goo

藤沢の家/なかやま整骨院 上棟

昨日は上棟した藤沢の家/なかやま整骨院の現場へ。



上棟後大工さんが入るのに1週間ほど空いてしまうので、現場監督さんが2日かけてブルーシートですっぽりくるんでくれました。
梅雨時なので安心感があります。



3階のルーフバルコニー
目がおかしくなるくらい青いです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東玉川の家2 現場

本日 東玉川の家2の現場へ。



最後まで決めることは尽きないものですが、それでもだいぶ落ち着いてきました。
写真からはなかなか伝わらないかもしれませんが。

でも油断せず頑張りまーす。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

建築知識2017年6月号 掲載

発売中の建築知識2017年6月号(p22,37)で高津の家屋島の家について掲載されています。



タイトル
「実力派建築家オススメ!ベストな組み合わせがわかる最強建材200」


自分も知らない材料ないかなーと、後で読むのを楽しみにしています。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

高倉の家1年点検 社食堂

昨日は高倉の家の1年点検でした。




緑が多く気持ちよく暮らしていただけていました。
こういう暮らし方をみると竣工後に撮影すればよかったなと思います。
ようやくですが表札の位置を決めたり、手すりを追加するなどのご相談を受けました。

夜はスタッフたちとサポーズデザインオフィスの東京事務所でもある「社食堂」に夕食兼ねて行ってきました。(写真は撮ってないのでリンク参照)

事務所のスタッフの方に説明、案内していただきました。
(五十嵐さんありがとうございます!)

宿泊スペースまでデザインされていました。
自分の20代アトリエ時代は銭湯+床に段ボールを敷いて寝袋でした…。
今となっては良い思い出です。笑



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

GW

3日は朝3:30集合で千葉の定置網漁の見学に。
一網打尽とはこの事ですね。何杯すくっても、すくっても大漁。


大きなまんぼうも!食べれるそうですが、聞いた漁師さんは好きじゃないとのこと。



その後気になっていた「道の駅保田小学校」に。


とても良かった!閉校した小学校の既存の建物をリノベーションし道の駅にしたものです。
まず名前が残っているのがとても良いです。
小学校という町のものであるもの、卒業生のものであることが名前や建物として残っているのが良い。
また、訪れる人にとってもその小学校の文化祭に参加しに来た感じがするというか、分割した教室ごとに何があるんだろうとのぞき込むのも楽しい体験でした。
小学校という誰もが経験があるものであることから、この辺に階段が、トイレが、と地図を見なくてもウロウロできる親近感と、たまに裏切られた時のギャップの楽しさがある建築でした。
建築的なプラスの操作、マイナスの操作がとても良かったです。







ほかの説明はこちらへ。

その後鴨川シーワールド(昔から自分が行ってみたかった?)

磯遊び...と


詰め込み過ぎた結果…
昨晩から39度越えの熱!
今朝病院へ行ったところ、インフルB型。

息子よ、すまぬ…。
GW後半の予定がすべて、すっ飛びましたので…仕事しまーす。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東玉川の家2

3,4日おきに立て続けに東玉川の家2の現場に。

藤沢の整骨院と家の現場も動き出すので、決められることはしっかり決めていきます。現場ではサッシの取付け中です。

ここ最近雨が多くて現場は大変そうですが、定例はいつも天気が良いです。






近隣住宅に囲まれた立地の対策として光の取込み方を工夫した効果がでています。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東玉川の家2 現場

週末に東玉川の家2の現場へ。
施主とスイッチコンセント照明などの位置を最終確認。
その他仕上げ類、いろいろと決めていただけました。

既に金物検査も完了し構造用下地合板が張られています。





今週にはサッシなども取り付ける予定です。

建て主とは1/30の模型で確認していましたが、それでも思っていた以上に広いと言ってもらえると嬉しくなります。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東玉川の家2 上棟 いい天気

本日は「東玉川の家2」の現場へ。
先週上棟したので、これからは週1回ペースが続きます。

接道2m強。それ以外ほぼ四方を隣地に囲まれた敷地のため、2階の中央に光庭を設け、リビング、ダイニングキッチン、ワークスペースで囲んでいる。
(ワークスペースとは書斎兼勉強スペース。)

北側斜線をかわしながら、光庭に日光を落とすように屋根の形を決定している。











スタッフ君

ご主人の待望の屋上はとーっても気持ちいい。ポカポカ陽気と抜ける風が。
高めの手すりが周りからの視線をしっかりとカットしていて、いますぐにでもサマーベッドがほしくなります。
早くご主人に見てほしい!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

藤沢の家/なかやま整骨院 地鎮祭

今日は姪夫婦の家である「藤沢の家/なかやま整骨院」の地鎮祭でした。

なんとか着工にこぎつけられました。
まだまだまだまだ、決めることが多く、地鎮祭後そのまま5時間打ち合わせでした。
お疲れ様!いい家、整骨院になるように頑張ります!






姪の息子は暇で仕方がない様子。

ん?姪の息子ってなんていうんだ?と思って調べてみると、
姪孫(てっそん)、又姪(まためい)とのこと。
言いづらい・・。
でもやっぱり2世代下になるのから孫ってつくんだなー。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「最もくわしい屋根・小屋組の図鑑」 掲載

神木本町の家片瀬山の家2のが「最もくわしい屋根・小屋組の図鑑」(p38,50,51)に掲載されています。



屋根の形状ごとに特徴、機能、納まりなどを詳しくまとめてあります。

これは建築知識2015年11月号を再度まとめなおした内容になっています。
一般向けのものではないですが、書店で手に取ってみていただければと思います!


