ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

世界最速のインディアン

2007-02-06 02:28:03 | 映画2007
 舌下錠で絶好調!

 サクセスストーリーとロードムービーの融合だとは想像もできなかった。最近観た映画でいえば、決して成功するわけではないロードムービーの『リトル・ミス・サンシャイン』と、結果が見えている『幸せのちから』を融合したような作品とも言えるかもしれません。しかし、ロードムービーの定義はハッキリしてはいませんけど、そのロードムービーから得られる感動というのはA地点からB地点へと移動して、その目的地に到達したこと自体に感慨深さが得られるものだと思うのです。したがって、この映画の場合は「融合」ではなく、「付け足し」。全体的にはどうしても混ざりきらない違和感がありました。

 そうはいっても、バイクを愛するジイさんの生き様はカッコよく、信念を曲げないこだわりには共感してしまいます。序盤、海岸での若者たちとのレースにより、真っ直ぐ走ることだけは凄いのにターンが上手く出来ない様子には彼の人生そのものを感じさせてくれるし、負けたって過去にこだわらない男意気。ニュージーランドからアメリカに渡ってカルチャーギャップを思い知らされても自分を見失わない。10%のチップを要求されても10セント渡せばいいのです。

 ロードムービーといえば“出会い”が重要な要素。アンソニー・ホプキンス演ずる実在の人物バート・マンローは「グッダイ!」と挨拶して、どこへ行ってもニュージーランド訛りを隠さない。自然な笑顔と好々爺然とした人なつこさによって誰とでも仲良くやれそうなのだ。しかも、車に関する知識や技術のおかげで重宝がられたりもする。自分だったら、あの中古車屋に就職してしまいそう・・・あぁ。

 リンチ監督の『ストレイト・ストーリー』では「この後どうなるんだろう?」という余韻を残してくれた映画でしたが、今作では“その後”をあっさり描いてしまったロードムービーでした。だからといって、迫力あるボンヌヴィル塩平原のレースシーンは欠かせない部分。やはり一本の映画にまとめるのは難しい。結果、バート・マンロー本人の人生には憧れるけど、映画としては何か足りなかったです。

★★★・・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (27)   トラックバック (63)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dear Friends ディアフレンズ | トップ | パプリカ »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (nikidasu)
2007-02-06 08:53:22
あれっ?
普通に観てたら、普通に嬉しくなって、普通に感動してしまいましたッス。
個人的にはとても愛すべき映画でした。
ただそれって、映画的魅力と言うより主人公の存在、およびアンソニー翁の飄々たる演技による部分が多かったのかも。
でもでも、やっぱりいい映画だよーと、私ゃ言いたいのですが…。
Unknown (syobayashi)
2007-02-06 10:30:43
良い作品だったと思います。

ニュージーランド人としての誇りってものを大切にする彼は良い感じでしたね。

私が気になるのは、金属がバリバリ入った水を飲み続けていたちびっ子の将来です・・・(^^)
ジイさんの魅力 (kossy)
2007-02-06 15:50:13
>nikidasu様
そうですよね。
俺は普通の精神状態じゃなかったのかもしれません。多分ボンヌヴィルへ到着した時点で感動し、その後がどうでもよくなっていたのかもしれません・・・それよりもレースが終わったら、あの中古車屋へ寄ったのかな~とか余計なことを考えたらり・・・
主人公が魅力あるんだから、魅力的な映画、素敵な映画と言っても問題ないです・・・

>syobayashi様
ひとり冷めた感想になって申し訳ありません。
ニュージーランド人の誇り!というのは感じられましたよね。アメリカごときの風習がなんだ~!って、我を通すジイさんが魅力的でした。

ちびっ子の将来は間違いなく前立腺肥大(?)ちゃんとレモンの木におしっこかけてるから、同じ道を進むのかもしれないし・・・
kossyさん☆ (mig)
2007-02-06 18:49:17
そうでもなかったですか、、、
『リトルミスサンシャイン』と『幸せのちから』よりも
わたしは好きでした
すごく感情移入してしまいましたよ~アンソニーじいちゃんに☆
う~む (kossy)
2007-02-06 18:58:28
>mig様
4点にしようかと迷った挙句3点に・・・
その『リトルミスサンシャイン』と『幸せのちから』が好きだから、ちょっと差をつけたかっただけかもしれません(汗)
俺は逆に皆様が高評価なので、ビビッています・・・
最速ランクイン!? (たましょく)
2007-02-06 21:41:42
 ども、たましょくです♪

