ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

福島の惨劇

2015-11-14 04:38:57 | ミサワホームの悪質手口
口封じに遭いましたこの話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



ここで、神戸地検の現役の検事がいっていることをよく聴いてみよう

この国では

それを規定する法律そのものがないとき
証拠を消されてしまったとき(捏造されてしまったとき
事実を捻じ曲げられてしまったとき

そして、あえて基準が上げてあるとき

でたらめが実際に通るようになっている





地検の検事といえば、この国の司法の最高峰だ

現役の検事がいっているし、どんくさい検事が逃がしたおかげで実際に連中は調子に乗っているのだから間違いないだろう
(←それにしても、たくさんの警察無視して作業を進める作業員って・・・)



しかし、そんなことには関係なく

ひとが石綿を吸わされてしまうと

そのひとは死んでしまう


そのひとたちが石綿を吸わされた’意識’があろうがなかろうがそれは関係ない

親分を守るために一生懸命働いたのにとかそういうことは一切関係ないのです





さて、ここで福島(だけじゃないけど)の汚染地域について考えてましょう

道路が汚れたということは

それは空気中を飛んできてそこに墜ちたということです






ひとりひとりが細かな微粒子を吸っている


不溶性の放射性物質は
それが取り込まれた場所で少しずつ放射線を放ち、遺伝子を傷つけ、発がんさせる




それが彼のいっている「仮に1こ1こ肺に埋め込んだりしたら」という状態


http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3632.html
>甲状腺がんの原因となる放射性ヨウ素の半減期は8日。
物質が消える前の早期の被ばく検査が重要だ。
床次教授は浪江町などで調査を始めた。

しかし、横やりが入る。
福島県の担当者からストップがかけられたのだ。

弘前大学被ばく医療総合研究所 床次眞司教授:
そこは「もうやめてくれ」という事だったです。
「これ以上やらないでくれ」と。
要は、人に関する事についてはやっぱり、「不安をあおる」というようなね、
そういったところ(行政)の協力がなければ、それ以上、これ以上勝手にやるわけにはいかないです。

こうして貴重なデータを売る機会は失われた





ここで神戸市のゴミ役人がやったことを思い返してほしい



神戸地検の現役の検事がいっていることをもう一度よく聴いてみよう

この国では
それを規定する法律そのものがないとき



証拠を消されてしまったとき(捏造されてしまったとき
話をすり替えられてしまったとき

そして、あえて基準が上げてあるとき

でたらめが実際に通るようになっている





みなさんも(とくに汚染地域の)でたらめハウスメーカーの顧問の意図的手口から学んでほしい
http://www.asyura2.com/0304/health4/msg/281.html

>裁判を検討していたとき、ミサワホームは、『日本にはガイドラインにホルムアルデヒドしかないし、しかも判例がない。健康被害に関しては、国の基準もないから、
そちらが裁判に負ける』と裁判の取り下げを求めてきた。
 また、『パッチテストで反応が出ていても、家を買う前にそのテストを受け、無反応を証明していないので、もともと入江さん一家に化学物質過敏症である可能性がある』と言う。しかし、現実には家を買う前にそんなテストを受ける人などいない。


前もっていってやっているのに

トロい犬どもしかいないとクズどもが調子にのって本当に迷惑な話だ




アメーバは消されてしまったけど

わたしの本とブログを読んでからいけば
こんな目には遭わなかったのに


かわいそうに・・・




後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 工事差し止めの仮処分 | トップ | 社長 ごあいさつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。