ネタバレ映画館

トラックバック廃止のため、
なんとかコメント入れに回ります!

ラスト、コーション

2008-02-18 20:37:26 | 映画2008
 上海の麻雀!といってもペアで切り崩していくゲームではない・・・

 レジスタンスが敵と目される人物を暗殺するといった内容の映画は数多くあるけど、中国映画となるとなかなかお目にかかれない。最近見た映画では『パープル・バタフライ』なんてのがあった。しかし、今作では暗殺のターゲットは同じ中国人イー(トニー・レオン)。戦時下でもあり、日本政府の犬と噂されるほどの人物だが、特務機関の仕事は抗日運動する中国人を捕え葬ることにあった・・・

 “抗日”といっても、戦時下ではどこでも湧きおこる“反戦”と同義だと思う。列強の帝国主義による中国分割の時代からずっと虐げられる生活が続いていたと想像できるだけに、常に被占領の意識があったことでしょう。それでも直接侵略軍とゲリラ戦を行うのではなく、自国内の裏切り者を暗殺するという、どちらかというと愛国右翼的な行動のような雰囲気でした。

 とにかく標的はイー一人。香港の大学で知り合った6人の劇団員は稚拙ながらもチアチー(タン・ウェイ)を上流夫人に仕立て上げて、慎重で隙がない彼に近づいてゆく。やがて愛人になれそうな雰囲気になったとき、性体験がないと不自然なため仲間うちで無理矢理セックスしてしまう。信条のためとはいえ、ここまで機械的に女スパイに徹する若者たちに悲しくなってしまう。ただ、計画前の劇団公演における「中国を滅ぼすな」コールで気分高揚してしまったので、こんな悲しさもすんなり受け入れられた・・・

 R18指定だけあって激しいセックス描写。男の愛欲も真剣であるはずなのに、殺せるほどの隙がない。チアチーがフックにかかっている拳銃を見つける。イーはその彼女の表情をチラリと見る。するとチアチーは枕でイーの目を隠す・・・このときすでに殺害を諦めていたのか、愛し始めていたのか・・・などと、ベッドシーンにおける心理のやりとりも見どころのひとつ。

 アン・リー監督は何度も登場する麻雀シーンにこだわったと答えていたけど、切り返しという点ではさほどのアイデアもなかったような。日本では11PMでの実況中継や、『麻雀放浪記』といった撮り方に工夫した映像があるためかもしれない。そういえば、タン・ウェイの腋毛も印象的ですが、『麻雀放浪記』の加賀まり子もフサフサだったような記憶がある・・・けど、確信はもてない。

 わかりやすく完成度も高い作品だった。しかし、イーとチアチーが宝石店で顔を見合わせたシーンはなぜか唐突感が残ってしまいました。それまでに仲間の姿を確認していたけど、どこで決断したのか・・・表情だけでは読み取れなかった。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マゴリアムおじさんの不思議... | トップ | エリザベス ゴールデン・エイジ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
思ったよりも・・・ (kisen)
2008-02-19 09:23:43
夢中で見てしまいました。

kossyさん、こんにちは。

上映時間も長かったし、なんとなく「飽きずに見れるかな~」って自信がなかったのですが、いやいや、なかなかおもしろかったです。

話題の性描写は、あまりにアクロバティックで全然いやらしさがなかったですね。男性のみなさんはどう思われたのでしょうか?

しかし、強い意志があるにせよ、一介の女学生がああもすきのない上流婦人になりきれるものでしょうか?

相手は海千山千のご夫婦。ちょっとした話題を振られても、そつなく答えを返すことがそうそうできたのでしょうか・・・。まぁ、少々とんちんかんなことを答えても、若いからと夫人も大目に見たのかものしれませんが・・・。

kossyさんもおっしゃっているように、ラスト近くの宝石店は唐突でしたね。あれだけ露骨に仲間があちこち立っているのに、用心深いイーがなぜ気づかないか・・・。その前に、あんな目立つプレゼントを贈るだろうか・・・とかね、考え始めると不思議なことがたくさんあるような気もしますが、そこはやはり人間なのでしょうね。

最後の最後に「女」に戻ってしまったタンが悲しかったですね。これは「シュリ」を見たときも、「プロのアサシンが、なんでそんな簡単に普通の女の子になるのよ!何のための訓練?」って思ったものですが、今回の場合は、もともと素人ですから仕方がありませんね。

