ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

武士の一分

2006-12-01 20:10:24 | 映画2006
 徳平(笹野高史)の子孫は上京し、やがて鈴木建設社長の運転手へ・・・

 山田洋次監督が描く藤沢周平作品の三作目。前二作とは違って屋内セットでの撮影が中心となった。そのため鶴岡の風景や四季を映像化したものはありませんが、それを補ってお釣りがくるほど音響効果や小道具が秀でていました。ホタルのCGや落ち葉が舞う様子などは、室内セットだと感じさせないほどこだわりあるものだったし、蛙、蜩、ミンミン蝉、そして秋の虫の声など、むしろ目を閉じていたほうが四季を感じさせるかのような細かな演出。また、三村邸内部を中心としたことによって、主人公三村新之丞(木村拓哉)の盲目であるための閉塞感が伝わってきて、心理描写も手に取るようにわかる工夫があったように思います。

 カメラの構図は新之丞と妻の加世(壇れい)を中心に捉え、その奥には必ずといっていいほど徳平を捉えている。中間徳平は新之丞の親の代から仕えているため、夫婦双方の気持ちを知っているし、孤児であった加世の生い立ちも知っていて、いわば三村家の歴史を知る人物。この三者の映像が絶妙なアンサンブルを形成し、奥行きのある立体的構図を感じさせるのです。そして、波多野以寧(桃井かおり)らの親戚の登場で幅を広げ、一族と海坂藩の関係などのイメージが膨らむほどの世界を与えてくれました。

 決闘のクライマックスまでは時代劇アクションというダイナミクスは感じられないのですが、毒見役である新之丞が貝の毒で失明する事件を境目に大きく揺れる心理劇を堪能できました。もちろん、それを支えるキムタクの演技は予想以上に良かったし、献身的な壇れいの可憐さや一途な想いに心打たれたおかげです。キムタクの目力というのも話題になっていますが、離縁を申し渡すときの彼の形相、そして鬼のように光る目がとても恐ろしかったですよ。

 プロットとしては単純で、下級武士夫婦の愛の物語と復讐劇の2本線。タイトルになった武士の一分という意味にも惹かれるところはあるのですが、初稿の段階で「愛妻記」としていたタイトルからしてもこの作品の重要なテーマは「愛」なんだとうかがえます。そして、責任をとって切腹、生きている価値がないから切腹、決闘で上司を殺して切腹、などと侍の自害のことがかなりウェイトを占めている。簡単に死を選ぶ事件が多い現代において、子供が観たらどう感じてしまうのか気にはなるのですが、「死を選ぶのなら“一分”を理解してからにしろ!」と子供に教えなければならないのかもしれません。

 今の公務員は侍と同じ立場にあるはずなのに、崇高な志を持っている人が少なくなっているのでしょうか、事件が多すぎますね。大きなミスをしたり、事件を起こしたら切腹しなければならないと公務員法を改正しなければならないのかもしれません(冗談です)。

★★★★★
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (62)   トラックバック (112)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 007/カジノ・ロワイヤル »
最近の画像もっと見る

62 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
星5つつですか?? (祐。)
2006-12-01 21:26:34
kosssyさんには珍しく 星5つですか。
私には撮影意図もCASTの選択もよくわからないまま見終わりました。
「たそがれ清衛兵」から下り坂を落ちている気がしますのは、私の感性ですけど、意図はわかるけれど、キャスト選択は私には感性が合わなかった作品でした。
わかっちゃいるのに・・・ (kossy)
2006-12-01 22:20:32
>祐。様
この映画って、だめな人はだめみたいな・・・
キムタクに関して、俺は以前から好きなんです。さすがに『2046』ではたいしたことなかったけど、しっかり演技すればいいかなぁ~なんて・・・

こんにちは♪ (ミチ)
2006-12-01 23:04:34
キム様主演決定の時に不安が胸をよぎりましたが、思ったほど悪くなかったです。
ただ、三部作で一番好きなのは「たそがれ~」かな。
三部作は最後まで普通の俳優さんを使ってくれればと願っていたのですが・・。
キム様は顔が華やか過ぎますよ~(笑)
三部作 (kossy)
2006-12-01 23:40:19
>ミチ様
俺も「たそがれ」が一番かなぁ~でも、この「武士」と同じ位。
たしかにここにきて冒険しているような気もしますが、それでもちゃんとまとまっているところが山田監督ならでは。
顔に関しては、たかだか百数十年前の話ですから・・・
TBさせていただきました。 (てれすどん2号)
2006-12-02 00:03:17
まさに俳優たちのアンサンブルでしたね。わりとシンプルで観やすいストーリーでしたが、魅力であふれていました。今TVCMだいぶやってるのでまた観たくなっちゃいそうです(笑)
こんばんわ^^ (よしえさん)
2006-12-02 00:44:51
やっぱりkossyさんの感想は関心させれます!!
あたしは先日試写会で観ました。

確かに目を閉じると感じる季節感とかありましたね!!
蛍もそうでした==!!

キムタク、最初はスマスマの余興っぽい雰囲気で(袴姿が微妙で・・・笑)どうかなと思ったんですけど、物語が進むにつれてだんだん良くなんていきましたね!!
顔つきが変わったっていうか・・・それだけ入り込んだんでしょうね!!
上司! (あむろ)
2006-12-02 00:45:04
こんばんは♪

島田の「じょうしに逆らうのか!」というセリフにビックリ。
「じょうし」って「上司」じゃなくて「上士」のことだったんですねw

こんばんは (アンナ)
2006-12-02 01:02:59
木村君のファンなので☆5つは素直に嬉しい(笑)

映画ブログの人の感想が実はすごく気になって。

失明してからは木村拓哉ではなく、三村新之丞として
見てました。こんな木村君見たことないので、感動しちゃった。
目の見えない動きが素晴らしかった。
派手さはないけど、後からじわじわくる作品だった。

以外に (sakurai)
2006-12-02 08:29:27
といったらヘンですが、高評価ですね。
嬉しいような、こそばゆいような。
どうも元鶴岡市民としては、自分のことを評価されてるような妙な気分になるのがこの3部作でございました。
なので、やはり鶴岡ロケがなかったのが不満かなあ。
私はあの閉塞感に違和感を感じました。盲目の世界だと言われればそうなのでしょうが、妙に狭さと広さがアンバランスだった。なんでだろう?

まあよく作ってくれたと。こうやって山田洋次作ってもらわなければ、鶴岡なんてほとんどマイナーもマイナーな一地方都市でこれからも行ったでしょうからね。

ちなみに本では切腹はないです。やたら腹を切らせたことがちょっと不満かな。
今回は徳平に持っていかれましたね。
まんずありがとがんした。
切腹 (kossy)
2006-12-02 09:50:15
>てれすどん2号様
TVのCMもどんどん流れていますね~かくいうこの俺も「目が見えねぇんだぞ」という声が裏返るキムタクの予告編だけでウルウルしてしまった1人です。暇と金があればリピートするかもです・・・

>よしえさん様
「目を閉じると」などと書いてしまいましたが、実際に目を閉じたわけじゃありません(汗)あの蝉の声なんて、蜩→ミンミンゼミ→蜩と実際に夏の初めと終わりに鳴く蜩を上手く入れたもんだと感心させられました。
キムタクの演技は、目が見えるときには普通だったのに、失明してからが凄かったですね。いやはやビックリです。

>あむろ様
そうっかぁ~上司ではなく上士でしたか。なんの違和感もなく受け入れてしまいました。やっぱり俺って日本史が苦手なんだなぁ。

>アンナ様
キムタクファンならずとも、彼の演技は評価しちゃうと思います。
目が見えない演技を目を開けたまましなくてはならない難しさ。これを見事に克服しましたよね。

>sakurai様
元鶴岡市民でしたか。
鶴岡ロケは前二作でしっかり行われていたんだし、今回は大目にみなければいけないのかもしれません。セットにした理由も、音を大切にしたからだと思うのですが、その点では成功しています。その「山田組のこだわり」を肌で感じることができたような・・・そんな気さえいたしました。

山形県に関していえば、『スウィングガールズ』でもかなり盛り上がりましたが、ほんとに最近は多かったですね。新幹線のおかげなのでしょうか。

切腹に関しては意図がはっきりしませんが、子供が鑑賞するときには大人がちゃんと教えてあげなければ危険なのかもしれませんね・・・
一転 (たいむ)
2006-12-02 17:39:49
kossyさん、こんばんは。
007とは打って変わって、邦画しかも時代劇。
とても堪能できました。

武士の一分・・・プライドなのでしょうが、それで切腹だったり、仇討ち(復讐)だったり、ある意味では馬鹿げていることかもしれません。
>「死を選ぶのなら“一分”を理解してからにしろ!」
一票入れたいと思います(笑)
いやぁ・・・ (しんちゃん)
2006-12-02 18:52:10
 よかった!(笑)よかったから、色々文句書いちゃった私の悪い癖(爆)

 役者さんすべてよかったのも珍しいなぁ(笑)

