ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

母べえ

2008-01-27 15:06:39 | 映画2008
 君は母べえを見たか?

 今から30年ほど前、チョコベーというお菓子があった。不思議感のある画期的なCMがヒットしたためチョコべー遊びも流行ったし、友達の名前に“ベー”をつけて呼び合ったりするほどだったのです。残念ながら食べた記憶はないのですが・・・

 昭和十五年の野上家では、文学者である父親・滋(坂東三津五郎)のユーモアにより、互いに“べえ”をつけて呼び合っていた。その父親が思想犯として特高に検挙されるという悲しい内容にもかかわらず、家族は周りの温かな人たちに恵まれ、娘たちも明るくたくましく育っていく様子が印象的な映画でした。

 たとえば『はだしのゲン』のように、同じく反戦を唱えたために特高に捕まり、近所の人たちからも非国民扱いされて悲劇を強調する作品でもない。また、苦難を乗り越える強き母親像を表に出す作品でもないのです。物語の根底にある反戦思想は同じであるにしても、人間の温かさを前向きに捉えたような・・・特に戦争推進派(?)のような隣組の組長さん(でんでん)などはこの温かさを象徴するようなキャラクターでもあり、時には信念を押し殺してでも、人との絆がいかに大切であるかを丁寧に描いていました。

 主人公母べえを演ずる吉永小百合はすでに60歳を超えているのに、30代であっても違和感がない。型破りの叔父仙吉役である笑福亭鶴瓶よりもずっと若く見えるのです。さらに、サユリストをも満足させるかのような、世間知らずのお嬢様風であったり、男の好意に対する鈍感ぶりという一面も見せてくれる。そして、夫の元教え子である山ちゃんを演ずる浅野忠信がとてもよかったし、壇れいも『武士の一分』に続き好演。

 子役2人に関して、世間的には長女初子役の志田未来(みらい)の評判がいいようですけど、個人的には次女照美役の佐藤未来(みく)のほうがすごいと思った。自然に口の横にごはんつぶを付けるところや、コロッケを取るタイミングの良さや、カステラを我慢するところなど・・・演出の力なんだろうけど、上手くこなしすぎでした。

 全体的には原作者野上照代の自叙伝ということもあって、特高取り調べの拷問だとか戦争の悲惨さそのものは描かれていない。そして、衣装などが綺麗すぎることや子供たちも健康そうだったことなど、なぜか違う時代を見ている錯覚にも陥ってしまいました・・・それでも泣けましたが。

★★★★・

参考1
参考2
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! | トップ | 陰日向に咲く »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
分かってて (しんちゃん)
2008-01-27 16:43:17
 吉永小百合の年齢を分かってて、しかも彼女が主演ってのを承知で観に行ってるわけだから、私のように年齢のことを書いちゃダメだよね(笑)

 わたしはもっと「肝っ玉母さん」かと思ってたのね。そしたら、ずっとさめざめと泣いてばかり(爆)
すごくベタなギャグをあれだけの芸達者がこなしたら、あんなに面白いって事に気がつきました。

 だから、悲しい帰宅をした父べぇの顎が二重なんて事にも触れてはいけないんだよね(爆)

 私もあのラストシーンまでは★4つだったのよね(笑)
 
初・吉永小百合 (たましょく)
2008-01-27 17:15:18
 ども、たましょくです♪

 たましょくにとって初の吉永小百合出演
作品の観賞だったのですが、さすが大女優
としての存在感と演技に、「サユリスト」
とゆー熱烈なファンがいるのも頷けました。

 家族役それぞれの演じ方も良かったし、
初べぇの「しっかり者」と照べぇの「無邪
気」さが対照的に描きながらも、母べぇの
存在を中心に据えることで、一家はちゃん
とまとまっているんだと感じました。

 山ちゃん役の浅野忠信の好青年っぷりも
良かったし、親戚にひとりは居るよーな仙
吉の存在感も楽しく観られたポイントでし
た。

 大人になった初べぇが倍賞千恵子さんだ
ったので、吉永小百合さんとどっちが年上
なんだろうと考えてしまいました。
バランスの取れた配役陣 (PGM21)
2008-01-27 17:19:37
何時もお世話になっております。

