気分はいつも五月晴れ  

スマホからの気軽な投稿も試験的に始めました。

ドールハウス一覧へジャンプ♪(固定ページ)

2020-01-01 20:58:08 | ドールハウス・ミニチュア




写真をクリックすると「ドールハウス一覧」へ



コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

しょぼーん

2017-05-29 18:20:44 | 仕事
今日、夕方4時過ぎ、イケ監の携帯に電話があって。
住民の方からの苦情か要望かわかりませんが、とにかく、そのお部屋に
飛んでいったイケ監。

そのあとすぐ、二人の男性が訪ねてこられて、会社名を名乗り、4時頃に
約束しています、とのこと。
「すぐに戻ってくると思うので、上がってお待ちください」と、打ち合わせテーブルに
座ってもらい、私は奥の部屋で仕事の続きを。
10分ほどして、「ちょと車に忘れ物をしたので、取りに行ってきます、すぐ戻ります」
と言うお二人。

しばらくしてチャイムが鳴り、ドアを開けると、住民の男性が
「監督、いてはります?」
「ちょっと他の方のお部屋に行ってるんですけど・・・。
 電話してみますので、お待ちくださいね」
玄関の外で携帯に電話し、その方に代わってもらいました。
その方も、何か要望があったようで、イケ監としばらく話をしたあと、
「そうですか、ほな、部屋で待ってます」
今日は、珍しく立て続けに住民の方が電話や訪問をしてきた日でした。

その一部始終を見ていた、先ほど訪ねてきた二人組の男性。
それが4時20分くらいだったと思います。

「あ、ちょっと待ってくださいね、電話してみます」
と言うと
「いえいえ、住民の方への対応を優先してください、僕らは待ってますから」
と言うので、もう一度上がってもらいました。

で、それから20分ほど経っても、イケ監は戻って来ません。

「やっぱり電話してみますね」
「いや、いいですよ」
「もしかしたら、現場を見回ってるかも知れませんから」
と、携帯に電話。

「○○です。お疲れさまです。あのー、4時過ぎからお客さんが待っておられるんですけど」
と言うと、ビックリした声で
「何時から?」
「4時過ぎから」
「もうー、早く言ってよ」
と、ちょっぴりきつい口調で言われ、しょぼーん。(´・ω・`)

すぐに戻って来たイケ監、二人とは親しい間らしく、
「着いたら電話してよー」
「いえいえ、住民の方が訪ねて来られたりしてたので、そっちを優先してほしかったので」

「あの人への対応はすぐに済んでん。ほな、現場行きましょか」
と、出て行ってしまい、私は午後5時になったので、帰りました。

なんなのよ。私が悪いの?
何度も電話しようとしたけど、二人に「いいですから」と止められたのよ。

さすがに4時過ぎから待ってると聞いてビックリしたと思うけど、
彼らは忘れ物を取りに行ったりしてたから、事務所で待っててもらったのは
実質的に30分くらいやし。
ま、それを言わなかったのは私が悪いんですけど。

4時頃の約束をしてたなら、住民の方への対応が終わった後、
現場をウロウロせず、事務所に戻ってきたらええんちゃうん?

ぶー。 (`ヘ´) ゙!!!
3ヶ月近く一緒に仕事をしていて、初めてムカついた日でした。

ま、そういう齟齬も、たまにはあるよね。

たまに抜けてる可愛いところもあるから、母のような包容力で、許す。(え)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一応、誕生日祝い

2017-05-27 22:23:59 | 主任さん


今日はダンナの誕生日でした。
本人が言い出すまで、ころっと忘れていました。

とりあえず、近所のスーパーで買った食材を使って、
甘海老の刺身やら、ステーキやら、ちょっぴり豪華なディナー。

63歳なんて、めでたくもなんともないトシやし。
それより、一日中家にこもって資格試験の勉強をする週末を、なんとかしてほしい。

今日も、彼は1階で勉強、私は2階でTVを見たり昼寝をして過ごすという、
「家庭内別居」状態でした。

あー!!!面白くない!!!!