それにしても、非情な世界に生きつづけたトニー、つらかったでしょうね・・・。
kossyさん☆ (mig)
2008-02-19 22:44:56
kossyさんも高評価ですね~♪

わたしこの映画は気にいりました
ブロークバックマウンテンよりも断然良かったです。
既に今年のベスト3に入るスタンバイです(笑)

マグノリアおじさん(笑)はいまひとつでしたね~
宝石 (kossy)
2008-02-20 17:00:22
>kisen様
俺もこの長尺にはついていけるか心配だったのですが、全く眠気を感じることなく・・・それだけ演出力が優れていたんでしょうね~

性描写は現実の戦争とかけ離れたところに存在しているだけに、そうした構成も面白いかな~などと感じています。アクロバティックなカットを強調するのなら、リアルさは要らなかったような気もしますが・・・

素人集団からプロのスパイへ・・・大学時代は未熟さが面白かったし、上海に戻ってからは使命と愛情の狭間で心が揺れるところがよかった。女スパイの悲哀を描いたものは多いけど、最後には女として生きていくほうが魅力的ですよね~

>mig様
俺も「ブロークバック」よりは好きかも。
新人女優だけにあまり多くを望んではいけないのでしょうけど、宝石店のシークエンスが完璧だったら間違いなく満点!

マグノリアは・・・比べちゃいけません(笑)
結構好評価ですね (かめ)
2008-02-21 09:43:05
久々に動く王力宏が見れる!!と思いつつ、内容がどうなんだろうと、躊躇してましたが、行ってくることにしましょう
一番色っぽく感じたのは・・・ (しんちゃん)
2008-02-21 13:41:55
 冒頭の麻雀シーンだったかも・・・

みんなきれいだったもんなぁ・・・

で、誰がヒロインかが分から無かった私(笑)
トニー・レオン (kossy)
2008-02-22 19:47:45
>かめ様
ヴェネチア映画祭で大絶賛なのも納得の出来。
俺も観る前は眠くなる映画だと思っていたのに、違ってました。R18なんて考えないほうがいいのかもしれませんね。

>しんちゃん様
もしかしてチャイナドレスフェチですか~?

俺も同じく最初の麻雀では誰がヒロインかわかりませんでした。トニー・レオンに目くばせするまでは・・・
久々に (RIN)
2008-02-24 20:24:28
TB飛ばさせていただきましたっ!(敬礼!)

>誰がヒロインかわかりませんでした。トニー・レオンに目くばせするまでは・・・

監督演出の思う壺なんじゃないですか?(笑)
私は、誰がトニーさんの奥さんなんだろう?と探してました。(苦笑)

>どちらかというと愛国右翼的な行動
アン・リー監督自体、台湾というびみょーな国の方ですから、
こういう同国人同士の愛国右翼的行動に対して、非常にいたたまれない思いがつよいんじゃないでしょーか。
宝石店はイマイチの盛り上がりでしたね。原作はあそこがクライマックスなんだけど
映画では料亭がクライマックスになってた気がします。

>するとチアチーは枕でイーの目を隠す・・・
この後トニーさんが見せた恐怖心が凄かったですね。
恐怖心を共有する関係・・・でお互い惹かれあったのかもしれないです。


思うつぼ (kossy)
2008-02-25 22:24:37
>RIN様
思うつぼだったのかぁ~~(汗)
いや、それでもいいんです。観客を騙そうという意図にもすんなり引っかかることが多い俺ですので・・・

中国史はすでにおぼろげながら覚えてる程度なのですが、台湾は抗日派ではなく親日派ですよね?たぶん、アン・リーとしても微妙な立場。日本の描写にしても一歩引いて描いたという雰囲気があったように思います。

男女の恋愛と暗殺の挟間で心理的な駆け引きは面白かったです。そうかぁ~恐怖心を共有!なかなかそこまでは読めません・・・RIN姐さん、さすが。
我愛人 (エージ)
2008-03-06 00:33:12
妖女は男を狂わせ、ダイヤは女性を狂わせる。
アン・リー監督のジャンルの広さには驚かされます。しかもどのシーンも格調高いです。
ただ「恋人達の食卓」の頃まであったほのぼの感も好きなんですよね。
百戦錬磨のトニーレオンと戦い抜いた新人のタン・ウェイの鬼気迫る演技にはヒース・レジャーの影が・・・でもコン・リーの様になってほしい。
アン・リーもリドリー・スコットもタバコのシーンにこだわってますね。現代への皮肉かも。
アンリー (kossy)
2008-03-18 12:30:06
>エージ様
アン・リー監督のジャンルの広さ。ほんと、知らないで観たら彼の作品だとは思わなかったくらいです。
かくいう俺は、かつてはアン・リーを女性だと思い込んでいた映画音痴でした・・・・汗

