goo

善行の家 竣工写真

今年8月にお引き渡しした善行の家の竣工写真をHPにUPできました。
是非見てみてください。













ひな壇状に区画された住宅街。
周囲に多くみられる塀や擁壁などを設けないことで、前面道路から室内リビングまで緩やかに連続させています。
街に対して好意的に開きつつ、前面道路も庭として敷地に取り込んでいる。
子どもの友達や近くに住む祖父母、多くの来客が気軽に訪れる気持ちになれます。
庭と連続した1階は中央に閉じたキッチンを箱状に配置し回遊性のある平面としました。
必要に応じて回遊部を仕切り、収納や居室として使用できるようにしています。
普段の生活の中に広がりや奥行を感じつつ、自由で使い勝手のよい間取りになっています。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

善行の家 竣工写真 撮影

現在姪の家を藤沢に計画中。接骨院兼自宅です。
コンパクトながら快適な住まいになればと思っています。
今日は午前中その打合せ。

午後から善行の家の竣工写真の撮影でした。
8月に引き渡したのですでにだいぶ経ちました。


シンプルな切妻の家。塀を設けず、道路と連続して公園に建つような佇まい。


夕景撮影中。正面に月がのぼってきました。


水槽の周りの造作はおととい完成でした。水槽のなかはまだまだ成長中。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

マギーズ東京

本日マギーズ東京に行ってきました。

がん患者やその家族が、予約などなしに気軽に治療や日々の生活について相談できる施設です。




注目されている巨大な新市場のすぐそばで驚くほど小さな、だけど想いが強くこもった建物でした。

自分は知らなかったのですが、現在見学者も多く、本来の相談者が来づらくならないように「オープンマギーズ」という施設の内覧会と説明会を定期的に行っているそうです。見学はなるべくそちらで・・ということです。それでもとても親切に説明してくださいました。自分は邪魔にならないように10時開始直後に伺ったので、まだ相談の方がいなかったので迷惑かけずにすみました・・。それでも30分ほどの間に3組ほどの方がいらっしゃいました。独りで来られている方がとても印象的でした。

マギーズ東京を見学して思うところは、建築のバリアフリーの効果はとても小さい。相手を迎えてあげる「どうぞ」って気持ちこそがバリアフリーの効果として一番だということでした。



自分は2か月ほど前にとてもとても身近で仲が良かった身内ががんで亡くなりました。自分より年下・・がんになったのは15年位前、20代でした。長くがんと付合い、その時どき考えることも違ったと思います。人には人の病気との付き合い方があるのだと思います。いろんな考え方や、付き合い方があるんだ、いろんな居場所があるこの建物はそういう気持ちにさせてくれました。コンパクトな空間の中に多くの居場所がちりばめられている。それぞれが程よい距離をもって存在する。人と会うことで前向きにしてくれるような空間でした。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

グッドデザイン賞 祝賀会

本日はグッドデザイン賞の祝賀会でした。



せっかくの機会なので関係者共々、行ってきました。
すごい人が多くて驚きました。




せっかくなので少し説明を。
テラス自由が丘は前面の坂道から一層下がった悪条件の土地に建っています。
下の写真は敷地から前面道路を見あげたアングル。
既存擁壁も一部補強するなど難題が多かったです。





どんなふうに8戸の住戸が入ってるかというと。。。
敷地模型
1階に3戸並べます。
道路と段差の低い方から1階住戸に。
2階に3戸をのせる。
斜線を気にしながら3階に2戸のせる。
テラスで隙間をふさぎ各住戸に入る。

せっかく作った模型なのでここで利用・・。

収益物件ですので当然住戸数が多いほうが施主の評価が得られるが、戸数を追求していくことで往々にしてただの高密度の環境の悪い住戸になりがちです。
テラス自由が丘では住戸を8戸入れるために必要なテラスは街並みを整える装置としても機能し、豊かな住空間も同時に与えてくれました。


受賞展
がすでに始まっていまーす。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

シーラカンス

シーラカンス創設者の小嶋一浩さんが亡くなられました。
自分がシーラカンスに入ったのは1998年。 C+AとシーラカンスK&Hに、組織として分かれた年です。自分はシーラカンスK&Hに勤めていたため、小嶋さんとは数回話したことがある程度で、自分のことは覚えてないと思います。ただボスは違えど小嶋さんたちが作った道の延長を走っている以上、間接的とは言えない影響下にあるように思えました。訃報を聞いて、シーラカンスに興味を持ち作品を食い入るように見ていたころの気持ちを思い出しました。
今年年始に参加した図書館のコンペでは小嶋さんが審査員の一人で、佳作に選定していただきました。つたないプレゼンであったにもかからず、自分たちの提案に評価を与えてくださいました。
本日は告別式です。深い感謝とともに、御冥福をお祈り申し上げます。

建設通信新聞記事



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「住まいの3Dしくみ図鑑」掲載

「住まいの3Dしくみ図鑑」エクスナレッジ出版に
矢の口の家(p6,7,97)、初声町の家(p73,96)、片瀬山の家2(p42)
が掲載されました。



2年前の建築知識の特集を再度まとめなおし書籍化されたものです。
一般向けではないのですが、目的別に詳細図が立体化され、わかりやすくまとまっています。
もしよろしければ書店で手に取ってみてください。

















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Good Design Award 2016 受賞! (テラス自由が丘)


今年2月に竣工したテラス自由が丘2016年グッドデザイン賞を受賞しました!!