こんな天気の良い週末、六甲山にでもドライブに行けば楽しかっただろうに。

せめて、スーパー銭湯くらい、行きたいのに。

実家に電話して、両親にボヤけば、
「一番しんどいのは主任さんやねんから、アンタが支えてあげなあかんで」
と、説教される始末。

はいはい、そうですね。

私、この半年間で、かなりストレスが溜まっております。(◎`ε´◎ )ブゥーー!

************************************************************

ダンナの誕生日は「百人一首の日」でもあるらしいです。
今日、初めて知りました。

1235(文暦2/嘉禎元)年のこの日、藤原定家によって小倉百人一首が完成されたということから。

私は中学生のときに「校内かるた大会」で優勝した実績あり。
今でも、その百首のうち大半は、覚えています。

逆に、ダンナは、一首も覚えていないことが、判明。

「せっかく『百人一首の日』に生まれたんやから、一首くらい覚えとけやー!!!」
と、偉そうに言って、ささやかながら、溜飲を下げたのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぶー。

2017-05-27 00:05:01 | Weblog
昨日は甲子園球場で阪神対横浜の試合を観戦しましたが、
6回の時点で「こりゃ勝つ気がしないわ」と思ったので、
帰ることにしました。

あとで結果を見ると、案の定、負けてた。

ま、久しぶりの甲子園、そして一塁側アルプス席での応援は、
熱狂的な虎ファンが多くて、なかなか楽しかったです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今季初の甲子園

2017-05-25 19:23:34 | Weblog
明日は仕事のあと、甲子園に行ってきまーす🎵
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やばい。ぐっときた。

2017-05-24 18:47:55 | 仕事
今日は、私の仕事場近くに住んでいる友達のでーちゃんが、お昼休みに来てくれて、
近くのカフェに案内し、一緒にランチしました。



私がこのお店に来るのは3回目、いつもこの「カレーランチ」を食べてます。

話題は、3週間前に開催された高校の同窓会での話やら、同級生の近況など。

彼女の中学校の同級生(当時は男子)が、現在、美人で優しく評判の良い
女医さんになっているという話がすごく面白かったです。
ま、そういうことがあっても、いいんじゃないでしょうか。

*********************************************************

午後から、仕事に戻って・・・。

事務所として借りている部屋に、職長さんがやってきて、
私が担当している工事写真について、尋ねてきたのですが、
いきなりのことだったので、一瞬、私に話しかけているのとはわからず、
対応が遅れてしまいました。

その人は、午前中も、2回、工事写真の件で、話をしたのですが、
たぶん忙しいのでしょう、ちょっと荒っぽい口調でした。

でも、職人さんって、そういう人が多いと思っている私は、
全然気にならなかったです。

そういう場面を1日3度見ていたイケ監が、
彼に対して発した一言に、私は感動してしまいました。

「○○さんは女性なんやから、もっと優しい言い方をしてくれませんか?」

相手の職長さんは苦笑いしながら
「そやな、女性はあとで仕返ししたりするから、怖いしな」

なんじゃ、コイツ。と思いながら、笑って言い返しました。
「私は、そんなこと、しませんよー」

イケメンのうえに仕事ができ、しかも、フェミニスト。
大好きです、あのイケ監。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドキッ

2017-05-24 05:51:58 | 仕事
昨日は、職場に着いてすぐ、イケ監から
「チラシを全戸に入れてきてほしい」
と頼まれました。
「チラシ」というのは、「○○工事のお知らせ」というタイトルで、
「○月○日から斫り工事が始まりますので、多少の騒音が発生します」とか
「○月○日からバルコニーの塗装をしますので、臭気が発生します。
 塗料が衣類に付着すると落ちませんので、ご注意ください」といった、
住民の方への周知事項を列記したA4サイズの紙のことです。

