裏番長

2018-02-22 21:39:51 | 仕事
工事現での「職人さん」と一口に言っても、いろんな工種があって。
私の通っている改修工事の現場では、足場工・左官工・補修工・防水工・
シーリング工・塗装工・雑工といった職人さんが、通っています。

担当している工区の3棟を、少しずつずらして、工程表を書き、
その日程どおり進むよう、H監督は、四苦八苦。
雨が降ればできない防水の作業もあったり、急に体調を崩して休む
職人さんもいて、なかなか予定通りには進まないのが、工事現場の常。

先々週から現場に来ている塗装工の職人さん達、3人。
みんな20歳そこそこ。

耳や鼻にピアスあけてるのは、良いとしましょう。
個人の趣味だから。

でも、事務所での傍若無人な振る舞いに、呆れる毎日が続いていました。

昼休み、スマホで対戦ゲームをし、騒ぐ。
携帯電話で、話す。また、その着信音が、大きい。

服について固まった塗料を、指で掻き、ポリポリとはずし、、
床に落とす。直径3mmほどの白い粒が、大量に、床に落ちてる。
掃除が大変。

食べた弁当ガラ、飲んだペットボトルや缶も、置き去り。
空き缶には、吸い殻がつっこまれてる。

こいつら、ええ加減にせえよ!!
と、我慢の限界がきて。

昨日。
イケ監に、仕事の進捗について報告するついでに、
その件について話しました。
彼らを雇っているH監督に、すぐ電話してくれて。

おかげで、今日からは、
「休憩は外(車・事務所外の喫煙所)でお願いします」
「事務所内は禁煙」
ということになりました。

事務所内、すごくスッキリ。
これまでペンキがついていた机や椅子は、
シンナーを使って拭くと、キレイになりました。

頭の痛かった問題が、イケ監に報告したことで、一気に解決。

「ありがとう」とイケ監に電話すると、
「まだそんなことがあったら、オレにすぐ言うて。
 あまりひどかっから、『出禁』(出入り禁止)にさせるから」
「うん。わかった」

私は電話1本で、生意気なガキ職人達をおとなしくさせることが
できる「裏番長」でございます。(にやり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休憩時間の国際交流

2018-02-19 19:03:46 | 仕事
今朝、朝礼が終わったあと、鳶さんの職長の子と一緒に、ベトナム人の
トアン君がいるのに気づいたので、
「トアン、シンチャオ(ベトナム語で『おはよう』)」と声をかけると、
はにかんだ笑顔で「シンチャオ」
会うのは1ヶ月ぶりくらい。足場の解体のあとの、部材を片付けるために
職長さんと来たみたい。

たしか23歳と言ってたかな?昨年の夏に他の仲間と日本に来て、鳶職を
やってるけど、けっこう日本語がうまい。

部材の片付けは午前中でほぼ終わってしまい、職長さんは他の現場へ。
トアン君は、職長が迎えにくるまで、所在なげに事務所に座っていました。

そこで、警備員のおばさま(いかにも関西人!という感じの、パワフルで
明るくてよくしゃべる方)と、私が、いろいろと話しかけて。

現場に持って行った「猫ジャンガ」を貸して、「こんな風に組み立てるんよ」
と、手本を見せると、けっこう楽しそうに、遊んでました。

で、組み立てた作品(?)を、スマホで撮影してるので、
「その写真、どうするの?」と聞くと、
「ベトナムノ、オトウサン、オカアサンニ、オクル」



可愛いなぁ。
でも、トアン君は、7月にベトナムに帰ってしまうそうで。
1年間日本で稼いだお金って、どれくらいになるのかしら。
めっちゃ親孝行。

警備員のおばさま、
「私、そのうちベトナムに行くわ!連絡するから、携帯の番号を教えて」
と、番号を交換してました。

私とH現場監督は「マジっすか」と、笑いながら、そのやりとりを眺めてました。

職長さんに前聞いたところによると、ベトナム人って、めっちゃ真面目で
よく働くらしいです。
そして、本国で、ある程度日本語の勉強をする制度があって、
仕事の内容も理解してから、来るとのこと。
もちろん、不法就労などではありません。
職長さんの会社の責任者が、ベトナムに赴いて、面接し、
選んだ人たちを連れてくる。
4年ほど前から、その会社では、そういうシステムができあがっている
らしいです。

