ネタバレ映画館

8年ぶりの記事・・・(^^;

ワンダーウーマン

2017-08-25 18:20:33 | 映画2017
 近年珍しく第一次世界大戦が舞台となったDCコミック映画。特にマスタードガスを中心とした毒ガスが扱われている。ナチスではないドイツ軍の中にドクター・ポイズンという異名を持つイザベル・マル博士(エレナ・アナヤ)がその中心であり、実在の人物ルーデンドルフ将軍(ダニー・ヒューストン)が我が物顔で毒ガスを扱うといった構成だ。毒ガスと言えば、広島県にある大久野島に大日本帝国陸軍によって秘密裏に毒ガス研究施設が造られていたと報道番組で特集されていたことが記憶に新しい。

 ワンダーウーマン=ダイアナ(ガル・ガドット)はアマゾネスの島セミスキラで、母親ヒッポリタ女王(コニー・ニールセン)の子として生まれる。女ばかりの島でどうやって生まれたという疑問を誰しもが持つのだが、島に不時着したスティーブ・トレバー(クリス・パイン)も例外ではない。尋ねると「母親によって粘土で作られ、ゼウスが息を吹き込んで産まれた」と答える(驚)。『バットマンvsスーパーマン』でも、美しく勇ましいダイアナの姿を堪能したのですが、実は粘土だったんですよ!粘土・・・しかも100年以上生きているという・・・映画『アマゾネス(1973)』をご覧になった方は年に1度の交配行事があることを予想してたかもしれないけど・・・

 世界では大きな戦争が起こっていることを知らされたダイアナはスティーブとともに島を後にしてロンドンへと旅立つ。ダイアナは世間知らずのお姫様なのですが、博識で何ヵ国語も喋れるという超エリート。スパイであるスティーブがドイツ軍から盗んできたノートのシュメール語をも解読できるのだ。「これは毒ガスの化学式ね。しかも水素系の・・・」とか。さらに、戦争をやめさせるというダイアナの意気込みも「軍神アレスを倒さなくては」と、イギリス軍から見ると浮いた存在になってしまう。頭がよくても、世間知らずなので、“前線”の意味もわからないところがちょっと可愛い。

 こうしたやりとりの後で、結局は参戦してしまうダイアナ。塹壕から飛び出し、集中射撃を浴びるものの、彼女のブレスレットはどんな弾もはじいてしまうのだ。砲撃となれば強力な盾が防いでくれるのだ。一気に突撃をしかけ、一つの村を救うことになるのだが、司令部に乗り込んでからは村が悲惨な攻撃を受けてしまう。怒るダイアナ。とにかく怒れば怒るほど強くなっていくワンダーウーマンなのだ。ルーデンドルフと対峙するダイアナ。彼こそがアレスだと思っていたのに、本物のアレスは・・・という展開。

 迫力もあるし、戦争も背景にあるし、141分もあるし・・・と、超大作映画ではあるが、なにか物足りない。トレバーとの恋愛部分も違和感のせいだろうか、相手は粘土ですよ!粘土!と声に出してしまいたくなったせいかもしれません。毒ガスが漂ってる中を平然と歩く姿を見ても、粘土だからなぁと頷いてしまう。“兄”なんていう言葉も付け足しのように出てきますが、ゼウスには子供がいっぱいいますから・・・


★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベイビー・ドライバー | トップ | 関ヶ原 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (BROOK)
2017-08-25 20:09:37
“粘土”が気になってしまったんですね…^^;
私はそんなワケないよねぇ…という感じで観ていたので、大丈夫でした♪

作品全体はアクション満載でガル・ガドットの美しさも堪能出来ました。
こんばんわ (にゃむばなな)
2017-08-25 23:02:49
私はあえて「本当の子作り」を知らないお姫様が母親からの粘土話を真に受けているものだと思って見てました。
でも神々云々の世界観ですからね。
粘土ですよ!粘土!も強ちありそうなんですよね~。
粘土 (kossy)
2017-08-26 00:34:36
>BROOK様
粘土・・・そのイメージが最後まで(汗)
本当はカッコよかったと書きたかったのに。
作品そのものは良かったと思います♪

