もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:パラダイス・ナウ 、製作国:仏独蘭パレスチナ
ジャンル:問題作と呼ばれる/2005年/90分
映画館:福知山シネマ2(135席)
鑑賞日時:2007年8月26日(日),19:20〜 4人
私の満足度:75% 
オススメ度:75%

<序> 
福知山に映画館復活後最初の鑑賞。自宅から自転車で3分、一階の
スーパーで飲み物を買って2階の映画館へ。この作品は、大阪か京都市内
まで見に行こうと思いながら見逃していたこともありとても得した気分。
しかも会員料金1000円で鑑賞できるとは、まさにパラダイス・ナウ?
と階段を駆け上がる。

映画の前知識としては、ほとんどなく。ビラの『イスラエル占領地ナブルス、
自爆攻撃へ向かう二人の若者の48時間』程度。さらに、イスラエル・
パレスチナ問題に関しては、複雑だという以外さっぱりわかっておりません。

そんな状態で、きっと軍事的な訓練のシーンが結構でてくるんだろうなとか
ラストは自爆攻撃で派手に爆発するのかなあとか、ビラに写っている主人公
とおぼしき若者は何を考えているのかよくわからない顔つきだなあとか
考えながら、たった4人?いいえこの手の映画でこの街と考えると結構
多いともいえる4人の鑑賞者のなかのひとりとしてこの映画をみました。

さて、もう午前4時をまわったので、今日のところは多くは書けませんが
全編を通じて緊張感が高く、知らないことの連続で、あっけにとられる様に
吸い込まれてみていました。特に驚かされたのは、主人公が特別な訓練を
受けたわけでもないまったく普通の若者であったこと。”自爆テロ”を
肯定する気持ちはありませんが、「何を考えているのかよくわからない
顔つき」の主人公が自爆を志願してイスラエルへと入ってゆく気持ちに、
納得するものを感じたことです。

どういう映画だったかの説明は、後日として、まあとにかく見といたほうが
いいような気がする作品です。軽いショックをうけました。

<作品紹介 gooより>
ヨルダン川西岸地区の町、ナブルス。イスラエル占領下のこの町に住む
ザイードとハレードは、閉塞感と絶望を感じながらも、暇を持て余す日々を
送っていた。そんな中ザイードは、自爆志願者をつのる組織の代表者・
ジャマルに、ハレードともに自爆攻撃を遂行するよう告げられる。
二人は自爆攻撃に向かう準備を粛々と行い、爆弾を付けたベルトを装着。
攻撃地点へ赴くため、ナブルスを囲むフェンスの穴をくぐるが……。



(つづく)


パラダイス・ナウ@映画生活
「パラダイス・ナウ」woman.excite >>

コメント ( 6 ) | Trackback ( 15 )



« ラッシュアワー3... 続「パラダイス・... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとう (fujisan)
2007-09-02 23:05:56
TBありがとうございました。
福知山からですか・・・・うれしいですね。
私もそちらの人間です。今は西宮ですが・・・。
パラダイス・ナウ、こちらでは映画サークルの
市民映画劇場で上映されました。
ミニシアター系の映画が多いですが、月に一度見せてもらっています。
これからじっくりブログ見せていただきますね。
またよければブログ、お立ち寄り下さい。
 
 
 
fujisan さんへ (もっきぃ)
2007-09-04 00:29:44
こちらの方ですか、是非是非ご出身地の方にも「福知山シネマ」アピールしましょう。3回行きましたが、いずれも観客は私を含めて4名以下でした。このままでは危ないと、早くも危機感をもっております。

またよろしく。

 
 
 
Unknown (とろ)
2007-09-06 16:24:35
はじめまして。TBありがとうございました。
私もこの映画見てよかったと思いました。

>主人公が特別な訓練を受けたわけでもないまったく普通の若者
私もびっくりしました。アルカイダみたいに訓練を受けてるわけでもなく、自爆装置もロックがかかって自分では取り外せないとか・・・私も軽くショックを受けました。

また、寄らせてもらいますね!
 
 
 
とろさんへ (もっきぃ)
2007-09-07 21:40:48
何とおいしそうな名前だこと。

自分で取り外せないというところは、
なんでそこまで?というきもしました。
あとかたもなく消えないということでしょうか?ショックでしたね。

ところで、ボル・ベールが満員でしたか。
それはよかった。私がいったときは、初日
あたりだったんですが半分強ぐらいでファンとしてはちょっとさびしいなあと思っておりました。またよろしく。



 
 
 
がんばれ福知山シネマ (エレキング大暴れ)
2007-09-09 00:17:36
トラックバックしてくれて、
福知山シネマのことを初めて知りました。
以前京都市に住んでいた時は、
福知山はバイクでツーリングするときに通り過ぎるだけで、映画館があるとは知りませんでした。
すみません。
福知山シネマの末永いご発展をお祈りしております!
 
 
 
エレキング大暴れ さんへ (もっきぃ)
2007-09-09 22:08:24
私も以前は京都に住んでおりました。今でも実家は京都市内です。

さて、福知山シネマですが、本日は友人とふたりで行ってきたのですが、この二人を含めて4人の入りでした。うーん。大丈夫かなあ。

ツーリングで、福知山を通られるみなさま。是非その折には、福知山シネマへおたちよりください!!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
パラダイス・ナウ:レビューの続き (犬儒学派的牧歌)
最初に自己言及を少し。 最近、自分の書く文章の中で「Aにせよ、Bにせよ、Cである」的な表現を用いるこ...
 
