心地よい暮らし

La vita e bella

あんにょん!ソウルグルメ旅4~愛の南京錠~

2016年06月18日 | 

吹いちゃうようなタイトルだけど ガチでやってまいりました(笑)

【Nソウルタワー  N서울타워(남산타워)】
住所 ソウル市 竜山区 竜山洞2街 山1-3
 (韓国語)서울시 용산구 용산동 2가 산1-3번지
電話番号  02-3455-9277、9288
運営時間  展望台:年中無休 
平日・日曜 10:00~23:00 金曜・土曜 10:00~24:00

夜のNソウルタワー。
ソウルの夜景を眺めながら愛の告白や プロポーズをするロマンチックな名所らしく
ドラマにも度々登場する人気スポット。
この日は土曜日の夜ということもあってカップルだらけ。すごい人!
ケーブルカーの列待ち50分の張り紙。
ロマンより食い気の私達は すでにこの時点で後悔(笑)
「ちょっと〜〜帰る頃にタッカンマリのお店 閉まっちゃうじゃん。」←頭の中は次食べるものしかない。

漸くギュウギュウの満員電車状態のケーブルカーに乗って Nタワー前に到着。



楽しみにしていた夜景は…
小雨がぱらついていたので モヤがかかって
よく見えず 残念ー。
でもせっかく来たんだから アレ♫やっていこうよって パパをそそのかし
売店で販売している この場所の名物 その名も≪愛の南京錠≫を購入。
買うとペンがもらえるので 南京錠に記念の言葉を書いて 柵に鍵をかけていくんです。
ソウルタワーの周りはこの南京錠だらけ。
カップルはドキドキワクワクしながらここに愛を誓っていくわけです。
私達も気分は中ボーに戻って 名前とメッセージを書いて ガチャリ!としてきました^^



永遠にアモーレって・・・長友流にいっときました♪

風雅の名前ももちろん入れて いつか3人で この南京錠を見つけにくる日を楽しみに。
撤去されちゃいませんように(笑)



アレレレレ~~~💜
2人で座ると どうしてもくっついちゃーう(苦)のラブシートも一応座ってみました。
鍵がチャッチーだのなんだかんだケチつけながらも楽しくて
良い思い出ができました。行って良かったです。

帰りは割合スイスイとケーブルカーに乗れたものの時間は21:00をまわっていて
お腹はいい感じにペッコペコ。
タクシーで移動して明洞タッカンマリへ。

【明洞タッカンマリ 명동닭한마리】
ソウル特別市 中区 明洞2街 3-5
서울특별시 중구 명동2가 3-5
02-735-4316
10:00~24:00(ラストオーダー23:00)



すごくわかりにくい裏通りに位置していて
かなり迷っていたら通りがかりのおじさんが
お店の前まで連れていってくれました。
タッカンマリのお店なんだけどタットリタンも美味しいって聞いたので
ピリ辛アツアツのタットリタンを焼酎をグビグビしながら頂きました。(もはやテッパン)
ピリ辛スープの中には鶏肉やジャガイモなどの野菜や
トッポッキも入っていて これがまた〜〜!ハァ~美味しいかったなぁー。。
お店のおじさんがとても優しい方で
美味しいタイミングを見計らって器によそってくれました。
ここも間違いなくリピ決定〜〜!

王道ルートを巡る2日目 満足度200パーセントでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんにょん!ソウルグルメ旅3〜絶品 参鶏湯を求めて〜

2016年06月17日 | 



三清洞からタクシーで移動して
景福宮(キョンボックン)近くの西村(ソチョン)にある
〈土俗村 トソッチョン 토속촌〉へ。

〒ソウル特別市 鍾路区 体府洞 85-1
(서울특별시 종로구 체부동 85-1)
電車3号線 景福宮駅 2番出口 徒歩7分


先日コンペでご一緒させてもらった
韓国人K君のオススメ店で
絶対食べてきて!って1番に出てきた名前だったから
ここだけは外せないなと。

着いた時間はすでに14:00をまわっていたにも関わらずすでに長蛇の列。
一瞬 ダンナはんの顔がピクピクしたけども
せっかく来たんだし---となだめて 並びました。
でもひるまず並んでよかった!
かなり回転が速いようで 15分ほどで中に入ることができたんです。
早速 こちらで大人気の参鶏湯をひとつずつと、
焼酎を頼んでワクワク。
参鶏湯は1人分W16000でした(¥1500弱)