>にゃむばなな様
本当はそうだったんですかね。
何しろゼウスの子であることは間違いないですから、
やはり人間とは違いますもんね。
毒ガスにも負けない神の子♪
ゼウスとアンティオーペの子 (KGR)
2017-08-30 09:27:38
だと、アレスがばらしてましたが、粘土ではなくそれが真相かと。

浮気症候群のゼウスのこと、半神(へロス=ヒーローの語源)はわんさかいますし、ダイアナもその一人でしょう。
こんにちは (yukarin)
2017-08-30 13:50:33
女性ばかりの島に住んでて、男が振ってきても一般世間に来てもたいして驚かないのがすごいなーと思いました 笑
とにかくガル・ガドットの美しさ格好良さに見とれてました~
resultbuzz (sunita)
2017-08-30 17:12:59
fluent beauty of Gal Gadot in the whole work is action-packed it is complete
ガドット (kossy)
2017-08-30 22:08:55
>KGR様
ゼウスの子供は何人だったか、
神同士の子供たちや人間との間の子など。
半神というのは理解していたのですが、
どうしても粘土が頭から離れませんでした。
あと気になるのは、
神話の時代ということはもっと年齢がいってるのかと・・・

>yukarin様
なにしろ人間と同じ大きさですからね~
男という存在は聞いていたのでしょう。
ガル・ガドットの美しさと強さはほんとに惚れ惚れです♪
全12巻のアレ (メビウス)
2017-08-30 23:48:51
kossyさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

まあ粘土でどのように生命を形作るのかという神の御業も気にはなりますが、個人的にそれ以上に気になったのは、全12巻もあるという快楽の色々が詰まった本の内容ですねwDCの世界だと、もしかしたら〇ロ本の起源なのかもしれませんねぇ^^;

まあそれは置いといて・・・DC作品は前作の『スーサイド・スクワッド』が自分にはとてもイマイチな作品だっただけに、本作の単独作品は良い意味で巻き返しが出来ている内容だった気がしました。女性のヒーロー作品もどこか見慣れていないせいか、一騎当千のダイアナの活躍はマーベルヒーローにも負けないような興奮もありましたね♪
アレ (kossy)
2017-08-31 21:49:23
>メビウス様
全12巻なんて読むのも大変ですよねw
ダイアナはかなりの耳年増になってるかと思われます。
力も強いけど、頭の中も凄いことになってますね~

『スーサイド・スクワッド』は前半は見続けるのが大変でした。
早く進まないのかな~と・・・
ワンダーウーマンのおかげでマーベルに対抗できるかと思いますが、
今後は彼女がメインになるんでしょうかね。
やはりバットマンかなぁ・・・
Unknown (えふ)
2017-09-01 21:16:27
強さ+純粋無垢なところが良かったです。
それから粘土でできてなくて良かったです(爆

