ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

埼玉県川越市にある伊佐沼のハス田では、ハスが花を咲かせ始めました

2017年07月08日 | 季節の移ろい
 埼玉県川越市伊佐沼にある伊佐沼のハス田では、ハスが花を咲かせ始めています。ハスの中の早く咲くものが花をさかせています。

 伊佐沼は大まかには長方形に近い形の池で、南北方向にが800メートル・東西方向に200メートルほどの大きな池です。いくらか西側に傾いています。

 田植えシーズンは過ぎましたが、貯水量はほぼ満杯と多く、池の水位は高いままです。

 伊佐沼の北側にあるハス田では、ハスは花を高い位置まで伸ばして咲いています。



 ここに植えられているハスは、行田ハスです。





 実は、午前中に伊佐沼を訪れることができず、午後3時ごろに行ったために、ハスの花はつぼんでいます。

 ハスの葉などの上では、トンボが数匹、飛び回っています。たまたま、ハスの茎(?)に留まったトンボです。トンボの種類は不明です。





 ハス田の先にある水面では、カイツブリの親子がいました。向かって左側がヒナが育った幼鳥です。





 母親離れできていない幼鳥のようです。

 伊佐沼の中にある杭には、ダイサギやコサギが休んでいます。





 伊佐沼には、水鳥などがいくらか住み着いている様子でした。

 なお、伊佐沼でカイツブリの番が浮巣をつくり、ヒナを育て始めている様子は、弊ブログの2017年6月17日編をご参照ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 九州北部から東に向かって、... | トップ | 埼玉県川越市にある伊佐沼で... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (siawasekun)
2017-07-08 02:38:14
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

綺麗ですね。
美しいですね。

可愛らしいですね。
微笑ましい姿ですね。

眺めて、とても心癒されました。
ありがとうございました。
siawasekunさま (ヒトリシズカ)
2017-07-08 04:48:46
siawasekunさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

夏に向かう、川越市の伊佐沼ではハスの花が咲き始め、そのハス田では、カイツブリのヒナが育っています。

自然豊かな伊佐沼では、これからは夏に飛来する水鳥を観察したいと考えています。
Unknown (イケリン)
2017-07-08 07:02:01
伊佐沼のハス田には相当な数のハスが咲いているようですね。
ハスもスイレンも意外と早く花を閉じてしまいます。お昼前には閉じるのではないのでしょうか。
訪れられたのが少し遅かったようなので、その点が残念でしたね。

カイツブリの子供もかなり成長したようです。そろそろ親離れの時期でしょうね。
ダイサギやコサギなどが集まってくる伊佐沼は自然の宝庫ですね。
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2017-07-08 12:42:49
イケリン様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

今回は伊佐沼に行くのが午後3時過ぎになり、ハスの花は閉じていました。次回は午前中に行くように務めます。

カイツブリの幼鳥はかなり元気でした。ただし、幼鳥の数は減っているようにも感じました。幼鳥が育って、伊佐沼から出て行ったのでしたらいいのですが・・?
カイツブリ (BIRD)
2017-07-08 13:12:53
カイツブリの番は、何回か巣をつくり、産卵し、子育てをします。
成鳥になったヒナは、子育て側に回ることになります。
ダイサギは英気を養っているところでしょうか・・
BIRD様 (ヒトリシズカ)
2017-07-08 15:16:49
BIRD様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

川越市の伊佐沼では、晩秋までカイツブリは子育てしています。時々、浮巣をつくり、産卵し、ヒナを育てている様子です。

多い時は、30羽程度のカイツブリがいるとみています。
蓮の開花 (アバター)
2017-07-08 15:47:46
夏が近づくと、蓮は蕾を膨らませ、開花します。
桃色の明るい大きな花は、仏様を感じさせます。
朝でないと、開花した花を観賞できない点に、仏の心を感じます。

コメントを投稿

季節の移ろい」カテゴリの最新記事