 いやぁ~愛すべきヲヤジの物語でしたね~。
最近、スカッとしないことばかりだったので
この映画観たら、小さな失敗でしょげるより
も次の成功に繋げようとゆー気持ちになりま
した!(自分のブログでこーゆーことを書け
ないです…w)

 「泣きのポイント」って、全世界共通な部
分って、やっぱあるんですね。たましょくは
最後のシーン、庭が手入れされていたところ
とか好きでした。
いい映画でしたね (kisen)
2007-02-06 23:05:35
kossyさん、こんばんは。

誰からも好かれる、こだわりのある男に、つい惹かれてしまう周りの人たち。

これほど安心して見れる映画も少ないかな、と思うほどいい人ばかりが出てくる。
そのうえ、というか、そんな男だからか、やたらに女にもてる。

この映画はアンソニー・ホプキンスがいてこその成功ですね。うまいものです。

何事もうまく行きすぎるところはあると思いますが、この主人公を見ていると、そんなことも許してしまいます。

こんな暖かい映画も、たまにはいいものですね。
めげない (kossy)
2007-02-07 00:39:31
>たましょく様
俺もここでは書きづらいのですが、めげることだらけで困ってます。俺はとりあえず「幸せのちから」で元気をもらったので、多少は楽になりました。

最後の芝刈り後の映像はよかったですね。
来年も参加するぞ!という言葉に俺はちょっと悲しくなったんですけど・・・やはり中古車屋に・・・

>kisen様
そうですよね~
悪人がほとんど登場しませんもんね。最初に花を10ドルで買わされたところくらい?10ドルだけだったのでホッとしましたよ(笑)

アンソニー・ホプキンスはいいですね~
人間の脳みそまで食っちゃう人にはとても思えません!
時代もベトナム戦争の時代だし、みな心の温かさを求めていたからかもしれませんね。

確かに・・・ (latifa)
2007-02-07 18:00:07
こんにちは!kossyさん、ストレイト・ストーリー以来の?爺様がんばれロードムービーでした。
確かに、映画としては、バラバラ脇役のエピソードが大過ぎというか・・まとまりが無い感じもしましたが、でも、こんな爺様が実際にいたんだ!ってこと自体が衝撃で。
映画帰ってから、バートマンロー本人について調査してしまいました
ご本人写真を見た限りでは、アンソニーホプキンスより、ぐっと細身で若干若い?爺様でしたw
本人 (kossy)
2007-02-07 19:06:42
>latifa様
この本人さん、なかなかダンディーですね。
こんな若くてかっこいいジイさんだったら、もっとモテモテなのかもしれません。
「ストレイト・ストーリー」はスピードに関しては全く逆の世界でしたよね。まぁ、このインディアンでもオンボロ車はのんびりしてましたが・・・

記録が破られてないってことも、パラシュートを使わなかったってことも凄すぎますよね~
サクセスストーリー (シャーロット)
2007-02-07 19:59:29
こんばんは。
ロードムービー好きなワタクシですが、どちらかというとサクセスストーリー的かな?と思って見てました。
もっと映像的にも見せ付けてくれるシーンがあったら、また感動も違ったかもしれません。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-02-07 21:38:25
なによりもアンソニー・ホプキンス演じるバートが魅力的でした。
オートバイにまたがる姿、革ジャンを着た姿は今までの彼からは想像もできなかったな~(笑)
あの塩平原の景観も素晴らしかったです!
Unknown (えふ)
2007-02-07 21:57:35
マンローじいさんの生き方って、
かっこいいし、ある意味理想的な生き方ですよね。
しかしあの時代にあの年齢で現役でバイクに乗っていたのには驚きです。
ロードムービー (kossy)
2007-02-08 00:39:59
>シャーロット様
そうですよね・・・ロードムービーの形をとりながらやっぱり最後はサクセスストーリーだったという。
映像的によかったのはあの塩平原を走るシーンですよね。転倒したときにはどうなるかと心配してしまいました。

