写真と文字で綴る他愛のない日々。
yetiの浮雲日記



東京に異動してさらにチャリから縁遠い生活。
狭さから部屋に入れることのできない愛車もベランダ放置状態になっていましたが、
チャリに乗りたいという子供の言葉でようやく陽の目を浴びることに,,,。

       

とっは言っても、くそ重いチャリに跨る子供のことを考えれば、
せいぜい往復20kmまで。
ちょいと観光名所までサイクリングです。

       

ほどほどに車の通らない川沿いが走れますが、
断続的に階段が出現し辟易。
ただ、チャリ楽しいですね。
再認識しただけでも有りな初乗りでありました。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




図らずも東京支社へ異動となったので
帰省も飛行機を利用するようになりました,,,。

本年もよろしくお願いいたします!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ご報告が遅くなりましたが、
先月末、東京支社へ異動しました。

本社から始まって松江→広島→大阪→東京と反時計回りに動いています。(苦笑)
しかし、東京はでかいですね。



大阪で荷出ししたのち一人マイカーで東京まで自走しましたが、、
レインボーブリッジを渡っている時、
ちょっと振り向いてみると丸の内あたりの高層ビル群が目に入り
実にでかい街だと思いました。
あの時の光景はきっといつまでも覚えていることでしょう。

いまだ、自宅のPCもつながらない状況ですが、
IN東京の他愛のないことをたまにupします。
よろしくお願いします!

       


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




田植え以外特に予定がなかったはずのGW。
でも、天気は良好。
突然思い立って山へ行くことに。(笑)

カミサン対策に上の子をたき付け、子供と一緒にテント山行へ!

       

目指すは、奈良県南部、大峰山の八経ヶ岳。一応近畿最高峰です。

       
       

3リットルの水とテントともろもろ,,,。
肩にずっしりきます,,,。
体重の軽い子供は、すいすい登ります。

       
       
 

弥山に到着。
山小屋で1リットル100円の値札をみてがっくし!
約20年使っているマジックマウンテンのテントポールが折れるハプニングがあったものの
天気も良く風もなく落ち着けるテン場に一安心。

       

荷物を軽くしようと冬用シュラフ1個だけもって子供と二人仲良く寝ようと思っていたのに
蹴りだされた私は、持っていたスポーツ新聞とカッパにくるまって寝る,,,。
ちゅうか寒くてほぼ一睡も出来ず,,,。3時ごろから一人外で日が出るのを待ってました,,,。

 
 

翌日、無事八経ヶ岳に登頂。

       
       

次も子供をだしに山に入ろう!と激しく思うのであった。(笑)



コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

年末、大学時代の友人と忘年会・麻雀大会からの山陰帰省。
作用ICを抜けると、城攻めへの意欲を掻き立てられる山城が,,,。



すでに何回も登っている山城であるが、
綺麗に城周辺が伐採され往時を忍ばせるであろう姿が,,,。

       
       

興奮MAXで、城周辺を散策。




やっぱ城はいいですなぁ~。
とりあえず賛同は得られない記事もときどきありつつ
他愛のない日々をたまーにupします。

2016年もよろしくお願いします!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




クリスマスイブ前日の祝日に
家族をほったらかしてアラフォー男4人で廃城ツアー。
世代がほぼ同じだけに道中の車中は80-90年代ヒットソングオンリーで、
TMネットワークほかもろもろもろ大音量でのドライブ。

行先は廃城の山城とディープな旅。

       

悲運の山城「小谷城」はもっとも好きな城にかかわらず
大学のころ以降、来ることがなかった。
大河ドラマ「江」の影響で、当時よりは格段に案内が増えていることにびっくり。
アクセスも良くなっています。



苔むした石垣に栄枯盛衰の歴史が激しく感じれる!など
およそ一般の人々の前では絶対口にすることのないくさーい言葉も
ついつい出てしまいます。(汗)

       
       

清水谷の武家屋敷の石垣が実に良く残っていたり
表土にいくぶん覆われた竪堀に感嘆の声を上げ、しばし400年前の歴史ロマンに思いを馳せてみるのであった。

       

からの安土城。



近くの観音寺城は断念したものの
久しぶりに城を堪能した1日であった。


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




チャリに跨るのも8月以来という体たらく。
身体はすっかりなまっていますが、メンバーに誘われ琵琶湖まで行ってみました。
大津から琵琶湖北部のマキノ町まで120kmほどのライド。

小学生の子もいたので、20km/h弱ののんびりライド。
琵琶湖を望むおしゃれなカフェも立ち寄ってみたりとゆるゆるな感じです。



ついでに道中の神社に寄ってみたり、、、

       

長浜城近くの公園に寄ってみたり、、、



しかし、琵琶湖の東岸は、サイクリングロードが良く整備されています。
チャリだけでなくライダーも良く走っていました。

某引越センターのCMロケ地、マキノ町のメタセコイア並木は、
二輪車天国みたいな感じでした。
確かにストレスなく走れて気持ちいいです。
お奨めですよ!





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




唐突に上の子が「自転車に乗ってどっか行きたい!」
たぶん毎朝見る火野正平の「こころ旅」の影響なんでしょう。

自宅から片道4kmほどの伊丹空港に向かうことに。

       

場所は、空港近くの千里川の土手。
着陸する飛行機が実に間近に見ることが出来ます。
航空機の好きな人には有名らしいですが,,,。

チャリでもうちょい子供を連れ回したかったのに
子供は、このスポットを気に入り飛行機を見続けるので結局往復8km。
時間にして5時間,,,。(苦笑)

       

しかし、飛行機の迫力は凄いですな。
んでもって、近すぎてとてもiPhoneでは
飛行機の全景が撮れないことを実感。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




富士山は、見る山であって登る山じゃないと思い
何となく登る気がしなかったのですが、ひょんなことから人に誘われ登ってきました。

夜行バスで大阪から静岡。そこから鈍行で1時間半の御殿場まで。
すでにヘロヘロ状態で、須走口ルートから山頂めざします。

       

6合目ぐらいまでは、樹林帯。
木々の間を抜ける風が心地よいです。

       

んでもって、溶岩帯の登山路へ。
ただただ長い登山路ですな~。

8.5合目の山小屋で吉田口ルートから向かう東京組と合流。
やっと歩荷したお酒を消費!(笑)

              

翌朝も快晴!

       

ご来光、最高峰の剣ヶ峰登頂、んでもって影富士!
天候にも恵まれ、日本最高峰からの風景はやはり感慨もひとしおです!



でも、やはり見て楽しむ山?
登山のインパクトよりも、どこから見ても端正な山の姿にインパクトを感じるのでありました。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりに姫路城に来ました。
城は、基本、石垣と縄張りが好きですが、姫路城の天守はやはり圧倒的な威圧感を感じます。
特に小天守を手前に配した西側からの眺めは大好きです!

       

先日の日曜日、雨の中、子供2人連れていきました。
雨なのでゆっくり観覧できるかなと思っていたのに、
いやいやまだまだ人気ですな。
天守の入場規制がかかっていました。(汗)

       

男山からの風景も好きなので、
久しぶりに登りたかったけど、雨なので断念。
まっ大阪に住んでいるので、来ようと思えばいつでも来れるかな?
      
帰宅してから何気に城の本を読んでいたら
3歳の下の息子が写真を見て「びっちゅうまつやまじょう」と指差した,,,。

次は、高梁市か??(苦笑)




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