ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

超渇水の わ川

2016年06月27日 | 鮎釣り

わ川は取水制限の影響で見たことも無いような渇水でした。

昨夜、さらに水位が落ちて深トロは流れのない池になってます。アカ腐れで川底は汚いがそれでもアユは釣れるんです。

 

入れ掛かりは無いけれど時々掛かるアユは良型で、ずっしりとした引きを楽しむことができました。

最小17.5cm 最大21cm 計19匹

 

 

   

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

居眠り釣法

2016年06月26日 | 鮎釣り

今年7度目の神流川、南甘。 いつもの重役出勤です。

すでに10時すぎているがのんびりと下流から川を見ながら走っていると16番に桜〇さんと横〇さんの車を発見。翌日行われる「匠友会」の大会の下見らしい。

いろいろなメーカー、クラブ、サークルなどの大会がよく行われるのもこの川の特徴だがその場所を外せば十分楽しめる。

大会前にみんな釣ってやる!そんな意気込みで竿を出すがいいオトリが取れない。やっと3匹釣ったところで海底人8823さんとベリ子さんも到着したのでランチタイム。

腹が膨らむと眠気が襲う。 うとうとすると竿をひったくられるようなアタリで目が覚める。釣果は努力だけでは解決しない!そんな大層なものではないが、真剣にやらないほうが釣れる時もある。

そんな「居眠り釣法」を繰り返し16時までで22匹。桜〇も横〇さんも30匹以上は釣っているはず。

少し水位が上がり、アオ藻も流れ、魚影も濃いので神流川は絶好調です。

 

  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

依田川へ

2016年06月21日 | 鮎釣り

長野県、千曲川支流の依田川は解禁4日目。海底人8823さんべり子さん3人で釣行です。

今年の依田川、釣れる場所にムラがあるらしい。

釣具屋の情報を頼りに場所を検討。前日釣れた場所は魚が薄いというセオリーに逆らって、この橋の上流で3人竿を出しました。

朝は水温が低く追いが悪いのでオトリを温存しながら釣れる時を待ちます。

15cmの小物から掛かりだし徐々に良型が掛かりだす。流れの速いところでは20cmクラスも。

計31尾。今シーズン最大のアユのアタリと引きを楽しみましたが、空中分解4回は、わけわからん。

 

 

   

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

南甘上流は

2016年06月20日 | 鮎釣り

またまた神流川南甘漁協

大会後遺症の9~12番は避けて上流の28番へIN

ランチをはさんで4時間竿を出して21匹。

サイズ、色ともいいアユでした。

 

 

  

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヘタでした

2016年06月19日 | 鮎釣り

清流神流川鮎釣り大会、予選で敗退 

場所選び、見切り、技術、全く噛み合わず、終わってみるとすべてヘタという言葉に集約できるようです。

 

なのでスナップ写真でもご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

    

 

南甘漁業協同組合事務局BLOG

 

学んだことを次回に生かす自信は無いけど大会への挑戦と敗北は繰り返す予定です。勝っても負けても楽しいので 

 

     

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加