ミサワホームに家を壊されました

ミサワホームに家を壊されましたが、なんやかやとでたらめを並べたて逃げ回っております 皆さんが被害に遭わないよう手口を公開

ゴミ裁判官

2017-07-14 21:14:47 | 法痴国家ジャパン

口封じに遭いました この話をどんどん広めていただけると助かります!



まずは わん!クリック↑ お願いします

ご協力感謝いたします



判決







なんじゃ、それ・・・・




壊したことを認めて

その補修方法としてロックボルト、グランドアンカー案を出してきて






それが不適切ということで、知人が



石垣の景観、機能をいまと同じように保てる、家の建てなおしの際にも石垣を破壊しなくて済む

という観点から、阪神淡路大震災後のよう壁補修でも実績がある縦打ちの’ルートパイル’工法という工法を教えてくれ、


「われわれには土木の知識がまったくないので、教えていただいた方法で対応させていただく」といっていて


また出してきた案が自分たちのコスト本位のとてもゴミ屋が破壊した石垣の動きを止められないような不適切なものだったので




知人が不適切な点を指摘し、再度補修案を出してくるはずが



そこでバカな検事が不起訴を出し、

わざわざゴミ屋の便後紙にそれを教えてゴミ屋が対応を止めました



それで合意が成立していないって


この裁判官バカじゃないの?と思っていたら、こういうことでした


この判決文を書いたのはこの裁判長ではなく、「右陪審」?といってこの判決文に名を連ねる裁判官だそうです


そいつはよそにどこにも出せない欠陥裁判官だそうで



普段からこのようなことを繰り返し、どうしようもない使えない人間で


今回もまだか、まだかと周りからせっつかれながらも


こんなに時間がかかっていたそうです




使えないバカはそういう要職からはずせ!






実際、当方のクライアントの中にも神戸痴裁の裁判官の家族とか執行官室のひととかいますが、

精神を病んでて安定剤飲んでるのとか、常識のないおかしなひとは多い


きっとやくざの手下として、一般常識に照らしてどう考えてもおかしい差し押さえとかやらされてること多いから、おかしくなるんでしょうねえ


最近はやくざもタチの悪い便後紙と組んで法律(裁判所)使いますからねえ




それにしても、なんで家壊された方がこんなゴミを延々と相手させられ、こんなことさせられなきゃいけないのか


ゴミ屋はこういうことばかり繰り返しているタチの悪い便後紙と組んで


こういうことを意図的に仕掛けているのです





http://const.fukuicompu.co.jp/trouble_construct/






家をわざと壊されて資産価値を著しく損ねられて

延々とこんなバカの相手させられた日にゃ、みなさんの人生は終わりです



みなさんも被害に遭わないよう、この話をどんどん広めましょう


ゴミどもの基本的な手口はここに書いた通りです



ちなみに、福島の汚染民(福島だけでなく、他の関東の汚染地域も)も小林まおみたいに死ぬ(一部)ということがわかっていますが、











裁判所のこういう性質を用いてごまかされることが最初の時点で決まっています(細工されています





家を壊されて、大切にしていた庭を台無しにされたまま


もう3年もつき合わされています







家は動き(け)ませんので、隣にゴミ家屋が来た時点で終わりです



みなさんも被害に遭わないように、この話をバンバン広めてクズどもが横に来ないようにしましょう





後ろにトヨタがいるので広告料が減るのを怖がってマスコミがこの話を認識しながら触りません




みなさんもこの話をマスごみを止めてる意味がなくなるくらいに広めていただければ助かります





ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バカの相手 | トップ | またタイルが割れた・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法痴国家ジャパン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。