もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
年間100本の劇場鑑賞、音声ガイドもやってました。そんな話題をきままに書きます。ネタバレもありますのでご注意を。
 



タイトル:闇の子供たち 製作:日本
ジャンル:アニメ/2008年/101分
映画館:テアトル梅田(90席)19:35~、満員立ち見あり
鑑賞日時:2008年8月14日(木)
私の満足度:65%(この話題で、豪華キャストで映画化したことで+10%) 
オススメ度:50%

<原作・序>
梁石日(ヤン・ソギル)原作の「闇の子供たち」。

貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、生ける屍と化していた。
実父に八歳で売春宿へ売り渡され、世界の富裕層の性的玩具となり、
涙すら涸れていた…。アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。
幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と
人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。(AMAZONの説明から要約)

この本が平積みになっているのを見て、何度買おうかと迷ったことか?
でも、結局手にしなかったのは、小説でありノンフィクションでは
ないため、どこまでが事実かわからないなあとの思いと、表紙の絵が
怖すぎたから。まっくろで、細い女の子の絵。髪はボサボサながめで
目だけがギョロとしている。映画のチラシにも使われているこの絵が
怖くて手がでませんでした。でも、映画にまでされてしまうと、
逃げられないなあとう気持ちもあり、宮崎あおいもでているし、
ということで行ってきました。

<ストーリー:goo要約>
日本新聞社バンコク支局の記者、南部(江口洋介)は、日本人の子供が
タイで心臓移植手術を受けるという情報を得る。臓器密売の元仲介者に
接触した南部は、提供者の幼児は、生きたまま臓器を取られるという
衝撃の事実を知る。取材を続ける南部は、ボランティアの恵子
(宮崎あおい)と知り合う。純粋で感情的になる恵子に苛立つ南部だが、
善悪に対する感覚が麻痺している自分を恥じてもいた。

<感想>
このようなおどろおどろしい話を映画化された勇気に敬意を表したい。
衝撃的な映像の連続。「提供者の幼児は、生きたまま臓器を取られる」と
言葉で聞くと、ひどいことだまあそういうこともあるのだろうと思うが
そこまで。映画なかで売春宿からいつもよりも少しよそ行きの服で
連れ出され、不安げに病院に入ってゆく10歳ぐらいの女の子様子を
盗写取材のカメラ目線で追われるとさすがに胸が痛む。映像は、病院に
入るところまでだがこれで十分だ。「幼児売春」については、もう1歩
踏み込んでいたが、子役への配慮と幼児性愛者を喜ばすことが
ないようにとの配慮をしつつ、大人の醜さが表現されいた。

だが・・・キャチコピーに『これは「闇」に隠された真実の物語』
とあるにもかかわらず、物語としては粗く現実味に欠けた展開が多い。
例えば、臓器を買う側の日本人夫婦の家への新聞社の取材に、なぜ
タイの福祉センタで働くボランティア職員恵子が一緒にいるのか?。
また、福祉センタに顔を出さなくなった少女が売春宿ですぐに
AIDS発症し(事前に母子感染?)ごみとして捨てられるところに
恵子が待っているくだりも映画としてのご都合主義に思える。

衝撃的なシーンが目に付いたためか、役者さん、特に日本人の
人物像がうすっぺらいこと。宮崎あおいって、こんなに演技が
下手だったのかと思うほど。脚本が悪いのか?役者がわるいのか?
そんななか、臓器を買う側の日本人夫婦役、佐藤浩一・鈴木砂羽は、
少ない出番ながら存在感と自然さが感じられた。そして、それより
タイの子役たちの目が印象に残る。

<みなしごのバラード>
「暖かい人の情けも、胸を打つ厚い涙も、知らないで育った僕は、
みなしごさ」おやっと思ったのがこの歌。漫画タイガーマスクの
エンディングテーマ。タイのマフィアの一人。運び屋といったほうが
いいだろうか。山岳部の貧しい家から都市の売春宿へと、幼児を
運んでゆくトラックのなかで、メロディだけくちずさむ。彼は
『気色悪い日本人めヘドがでるよ』と記者に向かっていう
シーンもある。それだけ日本とタイは密接で複雑ということだろう。

<ラストシーン:完全ネタバレ>
最後に、記者南部が自殺。事件後に、自宅の壁の覆いをとると、
幼児性愛者関連の切抜き記事に囲まれ、真ん中には鏡。映画の
途中で何度か記者が少年の手をつないで夜道を歩くシーンがあり
本人としてやましい行為があって、罪の意識と、どうしようも
ない現実のなかで発狂し首をつったということか?