確かに年齢を言ってしまうと色々考えてしまいますが、時代を映すにある程度老けて映った方が入りやすいという感じはしました。ベテラン、中堅、若手とバランスの取れた配役は絶妙なメンバーかなと思いました。
我々の知らない時代なので劇場は年配(60前後)の方中心になりましたが、あの時代に生きた方や吉永さんのファンの方には凄く評価の高い作品になると思います。
最後のシーンですが、やはり強がった姿を見せた母べえの最期の本当の気持ちを初べえと照べえに伝えたかった気持ちは理解して良いと思いました。
見ました。 (あんぱんち)
2008-01-28 00:50:51
チョコベーは知りません(笑)

吉永さん、60歳を過ぎてるとはとても見えないお肌でしたよ。
浅野忠信は良かったですね。
アノ人が苦手なんでより好感がw
佐藤未来ちゃんは「エンジン」以来だったけど、着々と成長してるようでした。
小百合さま (chikat)
2008-01-28 14:34:41
誰もが60代ってわかっててみていて納得しちゃっているところが、小百合さまの化け物な老い知らずの美しさなのか監督の腕なのか。
本当に美しい方はうらやましいです。
でも、きっと、一生美しいわけだから人並みかそれ以下の人の心はわからないだろうな~。
なんて、僻むばかり。
水泳のサービスシーンがあるとは驚きの演出でした。
昔良く食べました (くまんちゅう)
2008-01-28 20:53:28
結構好きだったのかな?
友達と一緒に食べた記憶がありますよ
チョコベー
年がばれるネタに釣られてしまった

あ、映画は未見です
チョコベー (kossy)
2008-01-29 04:55:27
>しんちゃん様
たしかに俺もそう思ってた。感動コメントでも「凛とした」「強い母親」なんて言葉が出てくるし、その違いにびっくりしてしまいました。
基本的にはお嬢様風であり、弱いお母さんなんだと思いますけど、それでもしっかりと家族を支えていたというとこが良かったです。

>たましょく様
吉永小百合の昔の映画はいいですよ~
俺なんて絶対にファンになってるだろうな。そう思わせるほど魅力たっぷりなんです。
浜田光夫がうらやましく思えたり・・・

やっぱり娘二人の存在が大きかったし、山ちゃんや近所の人たちも。人との付き合いがいかに大切かを家族愛と同様に感じてしまいました。

>PGM21様
劇場内の平均年齢は高かったですよね~
さすがに『北の零年』ほどではありませんでしたし、子育てを終えたお母さんといった年齢の方も多かったように思います。
キャスティングは絶妙でしたね~山田作品というと子役にハズレはないし、年代ごとにいい役者を配してました。
母べえの本音・・・戦争やあの時代を憎む気持ちが表れていて本当に良かったです。

>あんぱんち様
チョコベーは昭和55年まで発売されてたとか・・・グリコ森永事件の影響もあったのかもしれませんね。
浅野忠信は俺もそんな好きではなかったけど、この映画で変わりました。今まで一番よかったのが『青春デンデケデケデケ』だったと思ってたし・・・

>chikat様
なんたって小百合様ですから・・・いつまでたっても若いことを強調しなければいけませんもんね。
最近、チャンネルNECOやwowowなんかで小百合様をチェックしてたのですが、昔はもっと良かった。信じられないくらい・・・たまに演技が下手なところがあるのがいいんです(笑)

>くまんちゅう様
いやはや、この映画の宣伝が始まったころからずっと思い出そうとしてたのです。YouTUBEはすごいですよね。こんな古い映像まで見つかるんだから・・・
映画をご覧になるときにはチョコベーのことをお忘れくださいませ(笑)
カステラ (AKIRA)
2008-01-29 10:48:54
空腹時に観たので,余計に照べえの,
「カステラ・・・」「お肉食べたかった・・・」
が本気の声のように聞こえました。^^;

