ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

長野県諏訪市の山麓部分にある車山肩では、カッコウを観察しました

2017年06月23日 | 旅行
 長野県諏訪市の郊外にある車山高原の通称“車山肩”で、カッコウに出会いました。

 長野県北佐久郡立科町にある女神湖から、西側方向に見える車山(標高1925メートル)です。



 東側にある女神湖から望む車山山麓側の住所は茅野市北山になります。

 白樺湖から、ビーナスラインをくねくねと曲がりながら、大まかには西側にある車山高原に向かいました。

 車山の登山口や霧ヶ峰高原の散策の起点になっている車山肩まで来て、多くの野鳥観察愛好家の方がいることに気がつきました。車山肩は、住所は諏訪市四賀になるようです。

 霧ヶ峰高原の中には、飛来したノビタキを撮影しようとしている野鳥観察愛好家たちが活動中でした。

 もう一組みの野鳥観察愛好家たちのグループは、カッコウの登場を待っていました。カッコウが鳴きながらやって来て、背の高い針葉樹の上に留まりました。



 さっそく、カッコウを撮影しました。







 針葉樹の上部には、ビンズイも出てきました。





 少し離れたところにある草原には、ノビタキのオスが出てきました。



 霧ヶ峰高原での夏の野鳥観察のシーズンが始まっていました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

長野県北佐久郡立科町にある女神湖の湿地では、クリンソウが咲いています

2017年06月22日 | 旅行
 長野県北佐久郡立科町にある女神湖は、梅雨時は観光客が少なく、静かな高原リゾートの湖(人工湖)です。

 たまたま、風が吹いていないためか、湖面に周囲の木々が映り込んで、なかなか美しい風景です。





 湖面の標高は1540メートルだそうです。

 蓼科山(標高2531メートル)の山麓側になる、女神湖の南側からは、雪融け水が流れ込み、湿地帯になっています。この湿地帯では、四季折々の山野草が花を咲かせます。

 その湿地の小川沿いでは、クリンソウ(九輪草)が花を咲かせています。





 湿地の温度にはムラがあるようで、花が咲き終わったクリンソウと、ちょうど開花しているクリンソウが混在しています。

 湿地の中では、コバイケイソウが成長しています。その中の一部が花を咲かせています。



 この山野草はたぶん、コバイケイソウではないかと推定していますが、“バイケイソウ”かもしれません。

 湿地から少し北側に進んだ地域では、驚いたことに、ニホンサクラソウが20株ほど、何とかまだ咲いています。



 この辺りは、木陰のためか、温度が低く、季節の進み方が遅いようです。

 湿地帯の中に生えている低木に、オオヨシキリが留まっていて、よく鳴いています。



 観光客がいない、静かな湖畔では(ボート遊びの方がいないのです)、水辺をキセキレイが歩いています。



 梅雨が開けると、観光客が次第に増えてくることと思います。夏のリゾートになります。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

長野県佐久市の東端にある佐久荒船高原では、ヤマボウシが花を咲かせています

2017年06月21日 | 佐久荒船高原便り
 長野県佐久市の東端にある佐久荒船高原は、木々が葉を繁らせ、いろいろな花を咲かせています。

 森の中の所々で、ヤマボウシの木が緑がかった白い花をたくさん咲かせています。



 佐久荒船高原の標高が少し低い山麓では、ニセアカシアの木が白い花を鈴なりに咲かせています。





 今ごろに、このニセアカシアの木があちこちで花を咲かせると、これほど多くのニセアカシアの木が生えているのかと感じます。ニセアカシアは、マメ科ハリエンジュ属の落葉高木で、和名はハリエンジュ(針槐)だそうです。

 実は現在、佐久荒船高原の森の中で、花をあちこりでたくさん咲かせている木は、ミズキです。ミズキは背が高い木が多く、花をうまく撮影できませんでした。

 佐久荒船高原の中央部にある“コスモスの丘”の周囲の木々も葉を繁らせ、夏の到来を感じさせます。



 草原部分では、野アザミ(正確な品種名は不明)が花を咲かせ始めています。





 草原の端では、キジのオスが時々、大きな鳴き声を上げます。



 朝には、数頭のシカに出会うことが増えています。近づくと、すぐに逃げ出します。

 逃げますが、一度立ち止まって、こちらを観察します。駆け上がった崖の上から、こちらを見ています。木の葉陰からこちらを見ています。



 佐久荒船高原は、木々がますます、葉を繁らせ、うっそうとした様相です。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

長野県東御市にある池の平湿原では、モズが子育てに励んでいます

2017年06月21日 | 旅行
 長野県東御市の北東部の山中にある池の平湿原では、モズがヒナを育てるために、昆虫などを熱心に捕っています。

 池の平湿原という山野草の宝庫の高層湿原に行った話の続きです。

 池の平湿原の人気スポットの一つは、鏡池という美しい池です。





 夏になると、鏡池ではトンボがたくさん飛んでいます。

 この鏡池を眺めていると、モズが鏡池に繰り返し、飛んできました。観察していると、池の岸辺で昆虫(たぶん)を捕えています。モズはくちばしで何かをくわえています。





 昆虫を捕えると、すぐに斜面にあるレンゲツツジの群生地の中に飛んでいって、その茂みの中に姿を消します。

 このレンゲツツジの群生地の中に巣をつくり、産卵し、雛(ひな)が孵って子育て中のようです。

 別の背の高い木の上でさえずっているモズです。



 縄張り宣言をしているのか、異性を求めて、鳴いているのかどちらかです。

 池の平湿原を囲む斜面には、針葉樹の森があります。この針葉樹の森の中では、ウグイズやモズが元気に活動中です。





 実際には、ビンズイもいるはずなのですが、今回は姿を見かけませんでした。

 鏡池の周囲の湿地では、コバイケイソウなどが育っています。



 池の平湿原は、山野草が次々と咲くシーズンを迎える準備中でした。
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

長野県東御市の北東部にある池の平湿原では、イワカガミがたくさん咲いています

2017年06月20日 | 旅行
 長野県東御市の北東部の山中にある池の平湿原では、イワカガミがたくさん咲いています。

 池の平湿原という山野草の宝庫の高層湿原に行った話の続きです。

 今回は、東側にある開放口近くに点在する溶岩の表面に群生するイワカガミをたくさん観察しました。







 イワカガミと一緒に、バイカオウレンも小さな白い花を咲かせています。







 この池の平湿原は、数万年前に三方ヶ峰(現在の標高は2040メートル)という火山が噴火してできた火口原に広がる高層湿原です。池の平湿原の標高は約2000メートルです。
 
 池の平湿原の人気スポットの鏡池です。



 この周囲は、当然、湿地帯なので、その内にアヤメやコバイケイソウなどが次々と花を咲かせます。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加