CAM Style

ブログは楽しく出来るといいなぁ☆

SONY HXR-NX5R レビュー② 使い勝手とデメリット

2017年10月23日 | HXR-NX5R




HXR-NX5Rも導入から7ヵ月程、経過しました。
筆者としては、ほぼ満足して使用しているところです。
これまで、主にホールでの発表会系ビデオ(バレエ・バイオリンコンサート・吹奏楽)
・ブライダル(1回)・VP系・ローカルCM・全国版報道ENGなどに使用しました。

筆者の少ない仕事の中では、まあまあ色々なジャンルで運用して
そこそこ特性が、分かってきたかなと言うところです。

4月末には、お値段以上と私の友人(報道系・発表会など専門/CEO)に紹介したら、
追加CAMとして、HXR-NX5Rを導入し5R仲間ができました

さて、今回のレビューでは、実際の現場で使用して感じたことを、主にまとめていきたいと思います。
とある雑誌や大手販売系のサイトではないので、筆者の拙い出稿力は、お許しいただきたい。
ただ、営利物記事ではないので、実情を、ユーザーが、お伝えします。


【3連リング/ズームリング】



本ブログにて散々、指摘してきたNX100が、酷すぎたレベルだったのと
とあるWEBにて、ズームリングについて触れていたので、少しばかり購入前は、
心配しましたが、いずれのリングも基本的には、問題ありません。

ただ、ズームリングは、家にあるZ5Jと比較するとフィーリングが、違います。
具体的には、スカスカになった。とかではないですが、Z5Jよりリングが、軽くなりました。

筆者が、発表会系で使用して気になったのが、少し低速でのズームが、
軽めのリングになったため、難しくなったと感じます。
(イメージ的には、フジノン・キヤノンのフィーリング違いみたいな物か?)

念のため、製造時期の違う、友人のNX5Rでもフィーリングを、確認しましたが
個体差はありませんでしたので、仕様のようです。

また、ズームリングが軽いためにパーンしながら少しリングに触れてしまうと
誤って僅かに画角がズレてしまいます。

基本的には、慣れと練習でカバーできるかなと言ったレベルです。
(Z5Jに慣れすぎた事も影響と個人的には、フジノン系の粘りが、好きだったりします‥)

逆に言えば、少し軽めなリングトルクになったことで、報道系・バラエティ系は、
ズームレスポンスが良い感じかと思います。

その他、デジタルエクステンダー機能が無くなっているため、物撮りなどで、引けないため
三脚を下げれない時のUP・接写などのビューティー系の撮影が不便になりました。

不思議なもので、NX100にはデジタルエクステンダー有ります。

電動ズームは、Z5Jなどと特に変わりなくです。ハンドル部分のズームボタン速度設定を
もう一段低速を、追加してほしいです。


【ボタン関係】



現在では、もう大丈夫ですが、購入からしばらくの間は、録画ボタンを、押すのに慣れが、必要でした。

Z5J・NX5J・NX3などの従来モデルでは、録画ボタン下に電源スイッチが、あったため、新採用の
ジョイスティックのように、高さがあったので、そっちを、ボタンと誤ってしまい、逆RECを何度かしました。
従来よりボタンが、フラットになったため押した感じが、あまり無いです。
慣れるまでハンディー時の報道系・ブライダルは案外要注意です。

実際、いくらでも差し替えの効くENGテイストの撮影でしたが、撮りたい時に回らず失敗しました。
一生懸命ジョイスティックを、押してました(笑)



ゲイン・ホワイト辺りのボタンは、従来モデルと同じなので、変な仕様のNX100とは大違いで
問題なく使用できます。ここのエリアは、Z5J辺りからの標準的なこのレイアウトが、一番です。

本当のProユーザーさんからは、邪道な機能ですが、Z5Jのように、アイリス&ゲインの連動モード
(EXPOSUREモード)が、有れば、幅広いゲイン枠を、そのまま変更できるので、便利なのですが‥

発表会系とブライダルの低照度から大光量時にシームレスに対応できるので
Z5Jで筆者は、この「EXPOSUREモード」好んで使用しています



上部の電源スイッチのレイアウトにも慣れました。POWER LEDが、上側にも光って見えるので、
カメラバッグ収納時に電源の切り忘れ防止には、視認性が良いです。
おかげで、今のところ切り忘れが、収納時に発生してません。