かれこれ20年前から(!?)工事現場で事務員兼CADオペを
やっている私ですが、この業界も様変わりしてきたなぁと思います。

まさか、ベトナムから来た青年たちと、同じ工事現場で働くとは、
夢にも思わなかった。

すっかり友達になった警備員のおばさまと一緒に、私もベトナムに
遊びに行こうかしら。(え)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫ジェンガ

2018-02-17 13:54:25 | Weblog
ネットで見つけ、アマゾンに注文していた「猫ジェンガ」(俗称)が、届きました。



ん?想像していたのより、はるかにコンパクト。




手のひらに乗るサイズ。


でも、バランスを取りながら、組み立てるのが、めっちゃ面白い。
「大人の積み木」という感じ。







商品名は「cat pile」。台湾製。アマゾンでは1,944円でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳶さん達と警備員さん

2018-02-17 07:21:17 | 仕事
一昨日から、足場の解体が始まりました。

足場の組立をやっていた鳶さん達が、3週間ぶりに、戻ってきました。
ほとんどが、見慣れた顔ばかり。
そのうち一人は、ベトナム人のホアン君。
駐車場から現場事務所に向かう後ろ姿を見かけたので、
「シンチャオ!(おはよう)」
と、声をかけると、びっくりしたように振り向き、はにかんだ笑顔で「シンチャオ!」

鳶さん達の足場解体作業は、手早いです。
組立のときも、じっと作業を眺めていたのですが、下から上へ、何人もが連携して
部材を渡すより、
上から下へと、渡すほうが、はるかに楽なのでしょう。

職長の子に聞くと、「組立の半分くらい(の時間)っす」

そして、鳶さん達の解体作業が、回りの方に迷惑がかからないよう、
注意しなければならない警備員のおばさまも、3週間ぶりに、戻ってきました。

その方が他の現場に派遣されたあとも、ずっとラインでやりとりしてるのですが、
「今の現場も、ダイキくんに似てる子おるよ。
 半ケツなのも一緒」
と、写メを送ってくるので、毎日笑わせてもらってました。

休憩時間や昼休み、事務所に来て私の隣に座り、稲荷寿司や、おやつを食べるおばさま。
話しかけてくるので、つい、相手になってしまい、関西人おばさん同士ならではの、
弾丸トークが炸裂。めっちゃ楽しい。

そのおばさま、ヤマハの格好良いバイクで、通勤してるのです。

昼休み、それにまたがった写真を、お互いに撮影し、遊んでました。



おばさまと私が「あの人、渋い!カッコイイ!」
と、意見が一致している鳶さんが通りがかり、
「ええのん、乗ってるなぁー」
と、ビックリしてました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

確定申告

2018-02-14 18:28:33 | 素敵なともだち
同じ宝塚市内に住むでーちゃんと、逆瀬川のアピアという商業施設にある
確定申告の会場の受付前で、待ち合わせ。

受付番号は、400番台。たぶん、2時間以上かかるとのこと。

時間つぶしのため、まずは、ランチを。

でーちゃんがずっと前に来たことがあるという「グラタン亭 どつぼどーる」。



美味しかったです。
カウンター席に座ると、小さな列車が料理を運んでくれるのが、
楽しい演出になっています。
次回来店したら、絶対にカウンターに座ろうと思いました。

商業施設アピア内にある百均「ダイソー」や「セリア」、書店、雑貨店などを巡り、
ちょこちょこと買い物をしたりして、時間つぶし。

「まだかなぁ」と会場へ様子を見に行くこと、2度目。
そろそろ私達の番号が呼ばれそうなので、受付前で、30分近く、待機。

やっと会場に入り、持参した書類を見せて税理士さんに相談し、
パソコンに金額を打ち込み、印刷して、最終処理を終えたのは、約1時間後。

仕事を休み、交通費を使って行ったけど。
戻ってくるお金は、たったの1,100円。

なんじゃそれ。

でも、久しぶりに、平日、友達とランチし、ショッピングを楽しんで。

半年前から、精神的にも肉体的にも疲れている私にとっては、
たまには、こういうのんびりする日も、必要だなぁと、しみじみ思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