目の前にどーーんとやってきた参鶏湯に思わず
キャーー!と声をあげずにいられない。
グツグツしていて美味しそう。
鶏はほぐして塩をつけたりキムチと一緒に。



ひと口スープを飲んで鶏を食べて 絶句&悶絶(笑)
これは美味しすぎるわ…
それしか言葉に出ないぐらい!
これに出会えただけで 韓国来た甲斐があったっていっても過言ではナイぐらい!
とにかくすごく美味しかったって気持ち、伝わりましたでしょうか(笑)
もしもお出かけになることがありましたら
わざわざ足を運んででも食べる価値のある参鶏湯がここにあるということです。
付け合わせのキムチも実に私達の好みで おかわりしまくり、
焼酎飲みまくり、残ったのは鶏の骨だけ。
満足度120%のランチタイムでした。
ここは間違いなく リピ決定!K君に感謝です。

タヌキのようなお腹をゆさゆさしながら ちょっとこれはマズイから歩こうってわけで
景福宮まで テクテク。。しようとおもったら
いきなり土砂降りの雨。



興礼門の前で足止めくらいました。
時代劇ファンとしては震えがくるような
景色だったけど 雨でテンションダダ下がり。
写真に収めて 地下鉄乗り場へ。


明洞のコスメ通り 屋台通りも一応見ておかないとねってことで
ひとつ前の駅で降りたら雨がすでに上がっていました。
6月前半の韓国はまだ梅雨入りしていないものの
降ったり止んだりを繰り返すようなお天気で 小ぶりの傘が役に立ちます。



夕方の明洞は人 人 人 でごった返していて
イメージとしては…大阪の下町繁華街のような雰囲気ですかね。
街全体がゴチャゴチャしていて
物で溢れかえっていて 目的がないと疲れてしまいそう。
地下鉄でパパはんと喧嘩した私は このガチャガチャぶりがさらにカンにさわり
頭からでる湯気を抑えるべく カキ氷を食べにソルビンへ。

【ソルビン ミョンドンイルホジョン설빙 명동1호점】
住所:ソウル市 中区(チュング) 明洞2街(ミョンドンイーガ) 55-2番地 ナムギョンビル2階
住所(韓国語) 서울시 중구 명동2가 55-2번지 남경빌딩 2층 / 서울시 중구 명동4길 22
電話番号 02-752-2232
営業時間 10:30~22:30

行き方 :地下鉄4号線ミョンドン(明洞・Myeong-dong・424)駅6番出口から徒歩約5分。
「Nature Republic」の2階。



釜山発祥のカキ氷(ピンス)のカフェで
ソルビン(雪氷)という店名なだけに ふわっふわのきめ細かいまるで新雪のような氷が特徴。
インジョルミソルビン(きな粉のカキ氷)を注文しました。
練乳をかけて食べたら中にちいさなきな粉餅がツブツブ入っていて美味しい!!
頭の湯気も お陰で鎮火できました♫

歩きすぎて足がパンパンになってきたので
ホテルに戻りがてらお土産コスメも少しゲットしたり
屋台通りを散策。




トッポッキにケランパン フルーツ ホットクなどなど 見てるだけでも楽しいこのゴッチャゴチャ感(笑)

とりあえずホテルに戻って
21階のラウンジで 一杯。。ン?いや、2杯?
いやいやいや、3杯 4杯…


今回宿泊したウェスティン最大の魅力は
ジュニアスイート以上の部屋に泊まると特典が色々付いてきたわけですが
特にこのラウンジのハッピーアワーが私達飲兵衛にはうってつけで。
おつまみとはいえないほどのお料理が色々と
お酒が各種そろっていて 自由に食べて飲むことができるんです。

夕食の前に立ち寄ったが最後、
フラッフラになるまで飲みまくり どこまでも
元気な私達は再び 外へ!!