 もちろん一番よかったのは「壇れい」の事後のお尻アップなんだけど(爆)

 監督の意図がビンビン伝わってきました(爆)
二本立て (kossy)
2006-12-02 19:57:46
>たいむ様
007と時代劇の二本立てを堪能した人って、かなり多いんじゃないでしょうか。やっぱり映画の日っていいなぁ。

武士の一分に関しては、解釈を間違うと死ぬことを潔しとするとも取れるような気がして心配にもなるんですが、PG12にあたりにしたほうが良かったかもしれませんよね。キムタクファンのいじめられっ子小学生が観てしまうと・・・

>しんちゃん様
ううむ、壇れいの尻アップかぁ・・・目を凝らしてなかったかも・・・(涙)
役者すべてが良かったという意見に賛成。ベテランに混じっても堂々と演じたキムタクもすごいですよね。
心理劇 (あさこ)
2006-12-02 21:33:26
kossyさん、こんばんは。
確かに見事な心理劇でした。
キムタクの鬼気迫る演技もよかったです。
私は壇れいがダメでしたー。
でも男性からみたらいい女なんでしょうねー。
だんれい (kossy)
2006-12-02 22:22:21
>あさこ様
壇れいが・・・
まぁ、無難なキャスティングといったところ。
女優よりも、夫に尽くす健気さに感動したため全てがよく見えてしまったのかもしれません・・・
Unknown (とりこぷてら)
2006-12-03 06:24:33
キムタク主演て…どうなることやと思ってましたが、なかなか好演してて良かったと思います。
切腹する人と家族がふすま一枚挟んでいるってのが強烈でした。
今の世の中、死の存在が薄れてる、というか蓋して隠されてしまってるよな気がします。
TBさせていただきました。
小林稔持 (kossy)
2006-12-03 09:13:23
>とりこぷてら様
キムタク主演の不安感。公開直前の予告編カットで払拭されましたぁ!「目が見えないんだぞ」という声が裏返ってる台詞に思わず心が揺さぶられたほどでした。

樋口さんの切腹はビックリしました。
これが封建社会の現実なんだと再認識させられましたが、家族とふすま一枚ってのは・・・こんなものだったんでしょうねぇ~
すごかったです (ノラネコ)
2006-12-03 12:00:47
三村家の日常の作りこみは凄かった。
殆んどアニメーションの演出ですよ、あれは。
もしかして山田洋次は、画コンテを描いてるんじゃないかなあとちょっと思いました。
日本の監督でコンテ使う人は殆んどいないですけど、これだけ計算された画をコンテなしで作ってるとしたら、逆に驚きです。
運転手 (kazupon)
2006-12-03 18:25:52
kossyさん、そういえば釣りバカほとんど観たこと
ないんですけど、徳平が運転手なんでしたっけ?
自分誰かに似てるなぁって思ってて、「建設」
って文字であっヒューザーの小嶋社長に似てる
かも?と思いました。
kossyさん高評価ですね!
個人的には人気の木村拓哉主演なので、そこをどう
裏切ってくれるのかな?と思ってましたけど
前作と同じくオーソドックスな映画だなぁと
思いました。こういうの最近あまり無いから
逆に新鮮ですよね。
運転手さん (kossy)
2006-12-03 19:00:05
>ノラネコ様
画コンテですか。
そう言われると、カメラアングルの妙なこだわりにはそう感じさせるものがありました。
夫婦が左端に寄っているのに、徳平が奥ではあるけど真ん中にいたり・・・
庭から撮るところは斬新ではないけど、部屋の中を撮ってるところが不思議でした。

>kazupon様
釣りバカのレギュラーとなってます。
いつも序盤で流行だとか面白いウンチクを披露して、それが三國連太郎の心を動かすんです。
彼も脇役人生を歩んでいますが、この映画で再評価されること間違いなしですね。最近出演してる映画が多すぎです。

木村拓哉の盲目になる前の演技は彼そのものだったので、後半に向けて人が変わったように演技するその落差がすごかったです。
なぜだか、効果音や撮影など、裏方の力(ほんとは裏じゃないけど)を感じさせるところが良かったかな~

命の大切さ (caho)
2006-12-03 23:31:40
kossyさん、こんばんは。

命の大切さ、人を思いやる心、山田洋次監督の映画は本当に心がホッカホカになります。

一言も「愛している」とか言わなくても、どんなに妻を愛しているか、どんなに夫を愛しているかが、笑いの絶えない食卓から窺い知れる気がしました。
愛するものと心穏やかに暮らすこと・・それが三村にとって一番大切なことだったと思いました。
私の作った料理を果たして夫は分かるかしら・・などと考えてしまいました。25年間も食べ続けているんですもの、自信はちょっぴり(笑)
三村と加世と徳平・・ほんと、絶妙のアンサンブルでしたね~。キムタクの目力凄かったです。
コメントありがとうございました (カオリ)
2006-12-04 01:15:00
新之丞と加世の過去がもうちょっとわかると、夫婦の絆がもっと見えたのかな、と思いました。
「隠し剣鬼の爪」でも、武士と女中?が一緒になることすら難しかったので・・・どんないきさつだったのかなあと。
山形ロケ・・・そおですね。盲目の剣士のお話とあってか、室内での描写が多かったので・・・私はあまり気にしてません。
ちなみに、藤沢作品では「蝉しぐれ」が好きです。
おかわりっ (apple)
2006-12-04 03:13:34
キムタク主演ということで、及び腰で見に行きましたが、失明後、どんどん、いい表情をみせるようになり、役にのめりこんでいましたね。

室内劇のような緊迫した台詞のやりとりや、計算されたカメラアングルで、夫婦の間の感情を細やかに暖かく描いて、しみじみとした味わいがありました。
とくに、お茶を飲んだり、ご飯を食べたりする時の、細やかな心遣い。
猫舌だからとふーふーしたり、「今日はおかわりしないのね。」と気遣ったり・・・。(徳平が料理する時は大きい茶碗になっていたような?)
「お前の飯がまた食べられるとは・・・。」というのが、「愛してる」とほとんど同義語の世界ですね。

つがいの文鳥や加世のたすきなどの小物もよく効いてて、蚊や蝶や風の音や落ち葉といった小さくひそやかなものの描写とともに、ささやかな幸せの貴さを語っているようでした。

でも、子供の自殺が相次ぐこの頃、子供には「花よりもなお」のほうがおススメです!
ホカホカ (kossy)
2006-12-04 08:32:50
>caho様
温かくなる映画って、寒い冬に観るべき映画ですね!
映画館ではずっと鼻をすすっている女性がいたので、寒いのかな?と思っていたのですが、もしかするとずっと泣いていたのかもしれません・・・
食事の力って強い!
シンプルな食材だからこそ、味の記憶が残るのかもしれないけど、ちょっとした味付けで変わっちゃいますものね。

>カオリ様
なるほど・・・愛の力を一層感じられる描写ですよね。そこまでは考えなかったのか・・・ごく普通の出会いでしかなかったのか・・・
まぁ食事によって理解することといい、時間の積み重ねのほうが大切だったんでしょうね~

>apple様
やっぱり年配向けの作りになったんでしょうかね~
>「お前の飯がまた食べられるとは・・・。」というのが、「愛してる」とほとんど同義語の世界。
ううむ、そうだったんですね。
台詞を文章にしてみると、また思い出してきます!

目も見えるし、虫の音も聞えるし、健康体の自分がいかに恵まれた存在なんだろうと、この映画に出会えて良かったと思います。
Unknown (スナッチャー)
2006-12-04 12:37:08
kossyさん
TBありがとうございました~~

>ホタルのCGや落ち葉が舞う様子などは、室内セット
>だと感じさせないほどこだわりあるもの・・・
あ~~季節感を感じました~~。

しかし、★5つですか?
それって、すごいですね。
ワタシは、★4つ・・
檀れいさんふぁんなので、
謙虚に初々しく
TBありがとうございました (root)
2006-12-04 12:46:38
TBしていただきありがとうございます。
細かい所までよく見ておられると感心させていただきました。 しかし ホタルのCGに関しては私はなんだか安っぽさを感じました。遠景としてはよいのですが、障子に光が丸く写るシーンをみて、現実にあのようになるのかもしれませんが、安っぽく感じた次第でした。
ちなみにここはコメント多いですね。
私はたまに付いてもせいぜい一つか二つ、私の中身がない割に癖の強い(と思う)投稿ではコメントも付かないと思いますが、たまにこうしてコメントが多いサイトを覗かせていただきますと、ふとうらやましくなります。 ではまたお越し下さい。
キムタク (よゆぽん)
2006-12-04 16:40:06
(* ^ー゜)ノコンニチハ

