊による拉致被害者救出のシミュレーション・佐藤守・元空将/戦略情報研究所」(薔薇、または陽だまりの猫) http://blo
時代錯誤な護憲運動が盛んな沖縄(沖縄タイムズ) (トンデモ社説)
時代錯誤な護憲運動が盛んな沖縄(沖縄タイムズ) 『[憲法シンポ]時代への逆行を許すな』沖縄タイムズ社説H18.3.17http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20060317.html#no_1  「憲法は主権者である国民が公権力を持つ人たちに守らせるためにある」。読谷村で行われた憲法
目から鱗の憲法(6) 日本国憲法は押しつけ憲法 (斜46°)
今日(11月22日)自由民主党の立党50年記念大会が行われました。その中で森前首相が「新憲法草案」を発表しました。自民党にとって自主憲法制定は結党以来の悲願だったそうです。今の日本国憲法は敗戦直後に米国から押しつけられたものなので、日本人自らが新しい憲法を作るべ
「九条と一条はセットだ」…苦悩する天皇!? (dr.stoneflyの戯れ言)
 もうだいぶ前の新聞なのだが、載っていた芹沢俊介さんのコラムを読み、印象的だったことを思い出した。憲法九条と一条との関係、ニホン国の象徴であり日本国統合の象徴であるとこの『人間、あの人』についての記事だった。  芹沢さんは、日本国憲法が制定され ...
護憲派による自殺点☆愛敬浩二『改憲問題』(1) (松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG)
<font size=3> 改憲派にとって便利な書籍が上梓された。愛敬浩二<font color=red>『改憲問題』</font>(ちくま新書・2006年4月)。改憲派の典型的な主張を網羅した上でそれらに対する護憲派からの応答をコンパクトに示すものだ。 著者は護憲 ...
憲法とは何か (岩波新書)長谷部 恭男著を読んだ (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
憲法とは何か岩波書店このアイテムの詳細を見るこの本は「憲法再入門」の新書である。僕は大学に入学した年に有斐閣双書の憲法入門伊藤正己著で法律学のイロハを学んだ。この本を読んでいて、その時の気分になった。つまり、すべては、理解できないが、知 ...
軍隊を持つのは常識なのか (メガ放談)
国が軍隊を持つことは常識なのだろうか。私は、ほとんどの国が軍隊を持っているという現実から、漠然とそう思っていた。が、昨年、映画「日本国憲法」を観てから、そう思うことの方が異常なのかもしれないと思い始めた。 現在の自民党の憲法改正草案では、自衛軍 ...
国連軍縮局を廃止しないでください (平和への結集第2ブログ)
麻生太郎様 国連で、軍縮局を政治局に吸収させる組織改革が検討されていると聞きました。 アメリカはこれまでイラクやアフガニスタンなどに、大量の劣化ウラン弾を廃棄し、それらの住民と土地を汚染してきました。戦時以外の各国の軍事演習でも、大量のエネルギ ...
「国民投票法案」30日強行採決か? (競艇場から見た風景)
29日に委員会強行採決、30日に本会議強行採決となる可能性もあるのでは? 国民の意思を汲み取らず、十分な議論がされないまま、数の力に於いて「改憲推進法案」を強行採決させてはならない!22日に中央公聴会 国民投票法案で与党が単独議決衆院憲法調査特別委員会(...
東京都知事選・首長選はどうたたかわれるのか (花・髪切と思考の浮游空間)
都知事選をめぐる言説があちこちのブログでみられます。しかし、この議論を分けるのは、いまの日本の政治の流れを、二大政党制という軸でみるのか、みないのか、このちがいにすぎないと私はとらえています。このちがいにすぎない、といいましたが、このちがいはとても大き...
[政治] 改憲手続法案に関する意見送付 (日録(不定期))
 都知事選関連のことが注目を浴びている。本ブログも、しばらくは都知事選を集中的に扱いたいと思っている。しかしながら、国会ももちろん目が離せない状況にある。  特にいわゆる国民投票法案、より正確に与党案に即して言えばむしろ改憲手続法案と言うべきだろうが、...
国民投票法案についてのアンケート実施です。 (Under the Sun -EQT-)
こんばんは「Under the Sun-EQT-」です。 ずいぶん長いコト実施していませんでしたが、国民投票法案についてアンケートをおこないたいと思います。 今回は今までと違い「リアルタイム世論調査」で設問を作りました。 トラックバック形式ではなく、クリック形式です。...
憲法改正国民投票法案で問題となったCM出稿能力の格差是正の王道は寄付金税額控除だ! (情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士)
米国は2大政党制であり、かつ、2党間に顕著な政策の違いがあるわけではない。しかし、それでも市民は選択の幅がないことに大きな不満を抱いていない…。なぜかなぁと思っていた。一つの答えが、寄付金の税額控除ではないだろうか。前にも書いたが、米国では、税金を納め...