>ミチ様
俺はおじいちゃんが主人公の映画ってそんなに評価が高くならないんだ・・・と気づきました!「ウォルター少年」なんて全然受け付けなかったし・・・
これも、俺が生まれたときからお祖父ちゃんがいなかったことが原因なのかもしれません・・・

>えふ様
俺も頑張って運転し続けよう・・・
さすがにスピードは出さないと思うけど、安全運転で!
あぁ、どうしてこうも俺は夢のない・・・
スピード大好きバート (AKIRA)
2007-02-08 17:16:36
「ライトスタッフ」と
「ストレイトストーリー」を足したようでした。

良い映画なんですが,
余韻をもっと与えてほしかったです。。
私の場合は (かのん)
2007-02-08 18:58:17
私は逆にサクセスストーリー系だと思っていたので、ロードムービー的な旅物語に引き込まれた感じです。実話で結果がわかってるぶん、主人公の人柄、周囲の人々との交流に焦点を当てていったのかもしれませんね。レース場でみんながバートに手を差し伸べた気持ちは私も凄く共感出来るんですよね。サッカーサポの心理に例えるとドーハの悲劇やジョホールバルの歓喜を生観戦した人が尊敬されるようなものでしょうか?イヤ、彼はプレイヤーですからそれ以上ですね。変な例えでスミマセン(笑)
ストレイトストーリー (kossy)
2007-02-08 19:41:54
>AKIRA様
そうかぁ~もうひとつはライトスタッフ!納得(笑)
これだけ悪人が登場しないってのもいい映画の証明なんでしょうね。
俺も同じく余韻が欲しかった・・・

>かのん様
近くにいるだけで温かい人間性がにじみ出てくるようなバートでしたもんね。俺だってそばにいれば、「よっ!頑張れよ、じいさん」などと声をかけたくなってくるような人でした。
なんだか、ドキュメンタリーとして彼の人物像を見てみたいとも感じたのですが、それはそれで良作となるような気がします。
ドーハの悲劇、あの悔しさは忘れられませんね・・・
Unknown (motti)
2007-02-13 08:58:13
昨日見てきました!
流行りの実話ベース映画で、タイトルからして栄光にいたるまでの映画なんだろうとわかっちゃいるけれど、とにかく前向きで、暖かみある映画でした!
ドナルドソン監督は70年代に監督デビュー以前にバート・マンロー本人を取材してドキュメンタリを制作しているという。
細かい逸話はたぶん本当の取材から得た実話だろうし、そういうこだわりの部分を暖かいタッチで綴っている点も、近年ハリウッド映画のはやりの偉人列伝モノより僕が受け入れられたところでした。
だからいい人ばかり出てくるのって出来すぎのようですが、きっとバートマンローの目に映った人々はああ見えた...と解釈すると本当にホンワカした気分になります。
前向き (kossy)
2007-02-13 20:26:31
>motti様
みなさん前向きに映画をご覧になってるようでうらやましい限りです。どうも俺の頭の中では中古車屋さんでストップしているみたいです。
ドキュメンタリーを作っていたとはすごいですよね。観ることができればいいんですけど、放映してくんないかなぁ~
たしかに伝記ものとしてみれば、変わった作りですから、ユニークで面白いですよね。いい人ばかりというのも温かくてよかったと思います。
Unknown (ケント)
2007-02-18 17:41:20
こんばんは、ケントです
TBお邪魔します
凄い爺さまですね。
それにしてもあの記録がいまだに健在とは驚きです。
確かにあの中古車屋も魅力的でしたよね。
じい様 (kossy)
2007-02-18 18:16:49
>ケント様
憧れちゃいます。あのじい様のイキザマ。
でも俺には絶対真似ができない・・・俺だったらコンテストが終わって記録を出しても出さなくても中古車屋に就職しちゃいますもん。
この映画を観て記録を破ってやろうとするイキのいい若者が現れるといいですね♪
ロードムービー (t-higu)
2007-02-20 01:53:53
kossyさん、この映画は今ひとつだったみたいですね~。