キムタク、どうかなぁと思ってましたが、まんずまんずでしたね。でも、武士には見えない・・・

笹野さん、桃井さんのキャラは(o^-')b グッ!でした。
壇れいさん、可愛すぎ。奥さんにほしいです(゜-゜;)ヾ(-_-;) オイオイ...
日本人の心 (kossy)
2006-12-04 18:17:18
>スナッチャー様
季節感を楽しむ日本人としてはこのこだわりを感じざるをえなかったです。どのような邦画でも季節を表現する効果音はあるのですが、ここまでこだわるのも珍しいかと思います。
俺も奥ゆかしい日本人ということで、控えめな評価にしておけばよかったかな~(汗)

>root様
ファンタジー映画ではホタルのCGが不可欠ですけど、最近観た映画と比べると控えめな数だったのが好印象だったんです。1匹だけリアルなホタルがいたため、本物じゃないかと思ってしまいました(汗)
コメントが多いのは、俺がものぐさだからでしょうか。皆様には大変感謝しております。

>よゆぽん様
武士といっても下級武士。人を斬ったことのある武士が少ないという真実を、普段から時代劇を見慣れていると理解できないところ。三部作通して、斬ることの難しさを表してましたよね~

笹野さんの助演男優賞候補というのも楽しみだし、桃井さんも可能性ありますよね。問題はこの映画が日アカ候補の資格があるかどうか・・・・でしょうか。
TB&コメントありがとうございます! (睦月)
2006-12-05 16:58:13
こんにちわ!
いつもお世話になっております。毎回TBばかりで申し訳ございません。

kossyさんが5つ★をつけていて何だかとても嬉しいです。
派手さはなくとも、細やかな描写が心に迫る素晴らしい作品だったと思います。

拓哉くんの演技、最初はキムタクワールド全開でヒヤリとさせられましたが、最終的には物語をじっかりと自分のものにしてしまうあの力量。素晴らしいと思いました。
夫婦愛 (更紗)
2006-12-05 20:56:05
こんばんはー。
「夫婦愛」をハシバシに感じる素敵な作品でした。
決闘の場の襷が「妻の襷」なのも上手いですよね。
そして、何より中間・徳平の役割がよかったです。
演じた笹野さんには拍手です♪
Unknown (ケント)
2006-12-05 21:21:39
こんばんはケントです。TBお邪魔します。
キムタクはなかなか良かったですね。彼の時代劇はなかなかのものだと思いました。それから出演者がクセモノ・達人揃いで恐れ入りましたね。
あの文鳥のポスターの意味も分かりましたよ。
★5つ (kossy)
2006-12-05 22:16:26
>睦月さま
俺はキムタクファンではないのですが、山田洋次ファンですから~(笑)
そうそう、最初は彼そのものの演技だったし、ちょっとやばいかな~と心配してたら、失明してからが良かったですね。序盤は敢えてそういう演出にしたのかな・・・

>更紗さま
あの襷はキムタクのアイデアだったとか?たしかそんなことを言ってたような。99%死ぬだろう決闘において、一縷の希望を表現していたとかのコメントも。
徳平さんはほんとに大きな存在でした。笹野さんも助演男優賞をとれるといいですね~

>ケント様
毎度どうもです。
クセモノの1人、桃井かおりお姉さま。
最初は遠目で渡辺えり子か?!とも感じたのですが、アップになってから彼女だと確認できました。
剣の達人よりも役者の達人が揃っていたってことですね。
武士の一分、人としての九分。 (TATSUYA)
2006-12-06 09:43:07
達也です。
木村拓哉主演の『武士の一分』を観てきました。
「虹の女神」で蒼井優が演じた生まれつき目が不自由なのではない、
後天的な盲目の武士を、木村拓哉が見事に演じておりました。
美術もカメラワークも、流石プロの仕事と感じ入りました。
ただ、達也的には、庄内の雄大な自然のロケーションも観たかった・・・。
欲張りですよね。木村拓哉を主演に起用した地点で、
京都のスタジオも、長期ロケもありえません。
しかし、それを補って余りある、山田×藤沢周平ワールドを
楽しませていただきました。
光と妻を失った後のキムタクは、往年の市川雷蔵の妖しささえ感じ゛られました。
檀れいも、凛としたたたずまいが素敵でしたし。

@ トラバさせてくださいね
山田組 (kossy)
2006-12-06 12:39:42
>TATSUYA様
往年の市川雷蔵!!
美男子の侍といえばそうなりますよね。
座頭市のカツシン、ましてやたけしと一緒にしてもらってはこまりますよね(笑)
どこかで田村正和とを比べていた記事もありましたけど、キムタクならば将来は比較の対象になるかもしれません。だけど時代劇にはもう出ないかもしれないなぁ・・・

庄内ロケもほしかったところですけど、観客も盲目になった気分を味わうためなら丁度よかったかもしれません・・
もうひとつの一分 (yume-no-tori)
2006-12-07 00:25:57
今日観て参りました。

前宣伝やあらすじからタイトルの「武士の一分」は三村及び慎ましやかながらも暮らす三村家の「一分」だと思っていたのですが、坂東三津五郎演じた島田が三村との果し合いの後、果し合いの理由や相手を一言の申し開きせず切腹の道を選んだという後日談に、ここにももうひとつの「武士の一分」を見た思いがし、うーんと呻ってしまいました。島田は確かに「卑怯」でしたが、最後にこういう矜持の保ち方するところに島田を単なる悪役にならしめず、三村夫婦の禊と絆の結び直しあいにつながる流れに納得感を与えてくれるものになったような気がします。

つがいを失った白文鳥を逃がしてやり、再度加世を受け容れたところに、夫婦の再生を見ました。自分が知っていた加世は死んだ。その加世を離縁した自分ももう世に放たれた。ふたりして、生まれ変わったって。人って何度でもやり直すことが出来るんですね。

「自害」の子どもたちへの伝え方はむずかしいけど、この映画からは加世の新之丞へのどんなあなたでもいいから(目が見えなくてもいいから)生きていて欲しいというメッセージをこそ伝えたいですね。だって、ほんとうに家族や夫婦は、相手がただ、生きて、そこに居てくれるだけでいいって本心から思っているものですもの。

長くなりましたが、最後にひとつだけ。
壇れいさんのお尻のアップのカットについて。このシーンを入れるっていうのも、いい映画だなぁ~と思わせるシーンのひとつでしたよ
2046とキムタク (やさい)
2006-12-07 02:05:38
実は、”2046”ってあちらの方々(特定アジア)が キムタクのスクリーンでの活躍を遅らせる為に仕掛けた映画だったって知ってます?

実際、2046に五年かかってますから・・・。
毎年、毎年”撮影再開”すると言っては取りやめ。
その間、キムタクサイドはスケジュールを
ずっと、開けなければいけなかったんですよ・・・。

世間一般に、キムタクってどう見えてるか
自分は分かりませんけど、あれで結構彼は古風な面を
持っていて律儀な人なんですよ。
だから辛抱強く5年も待ったんです。

結果は、正直者(真面目な奴)は馬鹿をみるでしたけど。

ちなみにネットでの執拗なまでのキムタクたたきは
在日の工作員によるものです・・・。
何年も何年もかけて日本人を洗脳するんです。
(もちろん、中には本当に嫌っている人もいます)

考えても見てください
荒削りな所があるかもしれませんが
美男子で色気もあり演技も出来る。
なかなか、いませんよ。
実際、彼に影響されたアジア圏の若者って多いんです。
どんだけ、彼が邪魔だったか・・・。

信じる信じないかは皆さんにお任せします

しかし、特定アジアの連中は狡猾ですよ。
つうか、日本人舐められすぎだろ!!

ちなみに、キムタクって邦画10年振りです。
ありえない!!





鶴岡市民です。 (ぱたた)
2006-12-07 09:41:36
好評なコメントが多く、舞台となった鶴岡在住の私には嬉しい限りです。
10/2に鶴岡市で行われた試写では当初、山田監督だけ挨拶と招待状に書いてあったのですが、サプライズで木村拓哉さん、壇れいさん登場には本当に驚き!鶴岡で10m先に本物を見るとは思いませんでした。
公開後も平日にかかわらず地元映画館は混雑してます。特例の2館同事公開。
地方色がややあるかもしれませんが、切なくも揺るぎない夫婦愛が出ており、1人でも多く全国の方々に観て頂きたい作品です。
しぇば、読んでけぇでありがどがんす。(それでは、読んで頂いてありがとうございました。)
キムタク (kossy)
2006-12-07 13:46:51
>yume-no-tori様
「もうひとつの一分」・・・感じましたよ~
彼の場合は感情移入させないように後日談としてだけでしたが、決闘や原因については何も語らずに黙って死んでいく姿。悪は悪なりに武士らしい潔い散り方をしたと思います。

鳥を逃がしてやったことで、加世への確執も全て解き放ってやった。徳平にもこの気持ちがよく伝わってきたのでしょうね。これを見ていなければ、「飯炊き女が・・」という彼の言葉も躊躇されて発せられなかったかもしれません。