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

鎌倉方面

昨日は鎌倉方面に

午前中は息子のサッカークラブの親子自主練習。
春休みがはじまったので参加者は少なめ、でも子どもたちはテンション高め。

午後、鎌倉で空間研究所の長屋の内覧会に。

山を背負った配置。
躯体をコンクリート造とすることで、山の斜面は自然の状態を残し必要以上の擁壁造成をしていない。
南側の窓より森を自然に残した山側に大きく開いた開口と、
プランと別のルールでかかる屋根の架構の表れ方が印象的。





オーナー住戸と1戸あたり10坪(33㎡)以上の8戸の長屋。
現在自分が進めている共同住宅は6坪程度。1戸あたり10坪と6坪ではできることがだいぶ違う。広さと快適さは比例しないような設計を心がけている。



その後、海に行って、実家によって、解体途中の幼稚園をみて、、、
昼間に逃げた兄の猫を探して帰りました。

猫早く見つかるといいのですが・・。(五郎:トラ猫)

追伸:今朝戻ってきました。4日間の脱走でした。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

伊豆高原

今日は伊豆高原に行ってきました。

10年ほど前に両親と行ってから、毎年桜を見に伊豆高原大室山のふもとのさくらの里に行くのが習慣になっていました。

ただ今日は間違いなく咲いてない気がしましたが、あまりに咲いてなくて。笑うしかないくらい。



いつも花見よりも遊んでる時間のほうが長いので今日もフリスビーを2時間。
息子に負けるわけにいかず。。。


今日の成果としてはアトリエワン設計のブックカフェ「壺中天の本と珈琲」に入れました。
いつも時間が合わず、閉まっていました。
平面や外からは何度も見ていたにもかかわらず気づくことが多くいろいろと納得できました!

緩やかにカーブした平屋。常に森を見ながら、書斎、音楽、本、コーヒー、お風呂、寝室を行き来できる。
素直にこんな週末生活をしてみたいと思える空間でした。







バリアフリーを希望したけどね。とオーナーさん嬉しそうに話されていました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

藤沢の家/なかやま整骨院 工事契約

週末は「藤沢の家/なかやま整骨院」の工事契約でした。
HPにもUPさせていただきました。
「藤沢の家/なかやま整骨院」は自分の姪の家。
姪はむかーしから「いつか家を建てるなら博さんに設計してもらいたい。」と言ってくれていました。
そうだねー。とテキトーに言ってたのがまさかの現実になりました。
お付き合いいただいた旦那さんにも感謝です。
10月には旦那さんと姪で整骨院を開業することになります。微力ながらブログなどでも応援していければと思います。

あとは、もう一人の姪と甥がいるので、二人にも将来家づくり頑張ってもらおう!













幹線道路に面した1階に整骨院を併設した木造3階建ての住宅です。
前面道路の喧騒から距離をおいた3階にLDKとルーフバルコニーを配置しました。
あわせて水回りも3階で配置することで家事動線をまとめています。
2階に配置した個室は家族構成や使い勝手の変化に対応できる自由度のある平面となっています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東玉川の家2 地鎮祭


土曜日は東玉川の家2の地鎮祭でした。




施主はご自身の住む地名の入った「東玉川の家」をサイトで見つけて縁を感じ連絡してくれました。地鎮祭はいつも出会いのことを思い出します。

また直前まで敷地いっぱいに建物が建っていました。
ようやく更地になり建物位置がわかる地縄が張られているので、この機会に動きによる風景の展開やスケール感を確認しておきました。

8月引き渡しに向けて頑張ります!!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

片瀬山幼稚園 閉園 解体。

自分が40年前?に卒園した片瀬山幼稚園から「閉園、解体されることになりました。」と実家に丁寧な手紙が届きました。
閉園の話はもう何年も前から聞いていましたが、とても残念です。

とても素敵な幼稚園なんです。旧帝国ホテルなどを設計したF.L.ライトに師事した遠藤新、その息子の遠藤楽さんの設計です。
遠藤楽さんご自身もタリアセンでライトから学んでいたそうです。
昔から気になっていて、設計した建築家をネットで何度も調べたのですが、今回解体の決定により最後の内覧会が行われるというサイトで知ることになりました。↓

片瀬山幼稚園の見学会


自分と同い年の幼稚園です。
園からの手紙によると耐震問題。地域住民の少子化。預かり保育のできる認定園になるには規模が小さすぎることが原因とのことでした。

卒園生にあてた手紙には幼稚園があいてるときであればいつでも来てください。とのことなので時間を見つけて見に行こうと思っていま
週末は先生がいる時間が限られているそうなので、行かれる方は電話して確認してから行くことをお勧めします。0466-22-6176
平日は4時半までに来てもらえると・・・。とのこと。 

んー。ハードル高いな・・。




後ろが幼稚園。右下のまぶしそうな顔してるのが自分です。
この時期すべての写真がこの顔・・。

みんな元気かなー。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