次は Nソウルタワーで愛の南京錠の巻。。白眼




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんにょん!ソウルグルメ旅2~王道を行く 南大門~三清洞~

2016年06月16日 | 



王道ルートを巡る 2日目。
南大門→三清洞→西村→明洞→Nソウルタワー
というルートを計画しました。



まずは 南大門〜三清洞(サムチョンドン)

1日食べ続けるからなるべく歩こうってことで
ホテルから 南大門まで歩いて向かいました。
10分ぐらいで 実に怪しげな屋台やショップが
見えてきました^^



パッチもん?バッタもんだらけ(笑)(笑)
噂の(ニセモノアルヨ〜おじさん)にも早速遭遇。
毛皮のお店や 日常使いの食器 ニセモノ店 雑貨 寝具など
問屋さんが集まる市場の長〜く続くメイン通りを散歩。



路地裏まで飲食店が軒をつらね、
軽食屋台もあって 朝から沢山の人で賑わっていました。
ホットクとか 食べてみたいなーと思いながら
ここは通過。



お店の裏手を見ると黒い袋の山。
よーく見るとゴミじゃなくて 袋の中には
販売する衣類が入っていたりするんですよね。
色んなことを感じながら お目当の雑貨屋さんを目指しました。

《MMMG남대문 南大門》
ミリメーターミリグラム 



南大門市場から5分ぐらいの場所には
まったく雰囲気の違ったこんな雑貨店があったりして ふむ。なんだか不思議。
2015年にオープンしたばかりのショップで
文房具 食器 カリモク家具もありました。
北欧柄のようなマグカップが可愛かったです。
同じビルの中にはカフェや ベーカリーショップもありました。
こんな感じのオシャレなお店を集合させた総合ビルみたいなのが 流行りみたいです。
ソウルの町はぎゅっとしていて狭く
人口が多いせいか地下をうまく利用しているなぁって印象も残りました。

忠武路駅(チュンムロ)から3号線の地下鉄に乗る予定が
火災で封鎖されていたので タクシーで三清洞(サムチョンドン)へ。



ここは特に私が楽しみにしていた場所のひとつで
昔々 朝鮮王朝時代に王族や両班の居住地だったエリア。
《景福宮(キョンボックン)》の北東に位置しています。

メイン通りにはオシャレなカフェやショップが並び
階段を登って一歩奥に入ると伝統的な韓屋の集落が。
最旬と伝統がミックスされていて 散歩がとても楽しい街並みです。

↑こんなオシャレな壁画を街中で見つけるのも楽しみのひとつ。

ここのメイン通りに一軒 好きな雰囲気の服屋さんを見つけて欲しいものがあったのに
まだ先があるからと スルーして後から大大後悔。
旅の出会いは人も物も ビビッときた縁を大事にしなくてはね。


佳畫堂 (カファダン/가화당)
住所 서울특별시 종로구 삼청동 35-103
ソウル特別市鍾路区三清洞 35-103

韓屋を改造して作ったギャラリー、カフェ。
ここで伝統茶を飲むのを楽しみにしていたけど
この日はお休みでした。


(北野韓屋村)界隈を歩いていると あちこちで朝鮮王朝時代の韓服を着たカップルやグループに出会います。
人気のスポット、私もカメラ片手にテンション上がりっぱなしでした。

沢山歩いてお腹ぺこぺこ!
次は衝撃の出会い 西村(ソチョン)にある
究極の参鶏湯のお店へ。つづく…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あんにょん!ソウルグルメ旅 1 〜炭焼きカルビで乾杯~

2016年06月15日 | 



近いのに なかなか縁遠かった韓国。
以前 2度ほど計画したものの
ギリギリで情勢が悪化して航空券キャンセル、、、
縁がないんだなぁなんて思っていたんだけど
今回 漸く旅を実現させることができました。

初韓国🎵ってことで
王道ルートはもちろん、最先端スポットを巡る
オシャレルート を計画。
美味しいもの 沢山食べて 大満喫の3泊4日の
旅日記 綴っていきたいと思います。



1日目。
夕方の便で 韓国まで2時間弱。
仁川空港に20:00頃到着しました。
そこからKALリムジンバスのチケットを購入して
市内に向かいます。
リムジンバスのお値段1人16000ウォン(1500円弱)
模範タクシーならぬ模範バスのようなもので とても快適でした。

今回の宿泊先は 《ウェスティン朝鮮》
ホテルの目の前に留まる便があるので KALとても便利でした。
しかもロッテホテルの隣で すぐ近くに明洞という立地にも関わらず
道一本奥に入った場所なので周辺は割合静かでした。

飛行機が遅れたこともあって
到着した時間は22:00をすでにまわっていて
夕飯をどうしようか迷ったんだけど
お腹ぺっこぺこ。せっかく来たんだし
ここは我慢するのやめとこ!ってわけで
早速フロントの方にすぐ近くの遅くまでオープンしているオススメ店を聞いて行きました。