僕も、ロードムービー的要素があるのは知らなかった
ので、「おっ!?」ってな感じでした。

A・ホプキンスの人柄のよさそうな雰囲気がよかったです。
後、ローテクでも工夫次第ではハイテクにも十分勝てる
んだ、という展開も個人的には気に入ってます。
ロードムービー (kossy)
2007-02-20 07:52:07
>t-higu様
ブロガーの皆さんも大絶賛のなか、一人取り残されたkossyです(汗)
ローテクがハイテクに勝つという考え方は素敵ですね~
大量生産される工場での作品よりも伝統的な職人技が勝つ!みたいなものかもしれませんね。
俺も職人技を身につけたいです・・・
おや? (しゅぺる&こぼる)
2007-03-03 12:07:36
KOSSyさんの中ではそれほど高評価ではなかったのですね。これは観る精神状態にもよるかもしれません。
この映画を観たあと、ウルフルズでも聴いて
ドライブすれば、そりゃもうごきげんになるかもしれません。
地味に公開されてましたが、観てよかったなと思える作品でした!
>10%のチップを要求されても10セント渡せばいいのです
ここウケましたね。
無理やりこどもは出さなくてもいいんじゃない?とは思いましたが。。。
ビンセント・ギャロは本当はこのような人物を描きたくて失敗したのかしら?(ブラウン・バニー)
精神状態 (kossy)
2007-03-03 12:18:52
>しゅぺる&こぼる様
そうなんですよね。
俺の精神状態は安定を求めていたから、無謀なことをするよりも堅実な就職を選んでしまう・・・
安定した生活をしている人が観ると、夢を追うことがいかに大切かわかる映画なんでしょうね~
バート・マンローの生き方はほんとうに憧れます。

ビンセント・ギャロもそういやバイクに・・・アメリカって土地は、ほんとに気持ちよく走れるところがあるものなんですね~
TBさせて頂きました。 (小米花)
2007-08-21 10:37:10
私は、単純に「心温まる作品」として、良かった~と思いました~。
でも人ぞれぞれの感想を見せていただけるのが、嬉しいですよね。

アンソニー、さすがだと思いました!
俺だけ・・・ (kossy)
2007-09-01 00:15:37
>小米花さま
なんだか俺だけ点数が低いので、観方を間違えたかな~なんて反省したりしてるのです・・・
心温まるってところは同じなんですけどね・・・

最近、何も予備知識をもたずに鑑賞することが多いのですが、この映画の場合、ちょっとでも調べておけばよかったなぁ・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