ヒース・レジャーもつい思い出してしまいましたが、新人のタン・ウェイには今後の活躍に期待したいですね。

そういや、鬱陶しいほどタバコばかり吸ってましたなぁ。

コメントを投稿

映画2008」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

31 トラックバック

「ラスト、コーション」 映倫のぼかし (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
ここ最近日本映画が面白いと思って喜んどったけど、こういうドカーンとしたTHE・映画(ザ・ムービーと読まないように!)みたいなんを見るとうらやましく思う。 くしくも小じんまり感を評した記事が朝日新聞に出てました。 『ALWAYS 三丁目の夕日』を「戦争や事件とい...
「ラスト、コーション」:東京ビッグサイトバス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ビッグサイトって、フェリーでも来れるんだよな。 {/hiyo_en2/}香港を往来しているフェリーみたいに? {/kaeru_en4/}そこまでロマンチックじゃないけどな。 {/hiyo_en2/}香港映画の「ラスト、コーション」はロマンチックだったけどね。 {/kaeru_en4/}おいお...
ラスト、コーション (ラングランド "WaiWai"ブログ)
ラスト、コーション 色・戒 According to Ang Lee,‘lust’in Chinese is se, a Buddhist term, while the Chinese word jie means‘caution’. Taken together, they are a ‘warning against desire’, and he says that the writer Eileen Chang placed a dou...
ラスト、コーション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その愛は、許されるのか?』  コチラの「ラスト、コーション」は、「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が再び禁断の愛で世界に衝撃を与えたR-18指定の問題作なのですが、2/2公開となったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  原作は、 アイリーン・...
『ラスト、コーション 色/戒』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ラスト、コーション 色/戒」□監督 アン・リー□原作 アイリーン・チャン□キャスト トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン ■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆...
ラスト、コーション 【称号:佳作】 (映画細胞~CinemaCell)
若く美しい女子学生ワンが、日本占領下の上海で抗日運動に参加する。やがて彼女は女ス
ラスト、コーション (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告で観る限り、、、性描写がキツイっぽい? R-18だしムフッ【story】1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は、女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年クァン(ワン・リーホン)との間で心が揺れ動...
映画感想&星取り表≪ラスト、コーション≫ (キネマ徒然草)
今日も多くの映画が封切りされました。私も早速某シネコンに行ってきました。 観てきた映画は≪ラスト、コーション≫と≪リアル鬼ごっこ≫という、<b>自分でも選考基準がわからない</b>映画2本です。 で今日の映画感想&星取り表は <b>≪ラ...
ラスト、コーション (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”色、戒”(Lust, Caution)監督=アン・リー。原作=アイリーン・チャン「ラスト、コーション」。脚色=ワン・フィリン、ジェイムス・シェイマス。音楽=アレクサンンドル・デスプラ。撮影=ロドリゴ・プリエト。☆☆☆☆★
ラスト、コーション (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
禁断の、そして極限の愛の場面にヴェネツィア騒然!「ブロークバック・マウンテン」からわずか2年、アン・リー監督が、再び全世界を衝撃の渦に巻き込んだ愛の問題作だった。 時は1942年。日本占領下の上海で、傀儡政権特務機関の顔役イーの懐に飛び込み、命を狙う女...
ラスト、コーション/ Lust,Caution/色|戒 (我想一個人映画美的女人blog)
平日昼間なのに満席!整髪剤の臭いと加齢臭{/ase/}とが入り交じって ちょっとうっとなるような空気の中、 (見渡したらおじいさんだらけ!) 約3時間も大丈夫か?という不安がよぎってたけど そんなことは30分くらいでほとんど気にならなくなるくらい 面白かった...
映画 「ラスト・コーション」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
R-18指定なのでちょっとwktk(ワクテカ)してます(*ノωノ)キャー 激しい性描写だけが大きく話題になっている気もしますが…(ノ∀`) ア...