【XLR音声・INPUTセレクトは 操作性悪い】



XLRのセレクトは、ミキサーを使用しない用途では、最悪です。
(いつも①②CHパラ収録なら影響無しかと思います)

筆者は以前から、とても不便と感じてます。NX100も含め比較的、新しいリリースCAMの
モデルには、全てが、当てはまりますが「MI SHOE」ボタン(規格)が原因です。

Z5J・NX5J・NX3のモデルまでは、「MI SHOE」の位置に「INPUT1」「INPUT2」の切り替えがあり
物理ボタンで、スムーズにカメラマイク(モノラル)を①②CHの両チャンネルに送ったり
例として、①カメラマイク ②インタビューマイク(SM63L)などの切り替えが、簡単に出来て、
無音チャンネルを作らずにスムーズに切り替えが、できていました。

使いもしないハンディカム規格の拡張版みたいな機能「MI SHOE」のおかげで、
メニュー内からの切り替え設定になっています。
この独自シューに筆者は魅力は無いです。
家のワイヤレスは、一つ前のモデルなので、意味が無いですし
新型ワイヤレスは、小型化してます。
専用マウントが、6000円なので、普通にXLR接続で、十分な感じします。

形状が、同じなので、試しにハンディカム用のステレオマイク「ECM-XYST1M」を
接続したところ使用できました。



メニューに入りXLR設定に入ったりとで、4タッチは、切り替えにかかります。
普通に考えたら、「MI SHOE」の方が、メニュー内からの切り替えでは無いかと思います。

「入力CH設定」が、せめてアサインボタンに割り当て可能なら良いのですが、アサイン割り当て不可でした。

SONY様には、アップデートで、アサインで「入力CH設定」画面が、出せるようにしていただきたいです。

これくらいは、簡単だと思うのですが‥
(①②CHマニュアルレベル・リンク機能も返してほしいですね。ST/LINEやSTマイク時に不便)


【その他・まとめ】



くどいようですが、NX100と比べて総合的な操作性は、良いですし、勿論、購入して良かったです。

でも重複しますが、気になるところは、気になります。

「アイリス・ゲイン連動」
個人的には大好き機能

「スムースゲイン・ホワイト」
ゲインの無段階操作ができないので

「フォーカススマクロ」
UPや発表会系では、マクロOFF機能が欲しい

「フォーカスアシスト」
私は、MFに落としてしまうので無くても。アシストして維持するならあり

「デジタルエクステンダー」
全画素ズームで、事足りるけどあれば、報道屋さんには嬉しいかな

「ビューファー同時点灯」
液晶が、向上しても屋外では比較しながらが便利

「入力CH設定のアサイン化」
スムーズに切り替えたい MI要らない

Z5Jなどに搭載していた良い機能が、あれば完璧でした。
元々有った良い機能を無くすというのが、なんとも残念なところです。
その機能を、使う使わないは個々のユーザーに任せてほしいところです。

アップデートで、少しでも対応していただけると嬉しい限りです。
ユーザーとしては、ご期待しております☆彡


次回のレビューは、やっとですが(笑)
画質編の予定です。

コメント

SONY HXR-NX5R レビュー① やっぱり購入しました!

2017年05月27日 | HXR-NX5R



最終的には、やっぱり安心モデル「HXR-NX5R」を、2月に導入しました
まさか去年に引き続き1年程で、業務小型機を、追加導入するとは思っていませんでしたが、
NX100の欠陥ズームリング改善も全く無いのと、流石にあきれてしまいましたので
確実性・操作性の重視で、購入しました

筆者の業務範囲に(街のビデオ屋さん~テレビ屋さん)4K不要なので、ちょうど良いモデルとなります。
やはり、Lバッテリー・SDカードですと、新たな導入品が、増えないのでありがたいです。

各有名販売店WEBでの販売プランの寄せ集めオプションセットで、購入しなければ、
実売33万円で、お釣りも出ますので、これまでの5シリーズと比較すると大変安く購入できて、
コストパフォマンスは素晴らしいです

