鉄道模型工作記録帳

モデルアイコン・札幌コムモデル情報は下記に移動しました
http://blog.goo.ne.jp/modelicon

北海道廃車体ツーリングトレイン・ライダーハウスについて

2009-08-29 15:21:46 | 北海道廃車体めぐりレポ

smilykazさんからメールを頂きまして、
わたくしなりに調査した「ライダーのための低価格・無料宿泊所になっている廃車体」を纏めてみようと思います。

北海道の鉄道車両利用・ライダーハウス一覧

存在が確認できているのは
順不同で

日高地方から

新冠町のライダーハウス

 新冠のスハフ45-505-2
オハフ45-505の函館所属だったと思われる半室カーペット車を利用したもの。
うっすらと白い太帯が見えますがこれが現役時代の塗装です。


FH040021
新冠駅から徒歩5分ほどです。
道南バス氷川神社前

富内駅のオハフ33-1568
富内町・冨内線冨内駅跡にあるライダーハウス。
オハフ33-1568とスハ45-26です。
こんなカットしかなく、もう一度訪れたいところ。

現存では希少になった、スハ42系の断面を持つ戦後型オハフ33ですね。

平取町、冨内線振内駅跡にあるライダーハウス
平取スハフ44_100番台1
このような構内です。


FH000006
スハ45-37

FH000007
スハフ42-519です。

平取スハフ44_100番台2
ガスが使えるみたいですね。

続いて
美瑛町幸町8丁目にある「ライダーハウス白樺」の
美瑛のスヤ52-2
スヤ52-2
元スロ51-8ですね。
この車体が残っているのは全国ここだけかも。
現在は休業している噂もあります。

スヤ52苗穂
小学生の頃に苗穂工場公開のときに撮影した同車。
確か1986年だった気がします。
http://www.geocities.jp/akanouda/PC/syokuyou.htm
ここに現役時のカラー写真がありました。

ライダーハウスとは撮影エンドが異なり、扉が1両で3箇所という特殊配置ということがわかります。

オホーツク方面では、現在ツアー記事真っ最中なんですが

廃車体ツアー2009-636
先日書いた記事の勇網線卯原内駅跡のオハ47-508

廃車体ツアー2009-638
室内。

勇網線計呂地駅跡の
廃車体ツアー2009-677
オハ45-17とオハ62-92
手前が45で奥が62

廃車体ツアー2009-680
オハ45

廃車体ツアー2009-6691
室内改造されているオハ45-17

FH010019
オハ62

廃車体ツアー2009-668
現役時代の姿のままのオハ62-92

上湧別町の五鹿山公園のライダーハウス

廃車体ツアー2009-683 
スハ45-531(手前)とスハフ42-518(奥)
これの記事は後ほど廃車体ツアー記事で詳しく書きます。



廃車体ツアー2009-690
スハ45

廃車体ツアー2009-712
内装。
寝どころ改造済み


廃車体ツアー2009-689
スハフ42

廃車体ツアー2009-713
サロン扱いのスハフ内装
現役時のままですね。

2007廃車体ツアー259
常呂町字吉野の「虫夢ところ昆虫の家」のライダーハウス、スヤ42-4

2007廃車体ツアー257
ライダーハウスというより研修宿泊所かな。

2007廃車体ツアー087
内装。

津別町共和の津別21世紀の森
2007廃車体ツアー249
オロネ10-502とスハネ16-510

2007廃車体ツアー250
オロネ10

2007廃車体ツアー252
内装

2007廃車体ツアー251
スハネ16
現存ここだけの貴重品ですが、残念ながら現在はアスベスト問題により閉鎖中です。
活用されていた5年前までは冷房も稼動していたんです。

2007廃車体ツアー074
内装。
一般型客車B寝台昼姿を久しぶりに見ました。


津別町相生の相生線北見相生駅跡のライダーハウス
 2007廃車体ツアー069
スハフ42-502

2007廃車体ツアー066
クーラー装備。
内装は取り損ねています・・・。

2007廃車体ツアー062
リネン庫しかなかった・・・カーペットだったはずです。

以上がまだ現役、または現存する客車ライダーハウスです。
気動車ライダーハウスは全滅してしまいました。

過去にあったものでは、
smilykazさんの記憶にある釧路駅構内ライダーハウス

根室駅構内ライダーハウス
、そのほかには帯広駅構内ライダーハウス

富良野駅構内ライダーハウス
がありました。
が、
いずれも閉鎖、釧路のものは
スハ45-15
スハ45-16
スハフ44-8
スハフ44-103
ですが全て平成11年に解体確認。

根室は
スハ45-45
スハフ42-511
スハフ42-520
でしたが解体確認。

帯広は撤去されて、暫く帯広のコンビニ駐車場で保管されていましたが、
ツアー後も存在していて近くを通過していたにもかかわらず撮ることなく
http://tokatikara.hp.infoseek.co.jp/kani/album/train.htm
2007年ツアーでは解体を確認。
マロネ41の改造だっただけに残念です。
もう一台は現存しているようですが、未発見です。

富良野も撤去されて解体されたかと思ったのですが・・・
FH000022
こんな姿で3年前に確認。
色は晩年の色ですが、車体真っ二つです。




FH000021
ね?

FH000023
台車も打ち投げてあります。
これ、「北の国から」の撮影野外スタジオだった「五郎の家」の裏手にあります。

どうもその施設にするために運び込んだらしいのですが・・・。

www125_41
      ↑回答になったでしょうか・・・?


自主
 
      
↑本日作業後に締め切りです!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワールド工芸都電6080その10 | トップ | 北海道拓殖鉄道キハ112 5 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (smilykaz)
2009-09-12 19:57:04
しばらく多忙でなかなか訪問できず申し訳ありません。私の質問にこんなにまでものすごいボリュームで答えていただけるとは感謝感謝です。お手数おかけしました。

そして、根室で私が利用したものの個体番号まで知ることができるなんて!ありがとうございます。

それにしてもすごい情報量の蓄積ですね!またいろいろ教えてくださいね。
smilykazさん (こむめ)
2009-09-15 03:07:35
まだ調査が出来たのに・・・という思いと間に合わなかった物件の惜しさが自分の中にあります。

学生時代にもっと訪問すべきでした。
とつぜん失礼します (ライダーハウス蜂の宿)
2012-02-15 23:57:04
北海道美瑛町のライダーハウスの管理人のざわと申します、数年前から復活していまこの車体で居酒屋をやっております。 車両のことはわからなかったのでとても勉強になりました、ありがとうございました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。