夢風庵の日々

夢風庵としての創作活動、また私的な日々の事もちょこっと書いていきたいと思います。

桃ちゃん、今年最初のご挨拶

2018-01-01 22:00:00 | 桃便り
明けましておめでとうございます♪
よき1年になりますように・・・



今年初のお散歩。
このところ、のんびりゆっくり公園でお散歩ができなかったので、大はしゃぎの桃ちゃんに思いっきり引っ張られ。
新年早々こけたくないので必死に制御、何とか落ち着きました









道路と違って私の足にもとっても楽、自転車に気を付けなくてもいいし、座ってのんびりできる公園散歩は楽しいね。



桃ちゃん大好きな、わんこ用サーモンムース。
写真撮ってるから「よし」が遅くて、イラつく桃ちゃん。



かなりがっついていました(^^;





北野の天神さんでいただいた大福梅。
お茶に入れていただきます。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃ちゃん、今年最後のご挨拶

2017-12-31 21:30:00 | 桃便り
桃ちゃん、年末シャンプーの予約が取れなかったんやけど、キャンセルが出たと連絡いただいて、何とか年内に綺麗にしていただく事ができました。
獣医さんにもお薬いただいて、ちょっと赤くなっていた足の指の間もきれいになって、これで舐めなければもう大丈夫。





来年は少しはいい方向に動きが出るといいな・・・







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北野天満宮 大福梅

2017-12-29 22:00:00 | おでかけ
11月12月はいろいろと忙しく、気が付くと仕事納め、今日からお休みに。

先週になりますが、北野天満宮へ行きました。



来年の干支、戌の絵馬が飾られていました。



人が多いだろうと夕方になってからのお出かけ。

ずっと工事をしていた建物が完成していました。












お参りをしてからお目当てのものをいただいてきました。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都ハンドメイドマルシェ

2017-11-04 00:00:00 | 夢風庵より
京都で初めての規模のハンドメイドのイベントが、みやこめっせで4日5日開催されます。

京都最大級のハンドメイドの祭典-京都ハンドメイドマルシェ-

大阪・名古屋・東京では入場料が必要な、屋内での大きなハンドメイド・アートイベントがあるのですが、京都は屋外での無料の手作り市が多いせいか、屋内でのイベントは入場無料の規模の小さいものが多いような気がします。

たくさんのお客さまが訪れて、年に何度か、定期的に開催されるようになればいいなと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃ちゃん、定位置確保

2017-10-29 13:00:00 | 桃便り
先週の日曜日、そして今日も台風が上陸、荒れたお天気になっています。
開催予定だったイベントも、中止のところが増えています。

先週は月曜にいつも乗る市バスに乗り込んだ時の(私はかなり手前で降りますが)運転手さんの、倒木が道路をふさぎ通行禁止になっているので別ルートで走行、途中の停留所には止まりませんというアナウンス。
自然の猛威は避けられませんが、出来るだけの対策で被害が少しでも軽く済むように願うしかありません。
数年前の大雨、四条烏丸の交差点、雨水処理能力を超えた雨で川のように流れる水たまりにくるぶしまで浸かって四条通りを渡るという・・・都市部の真ん中でも、甘く見てはいけないということ思い知りました。



足を冷やさないように、早くから足元ファンヒーターをつけているのですが、桃ちゃんが足とヒーターの間に割り込んで温風が足に届きませ~~ん

こんだけずっと温風浴び続けて、ドライアイ、ドライノーズ?にならないのか・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃ちゃん、9歳になりました

2017-10-21 21:55:00 | 桃便り
今日は桃ちゃん9歳のお誕生日。
超大型台風の接近で朝から雨。
お天気なら御所か公園でゆっくりしようと思ったけど・・・

いつものように洗濯もの引っぱり出して寝ています。





昨日買っておいた、ええとこのしぐれ煮用のお肉。
ブロッコリーとジャガイモ混ぜてトッピング。



いつもあげる豚肉やお手頃価格牛肉の時よりも、甘え声の要求鳴きがちがう。











このあと写真撮り忘れたけど、デザートはヨーグルト。

超大型台風上陸、明日の時代祭が中止になりました。
上賀茂手づくり市などなど屋外イベントは中止のところが多いです。
安全が一番です。

雨・風、どうぞ被害が出ませんように・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京のえぇもん おすそわけ 第三回

2017-10-15 15:30:00 | おでかけ
ワコールスタディホールで開催の講座「京のええもん おすそわけ」ラストの第三回目。
一回目は行きそびれましたが、前回の佐々木酒造さんに続き受講しました。
講師は創業二百五十年!!を超える『植治』次期十二代の小川勝章さん。



数年前に「和菓子の会」でお話を伺ってファンになりました(^^)
今回は残念ながらご欠席でしたがコーディネーターは千本銘木商会の中川典子さん。
そして今回進行役の裏具の大野好之さん。
お二人の対談形式で、「一瞬の桜、一生のもみじ」を切り口に、いろいろな方面からお庭の話を聞くことができました。

どこのお茶室か聞き漏らしたのですが(超有名でもわからない ^^;)庭の飛石の話で、画像で見せていただいたお茶室の腰掛待合へ導く石では正客しか踏めない石が・・・
私の無知さだと、ほいほい知らずに後について歩いてしまいそう・・・お正客さんが腰掛けてはる前を「前、失礼しま~す」とか(^^;
正客、次客、三客、末客、それぞれが歩くべき所を指示している、単に位置的な美しさだけでなく、機能・配慮があってこそ美しいというのがよく分かりました。