コメントを投稿

映画2017」カテゴリの最新記事

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ワンダーウーマン」 (日々“是”精進! ver.F)
信じるは、愛の力… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201708250000/ 『ワンダーウーマン』オリジナル・サウンドトラック [ ルパート・グレグソン=ウィリ......
『ワンダーウーマン』 (こねたみっくす)
やっぱり彼女の前ではどんな男も霞んでしまう。ただしスティーヴだけは…違った! マーベルに押されまくりのDCコミックに救世主現る!もはや男性ヒーローなんて、特にマザコンヒ......
[映画『ワンダーウーマン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・マーベルコミックスのヒーローたちを一堂に会させたのが「アベンジャーズ」。 そして、DCコミックスのヒーローを参集させたのが「ジャスティス・リーグ」。 今作は、ジ......
映画:ワンダーウーマン Wonder Woman DCコミックス物第三のスーパーキャラが登場!(なの...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
NY渡米時にちょうど公開されていたが「どうせアメコミヒーロー物」とスルー。 というのは、もうMARVELでさえウンザリ! なのに、DCコミックス物。 「バットマン vs スーパーマ......
ワンダーウーマン (あーうぃ だにぇっと)
ワンダーウーマン@スペースFS汐留
ワンダーウーマン(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を......
『ワンダーウーマン』 2017年8月25日 丸ノ内ピカデリー (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『ワンダーウーマン』 を鑑賞しました。 やっぱりガル・ガドット綺麗ではまり役だね 【ストーリー】  人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
ワンダーウーマン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3.5点】(11) 遂にアメリカン・ドリームを手に入れたガル・ガドット。
「ワンダーウーマン」 (或る日の出来事)
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。
ワンダーウーマンIMAX3D★★★・5 (パピとママ映画のblog)
『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこと......
「ワンダーウーマン」 (ここなつ映画レビュー)
予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっか......
『ワンダーウーマン』(2017) (【徒然なるままに・・・】)
<DCフィルムズ>という日本独自の呼び名は一向に定着しないようなので、改めて<DCEU>と呼びますが、それの第三弾!「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」で鮮烈なデ......
「ワンダーウーマン」☆アクションの優雅さ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
こんなにボディラインはっきりのスーツで、優雅に舞いながらアクションを華麗にキメて、クールビューティーな美人がバッタバッタと男性を倒していくんだから、そりゃもう男性陣は......
「ワンダーウーマン」、最強の女戦士! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆ (劇場鑑賞) アクション映画好き ☆☆☆★ アメリカアクション漫画を二分するマーベルコミックに対する、DCコミックスに新しいヒロインが誕生した。 新星......
『ワンダーウーマン』('17初鑑賞97・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月25日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。
ワンダーウーマン (だらだら無気力ブログ!)
ガル・ガドット、かっけー。
映画「ワンダーウーマン」IMAX 3D (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2017/8/26、109シネマズ木場。 2番スクリーンはIMAXシアター。 良い席はどの回も早くから埋まっており、ちょっと端目にはなったが中央通路直前のJ列を選択。 * ......
ワンダーウーマン (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【WONDER WOMAN】 2017/08/25公開 アメリカ 141分監督:パティ・ジェンキンス出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、コ......
映画『ワンダーウーマン』★美しく強いダイアナに魅了される!そして愛(^^)/ (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170257/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください 頼もしく強い美女☆の活躍もですが 案外、深いものがあるーーと聞いたので、楽しみにして......
ワンダーウーマン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】パティ・ジェンキンス 【出演】ガル・ギャドットダイアナ/クリス・パイン/ロビン・ライト/ダニー・ヒューストン/デビッド・シューリス/コニー・ニールセン/エレナ・アナ......
ワンダーウーマン(日本語吹替版)  監督/パティ・ジェンキンス (西京極 紫の館)
【出演】  ガル・ガドット(ダイアナ/声:甲斐田裕子)  クリス・パイン(スティーブ/声:小野 大輔) 【ストーリー】 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生......
17-262「ワンダーウーマン」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
僕は今日を救う、君は世界を救え  女性だけが暮らすアマゾン族の島に生まれ育ったプリセンスのダイアナ。最強の戦士になるべく、日々過酷な訓練に打ち込んでいた。  そんなある......
「ワンダーウーマン」:女性ならではのアクション (大江戸時夫の東京温度)
映画『ワンダーウーマン』は、DCの『ジャスティス・リーグ』公開前に、ワンダーウー
80『ワンダーウーマン』これがやりたかったのね! (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
女神の降臨!DCの逆襲! DCエクステンデッド・ユニバース3作目 『ワンダーウーマン』 ~あらすじ~ 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダー......
「ワンダーウーマン」Wonder Woman (2017 WB) (事務職員へのこの1冊)
とにかく、ほとんど何の事前情報もなしに観た。 もちろんDCコミックスの世界観のなかでのお話で、「ジャスティスの誕生」に登場した魅力的なワンダーウーマン(ガル・ガドット)......
■ワンダーウーマン (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第435回「あと1ひねりあったら、もっと面白かったのに。」 マーベル・シネマティック・ユニバースに続けとばかりに着々と各キャラクターの単独作品を作り、11月の「ジャス......
ワンダーウーマン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)......