ネタバレ映画館

帰って寝るだけのタクシードライバーになりました(汗)

ブラインドネス

2008-11-28 01:46:46 | 映画2008
 観客からは見えてますよ・・・ジュリアン・ムーアさん。

 全世界が失明するという設定からはパニック映画しか想像できなかった。人々は戸惑い、食料を求めて大混乱に陥る・・・やがて宇宙人が現れ、人間の脳味噌を食べ、地球を破滅に導くような・・・だけど、違った。

 原因も感染経路もはっきりしないし、たった一人の女性だけが失明(厳密に言えば、ちょっと違う)しない。だけど、そんな疑問はどうでもよくなるくらいのシミュレーションが冴えていた。まずは伊勢谷友介が突如視力を失う。親切そうに彼の車で自宅まで送る男、診察した医者のマーク・ラファロ、そして伊勢谷の妻・木村佳乃、と伝染病のように次々と目が見えなくなっていくプロローグ。最初に感染した者たちは強制的に隔離施設に収容されるのですが、映画の大部分を占める収容所内での出来事が見事に描かれてました。

 まるで文化センターの盲人体験のような光景が繰り広げられ、視覚障害者の苦労がよくわかる入院直後。しかし、生活をするとなると、食事や排泄などの過酷な状況もリアルに描かなければならない。また、ジュリアン・ムーアを除いて全員が盲人なので、外見も気にならなくなるし、中には人目(?)を忍んでセックスしちゃうカップルもいたりする。さらに人種の壁を越え、人間の本質を見つめるようになっていく過程も面白いのです。

 最も興味深いのは、閉鎖された空間でいくつかのコミュニティが形成され、世界の縮図とも言うべきコミュニティ間の対立が激化してしまうこと。ラファロを中心とした共和国に対抗して、ガエル・ガルシア・ベルナルが「第三病棟の王だ」と宣言する軍事独裁国家が誕生。食料をめぐって一触即発の緊張感が続き、戦争が起こってもおかしくない状況になるのだ。もちろん、そこには不戦派もいるし、勇気をふりしぼろうとする奴もいる。こうして世の中には戦争が起こるのか・・・と胸がしめつけられるような気分になってしまいました。

 もう一つのストーリーの軸は一人だけ目が見えることの心の乱れ。目が見えないからこそ人の心が見えてくる・・・といった能力がムーア一人だけが得られないのだ。それに皆の世話をしたりするのも心労が絶えないだろうし、せいぜい防毒マスクを装備した軍人をからかうことで気を紛らわせるしかないといった感じ。連帯感も一人だけ中途半端だったことは、最初に身を売ることになったときに、凶器を使って楽に暗殺できたのにほとんど反抗できなかったことでもわかります。

 終盤は荒廃した街並みと彷徨う人々を映し出しますが、ここにきてストーリーは落ち着きを見せ、テンションも下がってきました。異常な経験の中での連帯感や人種を越えた愛情などは微笑ましくも感じるけど、映画全体の印象まで薄くなってしまいました。

 日本語にまで字幕が付いていたのは聴覚障害者にも配慮したためか?などと考えながら観ていると、意外にも笑えるシーンがいっぱいありました。特にサングラスをかけた娼婦のアリシー・ブラガの行動。誰も見てないってのに、気にしちゃって・・・職業も隠したままだったけど、ダニー・グローヴァーが美味しいところを持ってっちゃったので良しとしましょう。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は貝になりたい | トップ | ソウ5 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シネマ大好き娘)
2008-11-28 03:58:58
めさ、眠かった〜〜〜

宗教がらみの映画かとおもったわい〜〜

まだ、宇宙人でてきたほうがましかも〜〜>_<
世界の縮図 (かめ)
2008-11-28 05:45:26
ご無沙汰してます。
ちょっと後を引く作品でした。
人間の弱さと強さを見ました。
「ミスト」を観た時と同じ様な感覚でした。
唯一最後が救われましたが。
kossyさんお久しぶり〜☆ (mig)
2008-11-29 10:34:41
なかなか最近観た映画かぶってなかったみたい