子供たちにどう伝えるか。やはり新之丞の気持ちになって教えるしかないのかもしれません~

>やさい様
「2046」の撮影の遅れによる陰謀説。楽しませていただきました。なかなか信憑性のある話ですね~まぁ、在日云々の話は胡散臭いですけど・・・

>ぱたた様
おお!サプライズゲストの登場、良かったですね~なんだか羨ましい話ですね。
もしかすると山田時代劇の前2作をしのぐ勢いなんですか?興行成績の結果も楽しみになりますね。俺も周りの人には勧めてますよ~

「ありがどがんす」・・・「と」にも濁点をつけるとリアルに響いてくる言葉になりますね♪
一分 (ななな)
2006-12-08 20:22:50
最近まで一分を「いっぷん」と読んでいたので何だそれ?だったんですが・・・
映画を観てきちんと「一分」を理解しました。
キムタク嫌いは最後まで直りませんでした。
「華麗なる一族」がどうなるのかまたちょっと不安です(苦笑
ホタル (aq99)
2006-12-08 22:13:17
やっぱり、ホタルはCGなんですか・・・。
蚊はともかく、ホタルは本物を使ってほしかったな~。
演技つけるの、難しいけど。
公式ホームページ、クリックするたび、美しい花や風景がだんだん見えなくなってしまうという、プチ新之丞気分が味わえます。
上質な山田作品 (小林龍夫)
2006-12-10 21:39:08
山田監督の時代劇3部作全部拝見してます。監督は一貫して「上質のエンターティメント」を創り続ける事で信頼してます。そう言うところは故黒澤明監督と同じく、「入場料を払ってくれる観客を楽しませなくては」の心意気と責任感を感じます。「武士の一分」お話はシンプルでも、脚本、美術、音楽、演出、キャメラ、俳優、編集とも皆高品質で、タップリ映画に没入出来ました。最後の結末は分かっていても思わず涙!終了後映画館を出る通路で、後から来る若い女性達が、口々に「良かった!普段邦画なんか見ないのに、来て良かった!」「そうネ、2時間なんて感じないアッと言う間に終わったわネ」と興奮気味な会話が聞こえて何故か嬉しかったりして・・・・
追伸~殺陣 (小林龍夫)
2006-12-10 22:13:28
テレビの「ラスト・サムライ」を見ながら書いていて、久世さんの殺陣の素晴しさを書き漏らした事を思い出しまして申し訳なく、追記です。「たそがれ清兵衛」「隠し剣~鬼の爪」とも山田監督らしく、安直でない殺陣を取り入れている所が好きです。私は中、高と剣道をやっていましたので、奇をてらった変てこな殺陣には弱ってしまうのですが、この映画の殺陣は様式美とリアリティの渾然一体のところが美しいと思うので・・・。「ラスト・サムライ」はハリウッド映画らしくリアリティ優先で一寸グロい。「雨あがる」の殺陣も好きだったナァ・・脱線失礼
山田組 (kossy)
2006-12-10 22:38:55
>小林龍夫さま
剣道をやってらしたんですね。
俺は柔道一直線だったので(?)、剣道のことはさっぱりわかりませんです。殺陣もいいものか悪いものかという評価はうかつには下せないので困っています(汗)
「入場料を払ってくれる観客を楽しませなくては」という山田監督の信念はいつも感じます。それにかつては必ず二本立てだった松竹映画。釣りバカシリーズだって入場料千円を貫いてますもんね。この映画が12月1日映画の日の公開日を選んだのもその意味があったのかもしれません。

普段映画館に来ない人たちが喜んでる姿を見ると映画ファンとしては嬉しいことですよね。俺は「今公開中の映画でオススメは?」とよく聞かれるので、慎重に選んでますけど、難しいものです。
『雨あがる』もよかったですね~~でも殺陣まで覚えてないです(汗)
武士VSスパイ (にら)
2006-12-11 16:46:31
12/1に公開されたり、毒で死にかけたり、人妻が誘惑されたり、って書くとどっちのことだかわからなくなってしまう2本の正月映画ですが、女性向けパブリシティーに力を入れたおかげで珍しく女性客の多かった007も、以前から女性に支持されていたジャニタレには及ばず、公開3日間の動員は2番手に甘んじてしまいました。

やはり人妻に手を出す男は、負ける運命にあるようなので、人妻好きのkossyさまもお気をつけ下さい(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
キムタク (NAO)
2006-12-12 09:14:55
kossyさん、こんにちは。5つ星がついてましたね。

私は、キムタクファンではありませんが、この方のオーラにいつも引っ張られ、ドラマとかついつい見てしまいます。
剣さばきのシーンは、少なかったので、物足りないようにも感じましたが、心理描写は細かかったのに驚き。
昔のアイロンってああなんだ~~と感心したシーンも多数ありました。
キムタクは予想以上に良かったです。後半の鬼気迫る演技はすごい。
檀れいさんは、これから飛躍まちがいなし!と確信しました。
笹野さんは、絶妙でしたね。

でも、やっぱキムタクは庄内弁&チョンマゲ姿はいまいちだったかも?^^;
アイロン (kossy)
2006-12-12 14:11:46
>にら様
人妻と毒・・・妙に共通項がありましたね(笑)
さすがに拷問シーンはなかったけど、入れようと思えば入れることができたのかも・・・
人妻好きは負けるのか・・・でも007はちゃんと生き延びてますよね。そんなことより「近松物語」のようにちゃんと罰を受けなくてはならないのかも・・・

>NAO様
殺陣に関しては、剣道をやってた方も褒めてましたし、短いながらもリアル感を出せたのかもしれませんよね。
アイロン!思いました。
あれは今のアイロンよりも火事になる確率が高そうですよね。冬ならそのまま火鉢に入れればいいんだろうけど、夏場は困りますよね・・・武士の妻も大変です。

壇れいさんはどれだけ活躍するのでしょうか。普通のお嬢様という役柄がいいのかな~
キムタクでした (kayamariyon)
2006-12-14 09:30:49
キムタク映画でした。
でも、それでも、映画はけっこう良かった。
ラストはほっとできました。

>「死を選ぶのなら“一分”を理解してからにしろ!」
いいですね。武士ではなくても、一分を通す気持ちを子どもに教えたいです。
キムタクらしさ (kossy)
2006-12-14 10:13:43
>kayamariyon様
失明するまではキムタクそのもの!いつもの演技と変わらないじゃん・・・と心配になったほどでした。
後半の変わり様をみると、その序盤も狙った演出だったんだろうな~などと、いいほうに考えてしまいますよね。

一分を通す気持ち。これだけは守れという家訓なんかもそれにあたるのかもしれませんね。結構、教育にはいいかもしれません・・・
キムタク (とらねこ)
2006-12-14 20:23:12
隣でお年寄りが、至るところでうなずきながら見てました。
『フラガール』もそうだったんですが、お年寄りが映画に喜ぶ姿って、本当にイイですよね。
なんだか、そっちに感動してしまった私でした
おもしろい (しん)
2006-12-15 00:16:25
山田洋次作品って、思想か物語か演技で語られることが多く、このような、構図とかカメラとかで語るのは、珍しいので読んでて面白かったです。
もっと語られてなければならないことなんですけどね。

ホタルとか蚊とかのCGにこってるのも山田洋次らしからぬ面白さでした。前に寅さんのなんかで村山首相と一緒に震災の現場歩いてるのがあったけど・・・地味に日本のゼメキスあたりを狙ってたりして
ふらふら~ (Kossy)
2006-12-15 00:38:38
>とらねこ様
そうかぁ~なんとなくわかるというか、俺もそのお年寄りの方と評価が似ていることに焦りを感じています(汗)
いや、焦ってもしょうがないんですけどね・・・
でも、俺がお年寄りの観客が多い映画観るときは、いつもそんなに喜んでないような・・・もしかすると涙も枯れきっているお年寄りだったのかな。

>しん様
たしかにそうですよね~物語がシンプルすぎるため、身分社会がどうとか、盲人の扱いがどうとか、書こうと思えば書けるのかもしれないけど・・・どうしたんだろ。
最近、BSの寅さんシリーズをずっと見ているんですけど、山本晋也の解説が面白いんですよ。その影響かもしれないです。

ホタルのCGも一匹だけ本物がいたような気もするのですが、それも謎のまま・・・寅さんシリーズでも結構カメラが凝っていたり、編集で面白い切返しがあったりするみたいですよ。
山田組も若い人が多くなれば、もっと色々とやってくれるかもしれませんよね~
Unknown (史平)
2006-12-16 06:45:57
良かったです。キャストにも不満はありません。
ただ不満な点もあったのでどこかに残しておきたくて
すみません。