内容盛りだくさんで、飛石の話一つとっても、知らずに見ていた時と聞いてから見るのとでは、平行線による安定感など見方が変わってきます。
(飛石マニアにはならないと思うけど・・・^^;)

竜安寺の庭や東福寺の小市松模様の苔の庭のお話や冬の庭の話。
楽しくわかりやすくお話ししてくださいました。
先人の語り掛けを庭から受け止める。
時間・物語を作る庭。
その庭の零歳から五十歳百歳へと、その歳にとどめるのではなく、その歳なりの美しさを作るという、人も同じやなぁと・・・

お話のあとは千本玉壽軒さんのお菓子もいただけます。



懐紙代わりの、講座名と各回の講師の方のお名前と素敵なイメージイラストの入った台紙は裏具さん。



今回のきんとんは「一瞬の桜、一生のもみじ」から・・・
太めにうらごしした美しい緑と桜色。
この緑は紅葉の前の緑、出すのが難しい濃茶の挽き茶色に仕上げていただいたそうです。
中は土(地面)を表す粒あん。



この二つの世界は季節の変わり目でもあり、植治十一代目と十二代目、それぞれの個性の世界でもあるそうです。

お二人がそれぞれのテーブルでお話の後、大野さんが用意してくれてはった会場内の飛石を歩いておみやげをいただきました。









渋いイラストのカレンダーです。
中に入っていたくじに当たって「月刊京都」いただきました。



川添さんの「京で家呑み~旬のおつまみ~」が載ってるよ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桃ちゃんとリボン

2017-10-08 18:15:00 | 桃便り
う~ん、またほぼ月イチブログになる・・・

わんこのサロンでシャンプーをお願いすると、可愛いリボンやバンダナつけて写真を撮って渡してくれるサービス、けっこうありますよね。
引っ越し前にお願いしていたお店も、今のお店もそのサービスがあります。

この間シャンプーから帰ってきたときはブルーのリボンをつけていただいていました。







その次は、フリフリのピンクのリボン。



桃ちゃん・・・飼い主の私が言うのもなんだけど、女の子女の子した可愛いグッズがあんまり似合わないのよね~(^^; 



飼い主に似て、女子力低くなっちゃたね




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京のえぇもん おすそわけ 第二回

2017-09-12 23:00:00 | おでかけ
ワコールスタディホール京都で、京都酢屋千本銘木商会中川典子さんがコーディネーターとして三回開催される「京のえぇもん おすそわけ」。



第二回目の今回の講師は佐々木酒造の佐々木晃さん。(一回目はたしか手作り市へお届け物があって、パスしてしまいました)



重陽の節句ということで、菊の花がテーブルに。



お酒の回なのに、講師・コーディネーター共、下戸というのがなんとも・・・(^^;



今洛中で蔵でお酒を造っているのは佐々木酒造さんともう1軒、2軒だけだと・・・何とか残していただきたい・・・

いつもながら軽妙な中川さんの進行と、今回割とリラックス風の?佐々木さんのお話が面白く、あっという間に時間が過ぎました。

佐々木酒造さんの酒粕を使用した田中長さんの奈良漬にも菊の花びら。
黒文字の入っているかわいい桃の絵の袋は裏具さん。



お昼なので飲む量は控えてたのですが、試飲もほんと太っ腹。



菊酒(きくざけ)は大吟醸「聚楽第」。



こちらはおいしいあてでお酒をゆっくり楽しみたい時に飲みたいお酒。



「古都」と「まるたけえびす」はすっきり飲みやすく、食事の時に飲みたいお酒。








菊の花に綿を被せて香りと夜露をしみこませ、その綿で顔や体をふくと不老長寿ということで、佐々木酒造さんのお酒を使った千本玉壽軒さんの和菓子にも白い綿のように・・・
色違いで3種類。



私はこちらの色。



そして中にはプチプチと・・・イチジクです。



この触感とほんわりお酒の味・・・いろいろ試行錯誤を繰り返し・・・の末に生み出された、素晴らしいお菓子をいただきました。



お土産も太っ腹で、聚楽第、利き酒の時に使う蛇の目のお猪口、ノンアルコールの銀明水、特別なセミナーなどに参加しないともらえないという、かっわいい猫のイラストのファイル他。



佐々木酒造の従業員の猫さんたち。





袋のイラストは木村英輝さん(「キーヤン」の方がお馴染みですね)
ほんま、えぇもんおすそわけしていただきました。

次回は植治さんのお庭の話。
和菓子の会でお話を聞いた事があるのですが、この方のお話しも面白いですよ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五山の送り火 2017

2017-08-16 22:30:00 | 京都便り
今年も左大文字へ護摩木を納めに。


こちらの3本。








保存会の方々関係者の方々は、暑い中本当に大変です。

夜はテレビの中継で点火の様子を見ます。
左大文字の点火少し前に廊下へ。



コンパクトカメラなのでズームにするとブレブレです。



お隣さんに非常階段から船形も見えると教えてもらって、今年は船形も。
西に向かって進む船で帰っていくんですね。





今年も夏が終わります。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加