63 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『世界最速のインディアン』 (Sweet* Days)
CAST:アンソニー・ホプキンス 他 STORY:ニュージーランドに暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)は63歳。彼は、バイクの聖地、アメリカのボンヌヴィルで、何十年もかけて改造した「インディアン」で世界最速記録をうち立てるのが夢だった・・・ 60歳を越え...
「世界最速のインディアン」 The World's Fastest Indian (俺の明日はどっちだ)
ニュージーランド南端の町、インバカーギル。小さな家に独りで暮らしている初老の男バート・マンローは、40年以上も前のバイク“1920年型インディアン・スカウト”を自ら改造し、ひたすら速く走ることに人生を捧げてきた。そんな彼の夢は、ライダーの聖地、アメリカのボン...
2007-02:世界最速のインディアン (正咄 その弐(旧七転八倒映画館))
タイトルを最初に聞いた時にインデアンが爆走するギャグ映画か?と思ったのだがフタを開けるみるとこれが実にほっこりする良い作品がこの世界最速のインディアンだった。原題が「THEWORLD’SFASTESTINDIAN」だからあながち滅茶苦茶な邦題って事もなく、もともとギャ....
『 世界最速のインディアン 』 (My Style)
『 世界最速のインディアン 』鑑賞。 ニュージーランドの最南端から、とてつもない男がやってきた。 バート・マンロー、63歳。若くはないし、金もない。 しかし彼には愛するマシン“インディアン”と、 誰にも負けない情熱があった。 これは、奇跡のような大記録に挑戦し...
世界最速のインディアン /The World's Fastest Indian (我想一個人映画美的女人blog)
めちゃくちゃ脚の速いインディアンの話じゃないよ って前にも書いたか{/face_tehe/} でも半分くらいの人がそう思うんじゃ?? (笑) 1月の観たいリストに入れてたけど、公開は少し延びて2月になりました☆ 監督は『リクルート』や『13デイズ』など、ちょっと重めの作...
世界最速のインディアン (何書☆ねくすと)
評価:★  心意気:100% 評価俵(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』  ニュージーランドの片田舎・インバカーギルで
映画「世界最速のインディアン」 (いもロックフェスティバル)
アンソニー・ホプキンス主演の映画『世界最速のインディアン』の試写会に行った。
世界最速のインディアン (そーれりぽーと)
アンソニー・ホプキンスがスピード狂のじいちゃんを演じる『世界最速のインディアン』 アンソニー・ホプキンスのどこがインディアンなのか、つかインディアンってアメリカではもう使っちゃダメな言葉なんじゃなかったけ?と気になって観てきました。 ★★★★★ はい、こ...
応援したくなるじーさん 「世界最速のインディアン」 (平気の平左)
評価:70点
BORN TO RUN !「世界最速のインディアン」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
その永遠の5分に。BORN TO RUN、まさに走るために生まれてきた !!「世界最速のインディアン」傑作です !! 物語・63歳にして世界最速に挑む男、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。彼
映画~世界最速のインディアン (きららのきらきら生活)
 「世界最速のインディアン」公式サイトチラシからも、予告からもあーんまり惹かれなかった作品。。。60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた感動の人間ドラマ。ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプ...
世界最速のインディアン (悠雅的生活)
夢は、人生は果てしない。
「世界最速のインディアン」感想と、バートマンロー本人写真・経歴 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
世界最速のインディアンを見て来ました。 良い人ばっかりが次々現れるし、上手いこと行きすぎ?な感もあるのですが、それでも軸になる部分は信じられないけれども「実話」なんです。ラストに出る字幕で、またもうひと
世界最速のインディアン (シャーロットの涙)
惚れた。信じた。追いかけた。
映画「世界最速のインディアン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「世界最速のインディアン」 60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた作品。 ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカ...
世界最速のインディアン (Lovely Cinema)
2005/ニュージーランド・アメリカ 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス(バート・マンロー)    ダイアン・ラッド(エイダ)    ポール・ロドリゲス(フェルナンド)    アーロン・マーフィー(トム) ↑これ、イクスピアリに...
世界最速のインディアン (eclipse的な独り言)
 期待なしに見てきました。でも良かったです。今年はあまり外した映画ないですね。