原作を読んでもう一度観るともっと味わえるかも。
私は原作のファンでもありますが、映画では背景を描くのが難しいのだなと思いました。原作どうりにしろとは言いません。
ただ人物が説明のためやむをえない場合もありますが、
必要以上に喋りすぎの様な気がします。
そのせいでテーマがぼけてしまった感があります。
果し合いに望む理由は武士の一分であり男としての一分であり、そして一番重要なのは加世に対する愛であると私は思います。Kossyさんも書かれてますよね。
言い換えれば、島田の卑劣な行いに対する武士としての怒り、自分の妻を寝取られた男としての怒りは言うまでもなく、愛情深い妻の愛を踏みにじった行為への復讐であると思うのです。
また新之丞の細かい心理描写にも不満があります。
加世と島田との不倫を知った時の加世に対する嫉妬に似た怒り。しかし憎めない心境などを上手く表現して欲しかった。また最後戻ってきた加世を受け入れるシーンではただ単に味付けで加世と気付いたとするだけでなく、無意識に盲目の亭主の手を取って茶碗に導いてしまったといった加世らしい演出が欲しかった。
不満ばかり書いてしまいました。原作先に読んでいなければ素直に楽しめたかもしれないと思います。

Kossyさんは切腹に納得いかないようですね。
その答えは武士道に答えがあります。
ご存知かもしれませんが、現代は経済が社会生活の原理原則であり、損得で動きます。
対して武士は忠義と武士としての心得が社会規範です。
家(何々家という意味)を潰されない為とか藩中での家に恥を残さない等の理由で切腹は必要だったと考えられます。
切腹だけ取り上げればおかしい事のように武士道は映りますが、日本人の道徳観は武士道に基づいています。
武士道を知る事は現代でも社会的モラルを高める事につながると私は思っています。それに武士の文化を知るとこういった歴史物の映画がとても楽しめます。





切腹 (kossy)
2006-12-16 10:33:58
>史平様
原作を踏まえた上でのご指摘ありがとうございます。
たしかに欲をいえば、色々と注文つけたくなるような部分もありますよね。
もしかすると芸術作品を作るといったこと以上に、映画を多くの人に理解してもらいたいという意図のせいかもしれません。キムタクを使うというのもそのためだろうし。

作品としてはすごく良かったけど、俳優賞を取れるほどの演技だったのは笹野さんだけだったし、監督もそこまで望んでなかったのかもしれませんよね。

切腹に関しては、大人だけで楽しむのなら問題はないのですが、やっぱり子供も観るんだと考えるとどうしても・・・これも俺の一分なのでしょうか・・・
「武士の一分」なかなか良かったです。 (山田祐作)
2006-12-31 17:33:06
こんにちは\(^o^)/
ご無沙汰しております。m(__)m
「武士の一分」なかなか良かったです。
ストーリーも巧みだったと思いますし、木村拓哉さんのパフォーマンスレベルもこれまでの出演作と比べて非常に高かったように思います。(^_-)-☆
木村さん (kossy)
2006-12-31 19:16:04
>山田祐作様
こんにちは。
見事な演技力。
さすがはキムタクでしたね。
失明する前なんて、普段のキムタクそのまんまでしたけど、そのおかげでわかりやすい変化となりました。これも演出のおかげですよね~
ベストテンにいれちゃいましたよ♪
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2007-01-25 12:36:08
いつもありがとうございます!
最後、冗談じゃないですyo。
そか、、、公務員か、、、
しかし手込めは、イタイです、、、
公務員 (kossy)
2007-01-25 19:37:33
>猫姫少佐現品限り様
公務員だと思うのです。会社だったら社長などとはなかなか会えないような大会社。
手込めが痛い?
そんなプレイを・・・
愛妻 (kimion20002000)
2007-08-25 02:37:00
TBありがとう。
タイトルが「愛妻記」じゃなくて、正解だったと思います。でないと、ちょっと、気軽にガールフレンドと見に行けないしね(笑)
愛妻記 (kossy)
2007-09-07 00:45:43
>kimion20002000様
そうですよね~
やっぱり下級武士が主人公の三部作ということで、力強いタイトルが欲しいですもん。
気軽にガールフレンドと・・・といっても、映画では逆ですし・・・
あけましておめでとうございます (YOSHIYU機)
2008-01-03 21:43:36
コメントありがとうござました。
今年もよろしくお願いします。

賛否両論ありますが、キムタクは良かったと
思いましたよね~。
そして、新之丞と加世と徳平のトリオ漫才
いや、アンサンブルが絶妙な作品でしたね。
キムタク (kossy)
2008-01-04 13:25:35
>YOSHIYU機様
今年もよろしくお願いいたします。
俺もキムタクは良かったと思います。『HERO』なんかとは大違い。やっぱり監督の演技指導によるものかもしれませんね。
三人のアンサンブル。構図の撮り方も絶妙でしたし、その描き方が微妙な主従関係をそのまま表していたかのような・・・
『母べえ』はどうなるんでしょうね・・・
Unknown (idateasia.com reviews)
2012-09-13 12:37:37
う~む、たしかに俺も最初は満点をつけたくなったんですけど、冷静になって振りかえってみて4点に落ちつきました。でも韓国ラブコメの中では今のところ1番ですね。う~む、たしかに俺も最初は満点をつけたくなったんですけど、冷静になって振りかえってみて4点に落ちつきました。でも韓国ラブコメの中では今のところ1番ですね。http://idateasia.wordpress.com

