ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

酒井家のしあわせ

2007-03-01 16:51:51 | 映画2007
 勉強しまっせ、引越しの酒井家・・・

 お盆に里帰りしたときにカニを食べるのはどうかと思いましたが、ユースケ・サンタマリアが笑い転げてくれたおかげで直ぐに忘れ去りました。大阪にある里はお母さん(友近)の実家で、お祖父ちゃんが笑福亭仁鶴という豪華な家族。突如相続問題なんかを話し出すものだから、つい「生活笑百科」を思い浮かべてしまいます。家族構成を対比しながら観ていると、とてもリアルに描いてあることもわかりました。

 主人公はお母さんの連れ子である中2になる息子(森田直幸)。彼の目から見た新しいユースケお父さん像と、ほんのりとした淡い恋心。積極的な女の子・谷村美月を部屋に入れたシーンにはドキドキしてしまいます・・・男の子の部屋に入るのは初めてだったのか、海賊盤DVDを探していたのかわかりませんけど、黒い涙は流さずに白いアイスクリームを食べていたのが印象に残ります。

 家族の崩壊と再生・・・またこのテーマなのか?と家族それぞれの心理を探りながら観ていると、突然、ユースケお父さんが家を出て行くという展開。「好きな人ができたから」「しかもその相手は女じゃなく男」というハリウッドライクな意外性で攻めてきます。またしても「ゲイのためなら~♪」と口ずさんでしまいそうになる映画かと思ったのですが、主役は思春期・第二反抗期を迎えている息子なので、観客としてもそう茶化すわけにはいかなくなりました・・・

 終盤になると、なぜか号泣。家族それぞれが自分なりの愛情を抱いていたことがわかり、心が温かくなります。それにしても、関西弁のお母ちゃんは強い!「結婚するなら絶対に関西の女だ」と感じる関東の男性も増えるかもしれない。そんな映画でした。

 三重県伊賀がロケ地であるせいか、ラストシーンにはとっくりのセーターで顔を隠すカットがあります。なんとなく○○美容整形外科のCMへのオマージュかとも思いましたけど、さすがに強い母ちゃんでも割礼まではしないようです・・・

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (16)   トラックバック (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とかげの可愛い嘘 | トップ | ファースト・ディセント »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今週、夫が浮気します。 (祐。)
2007-03-01 18:42:58
最近、「しあわせ」がタイトルになる映画が多いです。それだけ世の中が荒んでいるのか。。。
それとも、「しあわせ」を望んでいるのか。
独身化、高齢化、少子化で今後ますます、家族が減少していくのは明白なので、家族のよさを映画で啓蒙しているのでしょうか。
キャストが良く、泣ける映画ですが、いまいち心に届きませんでした。やはり私に家族が無いからだろうか。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-03-01 20:39:45
もしかしてkossyさんも祐。さんもご一緒だったのかしら?
芸人さんばかりが出ている作品なのでどうなるかと思いましたが、みなさんハマっていましたよね。
友近のウザい母親ぶりはいかにもありそうだな~と思いました。
家出の理由はもうちょっとなんとかならなかったのかしら。
体育準備室の匂いを懐かしく思い出しました(笑)
黒い涙 (もっきぃ)
2007-03-01 23:04:28
>黒い涙は流さずに白いアイスクリームを
>食べていたのが印象に残ります。

このシーン、わたしも少しドキドキしました。

ところで、最近「黒い涙」を見かけなくなったのですが(かわりに、紙芝居調のものをよく見かけます。)評判が悪いからでしょうか?

ではまた。
お父さん (かのん)
2007-03-01 23:23:30
私はコッチを先に観ていたので「幸福な食卓」で「お父さんをやめる」と言われたとき、すぐにお母さんになるんだと思いこんでしまったんですよねぇ(笑)。

谷村美月さんが意外なスパイスとして効いてましたね。
美月ちゃん (八ちゃん)
2007-03-01 23:58:23
かわいい~
(ロリコンじゃありません)
というか、こんな若いとは思いませんでした。「黒い涙」のCFでは18歳くらいに見えたから…

これも結構いい映画でした~。
しあわせ (kossy)
2007-03-01 23:59:57
>祐。様
家族がない?そんな悲しくなるようなこと言わないで、作ればいいんですよ~一緒に探しにいきましょうか・・・
たしかに「しあわせ」というタイトルが目立ってますね~今年だけでも「幸福な食卓」「幸福のスイッチ」「幸せのちから」に続いて4本目。どの映画も最後に幸せを掴もうとするんだし、いい傾向なのかな~
まさか少子化対策じゃないでしょうね・・・(笑)

>ミチ様
芸人の中でも笑福亭仁鶴がよかったなぁ。それとチョイ役の山本浩司。
もしやミチ様も体育準備室で告白を?
俺はそんな汗臭そうなところはいやです・・・
それよりも下駄箱での・・・あ、これは靴臭いか・・・

