beatitude

好きなことだらけさ…

『塔の上のラプンツェル 3D 吹替え版』

2011年03月23日 | 映画 アニメ

深い森に囲まれた、高い塔の上で暮らしてきたラプンツェルは、黄金に輝く長い髪を持った少女。
母親に「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」と言われつづけ、塔から一歩も出たことがない。
そんな彼女の夢は、
毎年、誕生日になると夜空いっぱいに現れる“不思議な灯り”を近くまで見に行くことだった。
ラプンツェルの18回目の誕生日が近づいてきたある日、
お尋ね者の大泥棒フリンが塔の中に迷い込んで来て…!?
(goo映画より)


11日の地震の後、先週1週間地元の映画館がお休みでした。
節電だし、余震も続いているので電車で別の映画館に行くのも控えてましたが、今週から営業再開。
下の娘とテクテク歩いて行ってきました。
字幕版で観たかったんですが、時間が遅い…。
今、暗くなってから映画館にいたくないので、昼間のしょこたん版で観賞。
さすがしょこたん、上手いです
他にタレントとか使ってなくて、ちゃんと洋画声優でやってるので、違和感なし。
歌部分は小此木麻里さんが担当でミュージカルとしてもOKです。

~グリム童話から誕生した新しい物語~と銘うってるだけあって、
原作の雰囲気とはまるで違う
誰もが楽しめる「THEディズニー映画」、エンターテイメントに昇華されてました。

ラプンツェルはただの女の子じゃなくてさらわれた王女様。
塔から連れ出すのも王子様じゃなくてお尋ね者。
そのお尋ね者は茨で眼潰しに合わないし、何年も彷徨わない。
ラプンツェルも双子を産まないし、砂漠で細々と母子で暮らしたりしない。
塔の中での生活も外に出られないってだけで、嘆き悲しんだりしていない。
頭のいい魔女はしっかり過保護の母親を演じて(皮肉交じりですが)
それを信じて疑わない、ラプンツェル。
これは自分が王女であることを知らずに、普通(でもないけど)に育った娘が
成長とともに独立心が芽生え、
偶然手に入れた、外の世界への切符を使って、親元を離れ、
冒険をし、恋を知り、真実に気付くお話でした。
こうなると、ディズニーお得意のストーリー展開って感じです。

脇キャラの使い方もTHEディズニーで、
カメレオンのパスカル、警護隊長の馬のマキシマスはさすがでございます。
(マキシマスって馬だよね~w)
ミュージカル担当は主役の二人はもちろんですが、酒場の荒くれ者たちですね。

3Dで観た甲斐があるのはなんといってもランタンが舞い飛ぶシーンでしょう
1個だけグッと目の前に来たりして、きれいで楽しいです。
その前に、ラプンツェルが初めて塔の外に出た時の森の背景も
恐ろしくきれいで奥行き感たっぷりです。

ストーリー自体はやや薄い感じがしますが、
春休みに親子で観るにはいい映画だと思いました。(ぜひ3Dで。)

ラプンツェルかわいいです。目が大きすぎて落ちそうですがw


後半、ゴーテルにやられて、フリンが死んでしまう~ラプンツェル涙のシーンで
地震が…ちょっと長く揺れたので上映中止になるかとヒヤヒヤでした
(揺れ自体も怖かったです




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第4回マンガ大賞2011が決まっ... | トップ | 平穏な日々に向かって… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
塔の上のラプンツェル (LOVE Cinemas 調布)
ディズニー長編アニメーションの第50作目で、グリム童話に登場するラプンツェルを映画化。若さと健康を保つ彼女の魔法の髪を巡り繰り広げられるファンタジー・アドベンチャーだ。監督は『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で務める。日本語吹替え版...
塔の上のラプンツェル(3D日本語吹替版)  監督/ネイサン・グレノ&バイロン・ハワード (西京極 紫の館)
【声の出演】  中川 翔子(ラプンツェル)  畠中 洋 (フリン・ライダー)  剣 幸  (ゴーテル) 【ストーリー】 深い森に囲まれた高い塔の上で暮らしてきたラプンツェルは、黄金に輝く長い髪を持った少女。母親ゴーテルに「外は恐ろしい世界。絶対に出てはダメ」....
『塔の上のラプンツェル 2D吹替版』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足...
塔の上のラプンツェル【劇場鑑賞】 (MAGI☆の日記)
塔の上のラプンツェル(2D日本語吹き替え版)を見てきました。気分転換もしたかったし、前売り券も前々から買っていたこともあって自転車で30分ほどかけて映画を見てきました。2D吹き替...
「塔の上のラプンツェル」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 記念すべきディズニー・クラシックス第50作目にあたる本作は、「髪長姫」の邦題でも知られるグリム童話を原作に、長い間塔の上に閉じ込められていた少女の、初めての外の世界と...
■映画『塔の上のラプンツェル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
キュートな髪長姫が歌って踊って、愛する人と夢を実現させていく、映画『塔の上のラプンツェル』。 ディズニー長編アニメーション第50作目となる記念作品である本作は、目にも美しく耳にも楽しい、夢のように素敵な作品です。 夢を持ち続けることの大切さ、その夢を愛...
「塔の上のラプンツェル」 (大吉!)
<水曜日> (3月16日・ユナイテッドシネマ・3D吹き替え版・12時30分~・1時間50分) 3Dメガネが重くないそうなので、3Dはユナイテッドで観る事にしました。 ここのプラ素材のメガネは100円で買い取りになっていて、次に来る時、メガネを持参すると...
塔の上のラプンツェル (Akira's VOICE)
「素敵」としか言い様がない! 
塔の上のラプンツェル (voy's room)
  深い森に囲まれた高い塔の上に暮らすラプンツェル。自由に操れる不思議な長い髪を持つ彼女は、18年間一度も塔の外に出たことがなく、母親以外の人間に会ったこともなかった。そんな彼女の楽しみは、自分の誕生日になると遠くの空に浮かぶ神秘的な"灯り&q...
『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者? (映画のブログ)
 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへ...
塔の上のラプンツェル (Recommend Movies)
私は知りたい ― 新しい世界を いやー 問答無用の映像美! これが字幕上映だったらMAX評価でもよかったなぁ(^_^; しかしながら眼鏡の上に3D眼鏡はやっぱ辛い 深い森に囲まれた高い塔から18年間一...
塔の上のラプンツェル (食はすべての源なり。)
塔の上のラプンツェル ★★★★★(★4つ) さすがのディズニーワールド全開! 前評判を裏切らない完成度と感動でした ディズニーって本当に「夢をみせる」世界ですよね。こんな時だから?こそ、うるっとね。 ミュージカルはアラジンぽかった(同じミュージックディ...
『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010)  監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...
塔の上のラプンツェル(2011) (のほほん便り)
この作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシー......