みずいろの旅

やさしいおもいのはねをひろげて

『コードギアス 反逆のルルーシュ』 STAGE17

2007-02-12 21:02:43 | アニメ
リヴァルは絶対ルルーシュで遊んでる。何あのルルーシュの爽やか笑顔は?

シャーリーは思い出すのか?まあギアスの力は絶対だと思うからそれはないか。でもギアスという力の存在自体が奇跡のようなものだから、同様に奇跡で記憶が戻るというのもありかと。思い出さないにしても、彼女にとっては何か支障が出そう。

C.C.の制服姿。今後もいろんなコスプレするのかな。

扇さん、愛妻弁当ですか。いつまで続くのか新婚ごっこ。

ラクシャータさん、ようこそ。ゼロにとっての念願の駒のひとつ。これで技術力でブリタニアに勝てる。

ゼロが欲しかったもうひとつの駒、藤堂さん捕まってます。銃殺刑で、執行人がスザク。スザクも震えてます。何と2人は武術の師弟関係。今のスザクのバカ身体能力はこの人のおかげですね。
さて、ゼロが助けに来たわけですが。
『ならばその命、私がもらおう!』
怪盗みたいな登場しちゃったね、この子。
『(厳島の)奇跡の責任をとれ』とか『みっともなくあがいて死んでいけ!その名がズタボロになるまで』と言って藤堂さんを説き伏せ、無事勧誘成功。

コーネリア様の命令で特例的に死刑執行人がスザクに変更されたわけですが、これはどういう意味があるのでしょう?単純な名誉ブリタニア人いじめということではないと思う。目の前での活躍を見てるし、自分も助けられたことがあるから、スザクの実力を認めていて、ユフィの騎士にしようという考えがあったりして。そこでスザクのブリタニアへの忠誠心を試すために元同胞を撃たせてみよう、なんてね。
(考えすぎ?)

襲撃されてるのに『書類地獄からは解放かな?』なんて言っちゃうロイドさんは可愛い。また、大事なパスワードを自分の好物にしちゃうところも好き好き!

日本解放戦線の方々強いです。大した駒だね。

ゼロのランスロット対策は万全。見事に読み切って、その指示通りに動ける駒もいる。
藤堂さんとスザクは体育会系。『君はその道を行け』『はい』
敵になるのにさ。

ランスロットのパイロットがスザクだと知ったカレンは動揺するが、すぐさまゼロに振る。
『ゼロ、指示を!』
どうしたらいいかわからない。
だからゼロに聞く。
ゼロを信じてるから。
ゼロが答えを、正しい答えを知っているから。
ゼロがひとこと『殺せ!』と言ってくれたら、相手が知り合いでも殺せる。
『ゼロ。捕まえますか?それとも……』
できたら殺したくない。
そんな気持ちの混じった台詞です。

名誉ブリタニア人に対する差別はまだまだ続いている。(スザクも生徒会では溶け込みつつあるが、学校全体で見たら全然改善されてないみたい)
ユフィは差別を許さず、みんなが平和に暮らせる世界を望んでいる。しかし理想はあれど、みんなを説き伏せるだけのカリスマ性は残念ながら持ち合わせていない。『騎士はスザクにする』というのも含めて、所詮は皇女様のわがままと取られてしまうのかも。
ラクス・クラインのような存在にはなれそうもない?まだわからないけど。

ルルーシュはスザクをナナリーの騎士にしようと考えていた。
あの驚異的な身体能力はナナリーを外敵から守る。
あの誠実さは疑う余地もない。信用できる人間だ。
ナナリーもスザクになついてる。
2つとない駒だ。
そして、スザクの生きる目的=ナナリーとなってくれたら。つまりふたりが恋仲になってもいいということでしょう。
しかし、『スザクのことどう思う?』と問うた時、ナナリーが『好きですわ』とL答えて、ちょっと複雑そうな表情を見せたね。シスコンさん、いらっしゃ~い!
ナナリーはちゃんとフォロー。『もちろん、いちばんはお兄様ですけど』
でも、スザクはナナリーの騎士にはならない。ユフィの騎士になるのだから。

ルルーシュは大事な駒を失った。いや、ずっと前に失っていたと言った方が正しいのか。
しかしながら、いくらチェスが好きだといっても、親友まで駒として見てしまうのは悲しい。
今まで散々自分の邪魔をしてきたあのランスロットのパイロットがスザクだった。
受け止められず、そして壊れた。あの笑いは、こんなによくできたドラマチックな話、こんな運命を自分に課した神への表敬か。それとも、『毒を食らわば皿まで』って感じで、ここまできたらやってやろうじゃないかという決意の表れか。
次回予告にてルルーシュのひとりごと。(次回は総集編ですけど)
『俺は勝つ。敵が誰であろうとも』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パス・ザ・草津 ~今日からスタート編~

2007-02-12 19:52:17 | ザスパ草津
本日、ザスパ草津の2007シーズン、運営サポートスタッフの説明会に行ってきました。今年から変更する点(S席が指定席になったり)もあるので、しっかりマニュアル読んで理解し尽くすぞ!
どうぞ今シーズンもよろしくね。是非是非会場に来てください。松本とか熊谷とかでもやりますので。


午後からは敷島公園陸上競技場の清掃活動にも参加してみました。サポーターやクラブスタッフの皆さんも参加。
そりゃもうゴシゴシゴシゴシ磨きましたよ。腰が痛いのなんの。少しはきれいになったかな?これからもお世話になるということで、たまにはこちらもお世話してあげないとね。うちの会場は他に誇れるようなものじゃないですけど、『汚い』とは言われたくない。だから汚さない努力をしましょう。