国民投票法案と首相の健康問題 (あんち・アンチエイジング・メロディ)
安倍さん,ちょっと大丈夫? 枝野さんも首を傾げるような憲法観をお持ちのようだ。 自民党の皆さんは本当にとんでもない人を総裁に選んで下さった。 最近はとみに顔の色つやがおヨロシクなくて、もしかして生まれて初めて,自分の思い通りにならない事が次々に起きるの...
共謀罪新設・コンピュータ監視法案を廃案に追い込もう!(メルマガ) (雑木帖)
共謀罪を廃案に!
幻想的安倍日本崩壊 (MOWA)
負けいくさの戦争は全く小気味のいいほど現実に幻想的だ。            ・・・坂口安吾著「わが戦争に対処せる工夫の数々」より なにやら今の世と同じである。安倍首相のスローガン「美しい国」など、いまだに内容は誰一人はっきりしない。なにしろ言った本人...
中国国防費17.8%増 (CareTaker's Log)
空母、原潜、核ミサイル。きちんと日本も対応していかなくては。
第374話≪公判前整理手続≫とは (HageOyaji通信)
 高校生のみなさん、(^◇^)ノ お~ぃ~ゲンキか!  {/fuki_osusume/}時間がある時は、下記もクリックして見てください。  ≪他の教育・学校に関するプログも参考にしてください≫  みなさん、3月16日、証券取引法違反に問われたライブドア前社長の堀江貴文被告を...
日本国憲法の死亡 ―― 有効論への即効解毒剤 (【新無効論】講和条約説 「日本国憲法」は憲法として無効です!)
     日本国憲法の死亡         有効論への即効解毒剤   即効解毒剤は2点です。 (あ)憲法違反であること   (帝国憲法75条違反) (い)全行程における日本側自由意思の不存在   (帝国議会でさえなかった)   しかし、憲法業者は、どうでもいい...
憲法改正手続き法の「お勉強」=2 (競艇場から見た風景)
昨年の「教育基本法」改悪、07年度「予算案」と数の力で強引に押し通す「強権手法」が国会では、定着しています。「国民投票法案」も自・公政権は「強行採決」で押し通すことが確実な状況ですが、利権家と偽宗教団体の意図通りの「憲法」に変えさせるワケには行かない! ...
意見広告に賛同 (とむ丸の夢)
  春の彼岸のお墓参りもすみ、夫の妹や従兄弟家族もやってきて、夜までおはぎをつまみに飲めや歌えと騒いで一日が終わりました。飲めない私はしらふのままで。歩いて10分もかからないところにある墓地には形も大きさも
継続して欲しいが。 (親父の威厳BLOG.ver)
『北朝鮮への金融制裁を解除 米、マカオ当局に一任』
北方領土の日 (親父の威厳BLOG.ver)
『【産経主張】北方領土の日 妥協排し「四島」一枚岩で』
中国軍事速報2007年3月下旬─地下で蠢く中国国粋主義の醜悪なうねり─ (蓬莱の島通信ブログ別館)
 ネットで見る限り、中国軍にはかなり不穏な動きが広がっている。昨年来続いている「空母配備」計画はもちろん、台湾に対する軍事侵攻を目的とした新型機の配備、対岸の福建省での軍用設備建設などが始まっている。こうした戦力は、当然、対日軍事行動と日本本土占領の可...
憲法9条 私にとっても 今こそ旬 (とくらBlog)
 昨日は、日本国憲法公布から60年の記念日ということで、各地でいろんなイベントが開催されたようですが、お玉おばさんがお手伝いに行かれた「はばたけ!9条の心」というイベントには、7500人の人が集まったそうです。↓すごいですね。(写真はお玉さんのところか...
正義の味方「月光仮面」 (競艇場から見た風景)
ボクちゃんのヒーロー 正義の味方「月光仮面」 「月光仮面」1958 - Gekko Kamen 月光仮面は誰でしょう どこの誰かは 知らないけれど 誰もがみんな 知っている 月光仮面の おじさんは 正義の味方よ 善い人よ 疾風のように 現われて 疾風のように 去って行く 月光仮面は...
「国民投票法案」公聴会に応募しよう! (競艇場から見た風景)
■「平和への結集第2ブログ」 さんから頂いたTBを転載します。 =転 載 開 始= 公聴会に応募しよう! 国民投票法案(改憲手続き法案)に関する公聴会が4月5日に東京で開かれます。東京在住者以外の人も応募できます。国民主権の行使として、気軽に応募してみませんか...
成立見通し強まる「国民投票法案」 (競艇場から見た風景)
憲法改正手続きを定める「国民投票法案」(改憲法案)は与党(利権家+いかがわしい宗教団体)が4月中旬に衆院を通過させることが確実な情勢となった。早期採決に抵抗している程度の鳩山・枝野などは、昨年末修正協議で合意した「投票権年齢を18歳以上への引き下げ」を...
【新無効論】日本国憲法無効宣言【もくじ】 (【新無効論】講和条約説 「日本国憲法」は憲法として無効です!)