実際、何店か聞いてみると、本機は一番人気らしいです。

さて、今回のレビュー・シリーズでも現場で実際に使用して気になったことなど
書いていきたいと思います。

本記事では、外装から見ていくことにします。

◆スタイル

基本的に外装ボディは、今までの5シリーズベースです。(NX3もですが)
このクラス・スタイルのカメラは、FX1・Z5J・NX100と所有していますので、
ある意味新鮮さは無いです。
逆にスタンダード的なスタイルで、慣れている分、安心して使用できます。



最初に操作する箇所として、大きく変った所は、電源スイッチです。
右側の従来部から、ハンドル後部の付け根下左に移転しました。
最近の新しいモデルでは、このタイプのスライド式採用なので、慣れるしか無いです。
そうそう失敗することは無いでしょうが、誤作動防止としては、良いと思います。

ただ、FX1/Z5J→従来位置・NX100→5Rの位置より更に下位置と言った感じで、3機種で位置が、
違うため手探りで、ボタン位置を間違えていることも、未だにあります(笑)



NX5Jからですが、イヤホン・ヘッドフォン出力もモニターセレクト(L・R振分け)が
スイッチで可能なため便利です。

私の所有するカメラでは、初めての排熱スリット搭載カメラです。
本体に3箇所あります。ホール物で2・3時間の連続運用してましたが、
しっかり排熱しているようで、若干温まっていました。
内部にゴミが入らないか少しだけ気にします。



全体的な本体材質は、Z5Jと大差ないかと思いますし安心できます。
NX100は、貧弱な艶やかなチャチボディでしたので‥


◆ビューファー・液晶

0.39型有機ELパネルの有機ELビューファーは、5シリーズの中では一番の見やすさです。
ただ、従来のモデルと同じ型にして欲しかったなと思います。

同時点灯も対応して欲しかったです。屋外でのENGテイストの取材・ロケ物では、やっぱり
液晶と比較しながら撮りたいものです



自動切り替えのアイセンサーは、正直微妙です
通常ハンディ時は良いですが、ローアングル時は、ビューファーが、体に少し近いだけで
反応してしまい液晶は消灯します。今の所は、ケースバイケースで使用しています。

ビューファー横に「VF/LCD PANELボタン」が、あるので、まだ良いほうかと思います。
いずれにしてもNX100の極小ビューファーに比べたら、素晴らしいです。



液晶は、NX100と大差ないです。見やすいですし多分、同等です。
Z5Jと比べれば、当然ですが、大きな差があります。(100と5Rに慣れると辛くなります)

しかし、純正品として3.5型用のフードが、販売されていないので、販売して欲しいです。

液晶写真を、掲載しているので、ここに書きますが、
NFCのアイコン「N」は、左下に常時表示されるので
、大変邪魔だと思います。
常時表示させる意味が全く理解できません。



◆HD-SDI

筆者の環境では、年に数回程度(中継・IP素材送り)しか使用することは、
ありませんが、やっぱりあったらあったで、嬉しいです。



一時期は、Blackmagicの変換も考えてましたが、不要です。
実際、購入後に早速、うちでは恒例な比較的大きな中継案件で、
モバイルIP機(TV簡易中継定番品)に入力しました。

今までは、Z5JのHDMIからでしたので、気をつけて乗り越えてました。
SDI端子はロックが、かかるため、安心して使用できました。
本来ならNX3で、装備しているのが、無難だったんですが‥

やはり、キー局では、近年簡易中継も増えている分、要望も多かったのかと?
最近は、地方ローカル局でも簡易中継が、増えてきているようです。
ここだけは、ユーザーさんの声を、拾ったのかなぁと思います。

正直、高級CAM・XDシリーズのみ搭載して嫌がらせすると思ってた分、良心的でした(笑)

各種端子の蓋もゴムカバーで無いのも良いです。惜しいのは、HD-SDIも別蓋に
して欲しかったなと思います。(3端子分空いてしまいます)


◆調光式LEDライト

筆者は、これまで、簡易的に明かりが欲しい時は、フロントのアクセサリーシューに
小型LEDライト(56灯・アルカリ電池3本タイプ)を、取り付けて使用していました。

NX3から搭載の内蔵LEDライトですが、NX5Rからは、調光式となっていて、小型LEDライトと
同等な使い方が、できると思います。(ディフューザーも嬉しいし調光式なので役立ちます。)