《Arirang(アリラン)》

住所 ソウル市 中区(チュング) 小公洞(ソゴンドン)72ー2
《서울시 중구 소공동72-2》
ウェスティン朝鮮 前

電話番号 02-752-1342
営業時間 11:00~24:00
休業日 旧正月

夜10時過ぎだし 軽くいくはずが
ガッツリ。初韓国やっぱりいっちゃいますよ、
ついつい(笑)


炭焼き生大カルビに 焼酎。
野菜を巻いて キムチを挟んで。
テーブルに運ぶなりビールに焼酎を混ぜてスプーンでガシャガシャする奥さん(笑)
トーク&パフォーマンス かなり楽しかったデス。
お肉はもちろん、サラダやキムチも美味しかったし。
高級焼肉店+日本人価格もあるのか
会計でエ??となりましたが
これも良い思い出です。
芸能人が経営しているお店らしいです。



はい、酔っ払いできあがり~~








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石窯のある暮らし~ギャザリングしよう!~

2016年05月27日 | 石窯のある暮らし



数か月前のエル ア ターブルの見出しにあった「ギャザリングしよう!」という文句。
ぐっときたなぁ。集合大好き 楽しいこと大好き!!

先週末 妹ファミリー 父母を招いて
ロべバル。今回は 妹を激励するための 別名‘気合の会’を開催。

何故気合いの会かというと この春から新しい職場で働き始めて
がんばる妹なんですが 仕事が体力的になかなかキツイらしく 1度ダウンしたことがあって。
熱血 激熱の兄 ロベルトから、愛と気合いをプレゼントしよう!!という
実に押し付けがましい会でして(笑)



薔薇は今年もやっぱり第3週目がピーク。
甘い香りで一杯のガーデンで 朝からせっせと下準備。
自称ダンドリオというだけあって
石窯の扱いは ここ数回でお手の物。
今回は4種類のピザを こねこねして用意しました。



我が家自慢のネタケースには 今回も串を色々。
お兄ちゃん これ焼いて~~とリクエストすると
ほいきた♪と お隣の炭火コンロでこんがり美味しく焼いてくれます。



新しく作った通称‘ボッテガ’の空間は
風通しが良くて 暑い日も気持ちよく過ごすことができます。
平日は時間があると ここで本を読みながらコーヒーって
過ごし方が最近は気に入っています。





お誕生日にアンジ&アオイにプレゼントした
ビートルズのTシャツを着てきてくれたので
慌ててフーガも着替えて記念撮影。



フーガが中学生になってからは 以前のようになかなか頻繁には
会うことができないので とても嬉しい記念の1枚。
2013年の10月に撮った写真と比較してみても・・・




あぁ 可愛い。
本当に時の流れは早くて。
たった3年で子供ってこんなに成長するんですね。

だから 今 一緒に過ごしているこの瞬間が大事。
日々そんな風に思いながら 家族を見つめています。

お兄の押し付け愛を受けまくって妹は元気に帰っていきました(笑)

これからもギャザリングしまくるぞ~~~~!!!




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016 ロベルトのミステリーツアー 家族の記録

2016年05月25日 | 

2016 ロベルトのミステリーツアー
1000キロの旅

12月31日から1月4日まで
天橋立をスタートに 島根 出雲大社
松江 広島 淡路と
車で旅しました。
おいしいもの   美しい風景
一生忘れることのできない幸せな思い出が沢山できた
私達家族の記録。





music by Ed Sheeran [Photograph]

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信楽 長浜旅 ~暮らしのもの探し 2~

2016年05月18日 | 



今回宿泊に選んだ宿は長浜【旗籠 白忠

GWの旅行の予定を決めるのに 1か月きっていたので
空いているところを手当たり次第という感じで探していたら
コチラがヒット。
ダメもとで連絡をいれたら3つある中の
1番大きな蔵 【お市の蔵】が空いている ということで早速予約しました。
江戸時代にあった油問屋‘白忠’の町屋を再生させたお宿で
観光で人気の黒壁地区から徒歩数分という立地。



