山本公一オフィシャルブログ 甦れ、ニッポン!

愛媛四区選出 自由民主党 衆議院議員

沖縄視察3

2017年03月04日 | 活動報告(東京・視察)

15時過ぎに、亜熱帯広葉樹の森を長尾橋から視察。

その後国頭村ふれあいセンターに移動し、やんばる国立公園指定記念祝賀会に翁長沖縄知事や大宜味村・国頭村・東村の3村長とともに出席いたしました。

沖縄は40年以上前の若かりし頃初訪問し、それから何度も訪れている馴染みの深いところです。

ただ、やんばる国立公園のある北部まで足を延ばしたのは今回が初めてです。この素晴らしいやんばる地域の自然や文化を皆様が大切に守り続けた結果、国立公園に指定できたこと、そして国立公園誕生の喜びを皆様と分ちあえることを大変光栄に思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄視察2

2017年03月04日 | 活動報告(東京・視察)

午後1時からやんばる国立公園記念式典(大宜味村農村環境改善センター)に出席。

主催者として挨拶をいたしました。「この豊かで美しい自然が今日まで守られてきたのは、国頭村・大宜味村・東村をはじめ、沖縄県や多くの地元の皆さまによる自然保護の活動や地域振興に対する長年にわたる不断の努力があったからこそであり、敬意を表するとともに御礼申し上げます。返還された北部訓練場の一部も地元要望に沿ってやんばる国立公園への早期編入を進めるとともに、世界自然遺産の登録に向け調整を進め、やんばるの魅力を国内外に積極的に発信し多くの方々に訪れて頂けるよう努力してまいります。」

この後地元の小学生たちが、やんばる地域で観察した野鳥や蝶などの種類や特徴を紹介するなどの発表会も行われました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄視察1

2017年03月04日 | 活動報告(東京・視察)

2月25日から26日までの2日間、沖縄県を視察訪問。

多種多様な固有動植物や希少動植物が生息・生育し、国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がる沖縄北部のやんばる地域が33番目の国立公園「やんばる国立公園」として昨年9月15日に指定されました。沖縄本島では初めてとなる国立公園です。

26日午前中に「やんばる野生生物保護センター」を視察、やんばるの野生生物についての説明を現地で活躍するレンジャーから受けました。ヤンバルクイナ(国指定天然記念物)がつとに有名ですが、ヤンバルテナガコガネ(同)やノグチケラ(国指定特別天然記念物)などやんばるにしか生息しない動植物もいる世界で一つだけの場所でもあります。

ここ保護センターでは、野生生物保護への理解や関心をもって頂くための普及啓発活動や保護増殖事業、調査研究などを自然保護官(レンジャー)や自然保護官補佐・専門官(アクティブレンジャー)等が中心となって行い、貴重な自然環境を守っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衆議院環境委員会

2017年02月23日 | 国会(本会議・委員会)

平成29年2月21日

17日の大臣所信表明に対する質疑が衆議院環境委員会にて行われました。

国会議事堂別館の第12委員会室にて午前10時から15時までの4時間コース。自民党、民進党、公明党、共産党、維新の会、自由党の7議員からの質問を受け答弁に立ちました。

今後参議院環境委員会での大臣所信とその質疑を同様に行い、予算が成立するであろう3月末以降に、環境委員会へ付託された各法案の審議に入っていくことになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元活動報告

2017年02月21日 | 活動報告(地元)

先週末2月18日と19日、地元愛媛に帰っておりました。

18日は15時半から南予地区郵便局長会懇親会に出席。その後八幡浜で愛媛県歯科医師会南予ブロック大会懇親会に出席いたしました。

翌日19日は泰山レクバレー大会にてご挨拶をさせていただき

その後、大洲五郎地区の文化祭に出席いたしました。

大変上天気で気持ちよく過ごせた地元の時間でございました。

この時期、例年出席をさせて頂いております各地での消防出初式でございますが、今年は公務のため出席ができず申し訳ございません。地元でも火災が多くなっていると伺っております。消防団の皆様の有事に備えた訓練に感謝申し上げ、今後ますますの充実発展を祈念いたしております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衆議院環境委員会

2017年02月17日 | 国会(本会議・委員会)