実際に報道テイストの数カット使用するお菓子のビューティー撮りに使用したり、
夜間の薄暗い軒下でのイベント撮りに15分程、点灯したまま使用しました。
どうしてもフロントに装備すると小型LEDライトですら、前方にバランスが崩れるので、内蔵で扱いやすいです。
簡易的・お手軽には十分役立っていました

照明アイテム忘れた時や急に暗い所での撮影とか少し明かりを、入れたいシチュエーションや
報道の簡易的なリポ撮りにも使用できると思います。
ディフューザーのイエロー版も販売してくれると良いかもです☆



バッテリーの影響は、当然減りはしますが、急激な電圧低下などは無くて
余程、最高照度で点灯したままにするなどで無ければ、問題は無さそうです。

正直、想定より照度があったので、カメラ内臓LEDとしては、十分実用的な性能です。
(知り合いのプロカメラマンさんにも遊んでもらったら、似たような感想でした。)


◆ダイレクトメニュー/ジョイスティック

このクラスでは、初めて採用かと思いますが、メニュー内の深い層を
設定する時と再生時にサムネイル回りを、操作する時には、従来のボタンより
操作性は良いです。



ハンドグリップのファンクションボタン(ASSIGN7/Fnボタン)を、押してから
ジョイスティック操作で、フォーカス・AEシフト・アイリス・ゲイン
・シャッタスピード・ホワイトバランスが、ダイレクトに操作可能です。

実際の所、使用してみると、役立つのはゲイン切り替えくらいです。
L/M/Hスイッチの割当を、メニュー内に入らなくても、変更できるため
想定よりも僅かに暗い時、又は極端に想定した割当より暗かった時に役立ちました。

録画したままでも変更可能なため、通常の割当変更と違ってメニュー画面で
映像が隠れないのため、変更しやすいです。


◆レビュー① まとめ

今回は、外装ボディー・新搭載機能などの気になった所を、ご紹介しました。
NX5Rを、一言で言うと、安心と言った感じです。

当然ですが、NX100のように購入して失敗したと言った思いは全くありません。
確実にNX5Rが、先にReleaseされていれば、NX100は、買ってませんね(笑)

次回は、撮影編リング系の操作性などと
気になるイマイチな点を、中心にお届けします

コメント

富士通 arrows M03 レビュー

2017年04月16日 | PC

富士通 arrows M03 SIMフリー機を、2016年8月から使用してます。
と言うことで、遅いレビューです。

筆者は、恥ずかしながら、スマートフォンに手を出したのは、2015年から
家庭内で機種変更であまったSH-06Dを、MVNO回線で使用していました。
この手のアイテムは、大好きなのですが‥

基本的にアップル系は、好きではないので、android端末となります。
と言っても、Googleも嫌いで、Google系、アプリは、殆んど使いません(笑)

深くは、レビューしませんが、それでは本題へ



今回、初めてのSIMフリー機になります。
キャリア端末と違い、パッケージから簡素ですが、十分です。





マニュアル類の冊子ですが、基本的な事のみ記載です。
PDFメインの説明書が多い中、一応は同梱されてるので良いです。



回線は、NTTグループのOCNで、モバイル ONE データSIMです。(一番安いプラン)
MVNOなのでドコモ回線で、他社でも良いのですが、OCNの光回線契約していると
セット割引が、適用されて基本料金から月々200円、割り引かれます。

筆者の場合、通話は、ドコモ・カケホーダイで、キャリア端末を、通話専用に
しているためデータ用のSIMで事足ります。



前端末が、micro-SIMでしたので、初めてのnano-SIMです。
トレイに入れてセットINです。SDカードと同じで、小さくなればなるほど
扱いずらいです。 と言ってもそう抜き差しするものではないですが‥



SIMフリー機としては、全体的に安物感は無くて良いです。

ホワイトを、選択しましたが、少し失敗です。
ケースに入れると、どうしても隙間からホコリなどが、入るため
意外と目立ちます。ブラックの方が良かったカナ‥
ピンクも好きなのですが、引かれるので、自粛(笑)