ひとつ前の場面は、NGO集会が警官との銃撃戦となり子供たちを
避難させるなかで、恵子に「もうここから帰ろう」というが
「私は自分に言い訳したくない」と言われ立ち往生。
足もとには男の子が抱きついているところでウォーと発狂。

 鏡の周りの記事は、自分が幼児性愛者であったことを示すため
わざと残したのか?突発的な自殺で、そのままになってしまった
のか?いずれにしても違和感が残るラストであった。

<タイ>
最近知ったのだが、タイ政府はアメリカの会社のエイズ治療薬に
「強制実施権」を発動している。WTOでは認められている権利
らしいが、開発メーカの許可を得ずに、生産するということ。
この薬で多くの人が救われているという。アメリカとの関係は
悪化するだろうし、すごい決断だと思う。ガンバレ、タイ政府。
http://www.newsclip.be/news/20061204_008189.html
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070516ik05.htm
http://www.msf.or.jp/news/2007/07/587.php

<最後にひとこと>
阪本監督は、ばんばひろふみににている

闇の子供たち@映画生活
「闇の子供たち」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

闇の子供たち (幻冬舎文庫)
梁 石日
幻冬舎

このアイテムの詳細を見る


闇の子供たち
梁 石日
解放出版社

このアイテムの詳細を見る


コメント ( 1 ) | Trackback ( 25 )



« 崖の上のポニ... 映画「蟹工船... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (旅の人)
2008-08-26 13:06:23
原作者 梁石日
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%81%E7%9F%B3%E6%97%A5
監督 阪本 順治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%AA%E6%9C%AC%E9%A0%86%E6%B2%BB
これを見ると、反日・左翼の偏向性が見えます。

参考になったBlog
http://blog.goo.ne.jp/chandos/e/a61702e337b9ae1141c0540154ba1f87
http://sinema.eshizuoka.jp/e156587.html
http://tarewankotekiseikatu.blog.so-net.ne.jp/2008-08-25
http://otakurevolution.blog17.fc2.com/blog-entry-56.html
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
【2008-187】闇の子供たち (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? これは、「闇」に隠された真実の物語 値札のついた命
 
 
 
闇の子供たち (まてぃの徒然映画+雑記)
重いっ、重すぎる。日本から心臓移植にからむ臓器売買の情報を入手した南部(江口洋介)は、バンコクで情報収集を続ける。また恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてタイにやってきて、ナパポーンが運営するNGOに参加するなかで、幼児買春からの子供救出に関わっていく....
 
 
 
闇の子供たち (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
梁石日の同名小説を映画化した作品です。 日本新聞社、バンコク支局で、児童買春を取材する記者、南部は、日本人の子どもがタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得ます。それは、正式に手続きを踏んだものではなく、闇のルートで行われる手術とのこと。臓器密売の...
 
 
 
闇の子供たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『値札のついた命』  コチラの「闇の子供たち」は、「月はどっちに出ている」や「血と骨」の原作者梁石日の同名小説を「顔」や「カメレオン」の阪本順治監督が脚本も手掛けた8/2公開の衝撃作なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪阪本監督の舞台挨拶もあったのです...
 
 
 
【闇の子供たち】 (日々のつぶやき)
監督:阪本順治 出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、佐藤浩市 「タイ在住の新聞記者の南部は、日本の子供の腎臓移植の実情を調べ始めた。するとタイの子供の臓器が生きたまま摘出されるという情報を掴みフリーカメラマンの与田を連れ更に突っ込んだ取材を開始す
 
 
 
闇の子供たち (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
日本とも係わる幼児売・買春と臓器密売を告発する問題作。タイに住む新聞記者と女性ボランティアの目を通して、闇の世界を描くものだ。物語はスリリングだが後半の描写が慌しく、特にラストの主人公の秘密はとってつけたよう。それでも、善悪の感覚が麻痺し金銭にものを言...
 
 
 
闇の子供たち・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
熱帯のスラムの淀み湿った空気が、スクリーンを通して客席にも漂ってきそうだ。 幼児の臓器売買、買春というおぞましい現実を描いた梁石日の...
 