山田洋次監督の演出力って凄いですね。

山ちゃんが母べえを見て,
羨ましいなと思った瞬間の表情に涙を誘われました。。
婆べえ (motti)
2008-01-29 15:22:45
吉永小百合ありきのキャスティングで本当にあの子たちの親世代としてピッタリくるはずの30~40歳代の役者が見事にスッポリ抜けてました。
こんにちは♪ (ミチ)
2008-01-29 16:06:44
吉永小百合の実年齢が気になってお話に入り込めないかもしれない・・・って心配していたのですが、大丈夫でした。
さすが国民的女優ですね~。
吉永さんは水泳が得意なので、あの海のシーンを用意したのかと勘ぐってしまいました。
山田監督 (kossy)
2008-01-29 19:52:41
>AKIRA様
いつも凄い映画監督だと思っています。しかもインタビューではいつも控え目なコメント。
時代劇三部作なんて普通の大御所ならチャレンジしないことも大胆に決行。自ら鞭打って映画の道を切り開いていってる方だと思います。

何ども泣いてしまいましたけど、やっぱり山ちゃんとの別れのシーンが辛かったですよね。

>motti様
まぁ永遠のアイドルなんですから、しょうがないかと思います。同世代の俳優さんもどこかで頑張ってるはず!

>ミチ様
実年齢を知らない人っていないんじゃないかと思うほど有名ですよね・・・年配の方たちも心配してたんじゃないかと・・・
若いころにも泳ぐシーンってありましたよね?
100本以上の映画をチェックする気力はありませんけど、あったはずだ~~
Unknown (紫(むらさき))
2008-01-29 22:03:32
こんにちわ、いつもTBありがとうございます。
‘bijomaru’ってのは怪しんですかね、うまくTBはれません、スミマセンです。
Unknown (ケント)
2008-02-02 12:32:16
kossyさんこんにちは、TBお邪魔します。
次女の役をやった子役の子、当時の末っ子のイメージをとても見事に表現していましたね。演出が良かったのでしょうが、末恐ろしき女優の卵だと思いました。
あと鶴瓶のおじさんと、山ちゃんの暖かい人柄が良く描かれていたと思います。山田監督は反戦的な映画より、アットホームな映画に的を絞ったほうが良い作品が出来ると思いました。
今の時代から見ると、家族を放り出して自分の思想だけに価値観を見出す父べえは、余り共感出来ませんね。それなら独身を通すべきです。父や恩師のほうがまっとうな気がしたのは、私だけでしょうか。
次女 (kossy)
2008-02-02 13:28:40
>ケント様
やはりケント様も次女を支持?
志田未来ちゃんのほうはこれまでの実績もあるし、安心して見てたけど、佐藤未来ちゃんのほうは驚きでもありました。
たしかに山田作品は強く反戦を訴えるようなエネルギッシュな作品は似合わないかもしれないです。それでも根底にはそうした考えが根付いているので安心させられますよね。

ああいう父親というのは死んでからずいぶん経ってから評価されるものであって、リアルタイムでは反発のほうが大きいんですよね。まぁ、それも父親としてではなく意志を貫いた一人の人間としてなんでしょうけど・・・
遅まきながら (いりりん)
2008-02-21 16:27:35
遅まきながらTBさせていただきました。
吉永小百合・・・綺麗だとは思うのですが、
うちの子と大した違いのない子供を見て
どうしても納得いかなった私は心が狭いかも。(笑)
年齢 (kossy)
2008-02-22 20:00:32
>いりりん様
いや、そうでもなさそうです。
ほとんどの方が吉永小百合の年齢に違和感を覚えているようですから、心配には及びません。
俺はそうなる世論の逆のことを書こうとしただけであって・・・その心意気を評価したくなっただけです。

俺としては団塊の世代のサユリストさんの意見をもっと聞きたかったりして・・・(笑)
集めてた (aq99)
2008-02-22 20:00:59
このシール集めてました。
結構高いお菓子やってんね~。

この映画はツボにはまりました~。
吉永小百合映画と思ってたんですが、山ちゃん+奈良のおじさんが、寅さん+建さんになってるとは思いませんでした~。
チョコベー (kossy)
2008-02-22 21:03:48
>aq99様
ご自分の名前はあったのでしょうか?
俺は買った記憶すらないのですが、友人の話を聞く限りでは、自分の名前がなかった・・・
ていうか、そのころは仮面ライダースナックに負けてたんじゃないでしょうか。

さすがに奈良のおじさんは寅さんみたいなキャスティングでしたが、山ちゃんが健さんだとは!
ううむ、ナイスです。
なぜ、浅野さん? (Aki)
2008-07-29 03:37:51
ですが、浅野さん起用に、ぶっとびました。
浅野さんとオダジョウさんは、(私の勝手な印象なのですが)、色気のある役をやらせたら、右に出る人はいない、ユルユルダルタル系の今ドキ代表の役者サン。
この役は彼?なのかな?と違和感が拭えませんでした。