世界最速インディアン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
惚れた、信じた、追いかけた。 21歳・・・<インディアン>という名のバイクと出会う。60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた感動の人間ドラマ。誰にも期待されていなかった年老いたライダーが、世界最速記録を...
世界最速のインディアン (Akira's VOICE)
旅行は計画的に。
世界最速のインディアン/アンソニー・ホプキンス (カノンな日々)
爆走するレクター博士、踊るレクター博士、セクシーなレクター博士、お茶目なレクター博士にいっぱい会えました(笑) なーんて、アンソニー・ホプキンスといえばレクター博士という図式で凝り固まっていた私の頭を見事にリセットしてくれました。ちょっと変わり者ではある...
世界最速のインディアン (とんとん亭)
「世界最速のインディアン」 2006年 米/新西蘭 ★★★★★ 車やバイクにそれほど興味がないせいもあり観ようかどうしようか大いに迷った 作品。 折りしも今日自動車免許の書き換えで講習を受け、「昔と違って今の車は激突 するとエアーバックが作動し...
映画「世界最速のインディアン」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The World's Fastest Indian バイクに乗らなくなって何年か経つけど、心地良い振動と、文字通りに一体となって風を切り裂いていく、あの素晴らしい感覚が、心臓の高鳴りと共に甦る・・ バイクでは随分と危険な目にも会い、常にスリルと恐怖さえも同居して...
「世界最速のインディアン」試写会 (ミチミチ)
「世界最速のインディアン」 監督 ロジャー・ドナルドソン CAST アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィ・・・story ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、伝説のバイク“インディアン”...
「世界最速のインディアン」 (管理人の極私的日誌 [四代目])
公式サイト 実在した「いかれポンチ・バイク爺ぃ」を描いた映画。 愛車「インディアン」号で世界最速を目指すのであるが、 この爺さん、普通じゃありません。 ニュージーランドから大会の行われるアメリカへ。 困難にも飄々として屈せず、色々な人に助けられながら(...
「世界最速のインディアン」 生き方上手 (はらやんの映画徒然草)
「5分が一生に勝る」 「夢を追わない男は野菜と同じだ」 映画の中でバートがぽつり
★「世界最速のインディアン」 (ひらりん的映画ブログ)
2007/02/03劇場公開日のナイトショウで鑑賞。 オートバイの世界記録を作ろうとするジイさんのお話・・って事は、 予告編見て知ってます。
世界最速のインディアン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
いつかはクラウン...ってのは下世話だけど、僕もバイク好きだから、一応、バイカーとしてはいつかはハーレー..とか言うモンなのはわかる。 でもインディアン!! つまり、コカコーラよりもドクターペッパーに魅力を感じる
映画ネタ!世界最速のインディアンを見ましたよ! (うさぎ(名前はラフィー)の日々の様子)
こんにちは、三連休もすっかり終了しましたがみなさん張り切って活動していますか? その三連休を利用してメイン&サブ飼い主は、「世界最速のインディアン」を見てきました。 チケットを購入して会場に入場した瞬間、年齢層が高くてちょっと驚きました。 大体、殆ど40...
世界最速のインディアン (PLANET OF THE BLUE)
この映画のタイトルだけを聞いた時、 「なんじゃそりゃ?」 て思ってたんですけど、内容はいいものでした。 監督・脚本・製作  ロジャー・ドナルドソン 出演  アンソニー・ホプキンス 他 ?インディアン?とはバイクの名前のことです。 これを知らない...
映画:世界最速のインディアン (駒吉の日記)
世界最速のインディアン(シネマイクスピアリ) 「顔にしわはあっても心は18才だ」 レクター博士がお金はないけど年令は誰にも負けない好好爺に! 掘っ立て小屋のようなところに住み、マシンは博物館行きになりそうな代物、倹約と工夫して夢のボンヌヴィル塩平原...
「世界最速のインディアン」ロードムービーの傑作 (再出発日記)
当りでした。あまり期待していないで、こんなのに当たると心底嬉しい。監督:ロジャー・ドナルドソン出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、アニー・ホワイト60年代初め、63歳の老人が25年がかりの夢を果たすために...
世界最速のインディアン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギルに住むバートは、小さな小屋のような家で独りで貧しい生活をしています。そんな生活の中で夢見るのは、米国ボンヌヴィルの大会で自分で改良を重ねた愛車、インディアン(ネイティブ・アメリカンのことではなく、かつてハー...
世界最速のインディアン (It's a Wonderful Life)
いや~この映画なんかいいですね。好きだなぁ。 結構ダラダラしてて冗長だったり、マイナス面もある作品なんですけど、 そんな事は気にならないくらい観ていてとっても幸せな気分になってくる ロードムービー。 こういう人との関りあいの楽しさを描いた作品って...
夢を追う男の話『世界最速のインディアン』(2007年5本目) (ON THE ROAD)