平成29年2月17日金曜日 12:10~衆議院予算委員会(9:00~12:00、13:0~17:00)審議の合間を縫って衆議院環境委員会が開催されました。

環境大臣・内閣府特命担当大臣(原子力防災担当)として、第193回通常国会における同委員会の審議に先立ち、環境政策及び原子力防災に関する考えを述べさせていただきました。

○東日本大震災からの復興・創生については、引き続き被災地の復興を最優先の課題として取り組んでいくこと。○循環型社会の構築については、地球温暖化対策、自然の保全・活用といきものの共生、資源循環の実現と安心・安全の確保を3つの柱として様々な環境問題にしっかりと取り組みを進めること。○原子力防災等については、防災訓練等を通じて各地域の防災計画・避難計画の継続的な充実・強化に努めること。○原子力規制に関しては、原子力規制委員会が科学的・技術的見地から公正・中立な立場で規制を進められるようしっかりサポートすること。などなど取組の一端を申し上げました。

昨日より今日、今日より明日、未来に豊かな環境をしっかりと引き継げるよう、そして将来、子供や孫たちの世代に、我々が頑張ったから今の豊かな環境があるんだと思ってもらえるよう、全力を尽くしてまいります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAにしうわ明日の果樹を語る会に出席

2017年02月13日 | 活動報告(地元)

2月11日(土)10時より JAにしうわ「明日の果樹を語る会」に出席いたしました。

「この会には是非とも出席させていただきたいという強い思いもございまして、毎年できる限り出席させていただいております。環境大臣という立場になりましたが、自民党果樹農業振興議員連盟の会長代行も務めさせていただいております。農林水産省から逐一、果樹の状況を耳に入れているところでございます。

また環境大臣の立場といたしましても、皆様が懸念されております鳥獣被害。この問題も環境省として大きく関わっているところでございます。農林水産省と相談をしながらこの問題に取り組んでいるところでございます。日本のみかんのトップランナーでありますこのにしうわ地域。気候変動など今後の先を見据えて、トップランナーとして共に考えていきましょう」と冒頭挨拶をさせていただきました。

その後意見交換会、また懇親会にも短い時間ではございましたが参加をさせて頂きました。今後も生産者の皆様のご意見を聞き、情報を頂きながら取り組んで行きたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第9回宇和島クラブ関東ブロック交流会に参加

2017年02月08日 | 活動報告(東京・視察)

平成29年2月4日 第9回宇和島クラブ関東ブロック交流会に3年ぶりに参加してきました。

1昨年前まではホテルニューオータニ最上階個室で開催していましたが、年々会員が増え会場が手狭になったということで昨年より恵比須ガーデンプレイス内にあるビアステーション恵比須に会場を移して開催しているとのことです。

今回は100名ほどの参加であったかと思います。「例年は、土日には帰郷し地元活動をしているためなかなか当会には参加できなかったのですが、今年は早い段階から地元日程を調整し、万難を排してかけつけました。国会議員としてすでに東京勤務20余年を迎えましたが、いまだ宇和島弁が抜けず、時折役所の人たちから、何をいっているんですかと言われることがあります。しかしこの田舎弁を私は誇りに思っています。『やんなはい』『~なあし』『おっとろっしゃ』等あたたかで、やさしく、はたまた面白い。この会場の皆様方には、是非故郷の言葉として宇和島弁を忘れないで頂きたいなと思います。」石橋宇和島市長からは、市の近況報告とともに、昨年開通した九島架橋の出来上がる様子のビデオ映像が流されました。また、宇和島を舞台とした映画「海すずめ」のDVD発売PRや宇和島の産品の抽選会等もありあっという間の3時間でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長野県知事来省

2017年02月07日 | 活動報告(東京・視察)

平成29年2月3日 長野県知事の阿部守一氏が来省し、環境・エネルギー戦略や温暖化対策等について意見交換を行いました。

長野県は全国の中でも環境問題に特に積極的に取り組み、先進的な対策を推し進めています。そこで長野県の環境エネルギー戦略の話を伺わせて頂き、国の施策にも大いに参考にさせて頂きたい。知事からは ○建築物環境エネルギー性能・自然エネルギー導入検討制度導入により費用対効果の高い削減を実現すること。○FITを活用した自然エネルギー発電事業への収益納付型補助制度○長野県と都市部をつなぐ電力販売等々多くの取組をご説明頂きました。