第二次世界大戦(一番苦労した時)の描写の少なさは斬新だと思いました。

あの世でなんか会いたくない!この世で会いたい!も、強烈なボディーブローでした。

で、作品はとてもよかったのですが・・あの、揺るぎない、夫婦の絆・信頼・思想・信念は、どのように育まれたのか?
二人の出会い・恋愛・結婚を詳しく知りたいです。
浅野忠信 (kossy)
2008-07-29 21:07:20
>Aki様
海外進出してチンギス・ハンの役をやったり、色んなことにチャレンジしてますよね~今までは仰るような独特なキャラが多かったけど、今後は普通の俳優として注目したほうがよさそうですよね。

山田監督は戦争映画よりもこうした映画がよく似合うというか、いきなり作風は変えられなかったのでしょう。「たそがれ」のときも時代劇を撮るというのでセンセーショナルだったのを思い出します。
夫婦仲ももうちょっと描いてほしかったですよね。
山田監督 (Aki)
2008-07-31 01:30:15
山田監督の作品は大好きです。
【たそがれ】は少し地味だな~と感じました。男女・夫婦・人間関係の『信頼』『信念』『頑固さ』、『人情』『優しさ』『静かな強さ』、数字ではあらわせないモノや、優しさ、気持、行動、美しさ、温度を、視覚化してくれる。
日本人の美徳や価値観が変化してゆくなかで、やはりいい!美しい!と再確認させてくれる気がします。
時代劇から戦争モノへ (kossy)
2008-08-02 14:26:33
>Aki様
山田洋二監督には戦争映画は似合わないと思ってきましたけど、戦争を背景にした人情ドラマなら今後も作り続けてもらいたい。
やっぱり人と人との繋がり、日本の美しさを描いてくれることを期待しましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
母べえ (2007) 132分 (極私的映画論+α)
浅野さんの3変化(爆)
「母べえ」自由のない時代でも信じる思想を通して信じ合った強い絆の家族愛 (オールマイティにコメンテート)
「母べえ」は野上照代さん原作、山田洋次監督作品で、太平洋戦争へ突入する前の1940年から太平洋戦争へ突入した1942年を中心に父べえが治安維持法違反で検挙されて帰りを待つ母べえら家族とその知人と親戚の絆を描いたストーリーである。当時戦争に突き進んだ日本...
母べぇ (何書☆ねくすと)
 評価:★           微笑ましさと強さ度:90% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつま...
「母べえ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・松竹/監督:山田 洋次) 黒澤明監督のスクリプターを長く務めた野上照代さんの自伝ノンフィクション「父へのレクイエム」を元に、戦前・戦中・戦後を生きた家族の物語を、日本
「 母べえ (2008)  」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【母べえ 】2008年1月26日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 山田...
『母べえ』初日舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
『SP』の岡田准一、『篤姫』の宮崎あおいの『陰日向に咲く』と晴海通りを挟んで、舞台挨拶2本立てを計画していたが、ジャニーズファンの恐るべき猛攻によりチケット瞬殺オクでも万単位で取引されていたので、泣く泣く1本のみ(爆)山田洋次監督と完成披露で握手したのは...
生きとるうちが花やで 生きとるうちに楽しまな損やのになあ ~ 野上 照代 「 母べえ 」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 良く晴れた金曜日です。 今日は、先日御紹介させて頂いた、 1月26日(土)より全国公開予定となっている、山田洋次氏監督作品の 映画『 母べえ 』 ( ‘07年 日本 ) の原作となった野上照代さんの本について。 『 母( かあ )べえ 』 野上 照代 ( 単行...
松竹モニター試写会鑑賞 東劇にて ~ 山田 洋次 「 母べえ 」 (** Paradise Garage **)
明けまして、おめでとうございます。 今年もよろしくお願い致します。 良く晴れた元旦、火曜日です。 今日は、昨年の9月13日(木)に東劇にて行なわれた松竹モニター試写会で観させて頂いた、山田洋次氏の新作映画について。 『 母べえ 』 ( ‘07年 日本 ) 《 STA...
「母べえ」 (てんびんthe LIFE)
「母べえ」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 チラシやポスターをみたときに母親役が吉永小百合さま…、子供はまだ小学生じゃん、ちょっとやばいか? なんて突っ込んでしまったのですが、それは小百合さまを女優ではなく60代の熟女と決め付けてしまったからです。 ...