しかし、すげーじいさんだな~! 実はテレビの映画紹介で内容を知るまで、 てっきりこの映画は西部劇だと思っていた{/face_ase2/} 『インディアン』はオートバイの名前だったとは・・・ 勘違いして、あやうく見逃すところだった。 この映画の上映館は仙台地区に2ヵ所...
世界最速のインディアン(05・ニュージーランド・米) (no movie no life)
記録よりも、あの局面で「上体を上げた」勇気に白旗。 ニュージーランドに住むスピード狂のバイク乗り、老人バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。オートバイ最速の世界記録を破るため、愛車「インディアン」とともに長年の夢であったアメリカ・ボンヌビル塩平...
映画『世界最速のインディアン』★★★ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  63歳にしてニュージーランドから単身アメリカへ渡り、オートバイ世界最速記録を打ち立てた伝説のライダー、バート・マンローの実話の映画化。 “インディアン”とはアメリカン・インディアンではなく、彼のバイク「インディアン・スカウト(バイク...
世界最速のインディアン (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  1000CC以下のバイクで300km以上の世界最速記録を達成した、63歳の元気な老人の実話である。主演のバート・マンロー役に、あのアンソニー・ホプキンス。バートを演じるホプキンスには、ハンニバルの陰湿なイメージは全くない。 それどころか明る...
【MOVIE】世界最速のインディアン (思いつくままに)
■感想など 目玉焼きの両面焼きは、「Easy Over」 ニュージーランドに住む、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は、自分の 持つバイク「インディアン」で世界最速の記録を出すことを夢見る老人。 アメリカのボンヌヴィル平原で行われる大会への出場を望むが、大金...
『世界最速のインディアン』 (京の昼寝~♪)
惚れた。信じた。追いかけた。   ■監督・脚本 ロジャー・ドナルドソン■キャスト アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、アニー・ホワイト □オフィシャルサイト  『世界最速のインディアン』  ニュージー...
世界最速のインディアン (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
出演 アンソニー・ホプキンス  アンソニー・ホプキンスが童心あふれる65歳を演じている。もともと童顔(だからこそ「羊たちの沈黙」が怖い)だから表情に甘さがある。その甘さが他人をやわらかい気持ちに誘う。ついつい親切にしたい、というよりも、むしろ、甘やかした...
世界最速のインディアン (C note)
愛しのレクター博士さま。これからはバート・マンローじいちゃまのことも、等しく想
『世界最速のインディアン』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
今回はめずらしく前情報ゼロで見に行きました。ただ、評判がいいらしいのでとにかく見ようと思いました。そして、面白かった。感動しました。思わず見終わって涙ぐんじゃいました。久々のヒューマンドラマだったのです。ニュージーランドに住む初老のバイク乗りバート・マ...
「世界最速のインディアン」 (Cinema Chips)
この映画も実話だそうです。ニュージーランドの最南端の町インバカーギルに住む63歳のバート・マンローさんと言う男性が、長年、夢に見続けていたアメリカ・ユタ州のボンヌヴィルに有るスピードレースのメッカ「塩平原」
世界最速のインディアン (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The World’s Fastest Indian”監督・脚本=ロジャー・ドナルドソン。1920年型”インディアン・スカウト”を40年以上掛けて”マンロー・スペシャル”に改造して、はるばるユタ州までやって来たバート・マンロー62歳の目的とは?☆☆☆☆
世界最速のインディアン (愛情いっぱい!家族ブロ!)
~ハッピーな男は人をハッピーにする~ この映画は実在の人物バート・マンローの物語。 1000C.C以下の流線型バイク世界最速記録保持者。 (ど~でもいいけど、漢字が多いな) そのバート・マンローを演じるのは 名優、アンソニー・ホプキンス。 彼の...
「世界最速のインディアン」 (こだわりの館blog版)
2/17 Tジョイ大泉 にて カッコいいなぁ… 監督・脚本:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、クリス・ローフォード、アーロン・マーフィ、     クリス・ウィリアムズ、ダイアン・ラッド、他  ニュージーランド南部の小さな町、インバ
世界最速のインディアン(映画館) (ひるめし。)
惚れた。信じた。追いかけた。
映画『世界最速のインディアン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
21.世界最速のインディアン■原題:TheWorld'sFastestIndian■製作年・国:2005年、ニュージーランド・アメリカ■上映時間:127分■鑑賞日:3月11日 テアトル・タイムズスクエア(新宿)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・脚本・製作:ロジャー・ドナ...
世界最速のインディアン (O塚政晴と愉快な仲間達)