蔵の1階は囲炉裏のある和室。二階が寝室になっています。広々としているので
大勢の滞在や 小さなお子さんがいてものびのびと過ごせそうな感じです。

お話好きの女将さんが元気いっぱい対応してくださいます。
まるでおばあちゃんの家に遊びにきているような感じだね とパパ。
郷土料理の夕食がついて GWといってもお値段も割合リーズナブル。
近場で急な旅行の計画を立てる!という時に  オススメです^^

ただ私 長浜の郷土料理が あまり得意ではなくて
特に あの有名な鯖そうめん。。。合わないのです。
行列ができるぐらい人気のお店もあったりするんですけどね。
鯉とか 鮒も どうもいかんのです。苦手意識が強くて。。
近江牛は大好きなんですけど。
食事で苦労した旅は 久しぶりでした。



2年ぶりの黒壁周辺の散策は楽しくて
アンティークの器をみたり 奥行きのある中庭の素敵なカフェでお茶したり。

長浜に来たときは必ず立ち寄る 
暮らしと生活道具のSHOP【あふみ舎】では
今回真鍮の菓子きりと フォークを見つけました。



京都などでよく出回るような 日本のアンティークの漆器や陶器などが
長浜では びっくりするほどお値打ちに売られているのにはかなり驚きました。
今度はいつ来れるかなぁ~

振り回されてた男子達も なんだかんだで結構楽しめたみたいであぁよかった(笑)
坊が 美味しいラーメン食べて帰りたいというので
彦根に寄りがてら 行列のできる人気のお店【ラーメンにっこう】で
鶏白湯を食べて 今回の旅は終了~。
よく食べ よく歩き 良いものを沢山目にできた
信楽 長浜旅でした。





【旅籠 白忠】
滋賀県長浜市朝日町10-11
TEL:0749-62-3061

【あふみ舎】
滋賀県長浜市元浜町17-2
TEL:080-4021-8236

【ラーメンにっこう】
滋賀県彦根市宇尾町1366-2
TEL:0749-28-2035








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信楽 長浜旅 1~暮らしのもの探し~

2016年05月17日 | 



暮らしのもの探し旅。別名 男子振り回し旅(笑)
GWウィークの予定がぎりぎりまでわからなくて
今年は旅行無理かもね~なんて半ば諦めていたんだけど
急遽3人の都合があったので
必死の宿探しから始まり 偶然 信楽で【作家市】がある!ということで
滋賀方面へGO^^

滋賀旅のスタート まずはルーティーンにもなりつつある
大津にある嶋寿司さんから♪
過去記事→ 


ジャズの流れるお寿司屋さんでまずは乾杯♪
琵琶湖の風景を楽しみながら頂く 新鮮なお刺身にお寿司。
とても居心地の良いお店なんです。
すぐそばにある 北欧雑貨 食器類を扱う【NORTHWEST SELECT】に立ち寄るのも
テッパンで お買い物を楽しんでから 今回のメインである
信楽 【作家市】へ。


★  ★   ★

初めて訪れる信楽。
道沿いには狸の置物の大きいの小さいのがずらーっとあっちにもこっちにも。
 
信楽 作家市】は 陶芸の森で年に2回催されている人気のイベントみたいで
この日も大勢の人で賑わっていました。






白いテントが並ぶ広場に行くと
各工房がブースごとに分かれていて 作家さんのお話を伺いながら
器を手に取って 気軽に選ぶことができるんです。
青空の下 数えきれないほど並ぶ陶器。
このシチュエーションに 大興奮!!
その中で お目当ての作家さんのブースを発見。





スープ用の深皿や 前菜用の和にも洋にも合わせられる
色がとても魅力的な器を 選びました。

我が家の男2人は 自分の使いたい器を選びながら
私がどのお店に入るか当てっこしてました。
大体私の好みはわかるみたいで。ほらね~~~入った!!って(笑)

もう楽しくて楽しくて きりがない。後になってあそこにあったアレを買えばよかったとか
後悔も色々あったりして。
というわけでまた秋にも きっと来るゾ・・・と心の中で決定。

信楽の町中には 器にこだわったcafeや
作家さんの工房 窯があちこちに点在しているようでしたが
今回は時間が足りなくて断念。 
いつかゆっくりと お目当ての作家さんの工房を訪れたいです。