>もっきぃ様
アイスクリームのシーンは良かったですよね~とろ~り溶けて落ちそうな描写にドキドキさせられました(笑)
黒い涙はネット上でかなり不評だったから、さすがに撤収したのでしょうけど、遅すぎますよね。アイデア不足なのかなぁ。

>かのん様
そっかぁ~順番が逆だとそうなりますね(笑)
なんだか典型的な4人家族を題材で2人の監督に競わせて作らせたような・・・そのくらい最近多いパターンなのかもしれません。
谷村美月も今年から来年にかけてブレイクしそうな予感がしてきました!
谷村美月 (kossy)
2007-03-02 00:02:22
>八ちゃん様
あの子は実年齢は17歳くらいでしたっけ?
中学生役がすごくはまってますよね~
そろそろ主役を務めてもいい頃かもしれませんよ。
kossy様 (八ちゃん)
2007-03-02 00:29:55
16歳高1ですよ~、確か。
春に榮倉奈々と共演の「檸檬のころ」でもっと期待しちゃいます。これも中学生役だったし、「14歳の母」でも当然中学生役だし。
その後も「恋路物語 -each little thing-」、「リアル鬼ごっこ」と出演が続くのでブレイクします!絶対(笑)
少子化対策 (祐。)
2007-03-02 08:37:41
kossyさんと家族になるのか。。。

考えておきます。。。(笑)

少子化といえば、「しうわせ」シリーズに欠かせない「本上まなみ」が 「子供がおなかの中に居ます」といってました。これも、少子化対策でしょうね。
谷村美月 (kossy)
2007-03-02 09:12:24
>八ちゃん様
今後の映画も観てみないと判断できないですけど、単なるアイドルとして終わってほしくない!て感じですね。
16歳かぁ~勉強もしなければいけないだろうし・・・

>祐。様
本上まなみは妊娠ネタが多いですね~昨夜もNHKでフラメンコギターの番組の進行役をやってましたが、お腹が大きかったです。
いやいや、俺と家族になるのではなく・・・(笑)
おなか大きかった?? (祐。)
2007-03-02 21:03:52
確か12月に 出産したはずだから、録画かな??
先日、民放で「本上まなみ」出産記念2時間番組の司会をしていました。
出産2ヶ月で、TV出演もすごい。
お腹 (kossy)
2007-03-02 21:25:11
>祐。さま
そっかぁ~出産したばかりか・・・もしかすると先入観と服のせいで大きく見えただけだったのかも(汗)
俺の中では妊婦女優として位置付けられそうです・・・
とっくり (よゆぽん)
2007-03-05 23:58:03
(* ^ー゜)ノコンニチハ

>とっくりのセーター
特Aランクの派遣社員大前春子さん(ハケンの品格)を思い出してしまう今日この頃です。(^▽^;)
あのシーンを見て、森田君と一緒にこっちもニヤニヤしちゃいました。
某CMとは、考えなかったなー・・・(´▽`*)

父親ですが、病気はカニ食ってるときにはまだ知らなかったんじゃないでしょうか?
でも、やっぱ知ってたのかな・・・?
んっ、どっちだ?(笑)
皮かぶり (kossy)
2007-03-06 01:19:17
>よゆぽん様
ハケンの品格は見てないのでわかりませ~ん(泣)
面白そうなんですけどね・・・
トックリセーターのCMは上○クリニックかな?色々あるのでわかってません・・・

そっか、カニはお盆でしたもんね。
その頃気づいてたら、もっといい方向になってたかもしんない。
なぜか・・ (Aki)
2008-03-03 20:26:23
『茶の味』を連想しました・・ポロンと鳴るあのBGMのせいでしょうか?

病院に行こう!のシーンでは、涙を誘われましたが、いまいちリアクションの薄いトモチカさん?盛り上がるトコロじゃないの?と思っていたら・・青春・初恋定番のお別れシーンで車がとまり、俺も好きだ!とコクるのかと思えば・・キスを思い出し・・冒頭もエンディングもソレかい!!とガックリ。

オチはオチで面白いのだけど、肩透かしを食らった感じ。

ここまで少年モードなら、全て少年目線のカメラワークにしたらよかったのに。全員がカメラの前を素通りしたような印象。

冒頭に再婚相手は東の人でキショイというセリフがあり疎外感を感じたからかも。。
冒頭 (kossy)
2008-03-18 08:27:38
>Aki様
いきなり引いてしまう女性の方も多いんじゃないかという冒頭・・・まぁ、そんなにたいしたことないんでしょうけど。
たしかにユルさは感じられるけど、男の子の純情な恋心よりも家族愛。終盤に泣ける展開へと持ち込む邦画独特の味わいがありますよね。
終始少年目線で・・・というのは正しいかもしれませんね。だけど、そこまで覚えてないです・・・申し訳ない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

