コニタス

書き留めておくほど重くはないけれど、忘れてしまうと悔いが残るような日々の想い。
気分の流れが見えるかな。


新展開

2005-11-21 19:20:43 | 
大人の文章教室ネタです。

ひょっとした流れで、リライトものを課題にすることにした。
『伊勢物語』二十四段、いわゆる「梓弓」。
これを適当にいじって、4000字以内で、という。
これは面白い。元来構想力のない私にとって、これは本当に福音だ。修行になると思う。今週の木曜日に合評会なので、その後公開するかも!!

あ、もとの文章はこんな感じ。

むかし、男、片田舎にすみけり。男、宮仕へしにとて、別れをしみてゆきにけるまゝに、三年来ざりければ、待ちわびたりけるに、いとねむごろにいひける人に、今宵逢はむとちぎりたりけるに、この男来たりけり。「この戸あけたまへ」とたゝきけれど、あけで、歌をなんよみて出したりける。
 あらたまの年の三年を待ちわびてたゞ今宵こそにゐまくらすれ
といひ出したりければ、
 梓弓ま弓つき弓年を経てわがせしがごとうるはしみせよ
といひて、去なむとしければ、女
 梓弓引けど引かねど昔より心は君によりにし物を
といひけれど、男かへりにけり。女、いとかなしくて、後にたちてをひゆけど、えをいつかで、清水のある所に伏しにけり。そこなりける岩に、指の血して書きつけける。
 あひ思はで離れぬる人をとゞめかねわが身は今ぞ消えはてぬめる
と書きて、そこにいたづらになりにけり。



コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芸術月 | トップ | コンテンポラリー(1) 踊りに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。