それを、集合住宅のエントランスにまとめて設置されている郵便受けに、
入れていくのです。

この「チラシ入れ」は、
以前は数週間に1度の頻度でしたが、工事が本格化してきたこの頃は、
数日に1度と、入れる回数が増えてきました。

毎日やっている「洗濯物干し情報」の○×つけと同様、私の大事な仕事です。

印刷したチラシを約200枚受け取り、「行ってきまーす」
全戸に入れるので、楽なものです。

戻ってからは、いつものように、エクセルを使って、
工事写真帳へ、補修箇所の写真の貼り付け(毎日1,000枚以上)、
それと対応した集計表(幅・高さや長さを数字で表したもの)への入力。

数が多すぎて、毎日必死でやっても、全然追いつきません。(泣)

イケ監は「休憩しながら、ゆっくりやってくれていいですよ」
と、優しい言葉をかけてくれるのですが、
補修箇所を示す図面の入力も、全然追いついていません。
つまり、この3つは、セットになっているわけです。

後回しにすれば、数ヶ月後、自分がしんどくなるのが目に見えているので、
頑張っているのです。

イケ監は現場を回っていることが多いため、一人でPCに向かい、
黙々と入力作業を続ける毎日です。

でも、イケ監が戻って来て向かいに座り、PCで事務作業をしている時間は、
雑談をしたりして、ちょっとした幸せ。

そんな夕方、「あ、B棟にだけチラシを入れなあかんわ、作ろ」と呟く彼。
思わず
「ドキッ」
と、言ってしまいました。

朝もチラシを入れたのに、今日2度目やんかー。という意味で。

すると、「(そのリアクションが)昭和やなぁ」

思わず、二人で大笑い。

くそー。そのツッコミ、面白すぎるわー。
ふーんだ。そりゃ、君の生まれた年は、私が結婚した年ですよ。

でも、全然嫌味っぽくない言い方なので、許せる。
何より、イケメンやし。(え)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンバ観賞こぼれ話

2017-05-22 18:15:02 | Weblog
昨日の神戸まつりでは、サンバストリートのけっこう良い場所に陣取ることができ、
我ながらあっぱれ!でした。

が。
ちょっと「それはおかしいんちゃう?」と感じたことがあるので、書きます。

私が陣取りした場所は、最前列から2列目。まわりは、一眼レフ持参の男性ばかり。
それにひるむことなく、リュックから折りたたみ椅子を取り出し、
開始時刻の正午まで、スマホをいじったり、街頭で配布されていた神戸まつりの
パンフを眺めたりして、時間潰しを、していました。

私の斜め前には、畳一枚に少し足りないくらいのサイズのブルーシートが、
地面にガムテープで貼り付けてあります。

道路が交差する、サンバを目の前で観賞するには、最高の場所です。

そして、正午に、やっとサンバの音楽が、北のほうから、聞こえてきました。

一斉に、その方角に一眼レフを向けるおじさま達。
パシャパシャと響くシャッター音。

しかし、私は、目の前にパレードが来るまで、泰然とかまえ、待っていました。
みんな、先走るな! 時間はまだまだある!!! 落ち着け!(笑)

でも、気持ちはわかるんですよねー。
私と同じく、1時間以上前から、待機してたくらい、楽しみにしてるんやから。

しかし、一組目のパレードが始まっても、斜め前の場所は、なぜか、無人。

もしかしたら、私の隣で一眼レフを構えた男性が、良い写真を撮るために、
この場所にシートを敷いてるとか?
と、疑ってしまったのですが、それは、勘違いで。

パレードが始まり、2組目、1時間以上経ちました。

後ろのほうから、男性の声、人をかきわける気配。

「そこの者なんですけど、(シートを)踏まんとってもらえます?」
と、私の隣の男性に、いらだった声をかけます。

いや、踏んでるというても、ほんの数cm、つま先だけのこと。

「あ、すいませんねぇ、後ろからどんどん押されて、しゃあなかったんですわ」
と、答える男性は、偉い!大人の対応!!!!!

