佐渡に棲んで

退職後の第二の人生を佐渡島で半農半漁の生活でおくり、日々の雑感、釣果の報告などを綴る

ヒラメ41cm

2017年07月20日 22時34分48秒 | 海・船・釣り
先日の大雨の後は猛暑が続いています。

昨日は田んぼに穂肥を施しましたが終わったら汗びっしょり

大汗をかくとその後に猛烈なけいれんが来ることを

経験しているのでいやというほどの水分を摂ります。

手の届く範囲にけいれんを鎮める薬と水を用意して

昼寝をします。

意識して水分や塩分を摂っているためか

猛烈なけいれんに襲われることは最近はありません。


田んぼに穂肥、畑の大豆には「ウコンノメイガ」の

防除をして農作業を一区切りつけました。

明後日には滋賀から中一と小6の孫娘が

新潟空港に来ますので、明日新潟の義妹宅に

泊めてもらって出迎えに行きます。


手土産に、

うまくいったらヒラメの昆布しめでもと

思って、久しぶりに漁港に竿を出してみました。

大アジは姿を見せず豆アジばかり来ます。


豆アジの当たりをそのまま放置してヒラメが食いつくのを

待ちます。

一時間ほど豆アジばかりでしたがようやく浮きが

勢いよく引き込まれました。

ゆっくり向こう合わせで飲み込ませます。

久しぶりに取り込んだのは小型でした。

41cm、800gのサイズです。

5枚おろしにしてサクは昆布しめに

アラはアラ汁にしました。


昆布しめは明日の手土産です。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の雨は?

2017年07月18日 07時55分01秒 | 未分類
日本の梅雨といえば、シトシトと霧雨がふり

アジサイが露に濡れ、

風通しが悪いところはカビがはえたり

静かに細かい雨が降り注ぐイメージでした。

大雨や洪水は台風についてくるものと思ってきたのですが

ここ最近はそのイメージが大きく狂っている事象が

続いています。

九州地区の大雨洪水や都会の局所の短時間豪雨。


佐渡の梅雨も雨が降らない空梅雨で田畑に雨が欲しかったのですが

昨夜は22時過ぎから雷雨となり絶え間のない凄まじい雷鳴

天の底が抜けたか?と思うほどの豪雨

短時間大雨警報や大雨洪水警報、土砂災害警戒警報などが

立て続けに出て、一時間に100ミリという雨量でした。

今朝には晴れましたが田んぼを廻って排水溝の調整を

して回ってきて一息ついていたらまた急激に雨、

全くいつ降ってくるのか予想できません。


今日は東日本で豪雨が予想されていますが

貯水量の激減している水源ダムの水量回復は

望めるのか・



地球規模で異変が起きているようですが

身勝手な行動を繰り返す人間どもに天の怒りなのか?


日本でも女性議員の身勝手な言動やら

マスメディヤを私物化しての痴話げんかのような

低俗なタレントの配信が行われて不快感が募って

天に代わって怒りたくなりますが。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

田んぼの草刈り

2017年07月13日 12時54分35秒 | 農作業
田んぼの中干も終わり、これからは給水しては

乾いたらまた給水と間断給水を続けます。

田んぼの周りの草が伸びると害虫が増えるので

草刈りも大切な作業です。

今年は一枚の田んぼの中に「黒ぐわい」が増えてきて

一度除草剤をやったのですがタイミングが悪かったのか?

なかなか、消えないため田んぼの中に入って

稲の条間に生えているものを刈ました。

普通の刈払機の刃では稲も刈ってしまうので

ナイロンコードでコードの長さを短くして

慎重に稲に当たらないように刈っていきました。

女房と二人でおととい朝5時から8時までと

夕方5時から7時まででほぼ刈り終わりました。

田んぼの条間を行ったり来たりの繰り返しで

暑さも加わりバテバテになりました。



昨日は一日休養にあてましたが、今日は集落の作業で

耕作放棄された田んぼの草刈りをしています。

午前一通り行い、残りは夕方の作業となります。

草との闘いが続きます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大豆土寄せ、ジャガイモ収穫

2017年07月10日 16時59分04秒 | 農作業
熱い日が続いています。

九州は甚大な水害被害で本当にお気の毒です。

災害のニュースを見ると気が滅入ってブログを更新する気持ち

にもなれません。

避難所ではこの酷暑、体調を崩す人も少なくないでしょう。

避難指示が解除されても帰るべき我が家を流された人たち

今後の生活を想像すると何とも、言葉もありません。


佐渡は暑い日が続きちょっと外で仕事をすると汗びっしょりで

着替えないと過ごせません。

被害になった人たちを思うと暑いなどと言っておれないのですが。


先日は2ヶ所の大豆畑の土寄せを行いました。

耕耘機に畝立機をセットして畝の間を押していき

土を大豆の根元に土を寄せていきます。

耕耘機に手で力を加えて押していくので結構力が

いって疲れます。


その後、ジャガイモを収穫しました。

15キロほどの種イモを植えていたのですが

今年は春の雨が少なかったせいかジャガイモの

実も小さく、量も少なくさらに腐ったものやらで

不作となりました。

乾かして子供たちや孫たち、友人たちに送ります。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の被害は無し

2017年07月05日 07時54分18秒 | 日記
新潟県下は昨日は各地で大雨、洪水警報が出され

特に上越、中越地区では避難勧告、避難指示なども出て

浸水被害も出たようです、

わずか3日間で平年の7月のひと月分の雨量だったようです。

佐渡も大雨、洪水警報が出ていましたが

幸い、雨は大した雨量ではなく被害もなかったようです。

昨日は朝のうちに田んぼを廻って溝をさらって排水を良くしたり

堰のつまりはないか?

などと見て回りました。

相当量の雨量かと緊張していましたが、終日曇り空から

梅雨時特有の霧雨状だったり、時に一時激しく降ったりしましたが

田畑に十分な潤いを与え、水源の水不足に悩んでいた地区には

恵みの雨だったようです。

午後には、心配した滋賀県に住む孫たちから電話も来ました。

雨が激しいのと台風の接近で学校が早じまいとなりクラブ活動も

中止となったそうです。


午前中に田んぼを見回ってからは特に仕事もないので

のんびりしていましたが、夕方少し激しく降った後で

西の空が明るくなり、雨雲レーダーの画像でも

降らなさそうだったので、一応合羽を持って

夕飯前のアジ釣りに行ってみました。

港の低い岸壁ですが誰もいません。

女房と二人で25~30cmの型の良いのが

30ほど釣れたところで餌が無くなりひきあげました。

あまり期待していなかったので撒き餌のレンガの

半分だけ持って行っていました。


天候が悪いので干せないため、フライの準備をして少し

冷凍し小型のほうは煮つけにしました。

釣りたてのフライは味も格別でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加