■M03・SH-06D・SH07B

液晶画面も5インチになり、視認性は良いです。
最初は、少し大きくなった分、持ちにくい感じもしましたが、
慣れると快適です。

前モデルM02では、液晶故障のリコールレベルと思われる故障事案も
発生していたようで、品質に不安もありましたが、M03は、IPS液晶で
改善されているようです。



USBもキャップレスになり、充電時に痛まなくて良いです。
当然、防水仕様なのも安心して使用できます。

そして、最近はキャリア端末でも、各社が、無くしつつある
ストラップホールもあり、助かります。



ケース・液晶保護フィルム・落下防止ストラップを、M03に用意しました。
筆者は、この3点セットが、マストアイテムです。

特に落下防止ストラップは、個人情報の固まりなので、無いと怖いです(笑)



ストラップホールが、有るだけで、個人的にこの端末を選ぶ価値が、あります。
時期モデルも富士通さんには、ストラップホールありにして欲しいです。

一つ残念なのが、最近の端末は、ほとんどですが、内蔵バッテリーで
その点が不満です。交換料金が安ければ良いですが、高いので
持ちが悪くなれば、買い替えコースです。


バッテリーの持ちは、良いです。
1.5日~2日は、余裕です。
3日間は、殆んど触らないと行けます。



購入時は、要らない宣伝(スポンサー)アイコンリンクが、ゴロゴロ
当然、削除ですが、問題なく削除できるため、特に問題はないです。

キャリア端末のように、要らないキャリア独自のアプリや設定が、
無いので、SIMフリー機は、助かります。

私の場合、PCのように必要なアイコンのみ表示させるので、
カスタムしやすくて良いです。

そして、基本操作として、一番重要な文字入力
ジャストシステムのSuper ATOK ULTIAS
昔、一太郎時代は、大変お世話になりました。
ATOKなので、大変優秀です。



車移動ばかりなので、あまり使用しませんが、イヤホンジャックもキャップレスなので、
使いやすいです。iPhoneの独自規格やBluetoothは、ありえません。
好きなイヤホンで、使用したいですから

ただ少しばかり、気になったのは、M03自体のヘッドフォンアンプ部が、
出力弱いのか、もう少しだけ、出力高めで出してくれると良いです。

カメラ機能は、SONY製のセンサー搭載ということで、特に問題ないと思います。
普通の物撮り・日常の簡単な撮影であれば、使いやすいです。

広角よりですし、ホワイトバランス・露出とマニュアル対応できるので、快適です。

1310万画素で十分です。画素が上がった所で、搭載レンズサイズは
知れてますし絶対に専用機にはかないません。
一部の高級phonも綺麗と言われますが、あくまでも端末の立派な小さな液晶で
見て粗が出てないだけです。
PCモニターで、等倍などで見れば‥ です。



終わりに M03とMVNOについて

全体的に、SIMフリー機の国産モデルという中で、選ぶと
基本的な機能は、全部入りで、コストパフォーマンスに優れています。

筆者の場合、用途的に外で簡単な調べ物(ネット検索)・LINE・カメラ 使用が
主な用途なので、仕様上は、ハイエンドモデルと比較してCPUなどの
基本スペックは、比較的低めですが、通常使用には、特に問題なく
使用できています。

ゲームもしませんし、外でYouTubeをひたすら視聴も無いので、
MVNO SIMフリー機で、十分です。

しかし、モバイル ONEの実情としては、回線遅いです。
殆んどの時間帯で低プランのADSL回線クラス速度です。
動画再生以外では気になる事はまず無いですが


この手の端末は、1日中タッチしているパワーユーザーさんには、
お勧めしないですし、自分でISP設定もできないユーザーさんは、素直に
キャリアへメンテナンス料払いましょう‥

キャリアに7,000円~ 払ってまで要らないのが、実情です。
オフィスに無線LANと家庭内に光とで、事足りてますし、基本、PC派ですので‥

SIMフリー機ですので、キャリア独自アプリ・セルスタンバイの影響も
ないので、快適に使用できています。

Xperiaテイストのデザイン・頑丈な作りとで、買ってよかった端末です。

コメント

アクションカム/AS100V用にSanDisk microSDXCカード 64GB

2017年03月06日 | SDカード

サンディスクのmicroSDXCカード 64GB「SDSQUNB-064G-GN3MN」を
SONY AS100VR用に導入しました。



今まで筆者は、micro SDの64GBを、持っていなくて、今月末の発表会系の
ステージ仕込みカメラにXAVC-Sで、撮影して見ようと思い購入しました

それでは、いつもの速度結果です。

① i3・オウルテック

② i7・ミヨシ


今回からベンチ測定には、やっとですが、USB3.0の内蔵型カードリーダーに更新しました。
カードリーダーのメーカーは、定番のオウルテックとミヨシを使用しています。