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

112 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「武士の一分」感想と、原作「盲目剣谺返し」比較 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
武士の一分見てきました。 原作の藤沢周平「盲目剣谺返し」を先に読んでしまっていたのですが、映画の方が面白かったし、好きだったかもしれないという、珍しい現象 (注)もともと、原作の「盲目剣谺返し」は、それほど面
武士の一分 (八ちゃんの日常空間)
ブログをやっているコアな映画ファンには満足いかないかも知れない。 だが、一般の人々、買い物ついでに友達と映画をよく観たりする人、夫婦、時代劇好き、ドラマ好きの人には大満足出来るようなすばらしい「邦画」だ。
『武士の一分』 (ラムの大通り)
----この日、スゴい台風が接近していたよね。 朝10時からじやお客も少なかったんじゃない。 「いやいやそれがどうして。これが補助席が出るほどの超満員。 山田洋次にキムタクとくれば、それもうなずけるかな」 ----たしか、山田洋次は「最初に高倉健に会ったとき ...
うーーーむ・・・ 「武士の一分」 (平気の平左)
評価:70点
映画「武士の一分」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「武士の一分」 山田洋次監督による藤沢周平時代劇映画化三部作の最後の作品。 「武士の一分」とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味。 舞台は江戸時代末期、東北地方にある架空の藩である海坂藩。下級武士・三村新之丞(木村拓哉 ...
「武士の一分」映画館レビュー 一分への距離 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。
『武士の一分』 (なんでもreview)
笹野高史に最優秀助演男優賞を♪
武士の一分 (本日のレンタルASIA)
{/hikari_blue/}2006年 邦画{/hikari_blue/} 監督:山田洋次 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、桃井かおり、坂東三津五郎 こちらオフィシャル{/arrow_r/}武士の一分 いよいよ明日公開ですが、28日にTSUTAYAの全国一斉試写会に行ってきました。 ...
「武士の一分」その一分とは確りした考えを持つ事だ! (オールマイティにコメンテート)
「武士の一分」は高視聴率男である木村拓哉11年振りの主演映画で、山田洋次監督作品として注目の時代劇であり、毒見役の侍が毒に当たり、失明してその葛藤と苦悩と絶望などが描かれている。木村拓哉が時代劇に挑戦する事そのものが異例だけに多くの人が注目する ...
映画「武士の一分」 (アンナdiary)
毒見をして失明した後の木村拓哉が素晴らしかった。もう木村拓哉ではなく「三村新之丞」だった。派手さはないけれど、後からじわじわとくる心に染みる作品です。
武士の一分 (メディアショップ駿河屋 なぜベス!)
わてが丁稚の定吉だす。12月1日公開の「武士の一分」を観て来ました。 まず尺がちょうどいい感じでした。短編小説で2時間の映画って下手すりゃ間延びしてしまいそうですが、必要な間は取りつつ締めるところは締めてあって、収まりが良かったです。 目が見えなくな ...
■週末の学び12/1「武士の一分」~あなたの一分とは?~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
映画から 生きざまを 学びましょう!
『武士の一分(いちぶん)』 (Sweet* Days)
原作:藤沢周平 監督:山田洋次 CAST:木村拓哉、檀れい、笹野高史 他 STORY:近習組に勤める下級武士の三村新之丞(木村拓哉)の仕事は毒味役。新之丞はそんな仕事に嫌気が差しながらも、美しい妻、加世(檀れ)と中間の徳平(笹野高史)と平穏な日々を ...
武士の一分 (迷宮映画館)
閉ざされた世界と閉塞感・・・どっちを感じるか。
武士の一分 (mama)
三村新之丞は近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日の毒見時に新之丞は貝の毒に当たり、一命はとりとめたが、意識を取り戻した時には視力を失っていた。人の世話なしで生 ...
『武士の一分』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『武士の一分(いちぶん)』鑑賞レビュー! 人には命をかけても 守らねばならない 一分(いちぶん)がある 『武士の一分(いちぶん)』とは 侍が命をかけて守らねばならない 名誉や面目をいう ★review★ 映画の日 1日に観て来ました ...
武士の一分 (Akira's VOICE)
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも, 見終わった後に残る感情は優しく心地良い。 でがんす。
武士の一分 評価額・1100円 (Blog・キネマ文化論)
●武士の一分を鑑賞。 下級武士の三村新之丞は、妻の加世と穏やかな生活を送っていた
武士の一分 (吾輩はナマケモノである。)
藤沢周平の原作「隠し剣秋風抄 盲目剣 谺返し」を読んでいたので、話の展開は知っていたのですが・・・・観ていてジワっと涙がでました。 室内や縁側からの映像が多いのですが、季節の移ろいから三村新之丞(木村拓哉)や妻の加世(檀れい)の感情、寂しさや侘し ...
映画の日「武士の一分(いちぶん)」を見る!キムタクに感動! (apple of the nariyuk's eye)
映画館で映画見たのいつ以来だろう?子供の映画は抜きにしてさ。 仕事ずっと忙しくて
武士の一分 (シャーロットの涙)
三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。 ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取り戻した時は、 ...
「武士の一分」みた。 (たいむのひとりごと)
「労災は適用されないのか!」 まずそう叫びたかった。『・・大儀』。。。。「え?・・それだけかよっ」って”ミムラ”なツッコミをしたのは私だけ??でもー、労災は適用された!?ヨカッタヨカッタ(笑)(以下、若干のネタバレあり。。。あ、以上で既に
武士の一分・・・夫婦愛が良いいね~ (システムエンジニアの晴耕雨読)
山田洋次監督、武士の一分(いちぶん)、見てきました。ストーリーは、映画見る前からほぼわかっているにもかかわらず、ピンと張り詰めた雰囲気が伝わり、中だるみすることなく緊張感を持って最後まで見ることができました。見る前に、賛否いろいろ言われていました ...
武士の一分 (2006) 121分 (極私的映画論+α)
 この映画で本当の「武士の一分」を私たちに感じさせてくれたのは・・・「あの人」でした(笑)
映画「武士の一分」 (don't worry!な毎日)
   三村新之丞(木村拓哉)は、 最愛の妻・加世(檀れい)、父の代から仕える徳平(笹野高史)と、 つましく暮らす下級武士。 だが、藩主の毒見役をつとめて失明した日から新之丞の人生は暗転する。 絶望し、自害しようとする新之丞を加世は必死に思い留ま ...
「武士の一分」 (みんなシネマいいのに!)
 三村新之丞は、毒見役を務める下級武士で、美しい妻・加世と中間の徳平と穏やかな
武士の一分 (とっさの絵日記)
今日は映画の日。公開初日の「007/カジノ・ロワイヤル」と「武士の一分」のどっ
武士の一分 (sigh.)
やっぱり、と思うところと、おぉ!と思うところがありました。
「武士の一分」劇場にて  (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
先日、ファボーレ東宝で行われた『武士の一分』の試写会に行ってきました
「武士の一分」 now roadshow! (とりあえず生態学+)
武士の一分(いちぶん) 製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 121分 監督 山田洋次 製作総指揮 迫本淳一 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次 、平松恵美子 、山本一郎 音楽 冨田勲 出演 木村拓哉 、檀れい 、笹野高史 、小林
武士の一分・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
木村拓哉、毒にあたって苦しんでても、高熱にうなされてても・・ええ男やなあ・・・。 私も風邪をひいて、一週間以上体調が最悪。 キムタクじゃないので、もう人前に出ることすら出来ないボロボロの状態だ。 映
武士の一分 (It's a Wonderful Life)
山田洋次監督+藤沢周平原作コンビもこれで3本目だそうです。 「たそがれ清兵衛」は残念ながら未見なんですが 「隠し剣、鬼の爪」を観た時に感じたのとほぼ近い印象の、 下級武士を描いた後味のいい人情時代劇。 木村拓哉主演という事で何かと話題の作品 ...
「武士の一分」:六本木六丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}六本木ヒルズにもこんな大きな木が生えているのね。 {/kaeru_en4/}六本木ヒルズの下にある毛利庭園の木だ。 {/hiyo_en2/}毛利庭園? {/kaeru_en4/}江戸時代の大名の庭園。元禄15年、吉良邸に討ち入りした後の赤穂浪士のうち岡島八十右衛門ら10人が預 ...
武士の一分 (映画鑑賞★日記・・・)
『武士の一分』公開:2006/12/01(12/03鑑賞)監督:山田洋次原作:藤沢周平    『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収)出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍 徳平さん、いい味出してるね~最高だよ☆ ←私はいくらで食中毒くらいました、、 ...
武士の一分(06・日) (no movie no life)
「譲らない心。譲れない愛。 人には、命をかけても守らねばならない一分がある。」 思い描いた人生が崩れ、信じていたものにも裏切られる。そんなとき、人は何を思い、どう動くのか。 海坂藩主の毒見役により失明した三村新之丞(木村拓哉)を、見えないこ ...
武士の一分 (こころいろ)
「武士の一分」見てきました。 笑って泣けて心がほっこりして・・・・とっても心地よい映画でした。 三村(木村拓哉)の仕事は藩主のお毒見役。 三村は愛する妻の加世(壇れい)に「早めに隠居して、子供がたに剣を教
武士の一分 (Kinetic Vision)
ちょんまげ姿の木村拓哉が画面に登場したとき、最初はなかなか「キムタク」のイメージが頭から離れなかった。妻加世(檀れい)をからかったり徳平(笹野高史)に悪態をついたりする時の口調が、方言とはいえ、いつもの木村
映画vol.98 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 (Cold in Summer)
 『武士の一分』*舞台挨拶付試写会 監督:山田洋次 出演:木村拓哉  公式サイト キャナルだから舞台挨拶(キムタク)来るかな!?ちょっと期待しつつ、ハガキで応募。 当日電話で確認しても、無いとの事。が、監督・檀 ...
★映画「武士の一分」 (スナフキン・レポート♪)
「武士の一分」公式ページは・・こちら 先日、何気なく自分のブログ内“検索”で、「檀れい」って入力してみたら、ビックリするほど関連したエントリーが出てきて、 『自分で思っているより 檀ちゃんファンだったらしい?』その檀ちゃんが、映画初出演!それも、 ...
武士の一分 (C note)
貧しくても愛する人が側にいて、季節を感じながらただなんでもない日々を過ごす・・
