ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

埼玉県川越市の伊佐沼のハス田では、カイツブリが巣をつくり、子育て中です

2017年06月17日 | 季節の移ろい
 埼玉県川越市伊佐沼にある伊佐沼では、カイツブリが浮巣をつくり、子育て中です。

 伊佐沼は大まかには長方形に近い形の池で、南北方向にが800メートル・東西方向に200メートルほどの大きな池です。いくらか西側に傾いています。

 田植えシーズンは過ぎましたが、貯水量はほぼ満杯と多く、池の水位は高いままです。

 このため、伊佐沼の北側にあるハス田では、葉が水面に浮いています。見た眼では、まだ蕾がでていません。





 例年に比べて、水位が高いために、カイツブリは北側のハス田の真ん中で浮巣をつくらず、橋状の遊歩道の南側に巣を設けています。

 西側の岸辺に近いハス田の中に巣を設けたカイツブリの親子です。子供の幼鳥が2羽、母親の後を追っています。



 この時のヒナ(幼鳥)の数は2羽です。産まれたヒナの数はもっと多いはずです。そのヒナは無事にもう独り立ちしたのか、あるいは犠牲になっのかは不明です。

 その近くのハス田の中にいたカイツブリです。父親ではないかと推定しています。



 ハス田の中に戻ったカイツブリの親子です。





 もう一つの浮巣は、橋状の遊歩道の南側のすぐ近くにあります。見下ろせる位置関係なので、浮巣は丸見えです(カラスなどにも丸見えになっています)。

 ヒナが5羽ほどいる様子です。

 カイツブリの母親(たぶん)がいくらか大きい魚をくちばしにくわえて、巣に運んできました。



 元気なヒナが、その魚を受け取り、大きな口を開けて、飲み込んでいます。



 父親(たぶん)は、時々、近くを通ります。

 ハス田からいくらか南側の杭の上には、ダイサギやコサギなどが休んでいます。



 伊佐沼は、一見するとのどかな風景です。でも、今回、産まれたカイツブリの幼鳥(ヒナ)の半分程度が成鳥になると予想されます。

 自然界の厳しい掟が、カイツブリの幼鳥を待ち受けています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉県川越市の伊佐沼に飛来... | トップ | 群馬県安中市松井田町にある“... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (siawasekun)
2017-06-17 01:02:43
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

珍しいいろいろなショット、・・・・・・・。
見せていただき、 siawase気分です。

眺めて、とても心癒されました。
ありがとうございました。

ブログでのコメント交流、・・・・・・。
いいものですね。
Unknown (ちごゆり嘉子)
2017-06-17 03:41:00
カイツブリの浮巣見たの初めてです
上手く見せてもらえました
微笑ましく 癒されましたので‥有難うございました。
siawasekunさま (ヒトリシズカ)
2017-06-17 07:02:05
siawasekunさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

川越市の伊佐沼で観察することできたカイツブリの子育てシーンをご覧いただき、いくらか癒やされたでしょうか・・
ちごゆり嘉子さま (ヒトリシズカ)
2017-06-17 07:06:53
ちごゆり嘉子さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

川越市の伊佐沼は、カイツブリ観察の名所です。これから秋まで、カイツブリは何回か、浮巣をつくり、産卵し、子育てします。

ここはハス田に、ハスの花を観賞できるように橋状の遊歩道が架かっていることから、カイツブリがつくる浮巣を見ることができます。



カイツブリ (イケリン)
2017-06-17 07:17:16
カイツブリの子育ては、母親だけが目立ちますが、
父親は少し離れたところで、見守っていることが多いようですね。
ヒナたちも母親の仕草を学んで、独り立ちに向けて大変な時です。
全てのヒナが順調に育ってくれるといいですね。
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2017-06-17 07:52:18
イケリン様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

この川越市の伊佐沼では、これからカイツブリが何回か浮き巣をつくり、子育てします。秋には、ある程度の数になります。ヒナの半数が成鳥になるとみられています。

現在、カルガモの姿が見つけられません。カルガモの親子の姿も見てみたいのですが・・
伊佐沼 (探鳥会の友)
2017-06-17 09:39:20
川越市の伊佐沼は、カイツブリがたくさん、活動していますね。
これからは、蓮の花が咲き、多くの方が訪れることになりますね。
探鳥会の友さま (ヒトリシズカ)
2017-06-17 13:16:15
探鳥会の友さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

川越市の伊佐沼には、カイツブリが10数から20羽ほど来ていて、子育ての最中です。

カイツブリは大きな声で異性を呼ぶために、居場所がすぐに分かります。
カイツブリ (fukurou0731)
2017-06-17 18:22:28
ヒトリシズカ様
こんにちは。
伊佐沼のカイツブリ、見事に撮られていますね。
給餌の様子も!
こんなに大きな魚を与えるのですか!?
鳥は魚は丸のみなのですね。
fukurou0731さま (ヒトリシズカ)
2017-06-17 19:24:21
fukurou0731さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

たぶん、今回は与えた魚はやや大きすぎると思います。
このため、比較的大きく育っているヒナが受け取って食べたのではないかと推定しています。

ヒナはお腹を空かせている様子です。まだ、自分ではエサは採る力はないようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む