関係者の皆様、ありがとうございました!!
審査員評価(最下段)もうれしいものでした。
当初6戸入れてほしいという要望に対して8戸の長屋を提案したことが結果につながりました。





8戸の賃貸住戸が納まる木造3階建の長屋です。前面道路から一階分下がった敷地に建ちます。前面道路との隙間を2階部分で雛壇状のテラスでつなげ、戸建ての多い周辺環境と連続した街並みを形成しました。通常の3階建ての長屋では、最下階からアクセスし、多くの部屋に階段がつき、住空間を圧迫してしまいます。テラス自由が丘では、建物2階からもアプローチすることで上下間の移動が減り、結果階段に圧迫される部屋を最小限に抑え、豊かな住空間が得られました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

屋内と屋外がつながる気持ちのいい家50選


houzz の「屋内と屋外がつながる気持ちのいい家50選」で

自宅である向原の家が紹介されています。



最近は雨ばかりですね。

それでも写真右手の庇の下で、背中丸めて七輪で肉焼いたりしています。。。

カラッと早く晴れるといいですね!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高津の家 一年点検など

昨日は高津の家の一年点検に。

招待されて飲んだりもしてるので、1年ぶりではないが久しぶり。
とても楽しげに使ってくれている。

2階リビングに光を落とす吹抜け



先週末は神木本町の家に計画中の建主を案内。
空間の体験だけでなく、合計40帖近い収納スペースを持つ神木本町の家の生活部分と収納部分の配置とバランスをみていただく。
話盛り上がって、写真撮り忘れました。

また寺尾台の家に行く機会もあった。
妻の妹夫婦の家です。
久しぶりだったが、愛情豊かな時間がゆったりと流れていたのが伝わってきました…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中央アルプス

善行の家は残工事はありつつも、土曜日に引き渡しさせていただきました。
内覧会は行いませんでしたが、施主と自分との共通の友人や、これから設計予定の自分の姪家族が訪れ、なぜか盛り上がりました。

お盆休み中はどこにも行けなかったので、
日-月曜日と一泊だけですが千畳敷カールに行ってきました。
やはり夏は長野方面に足が向かいます。



みんなで散策しながら、自分だけ宝剣岳に登って写真を撮ってきました。。
大した高さではないけど頂上は半畳分位の広さで十分怖い。高いところが苦手な自分は立つことは無理…。
周りのひとが撮ってくれました。





これからいろいろと始まる仕事もあり、帰ったら気持ち切り替えて頑張ります。
今日、明日はさっそく新しい仕事の打合せです。
すでにうけている話もがんがん進めないと!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スタッフ募集!

スタッフを募集しております!

architecturephotoなどにも情報掲載しております。

バイト、オープンデスクも是非!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

善行の家 施主検査

本日善行の家の施主検査。

施主は近所にお住まいなので既に週末ごとに見られているので、当日「あれれ!ここ!」ということはなかったです。是正事項、追加事項など引っ越しまでになんとか終わるのではないかと思っています。



東京ガスの方から床暖房の使い方の説明を最前列で聞く息子さん。笑

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

善行の家 完了検査

間がだいぶあいてしまった。

自分は基本設計中の内容などは投稿しない。
案も変わるし、自分の中でもまとまってない場合もあって、あとから恥ずかしくなったら嫌なので投稿しない。
最近は個人的なことはfacebookに直接書くことも多かったりで、ブログがついつい間があきがちになる・・。
たまに自分のブログを見ると仕事ばかりでつまらないブログになってしまっているので、もう少しその線引きに注意しないとなーと思っている。
あとはお施主様によっては計画、現場などすべて掲載不可といわれてしまうことがある。
仕方がないことだが、とても残念。で書くことが減ります。苦笑

今日は善行の家の完了検査。



問題なし。
あるはずもないのだが一応ホッとする。
今週末は施主検査。喜んでもらえるように職人さん頑張って!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

善行の家 現場

本日、善行の家の現場へ。
毎週の通っているのだが、階段ができたので久しぶりにUP。



現場ではいくつかのうれしいポイントがある。
上棟したとき、足場が外れたとき、完成したとき。
その次にうれしいのが階段ができたときだと思う。脚立などで上り下りしていると現場だが、階段ができると家に感じられる。
何しろ施主が喜ぶ。
昨年引き渡した高倉の家では階段ができるまで女性陣は誰も2階にあがれなかった...。

善行の家ではもともと模型写真のようにらせん階段で計画していたが、コスト削減のために鉄に頼る部分を最小限に抑えることで90万円の減額となった。


コストによるところが大きいのだが、無理に鉄を使わないように心掛けている。
逆に鉄に頼らずいい階段できないかと考えることのほうが多いかもしれない。
つかってもあまり主張しないようにしている。今のところ・・。
踊り場を6分割する納まりも上り下りのしやすさを考慮し、角度を6等分せずに各段で変えている。
h_house 高津の家 3軒目の善行の家と地味に少しづつ進化できた。
大工さんにも気に入ってもらえて、次から使わせてもらうと宣言されました・・・。


高倉の家 踊り場下の柱のみ鉄。


東玉川の家 踊り場から鉄。


極楽寺の家 踊り場から鉄。


高津の家 段板を燃え代設計で厚く


片瀬山の家2 格子に段板をひっかける


玉縄台の家 手すりをなくす。


現場もあと1月。頑張ります。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スタッフを募集しています。


昨年末、5年3か月在籍したスタッフが独立しました。

上半期に新たな仕事がいくつかスタートし、再度体制を整えていくうえでスタッフを募集させていただきます。



HPのRECRUITに応募条件を掲載しました。

心から建築が好きという情熱にあふれている方のご連絡をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