結果画像は、①i3 / ②i7になります。
カードリーダーの種類・CPU違いでやはり結果は変わりました。
書き込み・読み込み共に40MB/s以上出てますので、問題ないです。

筆者の経験上、似たような価格帯の東芝カードより、良いです。
東芝のカードで、書き込み・読み込みを、パッケージに記載して無い商品の場合
書き込み側が、遅いケースが、多いです



収納は、SDカードでいつも使用しているサンワサプライのmicroSDカード用クリアケース
「FC-MMC10MIC」なのですが、筆者の場合は、殆んどSDのみ入れていたので
気づきませんでしたが、今回導入カードのmicroSDを、ケースに入れてみたのですが、
入りませんでした。 (いつもSDばかり入れてましたので)



どうやら枠が、小さいようです。
最初は、カードを疑いましたが、他のカードもNGでした



ケース自体が、不良品のようです
無理やり入れると割れそうです‥

とりあえず、車両のレーダー探知機に付属してて、更新時以外、常時本体に挿入しているため
空いているケースが、有りましたので、とりあえずそのケースを、専用にしました。

サンワサプライのSDケースは、安くて気に入ってましたが、まさかmicroSD用で入らないとは
このケースのロットだけだと良いですが、なんとも残念なことに‥

コメント

HAKUBA カメラバッグ 「HXR-NX100」の新しいお家に「SLD-LG-SBLNV」

2017年03月05日 | HXR-NX100



このほど、ハクバのカメラバックを、導入しました。
そこそこ、大きいバックで「HXR-NX100」用に探しました。

業務用のビデオカメラが入るサイズの安いカメラバッグってほぼ無かったりします。
普通は、定番のマンフロット(カタ)になりますね。

これまで「NX100」は、マンフロット「PL CC-193に入れていましたが、
新しいお友達が、やってくるので、引っ越ししてもらいます(笑)

流石にイマイチカメラさんに、良いカメラバックは要らないかなぁと言う判断です

そこで「NX100」の新しいお家として、ハクバ「SLD-LG-SBLNV」にしました。
ブラック系、ばかりも面白くないので、あえてネイビー色を選択



本来は、ハクバ製ですので、写真用ですが、このカメラバッグ、¥5,000あれば、お釣りありで購入可能


■NX100

「NX100」を、入れるのに、カメラマイク(ECM-XM1)は、取り外さないと、サイズ的に厳しいかと、
想定してましたが、嬉しい事に、カメラマイクありで、入りました

マイクケーブルに負荷が、かかるかと思いましたが、大丈夫そうな感じです。
軽く当たるか、当たらないかのレベルです。

実際マンフロットより出し入れは、しやすいかとおもいます。
(ビューファーのアイカップは畳んだ方が良いです)




ガンマイクマイク上側も、クリアです。 (風貌付は少しだけ不可かかりそうです)

このスペースも想定してませんでしたが、付属の一番小さい、仕切りを使用して
バッテリーも3個入れる事が、可能です。



ガンマイクを、取り外せば、Z5Jも入りました↓


■Z5J

両サイドのポケットもバッテリー2・3個ほど、収納可能、手前のポケットも
SURE/SM63LとXLRケーブル3mなど、入る程のスペースが、あります。

流石に安いので、マンフロット製に比べて、クッション性は、あまり無いですが、車移動ですし
長時間持って歩き回ることは無いので、筆者的には、イマイチカメラには、ほど良い感じで
十分な収納スペースのあるカメラバックです。

ケーブルや小物系機材の運びようにも使いやすそうです。
もう一個、色違いを導入するのもありかなと思います。


■左から 頂き物で不明・ハクバ・マンフロット・カタ(これが一番お気に入り)

最近は、マンフロットも、1万円近く、値上げしてますので、
とにかくコストパフォーマンス良くて、良かったです

ハクバ ルフトデザイン リッジ02 ショルダーバッグ L   新モデルも良さそうですね。

---------------------------------------------------------
HAKUBA カメラバッグ ルフトデザイン リッジ ショルダーバッグ

コメント