15 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
酒井家のしあわせ(映画館) (ひるめし。)
”家族”って、かっこ悪い?
映画「酒井家のしあわせ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「酒井家のしあわせ」 新鋭女性監督・呉美保の長編デビュー作。サンダンス・NHK国際映像作家賞2005日本部門受賞。 関西の田舎町に暮らす酒井家は中学二年の次雄(森田直幸)、母(友近)、義父(ユースケ・サンタマリア)、妹の4人家族。 主役は中学生の次雄...
酒井家のしあわせ/森田直幸、友近 (カノンな日々)
やっと今年初の邦画にありつけました。というか他にコレといったものがないというのも実状なんですけどね。雨が激しくてちょっと億劫だったけど混雑する連休よりいいかなと思ったし、何より劇場で観れない飢餓感から早く脱したかった(笑) 出演はその他に、ユースケ・サ...
酒井家のしあわせ (映画雑記・COLOR of CINEMA)
飄々とした風貌がそのまま生かされているユースケ・サンタマリア、こんな「オカン」おるおるといった間合いで演じる友近。まず、このキャスティングに惹かれてご覧になった方も多いのでは?「酒井家のしあわせ」。他
「酒井家のしあわせ」 (てんびんthe LIFE)
「酒井家のしあわせ」サイエンスホールで鑑賞 普段気が付かない普通の生活が幸せ…そんなテーマを持ったファミリームービー。思春期の中学生の少年の目線で作られたところが面白いです。友近×ユースケ・サンタマリアの夫婦役が斬新で面白いという解説があるけれども、...
酒井家のしあわせ (八ちゃんの日常空間)
いやぁ、思った以上に(というかかなり)良くてびっくりです。テレビ局が参加していない映画はいいのが多い!というのは当分続きそうです。美月ちゃん、めちゃくちゃかわいいですわ~
[ 酒井家のしあわせ ]母の偉大さを知る (アロハ坊主の日がな一日)
[ 酒井家のしあわせ ]、渋谷で鑑賞。 僕の偏見ですが、関西のおもろい女性とは無駄に明るくなく、 シニカルで辛らつだ。そして何より観察力に優れている。本 作の監督、呉美保さんもそんな一人じゃないだろうか。
【2007-31】酒井家のしあわせ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
泣いて、笑って、心がほっこりする “家族”って、かっこ悪い。 でも、あたたかい
「酒井家のしあわせ」 (俺の明日はどっちだ)
うーん、関西のとある「しょぼい」町を舞台に、幼い妹と両親とともに一見何の変哲もない普通の家庭に暮らす中学生の男の子の漠然たる焦燥感を ---- あの年頃の微妙な心情をしっかりと等身大の演技で見せてくれる森田直幸が好演! ---- 、自然体で描き出している前半が好き...
「酒井家のしあわせ」 (映画を中途半端に斬る。)
・・・・“家族”って、かっこ悪い? ★★★★★ 監督:呉美保(オ・ミポ) 出演:森田直幸、友近、ユースケ・サンタマリア、鍋本凪々美、濱田マリ、谷村美月、洞口依子、赤井英和、高知東生、本上まなみ、山田雅人、栗原卓也 関西のとある田舎にあるごく普通の家族、酒...
【DVD】酒井家のしあわせ (新!やさぐれ日記)
■状況 レンタルDVDにて ■動機 公開中からDVDを待っていたため ■感想 青春編パートは面白かった ■あらすじ 次雄(森田直幸)は中学2年生。実の母(友近)と、母の再婚相手(ユースケ・サンタマリア)と、二人の間に生まれた妹と共に、関西のとある町で...
『酒井家のしあわせ』 (Sweet*Days**)
酒井家のしあわせ(2007/07/06)ユースケ・サンタマリア、友近 他商品詳細を見る 監督:呉美保 CAST:友近、ユースケ・サンタマリア、森田直...
『酒井家のしあわせ』 (『映画な日々』 cinema-days)
酒井家のしあわせposted with amazlet at 08.05.14日活 (2007-07-06)売り上げランキング: 13576Amazon.co.jp で詳細を見る  酒井家は、父・正和 母・照美 息子・次...
映画評「酒井家のしあわせ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・呉美保(オ・ミポ) ネタバレあり
酒井家のしあわせ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『“家族”って、かっこ悪い?』  コチラの「酒井家のしあわせ」は、2005年のサンダンス・NHK国際映像作家賞日本部門を受賞したホーム・コメディです。ユースケ・サンタマリアと友近の夫婦ということで、もっとコメディ色の強い作品なのかと思いましたら、意外とシ...