みずいろの旅

やさしいおもいのはねをひろげて

みずいろ詩集 No.4 ~底に残ったもの~

2006-03-03 19:08:17 | みずいろ詩集
         ~底に残ったもの~
 
 パンドラの箱の底には希望が残っていたんだってさ  おめでたい話だよね  僕の体は空だ  何も残っちゃいない  燃え尽きた後の灰も吹き飛んだくらいね  もういちど炎を点したいけど  燃える材料がないのよね  愛とか夢は燃えるのだろうな  でもそれらはまるでない  果たして絶望とか喪失感ってのは燃えるのかな?  他に何か持ってたっけ?  探してみましょう  心の底を

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

レディボめいと 

2006-03-03 18:52:51 | 国分太一レディオボックス
 も~ど! 『俺ポッド』がスタートしましたね。その新コーナーの記念すべき1発目の放送の1枚目に読まれちゃいました。ありがたき幸せでございますぅ。
 その一方で、残念ながら『今夜もナイスショット』が終了となりました。ありがとう!そして、さようなら!

 『構成作家永田の数えてきました』のお題は、『1か月で1番お金を使っていると思うこと』です。(家賃とか食費とか生活に必要な物事はなしみたいです。)
 ちなみに僕は『本』かな。

 最近よく思う。僕たち職人が番組のためにできること、それは客寄せ。新しいリスナーを惹きつけることはもちろん、レディボ離れをしてしまったリスナーや職人さん、離れかけている人々を繋ぎとめることだと思う。
 ということで、昨年惜しまれつつも終幕となった『そこでエンドロール』をここに(勝手に)復活することを宣言いたします!!

  《そこでエンドロール》
 ビルの屋上にいるふたり。ひとりは飛び降りて死のうとしている女。ひとりはそれを止めようとする男。本当にふたりっきりだ。青い空も他の人々も、ふたりには無関心なのか、いつもと変わらず平穏を保ったままだ。
 女は叫ぶ。『来ないで!死なせてよ!こんな世の中もううんざりなのよ!』
 男は慎重に、じりじりと女に近づいていく。『死んだら何も楽しいことなんてないぞ!生きてれば必ずいいことがあるもんだよ!』
 『そんなのウソよ!それに私が死んだって泣いてくれる人は誰もいない!世間には邪魔な存在なの、私は!誰にも愛されなかった人間なのよ』
 男は両の手を広げた。『そんなことない!・・・君が死んだら俺は悲しいよ。俺が、俺が君のことを愛してやる!だから・・・』
 『うわっ、きもっ!チョーきもい!』
 そこでエンドロール

                           by ちぇっくめいと


コメント
この記事をはてなブックマークに追加