この危機を乗り越えるためには、もっと熱狂する「遊び心」を持つことだ。


この危機を乗り越えるためには、もっと熱狂する「遊び心」を持つことだ。

なり声を上げてい

2016-09-19 10:57:38 | 日記

ネドラはもの珍しそうにあたりを見まわした譽一鐘錶。崖上にそって築かれた長大な要塞が、威圧的にそびえたっていた。土と石で作られた壁は、ゆうに三十フィートの高さがあった。開かれた門のむこうにはさらに壁がめぐらされ、その前には先を尖らせた杭や、刺のあるイバラの林立する溝が掘られていた。主壁にそうようにして要所要所に小要塞があり、壁の中には兵士たちの宿舎がずらりと並んでいた。
 砦は人々であふれかえり、それぞれの場所でたち働いているために、絶え間なくほこりが舞いあがっていた。そこへ、煤に汚れ、疲れた馬にまたがったアルガーの氏族の一団がゆっくりと入ってきた。数分後、ミンブレイトの騎士たちが、槍旗をはためかせ、ひづめの音も高らかに、あらたな町を破壊するために砦を出ていった。
 崖の縁に設置された巨大な巻きあげ機が、下の平原から引き上げられるチェレク船の重みで、ぎしぎしきしみ、うた。少し離れた要塞の壁の内側では、そうして引きあげられた戦艦が、五十リーグ離れたマードゥ川上流まで運ばれる日を待ち受けるようにして置かれていたYumei水光精華
 ポルガラはダーニクとバラクを従えて、王女と疲労困憊したドラスニア国王をむかえた。
「登りの道はいかがでした」バラクがたずねた。
「身の毛もよだつ思いだ」ローダー王は息もたえだえに言った。「何か食べるものはないか。十ポンドは体重が減ったような気分だ」
「そんなふうには見えないが」とバラク。
「こんな過激な運動は体によくないのよ」ポルガラがあえぎ続ける王にむかって言った。「いったい何で、あんなに頑固に拒否したの」
「じつはわたしは高所恐怖症なのだ」とローダー王は答えた。「あんな機械仕掛けで崖をあがるくらいなら、十回だって登ってやるさ。まったく足の下に何もないというのは、身の毛もよだつような思いがする」
 バラクはにやりと笑った。「さぞかしスリルがあったことだろう」
「頼むから何か食べ物を持ってきてくれ」ローダーは哀れっぽい声を出した海外旅行

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ーニクが協力を申し | トップ | 勝利をおさめたの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。