ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

どうした魚野川

2016年07月25日 | 鮎釣り

魚野川六日町地区で行われたGFG杯上信越地区予選大会は、評判どおりの悪条件でした。

予選スタート上流へ歩き、まぐれ当たりを期待してオトリを沈めるが、ウグイは掛かってもアユは掛からない、死魚は流れてくるが生きてるアユは見えないという状況で、いやでも忍耐力が養われる。

参加者の半数以上が釣果なし、1匹釣れば予選通過という低いハードルもクリアできずに予選敗退でした。

反省と不満を語り合っているとハルちゃんが慰めてくれた。

 

長野、新潟、群馬から参加のこちらの3名(左から)が来年の全国大会に決定。長野のTさんは同じ場所で予選10匹(オトリ込み)、決勝7匹(オトリ込み)というダントツの高成績で優勝でした。

魚野川、上流や下流の近況、気になります。

 

 

  

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

好調続く魚野川

2016年07月19日 | 鮎釣り

今日は4人で海底人8823さんのはやぶさ号?に乗って魚野川へ。前回楽しんだ所の少し上流にIN。 

とりあえず目の前のゆるい瀬で竿を出す。3連休でだいぶ抜かれたらしく小ぶりが多くなったがコンスタントに掛かり午前の部27匹。

昼はホルモン焼きの香りを撒き散らして豪華ランチ。釣れるし、旨いし、高原の空気はいいし わずらわしい日常を忘れる・・・私はだれ?

午後の部は2台目のヒキブネをもって同じ場所で100mを釣り下る。前回のような夕立も無かったがペースダウンで午後の部22匹。 

 

 合計49匹 あと1匹釣りたかったなー・・・ 

 

       

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

渇水が続く神流川

2016年07月18日 | 鮎釣り

ちあきなおみは喝采ですが神流川は渇水です。神流湖(下久保ダム)は47%の貯水率です。

7月17日(日) いつものように幕が開き♪・・・全然釣れません。日曜日で川は混雑でポイント選びもままならない。その上に水が少ないとなれば推して知るべしの状況・・・

 

 

1号の道糸に5号のオモリをかまして荒瀬にオトリを沈めると凶暴な湖産アユがガガーンと竿をひったくる・・・昔のアユ釣りの豪快さを懐かしむのは歳をとった証か。

現在のアユ釣りは忍耐力が必要不可欠、ニンニンの釣りで11匹までがんばったが集中力が続かず3時に幕を下ろしました。

 

    

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早くも花火大会

2016年07月18日 | 雑記

7月16日は群馬県内でも一番早い地元の花火大会 でした。

我が家から迫力のある花火を見ることができます

家が 「じゃまなんですけど」

違法駐車が 「じゃまなんですけど」。

文鳥が 「じゃまなんですけど」

・・・・・・

 

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いんじゃないの、魚野川

2016年07月15日 | 鮎釣り

この時期にしては型がいい魚野川、海底人8823さんと石打のこんなところにINでした。 

曇り時々小雨で暑くなく快適です。

同じポイントでの入掛かりはないがうまく探れば良型が竿を絞る。 

前回の教訓を生かして少し太めの仕掛けとキープ力のあるハリを使ったので大きなトラブルは避けられた。

 

誰のせいなのか16時ごろからカミナリと雨で強制終了、南魚沼産のアユが38匹でした。

  

魚野川は昨年と比較すると絶好調と言えるでしょう。

 情報満載、鮎ブログ村はこちら 

 

   

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加