いつか風がみていた・・・(フレディ・Mの日記)

自転車とオートバイで遠くへ・・・。

一喜一憂。

2016年12月27日 05時00分00秒 | 日記
娘、入院から約1ヶ月半。





抗がん剤治療もワンクール済み、
頭髪は日に日にばさりばさりと抜けてしまったが、
極端に数値が下がっていた白血球も戻りつつ、
このまま調子か良ければ
自宅外泊も考えてみようかとの主治医の言葉に、
私達夫婦は喜び、
帰ってきても大丈夫なように大型で強力な空気清浄機を新たに買って、
明るい兆しをなんとか感じようと必死でした。





平日は朝に付き添いの嫁さんに弁当を届けて仕事に行き、
帰りには洗濯物を取りに病院に寄るを繰返し、
週末は家の大掃除をしてから付き添いのバトンタッチ。





外泊で帰ってこれるかも知れないと思うと、
大変な大掃除もさほど苦にならず、
なるべく菌が減るような努力をしました。


やがて若い夫婦が住むからとせっせと家の修繕やペンキ塗りをしていたのが、
今度はいつか娘が帰って来るからと大掃除に取って代わりました・・・。







体調もまずまず、主治医から食べ物のオッケーも頂いたので、
クリスマスイブに焼鳥が食べたいと言われ、
予約を入れた・・・が、


その翌日、急に体調が悪化
白血球の数値が下がり、副作用の便秘からくる腹痛に苦しむ







イブの朝に主治医からの絶食宣言!
ケーキは1日前倒しで食べれたけど、
予約で注文した焼鳥は点滴を受けながら見るだけで、
病室に来てくれた彼氏と友達が食べる事になり、
私が買ってきて病室まで配達・・・。



1ヶ月半ほぼずっとベッドに寝ているせいか?
トイレに行くにもなかなか立てず、
便座からは介助無しでは立ち上がれず



気が付けば娘の手足はまるで老婆のように
細くなってしまいました。



年末からは2クール目の抗がん剤治療が始まる予定ですが、
ゆっくりゆっくりでもいいから、
ほんの少しでもいいから、
病状が良くなって欲しいと、
強く願う日々が続きます・・・。

(娘の友達からのクリスマスプレゼント)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加