Reflections of Tomorrow

シンガーソングライターを中心に、知られざる未CD化レコードを紹介していくページです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jon Ten Broek

2008-04-27 | SSW
■Jon Ten Broek / Sweet Dreams And Visions■

 Jon Ten Broek は昨年 10 月に取り上げた Ten Broek & Theresa の片割れです。 Ten Broek & Theresa のアルバムでは劣勢の評価だった Jon Ten Broek の汚名返上なるかということで、同じ Riverbend Records からリリースされたソロアルバムを紹介しましょう。 おそらく、彼のソロ名義としては最初のアルバムと思われるこのアルバムは 1980 年の作品です。

 ジャケットの景色やタイトルからは安定感のある良質な SSW 作品を想像したくなるのですが、残念ながらその期待に十分に応える内容ではありません。 とくに A 面は曲調にムラがあり印象が悪くなるのは残念です。 しかし、B 面はラストを除いてはレベルの高い曲が並んでいるため、「片面名盤」と呼ぶことは出来そうです。 
 ということで、B 面にスポットを当ててみましょう。 B 面はミディアムな楽曲で占められているのですが、「Song For Lovers」はもっとも雄大なバラード。  Martin Wilson のライトなギターソロが浮遊感を与えるのに成功しています。 つづく「Just A Breath Away」はアルバムを代表する名曲。 Jon Ten Broek と女性シンガーの Pamela Rose Rutledge のデュエットによる壮大なバラードなのですが、Jon Ten Broek のようなシンガーには女性のパートナーがついたほうがいいことを再認識します。  ちなみに、Pamela Rose Rutledge で検索してみたのですが、Pamela Rose という現役の女性シンガーがヒットしてきました。 もしかすると、彼女の初期のキャリアなのかもしれません。 その後 B 面は、スタンダードのような普遍性を感じる「Theme Song」、和み系のワルツ「Nothing Better To Do」と進み、ラストの「Affluence」を迎えます。 この曲は珍しくマイナー調の曲で、下り坂の天候のような気分のワルツです。 きっと歌詞に重たいものがあるのでしょう。

  クオリティの低い A 面のなかでは、「Lonely」と「Lovers And Covers」がお気に入りです。 ともにオレゴンの自然とそこに暮らす人々の情景を感じさせる曲に仕上がっています。 
  さて、ここまで触れていませんでしたが、実はコメントを寄せた曲は「Affluence」を除いて、すべてキーボードで参加している Stephen W.Rutledge の楽曲なのです。 逆に、コメントしなかった曲はすべて Jon Ten Broek のものなのです。 これはさすがに問題でしょう。 自分の作詞作曲した楽曲で、自分の持ち味が出せていません。 厳しい表現ですが、Jon Ten Broek は作曲家としての才能には恵まれなかったと言わざるを得ません。 以前紹介した、Ten Broek & Theresa でも存在感が薄かったことが妙に納得できてしまうのです。
  
  しかし意外にも、彼はこのアルバムを発表した 1980 年以降に音楽活動を活発化させたようです。 公式ページには、制作年度は明記されていないものの、5 枚のオリジナル・アルバムが紹介され、通販で買うこともできるようになっています。 バイオグラフィーを見ても SSW というよりは、ギタリスト・ウクレレ・オートハープといった楽器の演奏家としての評価がなされているようでした。 残念ながら彼は、長年の癌との闘病生活の末に昨年 9 月 20 日に亡くなったそうです。 地元オレゴンで楽器を教えたり、自ら演奏することで生計を立ててきた彼のささやかな人生のほんの一部分が、このレコードの溝に刻まれています。



■Jon Ten Broek / Sweet Dreams And Visions■

Side-1
Sweet Dreams And Visions
Lonely
Honey Bee
Hit And Run
Lovers And Covers

Side-2
Song For Lovers
Just A Breath Away
Theme Song
Nothing Better To Do
Affluence

Producer : Theresa Demarest
Background Vocals Arrangements : Stephen W.Rutledge
Engineer : Bob Stoutenburg

Drums : Mike LaRue
Bass : Jim Soleberg
Piano : Stephen W.Rutledge
Lead Guitar : Martin Wilson on ‘Lonely’ and ‘Song For Lovers’
Lead Guitar : Daniel Markoya on ‘Sweet Dreams And Visions’
Lead Guitar : Stephen W.Rutledge on ‘Just A Breath Away’
Rhythm Guitar : Jon Ten Broek , Stephen W.Rutledge
Supporting Vocals : Stephen W.Rutledge , Pamela Rose Rutledge
Flute : Martina Spehar
Strings Arrangements : Stephen W.Rutledge
Fiddler : Billy Oskay

Riverbend Records  RBR JTB-1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加