これ、確実に賛否になると思ったけど、kossyさんも楽しめた派で嬉しい★
極限状態での人々の抗争みたいなのは『ミスト』の方がリアリティあったかな。

>サングラスをかけた娼婦のアリシー・ブラガの行動。誰も見てないってのに、気にしちゃって・・(爆)
世界の縮図 (ともや)
2008-11-29 20:28:37
こんばんは、kossyさん♪
外の世界での混乱ぶりもちょっと描いてほしかったな〜なんて思いますけど、個人的には楽しめました♪
まさにあの収容所は、世界の縮図だったんでしょうね。
怖い、怖い〜♪
ミストとの類似 (kossy)
2008-12-02 10:23:16
>シネマ大好き娘様
あらら、眠かったですかぁ・・・
俺は一緒に盲目体験しようと目をつむったりしたのですが、眠気はちっとも(笑)

>かめ様
後を引きますよね〜
人間の集団心理。
『ミスト』では狂信宗教家が現れましたが、今作では独裁者!
ハッピーエンディングとなって、感染症のストーリーとしては謎ばかり残りましたが、人間の本質的な部分ではインパクトあり過ぎましたぁ〜

>mig様
見る前は単なるパニック映画だと思ってましたから〜
こんなに人間の心理をさらけ出す内容だとは想像できませんでした。
『ミスト』では狂信宗教家が現れたおかげで、彼女が中心となりましたが、同じ設定では面白くないし・・・いろんなパターンがありそう・・・

>ともや様
外の世界は終盤に見せた荒廃ぶりから想像するしかありませんでしたよね。どのくらいの人が死んだのかはわかりませんでしたけど・・・
国が分かれていく様子・・・閉ざされた世界ではどこかで起こり得るんでしょうね。全員目が見えないだけにグローバルに考えることもできないのかも・・・
Unknown (ryoku)
2008-12-04 22:28:00
 残念ながらあまり良いとは思いませんでした。
 突然の失明という部分は目新しいものの、危機的状況では人の本性がむき出しになるという部分は他のパニック映画とそうは変わらないと思いました。

 あとは演出の面でいくつか不満がありました。
 たとえば、第三病室が食料を独り占めして他の病室へ貴金属などと引き換えに渡していましたが、あんな小さなダンボール2箱で24人分とするなら、1箱多くても1日分くらいでしょう。
 だとすると病室もそんなに広くないようですから、そう長い間の食料を置いては置けないと思うので、見張りの兵士が鍵もかけず、いつの間にかいなくなっていたのというのは変だな、と。

 また全世界で失明ということですが、舞台が隔離施設とその周辺だけなので、飛行機事故などの映像はありましたが、あまりピンと来ませんでした。

 今回の映画で得た教訓は、「つまみ食いは危険!」でした。
 (とらねこ)
2008-12-06 23:29:21
>こうして世の中には戦争が起こるのか・・・と胸がしめつけられるような気分になってしまいました

うん、本当にそうですよね。こういう“世界の縮図”を描いた作品て、大好きだったりします。

一人だけ目が見えている、という設定は、自分には面白かったんですよね。
一人だけ失明しないこの人を描くことで、観客の目線を描くことが出来たし、失明することの意味するところに関して、また別の視点を与えられ、複雑な構成を見せることが可能になってように思えたんです。
世界の縮図 (kossy)
2008-12-13 23:12:42
>ryoku様
予告編などから想像してた内容はことごとく裏切られた気分・・・だけど、逆の意味で素晴らしく感じましたよ〜
人間の本性といった点では、全員が見えないという設定だけに、まだまだ不十分というか、鑑賞者がその状況にのめり込めないのも物足りない要因の一つかもしれませんね。
まぁ、閉ざされた空間での疑似社会のドラマが最も面白いと思うので、パニック映画の要素も盛り込むとなったら膨れすぎるのか・・・だから満点には届かなかったんですが・・・

>とらねこ様
ですよね〜
ほんとに、世界に緊張が起こるシミュレーションといった国家間のドラマ。

なるほど、彼女の存在は観客目線を誘導するために絶対に必要なキャラなんですね。失明すること自体は宗教的なものが感じられたけど、現実社会のシミュレーションといったところは評価できますよね〜
フェルナンド・メイレレス監督作品 (Aki)
2009-04-18 02:42:59
『シティー・オブ・ゴッド』・『ナイロビの蜂』・期待の今作でしたが、段々、リアリティが薄く、キャスティングも、一般大衆向けの作品になっているな〜と感じました。