補修図面と検査立会いとチョコ

2018-02-13 19:02:59 | 仕事
現場では、工程写真や材料写真など、毎日たくさんの写真を撮ります。
私は、職人さんが現場で撮影した、補修箇所の補修前と補修後の写真を、
エクセルの「工事写真帳」に、補修の種類(モルタル浮き・セパ穴欠損・ケレンなどなど)
に分けて、何千枚も貼り付け、同じ箇所の補修前後が一目でわかるように両面印刷し、
チューブファイルにとじて、インデックスをつける作業を、先週からやっていました。

これらのノウハウは、前の現場でイケ監から伝授されました。
そう言えば、イケ監はずっと別の現場に常駐していて、今私が通っている現場に
来たのは、1月23日が最後です。

ほったらかしかい。(≧ヘ≦) ムゥ

まぁ、私なら、ほっておいても大丈夫だろうと思っているのでしょう。

インデックスをつける作業は、前の現場では、透明のテプラ6mm幅で印刷し、
ハサミで切って、ちまちまとインデックスに貼り付けていたのですが。
ものすごく面倒くさかった。

なので、今回は、A4サイズ1枚に72面あり、シール形式になっていて、
専用のソフトウェアをダウンロードしてPCで入力し、
プリンターで印刷できる製品を買いました。



位置合わせに少々苦労したけど、テプラのテープをちまちま切って
インデックスに貼るより、格段に、こっちのほうが、楽。

数時間で、インデックスつけは、終了。
イケ監の現場で苦労したのは、何だったんや?!(笑)

いっぽう、足場にも、午前と午後、2回上りました。

午前は、Hさんに頼まれて、彼が職人さんのように外壁の塗装をしているところの写真。
本当はその塗装工事は完了しているのですが、「撮り忘れ」があったので、
それらしき場面の写真を撮る必要があるのです。
ちょっとした「粉飾」ですが、大会社の「粉飾決済」に比べれば、可愛いものです。

午後は、ほぼ工事が終わった棟での、足場解体前の検査のため、
工事の発注者:大阪府の住宅供給公社の方と、
工事の監理者;設計事務所の方と一緒に、Hさんと私で、足場を上から下まで、
一時間近く、歩き回りました。
公社の方に、塗料がきちんと塗れていないなど、指摘されたら、
Hさんが、目印のためにマスキングテープを貼り、写真を撮る。
私は、A3のクリップボードにはさんだ図面に、その箇所の指摘事項(塗装・左官など)
を①から順番に、番号をつけて、引き出して書き入れる。

素晴らしい連携プレイ。
私は工事現場での仕事が大好きな、ちょっと変わった女。(笑)

今日も、現場の仕事を終え地下鉄の駅まで歩くあいだ、イケ監に電話して。

・補修写真は、全部、完成した。
 インデックスも、便利な製品を見つけ、一日で、つけ終えた。

・図面も、全部書き終えて、あとは現設計の数量を入力するのみ。

・足場に上って、足場解体前検査の立ち会いをした。

それらを報告。

補修写真の整理が終わった件と、プリンターで印刷できるインデックスを使った件に
ついては、感心されたけど。
「足場上るのは、ほんま、気ィつけてや」
と、偉そうに言われ、
「わかってるって。もう慣れたし、大丈夫やから」

事故が起きたら、大変だもんね。
私は、足場の上では、常にちゃんと手で自分の身体を支え、ゆっくり動いています。

もし両親が存命なら、オトンがこのブログを見て、オカンに報告し、
「アンタ!何しとんの!足場上るなんて、危ないやんか!!やめとき!!!」
と、心配性のオカンから、電話が、かかってきてただろうなぁ。
今は、ひょっとしたら、あの世から私の姿を見て、卒倒してたりして。

バレンタインデーのチョコレート。
日曜日、大混雑の梅田大丸のチョコレート売り場で、
その夜会う予定の元生徒さんたちのぶんと、現場に通っている職人さんに配る大袋、
ダンナとイケ監へのぶんと、あれこれ買いました。