さて今後の日程です。
プレシーズンマッチ、アルビレックス新潟戦は2月18日(日)の13時キックオフです。開門は11時。当日券が前売りと同じ値段ですから、気が向いたら来てみてください。アルビですよ、アルビ!わくわくしちゃいます。今年はビッグスワンに行ってみたいです。まだ行ったことないもんね。アルビジュビロの時にでも。

今シーズンも開幕戦は残念ながらアウェイですが、3月4日(日)の東京ヴェルディ1969戦です。(国立にて13時キックオフ) 行きましょうよ行きましょうよ!今年は近場で行けそうなところはヴェルディか水戸しかないので見逃せない。
しかも、名波&ハットいますからね。早く敷島に来てほしい。確か6月13日でしたね。ブーイングしようか?応援しようか?迷うな。
あれれ?3月4日といえば、柏VS磐田が16時キックオフ。これはもしかしてハシゴできるのか?千駄ヶ谷から柏までどれくらい?

そして待ちに待って待たされたホーム開幕戦は3月11日(日)。13時からの徳島ヴォルティス戦でございます。いい顔して来場して、いい顔して帰宅したいですな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライダーの免許

2007-02-12 19:03:44 | その他
太一頭取がレディボで話していた、『仮面ライダー電王』見てみました。電車が出てきて何か不思議。
いちばん気になったのは、赤い鬼みたいな人。この人が気弱な主人公の中に入り込んで好き放題やる?いや、闘うわけですが、この人の声を担当しているのが関俊彦さん(声優)なんです。関さん目当てで見ちゃいそう。
それにしても、最近の仮面ライダーはライダーって言う割に、あまりバイクに乗らない気がします。でも、ライダーになる人が運転免許持っていなかったらどうなるんだろ?太一頭取が言ってたみたいに『ライダーの会社』があるとしたら、上司に“まず免許を取れ!”って言われるのかな。


4月に西川貴教くんのミュージカルがある。是非見に行きたい。チケットが取れたらね。『ハウ・トゥー・サクシード』って作品。舞台とかそういうの見たことないな。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2月9日、国分太一レディオボックス@FMぐんま

2007-02-12 18:43:57 | 国分太一レディオボックス
怒っています。
OAから数日経ち、頭を冷やしてみましたが、やっぱり納得できません。


年度末の一斉リストラ。
今週、『分さんの知恵の木』と『かなめんのつかみはオーケー』が終了しました。ちょっと前には、『脳内レポート2006』、『構成作家永田の数えてきました』も終了しています。


コーナーの入れ替えがあるのは当然のこと。
それはいい。
納得できないのは《終わらせ方》です。
EDの告知にて。
“今週で『分さんの知恵の木』も終了です”
えええぇ~~~!!!?
またやりやがった。(ため息)
『そこでエンドロール』もこういう終わり方でしたよね。
しばらくやらずにいて、唐突に終了宣言。酷い。
せめて最後にもう一回やって、その時に“今週で終わりです”って言えばいいじゃん。
まだコーナーが続くと信じて投稿していたリスナーを裏切ってます。
違いますか?
“だったら早く言えよ!”って声が聞こえてきそう。
しかも、『分さん』だったのが衝撃。まさかこのコーナーが終わるなんて……。


それから、テキトーな理由についても得心がいかないです。
『かなめん』の終了理由→→『ダンドリ。』が終了して大分経つから。
それはコーナースタート時からそうでしょ?
ドラマ放送中の頃からやってて今まで続いてきたコーナーだったら、理解できる理由だけど。
正直に“御本人がゲストとして登場したから(もういいでしょ)”って言えばいいのに。
『脳内レポート2006』もいい加減な理由でした。
“2006年はもう終わったから”
だったら、『脳内レポート2007』にすればどうですか?
言ってマイナスな理由だと思いますけど。
太一少年のグズグズなトークは大好き。
でも、コーナーは最後まで大事にしてください。


終了したコーナーたちを供養。

『分さんの知恵の木』
何年続いたのでしょう?聴き始めた頃(2003年夏)からあったような気がします。息の長いコーナーでしたね。人気あったんじゃないでしょうか。きっと。
あまり職人さんが読まれるコーナーではなかったけど、僕は問題送ってました。読まれないとわかっていても。
こういう知的?コーナーも必要だと思います。僕は。

『かなめんのつかみはオーケー』
これからだと思っていました。本人の登場で今後更なる飛躍があると思っていたのは僕だけか。でも、あの時点でオチてたんですね。
逆に榮倉奈々ちゃんをゲストに呼ぶために始めたのかも。
ちぇっくめいと的には記憶に残るコーナーでした。
ネタをかなめん本人に読んでもらえたし、昨年のアウォーズでも唯一コーナー賞にノミネートされたのがこのコーナーでしたから。
そう言えば、今日は榮倉奈々ちゃんの19歳の誕生日だそうです。おめでとう!

『構成作家永田の数えてきました』
質問を考えるのに苦慮したっぽいですね。
いちばん印象に残っているのは、ワールドカップ優勝国予想かな。サッカーファンとして絶対に当ててやろうって妙に燃えてました。結果ハズレ。

『脳内レポート2006』
このコーナーは……苦しめられました。本当に。
あの手この手使って悪戦苦闘したんですが、結局1枚も読まれませんでした。
苦手なコーナーが終わってホッとする気持ち半分、克服できないままの終了で悔しい気持ち半分。

終了していったコーナーたち。
さようなら。
そして、
ありがとう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加