ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

酒井家のしあわせ

2007-03-01 16:51:51 | 映画2007
 勉強しまっせ、引越しの酒井家・・・

 お盆に里帰りしたときにカニを食べるのはどうかと思いましたが、ユースケ・サンタマリアが笑い転げてくれたおかげで直ぐに忘れ去りました。大阪にある里はお母さん(友近)の実家で、お祖父ちゃんが笑福亭仁鶴という豪華な家族。突如相続問題なんかを話し出すものだから、つい「生活笑百科」を思い浮かべてしまいます。家族構成を対比しながら観ていると、とてもリアルに描いてあることもわかりました。

 主人公はお母さんの連れ子である中2になる息子(森田直幸)。彼の目から見た新しいユースケお父さん像と、ほんのりとした淡い恋心。積極的な女の子・谷村美月を部屋に入れたシーンにはドキドキしてしまいます・・・男の子の部屋に入るのは初めてだったのか、海賊盤DVDを探していたのかわかりませんけど、黒い涙は流さずに白いアイスクリームを食べていたのが印象に残ります。

 家族の崩壊と再生・・・またこのテーマなのか?と家族それぞれの心理を探りながら観ていると、突然、ユースケお父さんが家を出て行くという展開。「好きな人ができたから」「しかもその相手は女じゃなく男」というハリウッドライクな意外性で攻めてきます。またしても「ゲイのためなら~♪」と口ずさんでしまいそうになる映画かと思ったのですが、主役は思春期・第二反抗期を迎えている息子なので、観客としてもそう茶化すわけにはいかなくなりました・・・

 終盤になると、なぜか号泣。家族それぞれが自分なりの愛情を抱いていたことがわかり、心が温かくなります。それにしても、関西弁のお母ちゃんは強い!「結婚するなら絶対に関西の女だ」と感じる関東の男性も増えるかもしれない。そんな映画でした。

 三重県伊賀がロケ地であるせいか、ラストシーンにはとっくりのセーターで顔を隠すカットがあります。なんとなく○○美容整形外科のCMへのオマージュかとも思いましたけど、さすがに強い母ちゃんでも割礼まではしないようです・・・

★★★★・

コメント (16)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« とかげの可愛い嘘 | トップ | ファースト・ディセント »
最新の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今週、夫が浮気します。 (祐。)
2007-03-01 18:42:58
最近、「しあわせ」がタイトルになる映画が多いです。それだけ世の中が荒んでいるのか。。。
それとも、「しあわせ」を望んでいるのか。
独身化、高齢化、少子化で今後ますます、家族が減少していくのは明白なので、家族のよさを映画で啓蒙しているのでしょうか。
キャストが良く、泣ける映画ですが、いまいち心に届きませんでした。やはり私に家族が無いからだろうか。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-03-01 20:39:45
もしかしてkossyさんも祐。さんもご一緒だったのかしら?
芸人さんばかりが出ている作品なのでどうなるかと思いましたが、みなさんハマっていましたよね。
友近のウザい母親ぶりはいかにもありそうだな~と思いました。
家出の理由はもうちょっとなんとかならなかったのかしら。
体育準備室の匂いを懐かしく思い出しました(笑)
黒い涙 (もっきぃ)
2007-03-01 23:04:28
>黒い涙は流さずに白いアイスクリームを
>食べていたのが印象に残ります。

このシーン、わたしも少しドキドキしました。

ところで、最近「黒い涙」を見かけなくなったのですが(かわりに、紙芝居調のものをよく見かけます。)評判が悪いからでしょうか?

ではまた。
お父さん (かのん)
2007-03-01 23:23:30
私はコッチを先に観ていたので「幸福な食卓」で「お父さんをやめる」と言われたとき、すぐにお母さんになるんだと思いこんでしまったんですよねぇ(笑)。

谷村美月さんが意外なスパイスとして効いてましたね。
美月ちゃん (八ちゃん)
2007-03-01 23:58:23
かわいい~
(ロリコンじゃありません)
というか、こんな若いとは思いませんでした。「黒い涙」のCFでは18歳くらいに見えたから…

これも結構いい映画でした~。
しあわせ (kossy)
2007-03-01 23:59:57
>祐。様
家族がない?そんな悲しくなるようなこと言わないで、作ればいいんですよ~一緒に探しにいきましょうか・・・
たしかに「しあわせ」というタイトルが目立ってますね~今年だけでも「幸福な食卓」「幸福のスイッチ」「幸せのちから」に続いて4本目。どの映画も最後に幸せを掴もうとするんだし、いい傾向なのかな~
まさか少子化対策じゃないでしょうね・・・(笑)

>ミチ様
芸人の中でも笑福亭仁鶴がよかったなぁ。それとチョイ役の山本浩司。
もしやミチ様も体育準備室で告白を?
俺はそんな汗臭そうなところはいやです・・・
それよりも下駄箱での・・・あ、これは靴臭いか・・・

>もっきぃ様
アイスクリームのシーンは良かったですよね~とろ~り溶けて落ちそうな描写にドキドキさせられました(笑)
黒い涙はネット上でかなり不評だったから、さすがに撤収したのでしょうけど、遅すぎますよね。アイデア不足なのかなぁ。

>かのん様
そっかぁ~順番が逆だとそうなりますね(笑)
なんだか典型的な4人家族を題材で2人の監督に競わせて作らせたような・・・そのくらい最近多いパターンなのかもしれません。
谷村美月も今年から来年にかけてブレイクしそうな予感がしてきました!
谷村美月 (kossy)
2007-03-02 00:02:22
>八ちゃん様
あの子は実年齢は17歳くらいでしたっけ?
中学生役がすごくはまってますよね~
そろそろ主役を務めてもいい頃かもしれませんよ。
kossy様 (八ちゃん)
2007-03-02 00:29:55
16歳高1ですよ~、確か。
春に榮倉奈々と共演の「檸檬のころ」でもっと期待しちゃいます。これも中学生役だったし、「14歳の母」でも当然中学生役だし。
その後も「恋路物語 -each little thing-」、「リアル鬼ごっこ」と出演が続くのでブレイクします!絶対(笑)
少子化対策 (祐。)
2007-03-02 08:37:41
kossyさんと家族になるのか。。。

考えておきます。。。(笑)

少子化といえば、「しうわせ」シリーズに欠かせない「本上まなみ」が 「子供がおなかの中に居ます」といってました。これも、少子化対策でしょうね。
谷村美月 (kossy)
2007-03-02 09:12:24
>八ちゃん様
今後の映画も観てみないと判断できないですけど、単なるアイドルとして終わってほしくない!て感じですね。
16歳かぁ~勉強もしなければいけないだろうし・・・

>祐。様
本上まなみは妊娠ネタが多いですね~昨夜もNHKでフラメンコギターの番組の進行役をやってましたが、お腹が大きかったです。
いやいや、俺と家族になるのではなく・・・(笑)

コメントを投稿

映画2007」カテゴリの最新記事