劣悪な状況・極限状態で、人は真価を問われる。

強さ、弱さ、優しさ、判断力、行動力、協調性、決断力、勇気、体力。

今の世の中、情報や物が溢れ、氾濫している。

それを失うことで、惑わされず、よりクリアに見える自分・物事。

心の目を養えば、生き残れる。

全てが見える神的存在が、善きモノを助け、悪きモノは裁かれる。

だったらいいのに。。

と思いました。
東方 抱き枕 (東方 抱き枕)
2011-08-11 18:24:21
東方 抱き枕:http://www.animetojapan.com/category-2-b0.html
アニメ抱き枕:http://www.animetojapan.com/category-1-b0.html
クレヨンしんちゃん Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-19-b0.html
ドラえもん Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-26-b0.html
海賊王 Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-18-b0.html
けいおん 抱き枕:http://www.animetojapan.com/category-3-b0.html
アニメ Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-13-b0.html
ガンダム Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-22-b0.html
けいおん Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-25-b0.html
コナン Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-20-b0.html
ブリーチ Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-23-b0.html
鉄腕アトム Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-24-b0.html
EVA Tシャツ:http://www.animetojapan.com/category-21-b0.html
ティファニー ネックレス (ティファニー ネックレス)
2011-08-11 18:25:50
ティファニー:http://www.tiffanytojp.com
ティファニー ネックレス :http://www.tiffanytojp.com/c-83-b0.html
ティファニー リング :http://www.tiffanytojp.com/c-84-b0.html
ティファニー 1837 :http://www.tiffanytojp.com/c-29-b0.html
ティファニー ブレスレット :http://www.tiffanytojp.com/c-82-b0.html
Friendship Day Picture Quotes (Friendship Day Picture Quotes)
2015-08-01 17:50:30
http://www.friendshipdayimages.in/2014/07/happy-friendship-day-pictures-for.html

