ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

判決文

2016-05-22 20:45:25 | 法痴国家ジャパン
口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



実は3月末に工事差し止めの仮処分に関しては判決がでていましたが、

みなさんにバックグラウンドの説明や補遺を行うためにそのままにしていました


では、主文です ^^





理由







そうだよ

クズ家屋の工事で

そうなってんだよ








続けて




この判決文を読んだとき


「バカなのか・・・この女 ^^;」と思いました

もうこれは裁判官といえる(裁判官にしてていい)代物ではありません
(それで批判的になっていて、音声の公開に踏み切ったというわけです)


うちの東側はよう壁が高く、クズ家屋の現場責任者も認めている通り

通学路になっていて、
バス道にもなっており、あるブロックの生活道路になっているので長期に(片側とはいえ)通行止めにはできません



また、先日お話したように架線があることからかなり大きな重機を用いないと東からのアプローチはできません


(この架線を越えるのに、かなり大きな重機が必要となります)


知人のコネで相談した大手ゼネコンのひとの話では

この架線とうちのキッチンの庇が邪魔になるので、石垣に仮に’山留め’を打ったあと

南側からアプローチするが、

南(クズ家屋)との話がつかないと見積もりも出せないといっていました



また、当方の石垣は地下8mの花崗岩層にのっており、

クズ家屋は地下10m辺りまでオーガで穴をあけ、何度も掘削しており、

当初当方が「おい・・石垣に当たってるぞ・・やめた方がいいんじゃないのか?」と指摘するまではうちの石垣の近接部分を掘っていました




つまり、うちの石垣が載っていた基礎部分を完全に貫通しています




当初はクズ家屋の現場責任者もそのことを認めていましたが、

検察が不起訴を出すと話を180度翻し、

イカサマ便後紙を出してすべて否定し出したというわけです


東側のアプローチがむずかしく、石垣というのは互いに組み合わさって強度を保っているのは

小学生でもわかることなので




それがわからない裁判官の知能の低さにみんなで驚いているところですが、


クズ家屋を連れてきた隣のバカが工事できないという前に


ただ住んでいただけのうちの石垣を元通りなおせというだけの話です
(しかも、最初のうちにちゃんとしていればここまで被害は大きくならなかったのに、
クズ家屋がずっと放置したので、家まで傾いてきました)


それにうちの石垣が南に崩落したら、施主の命さえも危ないので施主もいやだろうと

当方のはじめの弁護士がすでに警告済みです



(まあ、クズ家屋は施主のことなどなんとも思っていないので、こういうことができるのですが ^^)


クズ家屋はでたらめばかり並べ立ててきました


それを裁判官がうのみにした形です



普通石垣がズレたり






庭に亀裂が入ったり




家が傾いて壁が割れるなどということはありません




これで「著しい損害や急迫の危険が生じるとはいえず」




ってバカじゃないのか・・?こいつ(おまえ、いまの熊本いって、傾いた家に3年住んでこい ^^メ)と思いました 



「東側と南側を同時に工事しなければならない理由」って

こいつに積み木の力学や石垣というものの基礎から教えないといけないのか・・・^^;

といった感じです







完全にクズ家屋のイカサマ便後紙の文書に誘導されています ^^;


証拠録音を採用するなら、そのあとの音声をちゃんと聴けよ、このバカ・・・といった感じです


「自分たちでは到底手に負えない」とかいうので

知人が鋼管杭法(1億ほどかかる)ほどコストがかからず、

グランドアンカーのように当方の家屋の資産価値を著しく下げず


見た目も機能ももとの石垣と同じように保てるものということで

「ルートパイル」という方法があるよと教えてくれて

クズ家屋も最初「それでやらせてもらう」といっていました





ところが、いざ出してきた計画書が「南側も止めなければズレてる」といっていたのに




クズ家屋が東側のみの図案を出してきたので

「南もやるといっていたのに、どうして東側だけの図なの?」ということで知人が質疑書を送ったところで不起訴がでて話が止まったのです







当たり前の話、東側だけ止めても

クズ家屋の石垣基礎破壊ですでに南にズレているので









施主の方に崩れていくのは明らかです


イカサマ便後紙はそういうのやりなれているようですが・・・


話はすでについていたのですが、


この裁判官ろくに証拠資料を検証せずに


クズ家屋のイカサマ便後紙の最後の準備書面に完全に誘導されています



アホか・・・^^メ




と思いました


施主の権利とかいう前に


施主は自分で程度の低いクズ家屋を選び


自ら連れてきたのであって


うちはただ住んでいただけです


施主の権利という前に


ただ住んでいて警察まで呼んでずさんな工事はやめろ!といっていた方の損害復旧が優先されるべきでしょう






施主が家建てたら

南にズレたのどうすんねん・・?




アホか?こいつ

と思いました

(ちなみに、うちの敷地内からの南よう壁へのアプローチは西側からとなり、

西側には離れ風の和室があるので、それを取り壊して重機を搬入しなければなりません

もっと工事費用が膨らみ、家がボロボロになります)



実はこの裁判所(官)のアホな性質を悪用して神戸のクズ893はひとの家をわざと壊して回っています





そして、同様に福島県民(のみならず汚染地域民)はこの手法で将来ないがしろにされることが決まっています



(それについて今後解説していきますね ^^)




あと、クズ家屋とからむと裏で不快なことばかり書いてくるクズが寄ってきます



これだけ↓の内容では




書き込み者を特定するだけの法的根拠はありませんが、


’まだ公表されていない事実’を知る者
が関係者です ^^


ほんとに信じられないくらい程度の低いクズが家を建てています





何度も注意していたのに

家を壊され、雨が降るたびに家族一同死ぬ思いを何度もさせられて

家の資産価値と耐震性を著しく下げられたばかりか


お金もたくさん払ってこれです



http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/


手口はまったくいっしょですが、裁判というものは
それぞれ’個別の’案件として取り扱う
ということを悪用して同じことを仕掛けています



みなさんもクズどもの被害に遭わないよう


この話をどんどん広めてほしい






後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事実歪曲 | トップ | 事実誤認2 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり ((>_)
2016-05-23 18:56:41
あ~あ、やっぱり負けちゃった。棄却とは想定外だね。
関連性を証明してないから当然の結果だけど、お金と時間の無駄遣いだったね。
禎昭理論は法的に通用しなかったから、次はどうするのかな。
ミサワホームから名誉毀損、隣の施主から損害賠償で訴訟されるのかな♪
いつも必死にご苦労様です ^^ (yoshi)
2016-05-23 22:17:08
クズ社員


まあまあ

どハデにいきましょうよ ^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法痴国家ジャパン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。