武士の一分 (2006年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ 山田洋次監督による藤沢周平の作品を原作とした...
「武士の一分」 戦い、そして妻の深い愛に気付く (はらやんの映画徒然草)
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇三作目です。 前二作
武士の一分(いちぶん) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2002年、山田洋次監督が時代劇に挑んだ『たそがれ清兵衛』は、父と娘の絆を描き、日本アカデミー賞15部門を総なめにし、米国アカデミー賞外国語映画部門にもノミネートされ、語り継がれる傑作となった。2004年、『隠し剣 鬼の爪』は身分違いの若い男女の純愛を ...
武士の一分 (skywave blog)
日本的な音の響き、蛙や蝉の鳴き声、秋の虫の音、こんなに美しかったのですね。主人公が視力を失う設定のためか、音の響きが印象に残りました。 壇れい扮する妻の加世、日本女性
山田洋次監督「武士の一分」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 山田洋次 出演 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎  木村拓哉がご飯を食べるとき最後に必ずお湯をもらう。最後の一口をお茶漬けにする。これは茶碗と箸を洗っているのである。食べ終わると布巾で茶碗の内側を拭き、茶碗をしまう。箸もしまう。武士の世界の ...
武士の一分 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  その゛一分゛・・・しかと心に迫りましたでがんす  
「武士の一分」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・松竹/監督:山田 洋次) 山田洋次監督による、藤沢周平原作時代劇3部作の最終作。 こういうのを、職人技…と言うのだろう。まさ
映画:武士の一分(いちぶん) (駒吉の日記)
武士の一分(いちぶん) @丸の内ピカデリー 「必死即ち生くる也」 仕事は物足りないけれど家禄は保証されて美人の奥さんとの幸せな毎日と将来。が毒見により倒れ失明してから一変。一家の主人として家族を支えていた側から支えがないと生きていけないと絶望、 ...
【劇場鑑賞134】武士の一分 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり。必死すなわち生くるなり。』 人には命をかけても守らねばならない一分がある。
「武士の一分」 (じゃがバタ~ 映画メモ)
地味です!天下のSMAPは木村君なのに地味です。日常を丁寧に丁寧に描いていくのです。 寝不足していると、あっちの世界に連れて行かれそうで危険、前日は早寝いたしましょうね。 木村君の盲目演技がどうとか、殺陣がすごいとか、ありましょうが ワタクシと ...
武士の一分 (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
譲らない心。譲れない愛。【ストーリー】海坂藩の毒見役として務める新之丞(木村拓哉)は、毒に当たって失明。夫婦の将来を案じ、助けを求める妻(壇れい)・加世は、助けるふりをして言葉巧みに言い寄る上士・島田藤弥(坂東三津五郎)の罠にはまってしまう。新 ...
武士の一分 (cinema village)
コメント無きTBは承認いたしません。 武士の一分(いちぶん) by G-Tools あらすじ/江戸時代末期、東北地方にある設定の海坂藩。 下級武士・三村新之丞(木村拓哉)と妻・加世(檀れい)は慎ましくも平和な暮らしを送っていた。 ところが、新之丞は毒見役のお ...
武士の―分 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ご存知、山田洋次監督の藤沢周平シリーズ第3作であり、シリーズの最終作品となるようだ。主演にキムタクを起用したので、果してきちっと時代劇になるのか、少し心配であった。 ところが、意外と言っては失札だが、木村拓哉はりっぱな仕事をするではな ...
真・映画日記『武士の一分』 (CHEAP THRILL)
12月2日(土) ビフォア31歳。 イコール、30歳のラストデイ。 (注:じょ~いの誕生日は12月3日) 午前中から午後2時までフリーペーパーの原稿書き。 午後2時半から外出。 3時50分から上野のキンコーズで編集&製本。 午後7時過ぎに終わり、 ...
武士の一分 ~ 命を賭けてまで守るべきものがあるか ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 命を賭けてまで守るべきものがあるか ~ 木村拓哉が主演していることでも有名なこの作品。『男はつらいよ』の山田洋次監督が手がける『たそがれ清兵衛』『隠し剣 鬼の爪』に続く山田時代劇三部作(と言うらしい)の最終章とのこと。 キムタクのほかにも ...
武士の一分 (映画を観たよ)
劇場は満員! 女性が目立っていたでしょうか。
「武士の一分」 山田洋次、宝刀を抜く (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
藤沢周平=山田洋次モノ三部作(続きもんではないが)の完結編で、主演にキムタクときたら失敗するわけにいきません。 『男はつらいよ』シリーズの後釜にと思ったのに2作で終わった『虹をつかむ男』シリーズや、『1』『2』が評判よかったんで『3』を撮ったらも ...
「 武士の一分 (2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・脚本 : 山田洋次 出演 : 木村拓哉  / 檀れい  / 笹野高史 他   公式HP : http://www.ichibun.jp/ 「 武士の一分 (2006) 」 原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(
武士の一分 (MOMMYな毎日)
昨日は映画「武士の一分」を見てきましたw 先月「涙そうそう」と「DEATH NOTE 後編」観たけど レビュー書かなかったななどと思いつつ。。 藤沢周平原作、そして寅さんシリーズの山田洋次監督ですからねw キムタクの盲目剣士ぶりも見てみたかったし。 全 ...
映画鑑賞記「武士の一分」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.12.8 鑑賞場所:シネマ・イクスピアリ16  山田洋次監督の時代劇三部作の3作目。主演に木村拓哉、そして、日本映画界を代表する俳優陣を迎え日本映画史上に残る傑作を作り上げた。 「ともに死するをもって、心となす。勝ちはその中にあり ...
「武士の一文」 (もうなんかどうでもいい)
武士の一文 監督:山田洋次 出演:木村拓哉、壇れい、ほか 公式サイト:http://www.ichibun.jp/ 人には命をかけても守らねばならない一文がある。 三村新之丞(木村拓哉)は、最愛の妻、加世(檀れい)とつましく暮らす、海坂藩の下級武士。新之丞の平和な日々は ...
【劇場映画】 武士の一分 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 三村新之丞は、近習組に勤める下級武士。毒見役という役目に嫌気がさしながらも、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は激しい腹痛に襲われる。あやうく一命はとりとめたが、高熱にうなされ、意識を取 ...
武士の一分 (ルナのシネマ缶)
一分って、面目や体面のことですよねぇ~。 「武士の一分」って、いかにも 時代劇らしいタイトルですよね。 時代劇ってほとんど馴染みが ないんですが、「たそがれ清兵衛」は 結構おもしろかったし、今回無料券を いただいたので、鑑賞してきました。 山 ...
武士の一分(映画館) (ひるめし。)
人には命をかけても守らなければならない一分がある。
武士の一分 (映画!That' s entertainment)
●「武士の一分」 2006 日本 松竹 武士の一分製作委員会 121分 監督:山田洋次 原作:藤沢周平 撮影:長沼六男 音楽:富田勲 出演:木村拓哉、壇れい、笹野高史、小林念侍、緒形拳、桃井かおり     坂東三津五郎、大地康雄他 山田監督による、藤 ...
武士の一分 (Schicksal)
藤沢周平原作・山田洋次監督作品「たとがれ清兵衛」「隠し剣 鬼の爪」に続く、3部作完結編「武士の一分」を見てきた。 僕のこの映画で感じたもの。それはやっぱり『愛』。
映画「武士の一分」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
映画の日、本日が公開初日の映画を観ました。 さぞや満員だと思いきや、平日の昼間だったので20~30人ぐらい? 亭主は一口食べただけで私の作った料理の味が判るかな??
武士の一分/木村拓哉、檀れい (カノンな日々)
時代劇でがんす。山田洋次でがんす。そして、木村拓哉でがんす。山田洋次×木村拓哉という組合せに、宮崎駿×木村拓哉をイメージしちゃった方も多いんじゃないでしょうか。アレ?私だけかな? 山田時代劇三部作ということで、が無敵なヒーローではなく、平凡な下 ...
『武士の一分』 (ねこのひたい~絵日記室)
手を伸ばせば届く距離にある火鉢にかかったヤカンのお湯を、隣室で縫い物をする妻に注がせる。 まこと、武士は武将(不精)の臣下なり。
『武士の一分』 (京の昼寝~♪)
命をかけて、守りたい愛がある。     ■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、 ...
★「武士の一分(いちぶん)」 (ひらりん的映画ブログ)
SMAPのキムタク主演の時代劇。 彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、 良い意味のあだ名なので、敢えて。 結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
「武士の一分」 (NAOのピアノレッスン日記)
ロケ地が、実家の彦根であった為、どうしても見たかった映画です。^^;2006年 日本映画   松竹配給[監督] 山田洋次[原作] 藤沢周平[脚本] 山本一郎・山田洋次・平松恵美子[音楽] 冨田勲[出演] 木村拓哉・・・・・・・・三村新之丞   檀れい・・・・加 ...
公開前に話題にし過ぎた事が失敗。『武士の一分』 (水曜日のシネマ日記)
木村拓哉主演の時代劇映画です。
「武士の一分」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「武士の一分」 監督:山田洋次 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、赤塚真人、綾田俊樹、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎 三村新之丞は近習組に勤める三十石の下級武士。 城下の木部道場で剣術を極め、藩校で秀才と言われながらも、現在の務めは ...
武士の一分 -譲らない心、譲れない愛。- (jyu STUDIO)
武士の一分観てきました
武士の一分 (頑張る!独身女!!)
香取慎吾がスマステでも言ってました。「良かった。木村くん良かったよ」。私の感想を一言で言えば、慎吾ちゃんが言うように良かったです
やっぱりキムタク「武士の一分」 (着物アロハ・茅kaya日記)
キムタク一分見てきました。 最初、キムタクが武士??と思ったんですが 良かったです。かなり。。。。 まあ、最後まで、キムタクって思って観てましたが。。 「2046」以来、ちょっとキムタクに はてなマークつきました。 それまでは、日本を代表する ...
141.武士の一分 (レザボアCATs)