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ブラインドネス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全世界、失明。』  コチラの「ブラインドネス」は、驚異的な伝染力を持つ奇病<ブラインドネス>により、人類が次々と失明してゆき、不安と恐怖がひき起こすパニックの渦中に、ただ一人”見えている”女が紛れこんでいた様を描く、11/22公開のPG-12指定の心理パニ...
【ブラインドネス】 (日々のつぶやき)
監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア、マーク・ラファロ、伊勢谷友介、木村佳乃、ガエル・ガルシア・ベルナル 「ある街で車を運転していた日本人男性が突然目が真っ白になり見えなくなった。通りがかりの男性に運転してもらい妻の待つマンショ
『ブラインドネス』2008・11・23に観ました (映画と秋葉原と日記)
『ブラインドネス』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ある日、車を運転していた日本人の男性(伊勢谷友介)が突然視力を失い、目の前が真っ白になる事態に見舞われる。しかし、彼を診た眼科専門医(マーク・ラファロ)は、眼球に異常は認められなかった...
『ブラインドネス』・・・全世界失明の先にあるもの (SOARのパストラーレ♪)
深く、そして重い作品だった。当たり前だと思っている人間社会のモラルや秩序が、目が見えなくなることであっけなく崩壊していく様が怖い。
ブラインドネス (そーれりぽーと)
もしも人々が一斉に視力を失ったら。 そして、何故か自分だけが見え続けていたら。 『ブラインドネス』を観てきました。 ★★★★ うーん。 思わず唸ってしまうリアリティー。 大半を限られた空間である収容所でのエピソードとしている辺りで、主人公の心理を自分の事の...
ブラインドネス/Blindness (我想一個人映画美的女人blog)
今年のトロント映画祭と、カンヌ映画祭オープニングを飾った 『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレス監督の最新作! 『ナイロビの蜂』はあまり好きじゃないけど『シティ・オブ・ゴッド』が良かったしガエルくんが出てるので楽しみにしてた作品。 いよいよ...
「ブラインドネス」みた。 (たいむのひとりごと)
「結局何だったんだ?」の結末でもあり、観る人によって評価がぱっきりと分かれそうだけど、シュミレーション映画として考えると、説得力があるというのか、何もかもが起こり得るような、空恐ろしくなる作品だった。
ブラインドネス (ともやの映画大好きっ!)
(原題:BLINDNESS) 【2008年・カナダ/ブラジル/日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 第61回カンヌ国際映画祭オープニング作品。 第33回トロント国際映画祭特別上映作品。 第21回東京国際映画祭特別招待作品。 ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」を国際色...
「ブラインドネス」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
諦めていなければ、終わったわけではない。突然視界が真っ白になる。それが次々に伝染していく。原作はあるようだが、根底に流れるのは、最近とみに増えた感のある極限状態における人間ウォッチングである。ゾンビや地球外生命体が眼の伝染病に置き換わっただけと言ってし...
ブラインドネス■見えないこととは何か? (映画と出会う・世界が変わる)
「復活の日」や「アウトブレイク」のようなパニックサスペンス・スペクタクルではなく、ラース・フォン・トリアーの「ドッグヴィル」に似ている内容である。「眼が見えなくなる伝染病」はマクガフィンであり、この伝染病についてリアリズムに則り考えてもあまり意味はない...
ブラインドネス(映画館) (ひるめし。)
全世界、失明。
★「ブラインドネス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは・・・ 今週公開のジェイソン・ステイサムの「デス・レース」にしようと思ったけど、 先週公開作のこっちのほうが、早く始まるので、ついつい劇場に吸い込まれちゃいました。
「ブラインドネス」 豊かさと倫理 (はらやんの映画徒然草)
本作を観て思い出したのが、ロバード・ゴールディングの「蝿の王」。 映画化もしてい
ブラインドネス (★YUKAの気ままな有閑日記★)
参った、、、私には全く合わない作品だった―【story】はじまりは一人の日本人男性(伊勢谷友介)だった。突然目の前が真っ白になり完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法がない中、政府がとった政策は“感染者の強制...
158●ブラインドネス (レザボアCATs)
これまた素晴らしい映画の登場だ!SFに説明不十分な隠喩がこめられているという点で、去年の素晴らしい傑作『トゥモロー・ワールド』を思い出すし、極めて限定された状況の中、人々の醜い争いを描いたという点では『ミスト』を彷彿させたり。だが最も似通っているのは『ゾ...
ブラインドネス (メルブロ)
ブラインドネス 234本目 2008-40 上映時間 2時間2分 監督 フェルナンド・メイレレス 出演 ジュリアン・ムーア マーク・ラファロ アリス・ブラガ 伊勢谷友介 木村佳乃 ガエル・ガルシア・ベルナル 会場 TOHOシネマズ府中 評価 6点(10点満点)  ...
ブラインドネス(2008年) (勝手に映画評)
伊勢谷友介と木村佳乃が出演して話題にもなった映画。突然、視野が真っ白になってしまい失明してしまう伝染性の奇病。感染間は瞬く間に広がっていくが、有効な対策は無く、感染者は、不衛生で危険な環境の収容所に閉じ込められる。多数の失明者を収容した収容所は次第に秩...
ブラインドネス*見えない恐怖が、見えてくる。 (銅版画制作の日々)
何故か?ただ一人“見えている”女が紛れ込んでいた。 12月1日、ファーストディーに鑑賞しました。1000円ですし、これはラッキー!日本の俳優がメインで登場していました伊勢谷友介さんに木村佳乃さんが素晴らしい演技で活躍。ジュリアン・ムーア、マーク・ラファ...
ブラインドネス (えいがの感想文)
2008年/カナダ=ブラジル=日本 監督:フェルナンド・メイレレス 出演:ジュリアン・ムーア    マーク・ラファロ    ガエル・ガルシア・ベルナル    伊勢谷友介    木村佳乃 あれよあれよと世界中の人々の目が見えなくなっていくというお話。 ...
「ブラインドネス」 (大吉!)
<金曜日> 感染パニック映画だな、と思いながら見に行きました。 最初に発症するのが日本人(伊勢谷友介)で、その妻の役で木村佳乃が出ているので。別にファンじゃないけど、日本人がそれなりの役で出ていたので、どんなもんかと思いまして。 ある日、日本人の男が...
『ブラインドネス』 2008-No82 (映画館で観ましょ♪)
最後に光はさすものの、 気持ち良さは残らない映画でした。 原因不明。 次々に感染していく失明。 この最低な状況でも? だから...
ブラインドネス 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
ブラインドネス (Addict allcinema 映画レビュー)
全世界、失明。
「ブラインドネス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
この病原体(?)は一体・・・?
【映画】ブラインドネス…見えなくなる映画ですが…観なくても良かったかな (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}は、娘が先日行われた七夕教書会なる書道のイベントでナンヤラ賞を受賞したとのことで、授賞式に門司港{/m_0036/}まで行ってきました。 今回の賞は…まぁ常連みたいなモノなので特に珍しくも無いみたいなんですが… 今チャレンジ中(?)の松本清張生誕...
『ブラインドネス』 (『映画な日々』 cinema-days)
ブラインドネス ”白い病”と名付けられた原因不明の 伝染性失明が瞬く間に伝播。 罹患者は即刻隔離収容されるが... 【個人評価:★★ (2.0...