この作品、なんかどこのレビューでも高評価。 実際どうなんだってことで、ずっと気になってた。 やっと観ることができました。 世界最速のインディアン ★★★★★ オススメの作品というわけで、以下は極力ネタバレ無しで。 アンソニー・...
[ 世界最速のインディアン ]63歳、初挑戦、世界最速 (アロハ坊主の日がな一日)
[ 世界最速のインディアン ]を新宿で鑑賞。 63歳で世界最速を記録した実在のライダー、バート・マンロー。60歳をこえても、彼のように夢を追っているオトコには憧れてしまう。でもたぶんボクは、せいぜい人より多く惰眠をして、人より多く夢を見ているぐらいがいい所だ...
世界最速のインディアン (ぶっちゃけ…独り言?)
7.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 評判が良かったので、かなり期待して観たのですが・・・ いや~、良かったですよぉ! もうですねぇ、お話そのものも登場人物たちも、でもって何と言っても主人公 のバートがめっちゃ素敵なんですよね~...
世界最速のインディアン (ゆるり鑑賞)
(2005年 ニュージーランド/アメリカ) 監督・脚本 ロジャー・ドナルドソン 【物語】 ニュージーランド南部の小さな町。一人暮しの老人、 バート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、自ら改良したマシン “イ
世界最速のインディアン (映画鑑賞★日記・・・)
【THEWORLD'SFASTESTINDIAN:2007/02/03公開】製作国:ニュージーランド/アメリカ監督:ロジャー・ドナルドソン出演:アンソニー・ホプキンス、クリス・ローフォード、アーロン・マーフィ、クリス・ウィリアムズ、ダイアン・ラッドニュージーランド南端の町、インバカー...
世界最速のインディアン (こんな映画見ました~)
『世界最速のインディアン 』 ---The World Fastest Indian --- 2005年(ニュージーランド/アメリカ ) 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、クリス・ローフォード 、アーロン・マーフィー、クリス・ウィリアムズ 、ダイアン・ラッド 、アニ...
世界最速のインディアン (シェイクで乾杯!)
世界最速のインディアン2005年度・ニュージーランド/米・127分 The World's Fastest Indian ■監督:ロジャー・ドナルドソン ■出演:アンソニー・ホプキンス/クリス・ローフォード/アーロン・マーフィー/クリス・ウィリアムズ バート・マンロー、63歳。 伝説の...
世界最速のインディアン…軽量化すべきはパイロット? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先週は忙しかったです{/face_hekomu/} コメント&トラバもたくさんいただいているのですが、放置してしまってスイマセン{/dogeza/} まだまだ忙しさは終わったわけではなくて、今月はヒドイことになっちゃいそうです{/down/}{/down/} 世の中は三連休なようですが、昨日(1...
世界最速のインディアン (mama)
2005年:ニュージーランド、アメリカ 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、ポール・ロドリゲス、ダイアン・ラッド、パトリック・フリューガー、アーロン・マーフィ、クリス・ウィリアムズ、クリス・ローフォード ニュージーランド南端の町...
映画評「世界最速のインディアン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2005年ニュージーランド=アメリカ映画 監督ロジャー・ドナルドスン ネタバレあり
夢みて生きよ!―「世界最速のインディアン」 (豆酢館)
夢を追いかけないヤツは野菜と同じ…キャベツと同じだ! 「世界最速のインディアン」(2005年製作)ニュージーランド、アメリカ合作 監督:ロジャー・ドナルドソン 製作:ロジャー・ドナルドソン&ゲーリー・ハナム    脚本:ロジャー・ドナルドソン 撮影:デイビッド...
世界最速のインディアン (えいがの感想文)
2005年/ニュージーランド・アメリカ 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス 単純明快なおじいちゃんのサクセスストーリー。 この類いはありふれてるし、タイトルで既に結末がわかってるし。でも、 アンソニー・ホプキンスの魅力で...
『世界最速のインディアン』'05・ニュージーランド・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で世界記録に挑戦することだったが・・・。感想インディアンは差別語だからネイティブ・アメリカンじゃないのか?と思...
世界最速のインディアン (pure's movie review)
2005年度 アメリカ・ニュージーランド作品 127分 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給 原題:THE WORLD'S FASTEST INDIAN STAFF 監督・脚本:ロジャー・ドナルドソン CAST アンソニー・ホプキンス クリス・ローフォード アーロン・マーフィ クリス・ウィリア...
「世界最速のインディアン」 (シネマ・ワンダーランド)
「羊たちの沈黙」や「日の名残り」「白いカラス」などの作品で知られる英国出身の名優、アンソニー・ホプキンス(71)が主演し、63歳にしてニュージーランドからはるばる米国に渡り、世界最速の記録を打ち立てた伝説のライダー、バート・マンローの感動の実話を映画化...