後ろ髪をずるずる引きずられながら 長浜の宿へ。

旅日記2へ続く。。。 

【嶋寿司】
滋賀県大津市萱野浦24-50
TEL:077-543-3915
水曜定休

【NORTHWEST SELECT】
滋賀県大津市萱野浦23-22
TEL:077-544-6760
火曜定休

【滋賀県立 陶芸の森 信楽作家市】
滋賀県甲賀市信楽町勅使2188-7
年2回 5月 10月





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガーデン日記2016~ロべバル 開店!~

2016年05月16日 | GARDEN



絶好のバラ日和
10年来のパパ友さんと ゴルフで繋がった素敵女子が
我が家にやってくる♪ということで
ロべバル 開店~^^

お庭にネタケースや 炭火コンロを設置。
朝から 石窯に火を入れて 串焼き用の串を仕込み
はりきるパパ
私は生地をこねて 4種類のピザ作り。

今の季節は気温が上がりすぎると お昼には水分不足で
花がぐったりとだれてしまう日も多いんですが 
この日は曇り空で バラたちもイキイキとお客さんをお迎えすることができました。



ラモーナ 3パ―ズ(笑)
坊の幼稚園で知り合ってから かれこれ10年以上のおつきあい。
面白くって 優しくって 大きな大きな存在のパパさんたち。



美味しいワインと こんな素敵な似顔絵入りのワインをお土産に
持ってきてくれました。
見た瞬間 すっかり心奪われた!!
坊の顔は 幼かった頃にそっくり・・・
絵心満載のMAYUちゃんデザイン【炭火焼 バルROBERTO】オリジナルワイン(笑)
もったいなくて 開けずに当分毎日眺めてしまいそう。。



幼いころからよく知ってくれているパパさんたち。
最近部活で 悩みの多い坊は スーパーアスリートであるSプロに
色々と打ち明けて 沢山の良いお話を聞かせて頂けたみたい。
大好きなツヨシくんからは いつも元気がもらえるって
この日も大喜びでした。

ワイワイお話ししている間にせっせとピザを焼く ロべちゃん(笑)


私はワイン片手にすっかりダダべりモードに突入。
外で飲むワインってなんでこんなに美味しいの。。





エスニックビューティーのエリツィンもお手伝い^^
頂いた美味しいワインと同時に
イタリア旅行で買って寝かせておいた20年物のワインも 記念にオープン。
開けて時間が経過していくごとに
味がまろやかになって 最高でした。



違う場所で出会い ゴルフでいつのまにか繋がった楽しいメンバー。
こういう人と人とのつながりを これからも
大切に 豊かな人生をみんなで過ごしていけたら最高です。

沢山の花と 友人がもたらしてくれた幸せな時間に
心から ありがとう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガーデン日記2016~ウェンディの木~

2016年05月11日 | GARDEN



当時 私達が結婚してすぐにやってきたウェンディ。
大きくて 優しくて いつも私達の傍に寄り添ってくれていた
とても賢い子でした。

日当たりの良い場所に犬小屋を置いたので
木陰を作ってあげたいね、と1番最初にシンボルツリーとして植えたのが
【エゴノキ】でした。
春には真っ白な花を咲かせ 
秋には小さな実をつけ 紅葉し 冬に落葉する
1年を通して楽しめる 大好きな木。

この木陰の冷たい土の上で気持ちよさそうにごろんと寝そべるウェンディの姿が
今でも昨日のことのように思い出されます。

私達にかけがえのない思い出を沢山残して
ウェンディが旅立ってから 9年という月日が流れました。
エゴノキは ウェンディが亡くなってすぐ
テッポウムシにやられて 枯れてしまいました。
悲しくて悲しくて その場所に 沢山の花を植えて育てました。

ある日  その沢山の花の中から1本 
小さな木が育ってきていることに気がつきました。
もしかしたら・・・と思って様子をみてきたら 葉のカタチ 樹形・・・
それはまさしく あのエゴの木の子供でした。
落ちた実が根付いて 育ってくれたのです。

少しずつ成長し 枝を伸ばし 今年とうとうまたあの頃のような
まっ白な花を咲かせました。



ちょうどリビングから見える位置に
私達家族のことを眺めているかのように。
1番可愛がっていたパパが 一生懸命庭の手入れをする姿を
見守ってくれているかのように。


姿かたちは なくなってしまっても 
こうして 力いっぱい生きる植物の姿を通して ウェンディは私達の心の中に
ずっとずっと 生き続けています。

私達が長年ガーデニングを続けているのは
こんな素敵なことがふと起こるからかもしれません。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加