後ろから来た男性は、悪びれたふうもなく、
「もう一人、いるんで」
と、中学生か高校生らしき息子を呼び寄せ、隣に座らせます。

なんやねん、コイツ。アホちゃうか。

私が、早めにサンバストリートをあとにしたのは、
この、すごく身勝手で自己主張をするオヤジに対し、
気分を害したせいもあります。

あれから24時間以上経ち、じっくり考えても、
ものすごく腹が立つ場面だったので、書かせていただきます。

何が『そこの者』やねん!!!
お前の陣地か?所有地か?

だったら、
ブルーシート&ガムテープを貼って場所を確保するようなセコイ真似をせず、
みんなと同じように、1時間以上、ずっと座っとけ!!!!!

ちょっとブルーシートの上に後ろの人の足が乗っていただけで、
『踏まんといてもらえますか』なんて、偉そうに言うなよ!!!!
 
もしも、相手が柄の悪いオッサンなら、喧嘩になるところやで?
温厚な人だったことに、感謝しろ!

ああいうヤツは、息子に
「今日、お父さんは朝早くから『場所取り』してて正解やったやろ」と、
自慢してるかも。

あー、空気の読めないヤツって、最悪。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸まつり

2017-05-21 16:44:25 | おひとりさま
今年も行ってきました、神戸まつり

一昨年と同じく、一人で。(え)
例年通り、サンバストリートにポイントを絞って。(え)

ここ数年、ほぼ毎年、ダンナと一緒にサンバを観賞するために
訪れている「神戸まつり」ですが、
彼は毎週日曜日、建築系の資格を取るための学校に通っているため、
私一人で行くことにしたわけです。

12時から始まるサンバ。
その1時間前から、「場所取り」を。


今年は、なかなか良い場所が取れました。
こういう場合は、長年の経験が役立ちます。

リュックに入れていた簡易式の折りたたみ椅子に足を広げて座り、
タオルを首にかけ、帽子とサングラスを装着し、
近くのコンビニで買った「氷結」をチビチビ飲みながら、
暇つぶしにスマホで麻雀ゲームをやっていました。(オッサンか)

やっと始まったサンバのパフォーマンス。

7組あるサンバチームの持ち時間は、それぞれ約30分間。

そのうち、3組目まで観賞して、午後2時くらいに、名残惜しいですが、帰りました。
ダンナの帰宅時間に合わせて。
ホントは、最後まで見たかったのですが・・・・。(ノд-。)クスン

でも、生で見るサンバは、例年通り、めちゃ楽しかったです













ここで、私が経験から編み出した(?)
「なるべく良い場所でサンバを観賞するポイント」を
ご紹介いたします。

・少なくとも1時間前から「場所取り」をする
 (連れがいない場合は、暇つぶしのための本・スマホ・ゲーム機など必要)
・折りたたみ椅子・または地面に敷くシートも必須
・日差しを避けるための帽子・タオルも必要
・荷物は他人の邪魔にならないよう、なるべくコンパクトに

この「場所取り」については、ちょっと腹が立つことがあって・・・・
また書くかもしれません。

【これまでの神戸まつり(サンバストリート)に関する記事】

昨年

2009年~一昨年
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たな材料

2017-05-18 07:10:11 | レジン細工


レジン細工の材料はほとんど百均で調達し、同じく百均で購入した
ケースに整理しています。

材料の入手方法としては、百均以外に、アマゾンが超便利。

初めて「ミール皿」の詰め合わせを買って以来、「購入履歴に基づく関連商品」として
あれこれとお勧めしてきます。

ほとんどは「んー、別にいらないや」とスルーするのですが、
今回、「お!これは!」と思った商品があったので、注文しました。



押し花12色セットです。ケースに入っているのが嬉しい。
約1,000円。

ついでに、レジン液も買いました。

これらの材料を使って、今朝も、出勤前に作業しました。

出勤直前のダンナは「疲れない?」と聞きますが、
「全然!ストレス解消!」

そういうダンナこそ、ゴルフの素振りをやっています。
「あんたこそ、疲れない?」
「全然!ストレス解消!」

「あたしら、『変わり者夫婦』やなぁ」
「一緒にせんとんて」

というわけで。
レジンを流し入れた作品(?)をベランダに干し、仕事に行ってきまーす。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加