映画 【ラスト、コーション】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ラスト、コーション」 アイリーン・チャンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化。 おはなし:1942年、日本占領下の上海。女子学生ワン・チアチー(タン・ウェイ)は、演劇部の仲間クァン(ワン・リーホン)に感化され、過...
「ラスト、コーション」 LUST, CAUTION 色・戒 (俺の明日はどっちだ)
舞台は1942年、日本占領下の上海。それまで普通に生活を送っていた女子大生が、「演じることの喜び」を知り、ちょっとした恋心をきっかけとして過激な抗日運動に身を投じていき、そこにはやがて思いも寄らぬ展開が待っているという、エスピオナージュ的サスペンス要素も盛...
ラスト、コーション(映画館) (ひるめし。)
その愛は、許されるのか?
ラスト、コーション 色・戒 (2007) 158分 (極私的映画論+α)
 いやぁ・・・やっぱR18でした(爆)
ラスト、コーション [監督:アン・リー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ここではこの映画を「良質のスパイ映画」と見なして、スパイ映画的視点で褒めてみたい。
犬の映画「ラスト、コーション 色・戒」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
観てからだいぶん経ってしまったし、上映が今週いっぱいのようなので 慌てて2度目鑑賞に行きました。 が、ビックリしたよ! 私、財布忘れてたのっ!!{/hiyoko_thunder/} 慌てて駐車場に走って戻りました。{/arrow_r/} たぶん、宝石店脱出トニーさんに勝るとも劣らぬ走...
ラスト、コーション (eclipse的な独り言)
 あんまり、男を印象付けて記事を書くことはないのですが・・・でもこれは、男性全開
ラスト、コーション (C'est Joli)
ラスト、コーション’07:米+中国+台湾+香港 ◆原題:LUST, CAUTION 「色・戒」◆監督:アン・リー「ブロークバック・マウンテン」◆出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ ◆STORY◆ 日本軍占領下の1942...
ラスト、コーション 色|戒 (現実逃避ING)
第二次世界大戦下の中国を舞台に、政府軍のスパイであるイーと、抗日運動をするレジスタンスの女スパイとしてイーに接近し、次第にイーに惹かれていくワンの愛憎劇。 パンフレットを読んで、「そうか、イーは政府軍のスパイだったのか」と、改めて知った。単に政府軍の重...
真・映画日記『ラスト、コーション』 (          )
JUGEMテーマ:映画 午前9時に起きる。 この時間から急いで出ても「ル・シネマ」の朝一の回にも間に合わない。 西新井のシネコン「TOHOシネマズ西新井」へ。 10時半に着く。午前11時の回がとれた。 客のほとんどは「シャンテシネ」や「ル・シネマ」に行っただろう。...
ラスト・コーション を観ました。 (My Favorite Things)
チケットを持っており、明日で終わりらしいので、雨の中、早起きして鑑賞!
ラスト、コーション (ももママの心のblog)
日本の占領下の上海を舞台に、若い女スパイの愛の葛藤を描く。過激な性描写は確かに評判どおり。秘密めいて切ない表情のトニー・レオンに新人タン・ウェイの幼顔なのに触れなば落ちん色香がエキゾチック。
mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
付けているが
ラスト、コーション (あず沙の映画レビュー・ノート)
2007 アメリカ, 中国, 台湾, 香港 洋画 ラブロマンス ミステリー・サスペンス 作品のイメージ:切ない、ドキドキ・ハラハラ、おしゃれ 出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン 時代は第二次世界大戦中。日本軍による占領下、抗日運動...
『ラスト、コーション』'07・中・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ日本軍占領下の1942年の上海。傀儡政府のトップであるイーは、かつて香港で出会った女性マイ夫人と再会する。数年前、香港大学の学生だったチアチーは抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた・・・。感想女が嵌めるか?男が見破るか?隙を見...
映画評「ラスト、コーション」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年アメリカ=中国=台湾=香港映画 監督アン・リー ネタバレあり
『ラスト、コーション』 (『映画な日々』 cinema-days)
ラスト、コーション 日本軍占領下の1942年の上海 女工作員と特務機関長の禁断のラブストーリー 【個人評価:★★☆】 (自宅鑑賞) 張愛...
ラスト、コーション (Addict allcinema 映画レビュー)
その愛は、許されるのか?
ラスト、コーション  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  舞台は1940年前後、日本占領下の上海で、日本軍寄り特務機関のリーダーであるイー(トニー・レオン)と、抗日運動組織の女スパイ・ワン・チアチー(タン・ウェイ)の禁断の愛を描く名作である。 そもそも普通の学生だったチアチーだが、演劇仲間のクァン...