 
 
『闇の子供たち』@109シネマズ川崎 (映画な日々。読書な日々。)
日本新聞社バンコク支局で、幼児人身売買を取材する記者、南部は、日本人の子供がタイで心臓の移植手術を受けるという情報を得る。知人に金を握らせ、臓器密売の元仲介者に接触した南部は、提供者の幼児は、生きたまま臓器をえぐり取られるという衝撃の事実を知る。取材を...
 
 
 
現代バンコク奇譚~「闇の子供たち」 (タイまで5,750,000歩)
大分前に発表になってますので、ご存知の方もいるでしょう。阪本順治監督がメガホンをとった『闇の子供たち』が8月2日、全国順次ロードショー開始です。これは阪本順治監督が梁石日(ヤン・ソギル)の長編小説を映画化したもので、キャストには江口洋介、宮崎あおい、妻夫...
 
 
 
映画『闇の子供たち』 (健康への長い道)
テアトル梅田にて、8/2より公開の『闇の子供たち』。春休みとはいえ、いかに重たそうな映画なので空いているだろうと思ったら、意外にも(すいません&#63897;)ほぼ満席(小さい劇場ですが)。 僕がチケットを買った時点では、前から3列目まで、しかも真ん中付近...
 
 
 
「闇の子供たち」江口洋介×宮崎あおい (コレ、いいかも☆)
日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、恵子(宮崎あおい)はボランティアとしてバンコクの社会福祉センターに到着する。彼女は所長から、最近顔を見せなくなったスラム街出身の少女の話を聞くが、...
 
 
 
「闇の子供たち」 (小さな街から)
日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社から、日本人の子供がタイに渡り、臓器移植の手術を受けるらしいので調査をして欲しい、という依頼を受けます。 元ブローカーという人間に接触し、取材してみると、「生きた子供から臓器を取り出す。」と
 
 
 
闇の子供たち (映画三昧、活字中毒)
■ シネマライズにて鑑賞闇の子供たち 2008年/日本/138分 監督: 阪本順治 出演: 江口洋介/宮崎あおい/妻夫木聡/プラパドン・スワンバ...
 
 
 
「闇の子供たち」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「闇の子供たち」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:江口洋介、宮崎あおい、妻夫木聡、プライマー・ラッチャタ、プラパドン・スワンバン、佐藤浩市、他 *監督:阪本順治 *原作:梁石日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか...
 
 
 
闇の子供たち (徒然なるままに)
問題作「闇の子供たち」をわざわざ渋谷に出て観て来ました。暗く、なんともいいようの
 
 
 
闇の子供たち (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  この闇にそらすことなく目を向けよ  
 
 
 
まさかの映画化「闇の子供たち」 (毎日が映画記念日)
何年か前に、梁石白の原作小説を読んで衝撃を受けたので、 映画版も見に行ってきました。
 
 
 
「闇の子供たち」ムゴすぎる現実…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 映画を観終わって、こんなに重い気分になったのは久々ではないでしょうか?「闇の子供たち」(ゴー・シネマ)。『悲しい』とか、『泣ける』とか言う類の言葉では括れない。トンでもない“問題作”です。  日本新聞社バンコク支局の記者・南部(江口洋介)は、東京の...
 
 
 
【映画評】闇の子供たち (未完の映画評)
阪本順治監督が子供たちを悲劇に陥れる闇の世界を渾身の力であぶり出す問題作。
 
 
 
【映画】闇の子供たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 観ておかないと後悔しそうな映画だったので ▼感想 連鎖を断ち切る勇気はいったい誰が持つべきなのか ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。...
 
 
 
闇の子供たち (Memoirs_of_dai)
真実のどん底 【Story】 日本新聞社のバンコク支局駐在の南部(江口洋介)は、東京本社からタイの臓器密売の調査を依頼される。同じころ、...
 
 
 
「闇の子供たち」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
以前見た、「ヒューマン・トラフィック」をちょっと思い出しました・・
 
 
 
No.182 闇の子供たち (気ままな映画生活)
ここ最近観た邦画の中でも、問題作いや 衝撃作といったところだろうか・・・
 
 
 
闇の子供たち (単館系)
渋谷、シネマライズにて PG12ということですが、地上波は無理かも・・・ 値札のついた命 タイ駐在の新聞記者、南部浩行が、若いフリーカメ...
 
 
 
江口洋介 妻夫木聡 宮崎あおい / 闇の子供たち (中川ホメオパシー )
ワケもなく寝釈迦 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーのハライチ担当、ブロッケンです。 阪本順治監督の映画『闇の子供...