 
 
「パラダイス・ナウ」と「珈琲もえぎ」 (JAZZと映画・本)
映画「パラダイス・ナウ」を観てきた。 パレスチナの幼馴染みの二人の若者が自爆攻撃
 
 
 
パラダイス・ナウ/カイス・ネシフ、アリ・スリマン (カノンな日々)
今週は新作公開が少なかったんですが、そんな時のためにと上映期間の長かったこの作品の観賞を先延ばしにしておいたんですよね。でもその間に観賞された方々の評判がすこぶる良いので最近は早く観たくてじれてきちゃってたところでした(笑)。 なんだか南国をイメージさ...
 
 
 
★★★★「パラダイス・ナウ」ルブナ・アザバル、カイス・ナシフ... (こぶたのベイブウ映画日記)
自分の命をかけて自爆テロをするような人は、狂信的で、私とは違う人間だと思っていた。でもこの映画の、サイードとハーレドは極悪でもなく、ごく普通の青年に思えた。若い者に「他に選択肢はない」と思わせる、テロ組織の年配者たちが、とても印象的だ。単純な善悪の判断...
 
 
 
パラダイス・ナウ (メルブロ)
パラダイス・ナウ 153本目 上映時間 1時間30分 監督 ハニ・アブ・アサド 出演 ルブナ・アザバル カイス・ナシフ アリ・スリマン 評価 6点(10点満点) 会場 アップリンクファクトリ−(試写会 138回目)  監督インタビュー動画    ブロガー試写会...
 
 
 
「パラダイス・ナウ」 (池谷石黒ウェブログ)
今日は京都シネマに「パラダイス・ナウ」を観に行きました。 イスラエル占領下のヨルダン川西岸地区・ナブルスに住む幼なじみの青年二人が、自爆攻撃の命を受け、様々な苦悩や葛藤の中、究極の選択を強いられる極限の結末
 
 
 
(今日の映画)パラダイス・ナウ (Kozmic Blues by TM)
パラダイス・ナウ (2005) PARADISE NOW 製作国 フランス/ドイツ/オランダ/パレスチナ 監督: ハニ・アブ・アサド 製作: ベロ・ベイアー 脚本: ハニ・アブ・アサド/ ベロ・ベイアー 撮影: アントワーヌ・エベルレ 出演:...
 
 
 
JICAで交流♪『パラダイス・ナウ』 (たーくん'sシネマカフェ)
先日募集した、JICAの無料上映会に参加してきました♪田舎なもので上映ぎりぎりに到着。じぶんウォーカーの3大名物編集長のりまさPさん、とらとらさん、あちんさん。新米名物編集長の私としては羨望の眼差しです☆作品は、「パラダイス・ナウ」-Story-イスラエル占....
 
 
 
パラダイス・ナウ (映画雑記)
昨年の78回アカデミー賞の外国語映画賞ノミネート作品でもあり、 イスラエルの自爆テロ被害者から、ノミネート除外を求められた事で、 ニュースとかにもなった話題作。 パレスチナ問題に対して、その動向を気にするように心がけているし、 それなりの個人的な考えを...
 
 
 
映画『パラダイス・ナウ』(2005年フランス=ドイツ=オランダ=パレ... (-bluescreenlife-)
原題:PARADISENOWイスラエル占領下のナブスルを舞台に、自爆攻撃に向かう二人のパレスチナ青年を描いた問題作。2006年にゴールデン・グローブ賞外国語映画賞を受賞、アカデミー賞の外国語映画部門にもノミネートされた作品です。監督はパレスチナ人のハニ・アブ・ア....
 
 
 
パラダイス・ナウ (シュフのきまぐれシネマ)
パラダイス・ナウ  @東京都写真美術館 監督・脚本:ハニ・アブ・アサド 出演:カイス・ネシフ/アリ・スリマン/ルブナ・アザバル/アメル・フレヘル 製作年: 2005年 製作国: フランス=ドイツ=オランダ=パレスチナ 配給: アップリンク 上映時
 
 
 
パラダイス・ナウ (DVDジャンル別リアルタイム価格情報)
イスラエル占領地のヨルダン川西岸地区で、自爆攻撃に選ばれた幼なじみのサイードとハーレド。自爆攻撃を決行するために二人は決行場所へと向かうが、その途中アクシデントが起こり、二人は離れ離れになってしまう…。実際の銃撃戦の中で撮影された、自爆テロに向かう二人...
 
 
 
パレスチナ映画「パラダイスナウ」 (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
 アングル21で「中国少数民族・古の祈りと装い」「ティモール島・手紡ぎ木綿の絣布」を、たばこと塩の博物館で「和の布遊び ちりめん細工の世界」をみたよ。素朴ながら複雑なうつくしい手芸品のかずかずに感動。そこには独自の宇宙がきらめいていた。
 
 
 
パラダイス・ナウ (playt* cinema* art* )
パラダイス・ナウ出演 カイス・ネシフ アリ・スリマン ルブナ・アザバル アメル・レヘル 監督 ハニ・アブ・アサド制作 2005/フランス、ドイツ、オランダ、パレスチナ時間 90分storyイスラエル占領地のヨルダン川西岸地区で、自爆攻撃に選ばれた幼なじみのサイー....
 
 
 
mini review 08289「パラダイス・ナウ」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
イスラエル占領下の町ナブルスを舞台に、自爆攻撃に向かう二人のパレスチナ人青年の苦悩と葛藤(かっとう)を描いた問題作。第78回アカデミー賞では、自爆攻撃の犠牲者遺族が外国語映画部門ノミネートから外すよう抗議があったなど、世界各国で上映され論争を引き起こした...