【新無効論】日本国憲法無効宣言【もくじ】 新無効論概略 新無効論概説・問答編 新無効論の目的・論理概略・現実対処法 新無効論と旧無効論 憲法違反と条約違反 ―― 新無効論と旧無効論 改正?破棄?廃止?無効確認? 大日本帝国憲法75条違反 法律論議以前!事実関係から...
新無効論と旧無効論 (【新無効論】講和条約説 「日本国憲法」は憲法として無効です!)
         似て非なるもの         新無効論と旧無効論 どんな資格で無効確認できるのか 「新無効論」をよく理解してもらうために従来の無効論「旧無効論」との違いで理解してもらうことが簡潔だと考えますのでそこを説明したいと思います。まず、憲法無効...
新無効論概略 (【新無効論】講和条約説 「日本国憲法」は憲法として無効です!)
思考実験!帝国憲法体制が「日本国憲法」体制を包含している!? 「日本国憲法」講和条約説 / 弁護士 南出喜久治 (動画はチャンネル桜・渡部昇一の大道無門より抜粋) 南出喜久治 氏のみが唱えている 新無効論 は 他の憲法無効論(旧無効論)と区別されるべき理論です。 ...
STOP! 「改憲手続き法」(転載) (競艇場から見た風景)
「業務日誌」さんからのTBを転載します。 =転 載 開 始= 【転載歓迎】 STOP!改憲手続き法 4月12日大集会・4月17日「国会へ行こうアクション」(第3波) への参加をよびかけます 5・3憲法集会実行委員会など諸団体と有志が呼びかけている、改憲手続法阻...
じゃあ、このままで良いっての? (思うて学ばざれば則ち殆し)
【正論】ジェームス・アワー 米議会慰安婦決議案のナンセンス(iza(イザ!):産経新聞社)03/31 06:40  どうせ一般の米国人は何も知らないし関心も無いんだから、可決されようがされまいが放っておけば良いし、外圧にもならないのだから、こんなことで騒ぐのはナン...
長崎市長を射殺したテロの「真犯人」 (きまぐれな日々)
17日に起きた暴力団員による伊藤一長(いとう・いっちょう)長崎市長射殺事件の謎は、深まる一方だ。 当初からずっと、マスコミは「犯人(山口組系水心会会長代行・城尾哲弥)の個人的恨みによる犯行」だとしている。 たとえば
産経5/15・志方俊之「護憲派の不思議な論理を笑う」。 (秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記)
 産経5/15の志方俊之「正論/護憲派の不思議な論理を笑う」は、ほとんど異論なく読める。   「護憲派」の奇妙な意識 につき、例えば、こう指摘している。  1.「 護憲派の多くは日米防衛協力に反対で、米国離れの自主的な日本をと主張しているのだが、自主憲法を...
日本に「軍隊」があれば、北朝鮮の日本人「拉致」はどうなっていたか。 (秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記)
 月刊雑誌・正論6月号(産経)の 荒木和博「なぜ拉致被害者救出に自衛隊を投入しない!」 (p.144-)を読んで、この中には書かれていないが、こんなことをふと考えた。  憲法九条の存在によって日本の平和は守られたなどとの愚劣な言を吐く人がいる。しかし、真の事態...
「大衆」の忘恩と小児性-「民主主義」は機能するか。 (秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記)
 すでに読み終えた 中川八洋・保守主義の哲学 だが、刺激的な言葉が随所にある。例えば、  「 日本列島は無政府状態の色を濃くしているし、レーニン/ヒットラーの全体主義を再現するかのような不気味な土壌をつくりつつある 」(p.297)。  「 日本の学界・教育界は、...
阪本昌成氏の憲法九条論の一端-ジュリスト1334号。 (秋月瑛二の「団塊」つぶやき日記)
 ジュリスト1334号(有斐閣)における 阪本昌成 氏の「 武力行使違法視原則のなかの九条論 」を要約又は抜粋するのは論文の性質上困難だが、最後に結論ふうに述べられているのは、つぎのようなことだ。  すなわち、「 1.国家として「自衛権」をもつこと、そして、2....
『日本人をやることにまだ価値はあるか?』 (SHINAKOSAN IS OKINAWAN)
『日本人をやることにまだ価値はあるか?』  最近の悩みです。今まではオキナワンの民族的アイデンティティに目覚めても『日本人である私』をそこまで問題視してきませんでした。だけど国民投票法が通り『国民主権』『基本的人権の尊重』『戦争放棄』の三本柱を捨てよう...
国歌 (諦観的人類愛劇場)
北西太平洋自治共和国(アメリカ合衆国・自由連合州) 国歌 戦争の勝利は輝かしい平和をもたらす。 平和を愛する者たちよ、次の戦争の準備はできたか? 市民たちよ武器を手にとり、戸口を固めろ。 血塗れの軍国主義者の亡霊が、 お前の子供を差し出せと、赤紙を手...