[映画『母べえ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
▼うちの<母べえ>が、映画『母べえ』の前売り券を持っていたので、いつもの<MOVIX昭島>に観に行く。 今夜は、レイトショーで『テラビシアにかける橋』も観に行く予定なので、<MOVIX昭島>三昧である。 うちの<母べえ>は、市の婦人会のお手伝いをしてい...
「母べえ」 (てんびんthe LIFE)
「母べえ」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 チラシやポスターをみたときに母親役が吉永小百合さま…、子供はまだ小学生じゃん、ちょっとやばいか? なんて突っ込んでしまったのですが、それは小百合さまを女優ではなく60代の熟女と決め付けてしまったからです。 ...
母べえ (Akira's VOICE)
叫ばなくとも強烈に響く「戦争反対」の声。
映画「母べえ」 (happy♪ happy♪♪)
昭和15年2月のある夜、東京に暮らす野上家では、 夫の滋(坂東三津五郎)と妻の佳代(吉永小百合)、 しっかり者の長女・初子(志田未来)と天真爛漫な次女・照美(佐藤未来)が 笑いの絶えない楽しい夕食を囲んでいた。 それが、家族揃った最後の晩餐になってしまった。...
「母べえ」:有明テニスの森バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}なに、ソワソワしてるの? {/kaeru_en4/}いや、吉永小百合って、テニスとか乗馬が趣味らしいから、ひょっとして有明あたりにいたりしないかなあと思って。 {/hiyo_en2/}いるわけないでしょ。 {/kaeru_en4/}でも、俺がいると知れば、来てくれるかもしれないぜ...
母べえ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ウチのが言うに、「婆べえ」じゃん。って(笑)
映画 【母べえ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「母べえ」 黒澤明作品の常連スタッフで知られる野上照代の自伝的小説「父へのレクイエム」を山田洋次監督が映画化。 おはなし:昭和15年。ドイツ文学者の父・滋(坂東三津五郎)が反戦を唱えたとして逮捕されてしまう。悲しみにくれる母・佳代(吉永小百合)...
「母べえ」を観る (紫@試写会マニア)
流石、山田洋次監督作品。映像が美しく、無駄がない。独特の清々しくも品のある、吉永小百合・主演「母べえ」を観てきました。 参加した試写会はいつものそれと違って、平均年齢がかなり高い感じ。正直なんで呼ばれたかちょっと不思議な(!!)感じもするくらい。上映中...
母べえ(2007年、日本) (泉獺のどうでも映画批評)
 この映画は、試写会で観ました。 監督:山田洋次主演:吉永小百合出演:浅野忠信、
★「母べえ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人...
母べえ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開 「人に指をさしちゃいけません!」・・・て、これよく言われたなぁ~、ウチの"母べえ"に。 はい、これはどこを切っても山田洋次監督作品でございます!!! そして、全国の"サユリスト"が...
母べえ (ケントのたそがれ劇場)
★★★  平日の昼間だというのに、館内はほぼ満員状態。一体どうなっているのだ。よく見ると、年配のカップルばかりである。 そりゃあそうだよな、若い人は働いている時間帯だものね。それにこの古いテーマの映画を若い人が観るはずもない。        太平洋戦争の...
母べえ(映画館) (ひるめし。)
何もしなくても、母の手があった。悲しくても、母の胸があった。
母べえ 08013 (猫姫じゃ)
母べえ 2008年   山田洋次 監督  野上照代 原作吉永小百合 浅野忠信 檀れい 志田未来 佐藤未来 坂東三津五郎 笑福亭鶴瓶 中村梅之助 ATOK 偉い! つるべ、一発変換ですね。 婆べえ、とか言う陰口も聞こえますが、なんのなんの、吉永小百合さん、お...
「母べえ」を観て (再出発日記)
世評があまりにも高いので、私は最初から冷静に、辛口でいこうと決心していた。監督・脚本:山田洋次出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、戸田恵子、坂東三津五郎特高役の笹野高史が土足で野上家に上がりこみ、調度品や蔵書を足蹴にする。江戸時代がかかったよ...
【母べえ】 (日々のつぶやき)