 実は私は'01年の岡本喜八監督『助太刀屋助六』を見て、面白かったので、以来、近年の時代劇映画はちゃんと映画館で見ていたりします。山田洋次監督の藤沢周平原作、時代劇3部作。この前2作、'02年『たそがれ清兵衛』も、'04年『隠し剣鬼の爪』も、映画 ...
武士の一分 (いいかげん社長の日記)
ほんとはパスしようと思っていたんですが、他の人の感想を読むとなかなか良さそうだったので、観てみることにしました。 時代劇は苦手なほうだけど、木村拓哉さんの演技には興味があったし。 ということで「武士の一分 」。山田洋次監督の藤沢周平三部作の最後 ...
武士の一分 [監督 : 山田洋次] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
妻の不貞を知り、今すぐ離縁する、と怒りを露にするキムタク。 三隅研次演出の市川雷蔵なら、壇れいはその場で斬られてそう・・・壇れいが手込めにされるシーンでもおっぱいの片っぽくらいは出させただろう・・・  キムタク:盲人だからといって油断めさるな   ...
武士の一分 (5125年映画の旅)
海坂藩の下級武士・三村新之丞は、藩主の毒見役として、妻・加世と共に静かに暮らしていた。ある日、毒見として食した貝の毒によって三村は倒れてしまう。一命は取り留めたが、彼は視力を失っていた。絶望の中、加世は主人を救うため奮闘する。 『たそがれ清兵衛 ...
武士の一分 2006-69 (観たよ~ん~)
「武士の一分」を観てきました~♪ 30石取りのお毒見役の三村新之丞(木村拓哉)は、美しい妻・加世(壇れい)と忠義者の中間の徳平(笹野高史)と貧しいが平穏な日々を過ごしていた・・・ある日、新之丞は貝の毒に当たってしまい、視力を失ってしまう・・・ ...
武士の一分 (まぁず、なにやってんだか)
地元紙の懸賞で近所の映画館の招待券が当たったので、「武士の一分」を観てきました。 キムタクが時代劇に出るとどんな感じなのか興味があったのと、藤沢周平の原作だからというので期待して観ました。 キムタクの顔立ちがサムライっぽくないので、慣れるの ...
武士の一分/「知る」ということ (マダム・クニコの映画解体新書)
男性にとって都合の良い女性像が描かれており、観ていて気分が良くなかった。だが、若者の成長物語ということで観れば、それなりに得るものはある。 goo 映画  「武士の一分」にこだわるあまり、献身的な愛を捧げてくれる妻・加世と話し合うこともせず、即刻 ...
映画の会 (きらくに、きままに・・・)
以前より何度か紹介した“映画の会” 我が職場の何人かで、同じ日に映画館(MOVIX)に出かけ、 おのおの好きな映画を見た後に、宴会!! 昨日、この映画の会を行った。 おいらの見た映画は、『武士の一分』 まだみてない人もいるだろうから、内容にはあまり ...
木村 拓哉 「武士の一分」 (猫とマンガとゴルフの日々)
 gooの映画情報はこちら → 武士の一分 - goo 映画  12月17日(日)、早くも年末の熱気に溢れた銀座の、マリオン内丸の内ピカデリー2にて、「武士の一分」 を見てまいりました。混んでましたよ。先週のうちに私が途中下車してわざわざ座席指定の前売りを買 ...
武士の一分 (いろいろと)
監督 山田洋次 出演 木村拓哉、檀れい、笹野高史 ほか 「たそがれ清兵衛」 「隠
武士の一分 (とにかく、映画好きなもので。)
 一分とはどういう意味なのだろうと、考えてみた。  近習組に勤める下級武士である三村新之丞(木村拓哉)は、上方の毒見役という役目を負っていた。その役目にはあまり意義を感じず、嫌悪感を持って接していたが、美しい妻・加世(檀れい)と ...
男が泣いてなぜ悪い~「武士の一分」に慟哭 (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 強烈なアッパーカットを食らったような気分になった。久しぶりの心底からの感動。絶対見逃すまいと思っていた山田洋次監督の「武士の一分(いちぶん)」のラストシーン。どうやってハッピーエンドにするのかと思っていたら、そう「飯たき女」なんですな。実にう ...
武士の一分 (小部屋日記)
(2006/日本)【劇場公開】 監督:山田洋次 出演:木村拓哉/檀れい/笹野高史/桃井かおり/坂東三津五郎/緒形拳 /小林稔侍 冒頭の雰囲気から「蝉しぐれ」に似てるなあと思ったら、原作は藤沢周平だったのですね(原作:盲目剣谺返し)。 「武士の一分」と ...
鳥 ~「武士の一分」~ (サナダ虫 ~解体中~)
山田洋次監督作品、木村拓哉主演の、 映画 「武士の一分」を観た。 藤沢周平時代劇映画化3部作の第3弾で完結。 下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。 しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことか ...
「武士の一分」感想(紅白歌合戦出場SMAPの木村拓哉〔キムタク〕さん主演の日本映画) (韓国映画&韓流スターサランヘ)
「武士の一分」(木村拓哉さん主演)を観てまいりましたが、なかなかの作品でした。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
武士の一分 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
今更ながら観てきました。 <新宿ジョイシネマ> 監督:山田洋次 原作:藤沢周平 『盲目剣谺返し』 脚本:山田洋次 平松恵美子 山本一郎 音楽:冨田勲 毒味役三村新之丞は、ある日貝の毒にあたって失明してしまう。自暴自棄になる新之丞を、妻の加代、中間 ...
武士の一分(12/1公開) (第八芸術鑑賞日記)
 12/21、渋谷シネパレスにて鑑賞。6.0点。  『たそがれ清兵衛』に始まる山田洋次の時代劇第三弾。今回も藤沢周平から原作を採り、華やかなチャンバラ劇ではなく、下級武士の孤独な戦いを描く。もちろん人情ドラマでもある。  城中で毒見役を務める下級武士の三 ...
[ 武士の一分 ]キムタクがフィナーレを飾る (アロハ坊主の日がな一日)
山田洋次監督作品。[ たそがれ清兵衛 ][ 隠し剣 鬼の 爪 ]に続き、藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒ ューマンドラマ。主演はアンアン13年連続1位の木村拓哉 (キムタク)。キムタクと山田監督のコラボレーションは、 前作(2作品)にはない新鮮さ ...
映画『武士の一分』★★★★★ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  山田洋次監督による藤沢周平原作時代劇の第3弾。前2作に続き、またもや傑作です。 『たそがれ清兵衛』と『隠し剣 鬼の爪』は刀を持つことを嫌っていた主人公が武士の仕事として嫌々闘うところがドラマの要点になっていたが、今回の作品は狡 ...
武士の一分 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
いかにもといった感じの娯楽時代劇でした。ごくオーソドックスな展開で、それなりに楽しめます。 「武士の一分」とは、何だったのか。それは、形は違えど、新之丞にも島田にもあったもの。新之丞は、「武士の一分」のために、島田と闘いました。加世の行為に対 ...
武士の一分 (エリ好み★)
キムタクは、時代劇でもキムタクでした~{%exmark2%}
武士の一分 07019 (猫姫じゃ)
武士の一分 2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎 キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、 山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、 ま、勝手に、もっ...
「武士の一分」 (こだわりの館blog版)
? うまいなぁ! 1/21 ユナイテッドシネマとしまえん にて 監督・脚本:山田洋次 原作:藤沢周平 脚本:平松恵美子、山本一郎 出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、綾田俊樹、桃井かおり、緒形拳、     赤塚真人、大地康雄、小林稔侍、坂東三津五郎、他 ...
武士の一分 を観た。 (カブシキ!)
木村拓哉主演の侍映画。 ある病気がもとで、視力を失ってしまった武士(木村拓哉)が、妻の名誉のために自分の上司に果し合いを挑むなんていうストーリ。 木村拓哉はいわずもがなカッコいいとして、妻役の壇れいが
映画「武士の一分」の巻 (フミセイロとサツマヘコのなんちゅうことない日々。)
映画「武士の一分」 雨のため、今日の自顕流稽古は中止となりました。(中止決定後、すぐに雨はあがりましたが…残念でつチエェーイ!)なので、近所のビデオレンタル屋さんで「武士の一分」を借りて、ヨメと観たのでガンス。 ☆ダンナ採点 45点(展開が予想道理りす...
「武士の一分」 (管理人の極私的日誌 [四代目])
武士の一分公式サイト 毒見役で毒にあたり盲目となった下級武士の意地と愛のお話。 藤沢周平原作。シリアスな展開の合間にちょっと笑いも挟んだりして如何にも山田洋二っぽい作りの映画だなぁ、と思いました。 木村拓也や壇れいも悪くないですけれど、笹野高史と赤塚真...
mini review 07067「武士の一分」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ アクション 製作年 2006年 製作国 日本 時間 121分 公開日 2006-12-01~2007-02-16 監督 山田洋次 ストーリー 毒見役の下級武士、三村新之丞は、美しい妻・加世と中間の徳平と平和な毎日を送っていた。ある日、毒見の後、新之丞は視力を失うほど...
武士の一分 (カラスのBlog)
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」につづく山田洋次監督の藤沢周平時代劇シリーズ。 三部作ということなので、これが最後となる。 作った順番にデキが良かったような気がする。...
映画評「武士の一分」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・山田洋次 ネタバレあり
<武士の一分>  (楽蜻庵別館)
2006年 日本 122分 監督 山田洋次 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次  平松恵美子  山本一郎 撮影 長沼六男 音楽 冨田勲 美術 出川三男 衣裳 黒澤和子 出演 木村拓哉  檀れい  笹野高史  坂東三津五郎  岡本信人      緒形拳  左...
2006年12月公開映画レビューその?♪ (難病ブログ sawacommunication♪)
映画レビューシリーズ 2006年12月版 まずは武士の一分 武士の一分 ¥2,590 Amazon.co.jp 言わずとしれたキムタクのヒット映画 キムタクの男としての小ささが 少し悲しかった映画でした 別に奥さんが…されたとしても それは奥さんには罪はない...
『武士の一分』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める・・・。感想直ぐにTVでやると思って、待ってたけど予想以上に早かったな~『たそがれ清兵衛...
「武士の一分」・・・一流の男と女の物語でがんす (乙女千感ヤマト)
まず謝らなければいけないのは、昨年の「日本アカデミー賞」を扱った記事で、この映
武士の一分 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人には命をかけても守らねばならない一分がある。』  コチラの「武士の一分」は、藤沢周平原作作品を山田洋次監督が描く三部作の3作目となる時代劇ムービーです。2006年12月に公開されたのですが、早々と年末にTVで放送してましたねぇ~。  「たそがれ清兵衛」...
武士の一分 (Addict allcinema 映画レビュー)
人には命をかけても守らねばならない一分がある。