今日、イケ監の現場にいるY監督がこっちに来て、
またそちらに戻ると言うので、彼へのチョコを、託しました。
ついでと言ってはなんですが、Y監督にも、同じものをプレゼント。

数時間後。スマホに、イケ監から、お礼のメッセージが。

嬉しい。私の気持ちは伝わったかしら。
3週間会ってないけど、スマホでこっそり撮ったイケ監の動画を見て
「やっぱ、カッコイイわー」と、ニヤニヤしています。ストーカーかよっ(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームセンター

2018-02-13 05:43:43 | 主任さん
3連休のうち、ダンナは夜勤だったり、私は飲み会だったり、疲労がたまっているのか
一日中寝ていたりで、すれ違いの日々。
唯一、一緒に出かけたのは、ホームセンター。

けっこう大きいお店。テンション上がる

インパクトドライバーで、釘の試し打ちをしたり。
作業服や防寒服を試着したり。

ダンナは自分の仕事用の安全靴を買って。

私は自分の仕事用の手袋や、腰道具を買いました。



ホームセンターに行くのが娯楽って、どんな夫婦やねん。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜も飲み会

2018-02-11 22:20:29 | 素敵なともだち
約30年前に、とある専門学校で、半年間、AUTOCADの講師を、務めてました。
年代が近かったので、そのときの生徒さんたちとすっかり、お友達になり、
今でも交流が続いています。

今夜は、久しぶりにその方たちと総勢8名で会って、楽しいひとときを過ごしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喪失感

2018-02-10 21:09:19 | Weblog
半年前。オトンとオカンが、突然、この世から、消えた。

前日、実家に電話して、オカンと30分以上しゃべったのに。
「アンタの好物の桃をな、今日、お父さんがスーパーで買うてきたから
 また、おいでな」
「うん、そのうち行くわ」

その桃は、現場検証のとき、ダイニングテーブルにあって、鑑識の人に
持ち帰っていいかと聞くと、現状保存のため、ダメだと言われた。

その日、オトンとオカンの血痕、血だまりを見た。

おそらく。
オカンが先に、自分の部屋で、襲われて、逃げようとした縁側で、絶命。

オトンは土間でバットや角材で殴られ、それでもオカンのことが心配で、
必死に家の外を歩き、オカンが倒れているのを見て絶望し、
再び玄関前に戻り、110番に通報したあと、包丁で刺され、絶命。

半年経った今。
まだまだ、気持ちは落ち着いていない。

毎朝夕、仏壇の前に座り、
両親の位牌・遺骨・遺品(オトンのメガネ・オカンの入れ歯など)
に向かって手を合わせ。
そして、オトン・オカンのことを思い出し、泣く。
体重も数kg落ちた。

大好きだったオトンとオカンを殺害したアイツ、何のために生まれてきたのか。
生きる価値がない。
死刑になってほしい。

でも、私の喪失感は、一生消えない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンナと愉快な仲間たち

2018-02-09 22:56:35 | 素敵なともだち
何年も前から参加している、ダンナの元先輩たちとの飲み会。
ほぼ2ヶ月おきに開催していて、私は、なぜかいつもお店を予約する役目。

大阪・神戸と、交互に開催していて、今回は神戸。

そろそろお店のネタも尽きてきて、困ったところ、思い出したのは、
昔働いていた会社の忘年会で行ったことがある「水軍料理 つねさ」。

電話して、飲み放題つき5,000円の料理を、特別にお願いしました。



お刺身と突き出し。




多種のお魚がいっぱいのお鍋。




せっせと鍋に具材を入れてくれるダンナ。




玉ねぎのかき揚げ。

シメに、お鍋のあとの雑炊。

美味しかったです。お腹いっぱいになりました。

今回も、皆さんには、たくさん笑わせてもらい、楽しい飲み会でした。
いつものように次の飲み会の日を決めて、お別れしました。

次回の会場は、迷う必要がありません。
ダンナが今でも勤めている会社の近くで、焼肉はどうですか?
と提案したら、皆さん同意してくださったので、以前行ったことがある
日本一長い商店街の中にある焼肉屋さんにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加