監督:山田洋次 出演:吉永小百合、浅野忠信、壇れい、坂東三津五郎、志田未来、佐藤未来、戸田恵子、笑福亭鶴瓶 予想していたよりも良かったです! 「昭和15年野上家、父べえと母べえと娘二人の幸せな暮しがある朝突然奪われた。父の滋はドイツ文学者で治安維持
母べえ■最後のセリフに注目! (映画と出会う・世界が変わる)
山田洋次は非常に饒舌な語り口の作劇の監督かと思っていたが、この作品では決してそうではないことが判る。戦前、戦中の悲惨な生活を、夫が、父親が不法にも囚われたその家族の孤独感を、そして囚われた父親への拷問も含めた厳しい取り調べを、それらを直接的に描くことな...
母べえ (ラングランド "WaiWai"ブログ)
山田洋次監督は、あと何作この世に映画を遺してくれるのだろう。 観終わった後、失礼ながらもそんなことがふと頭をよぎる。 太平洋戦争突入前後の東京が舞台の物語。 だからこそ、戦争を体験している人間が創る作品には説得力があり、 ずしりと伝わってくるものがあ...
観ました、「母べえ」 (乙女千感ヤマト)
日曜日の夕方に観賞したのですが、月曜日の朝上手く起床できないほどオチました(Φ▲
08-5「母べえ」母べえじゃないでしょ~2300円~ (いりりんの育児映画人生)
素晴らしい出来でした! ・・・と言いたいところでしたが、 「母べえ」じゃなくて「ばあべえ」でした。 決して吉永小百合が悪いんじゃなくて 20年前の吉永小百合ならベストだったんでしょうねえ。 だって年の割にはすっごく綺麗ですもの。 でもうちの子と大して年...
「母べえ」 母兵衛はたそがれない (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
『武士の一分』でキムタクを主演にしたばっかりに大ヒットしてしまい、すっかり松竹の屋台骨を支える事になってしまった(今に始まった事ではないが)山田洋次が吉永小百合主演で、また狙いにきた映画かと思ったけど、なんのなんの山田洋次イズムあふれる集大成的な映画に...
「母べぇ」いい映画です (ももたろうサブライ)
監督 山田洋次少しあらすじ ドイツ文学者野上滋の家族は仲良くお互いを「○○べぇ」と呼び合う。ある夜、特高が野上の家に踏み込み、二人の娘と妻の目の前で滋を縄にかける。 家族は滋の教え子山ちゃん、滋の妹久子に支えられながら滋の帰りを待ち続けるが・・・。感想...
【母べえ】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山田洋次   脚本/山田洋次、平松恵美子    原作/ 野上照代 『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)    製作年度...
母べえ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
山田洋次は、今の日本映画界で巨匠と言う称号の似合う、数少ない映画監督の一人だと思う。 その事を改めて実感させてくれた、藤沢周平原作に...
母べえ [監督:山田洋次] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
----??なキャスティングも、「サザエさん」実写版だと思うと深みが出てくる----
mini review 08317「母べえ」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえて、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ。夫のいない家族を支える強くてけなげな母親を演じた主演の吉永小百合をはじめ、坂東三津五郎や浅野忠信、子役の志田未来、佐藤未来が、戦前の動乱...
『母べえ』 (『映画な日々』 cinema-days)
 昭和15年、一家の大黒柱を思想犯として収監された一家  残された母と娘二人の気丈な生活を描く。    個人評価 ★★☆  『 映画雑感...
「母べえ」 (まっちゃん(ひきばっち)の映画がいっぱい!!)
 私はこの映画をみるにあたって、山田洋次監督の作品なので、母親とその娘たちが織り成す親子の絆を描いた作品なのだろうと、勝手に判断していた。 観ていくにつれ、確かに、親子の絆を描いてはいるが、 この映画の本質は、吉永小百合演じる「母べえ」の人生をとおして...
映画評「母べえ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・山田洋次 ネタバレあり
『母べえ』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家は、お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族だったが、昭和15年2月、滋が治安維持法違反で検挙されてから苦難の日々が始まった。そんな折、滋の教え子・山崎徹が訪ねてくる。それ以降...