環境省としては地方公共団体実行計画の策定マニュアルの中で優良事例として全国に紹介させて頂くとともに長野県を始めとする意欲的な自治体のネットワーク化を図りその連携を一層深めるように支援していきます。宇和島藩二代藩主宗利の長女・豊姫が松代藩主に嫁いだこと、そして知事のご夫人もまた宇和島のご出身という縁もあり、是非阿部知事には引き続き全国の地方自治体をリードして頂きたいと期待しております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年始愛媛での活動報告

2017年01月11日 | 活動報告(地元)

1月7日(土)14時より賀詞交歓会を開催させていただきました。

本年は例年よりも多くの皆様に会場に足を運んでいただきました。年明けも伊予市から愛南町まで広い愛媛県4区を走りまわっておりました。伊予市・大洲市・内子町・八幡浜市・伊方町・西予市・鬼北町・松野町・愛南町そして宇和島市、それぞれの良さがある我が故郷です。

20数年前、県議会議員を目指したときもこの故郷のために何ができるかを考えて取り組んでまいりました。国政へ出させていただいた今では、故郷がだんだんと広がっていったんだとそういう思いでそのそれぞれの地域の特徴を活かして故郷の発展をはかっていく、そういったぶれない決意を持って今日までやってまいりました。

皆様の思いのおかげで、こうして大臣をさせていただいております。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もできる限りではございましたが、各所の成人式に出席をさせていただきました。成人を迎えられました皆様に心よりお喜びを申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年頭訓示

2017年01月08日 | 活動報告(東京・視察)

平成29年1月6日

新年初の閣議及び閣議後記者会見を終え、午後から環境省職員に対し年頭訓示

真心を込めて災害被災地の復旧・復興に取組んでいきたい。また、地球温暖化問題には国民の理解や信頼が無ければだめで、それを得るために職員皆さんの力添えをお願いしたい。今年も諸課題に精力的に取り組んでいきます、特に国立公園満喫プロジェクトは一段と活性化させていきたい。様々な問題に昨日より今日、今日より明日、少しずつでも着実に一歩一歩前に進めていきます。

また、働き方改革に関しては、工夫をしていい働き方を、そして働きやすい環境を事務次官以下しっかり取り組んでほしい。と今年の抱負を語りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「環境新聞」2017年新春号の巻頭インタビュー

2016年12月30日 | インタビュー・新聞記事等

業界紙である「環境新聞」より2017年新春号の巻頭インタビューを受けました。

○「パリ協定」の発効とCOP22の成果

○同協定発効を受けて国内の地球温暖化対策(カーボンプライシングの本格的導入やフロン対策・先進的低炭素技術など)

○気候変動の適応策についてや地球温暖化対策以外の重点施策などの質問を受けました。その質疑応答の内容については1月1日号に掲載される予定です。ご覧になりたい方は、地元事務所(宇和島・大洲事務所)にご連絡を頂ければと存じます。

本年もありがとうございました。良き新年を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

COP22慰労会

2016年12月24日 | 活動報告(東京・視察)

平成28年12月22日

この日、閣議において平成29年度予算案を閣議決定いたしました。一般会計総額で97兆4547億円。環境省においては一般会計1484億円をはじめ、エネルギー対策特別会計及び東日本大震災復興特別会計を含めた総額で1兆191億円の予算となりました。来年1月召集の通常国会にて審議をし、成立を図るべくしっかりと取り組んで参りたいと思います。

夕刻には11月7日~18日までモロッコ・マラケシュにて開催されたCOP22の慰労会を行い、約40名ほどご参加いただきました。関係の皆様には、国内外での事前準備、現地での情報収集や閣僚級・各種団体との会合手配あるいは日本ブースでの各種イベントやセッションなど陰に陽に汗をかき夜も徹して奮闘・活躍頂いたことにより成功裏に終えることができたと深く感謝申し上げる次第です。

改めて日本がパリ協定を実効性ある協定にするため、国際的な協調の下、各国をつないでいくための架け橋としての役割をしっかり果たしていかねばならないと強く思いました。愛媛県の食材を堪能していただくべく、じゃこ天やみかんとみかんジュース、そして愛媛の銘酒「野武士」「城川郷」「虎の尾」「川亀」を提供させていただきました。現地や出入国等でサポートして頂いた女性職員から「結婚することになりました」とのサプライズ報告があったり、COP22での解説付きの写真スライドショーがあったりと大変賑やかかつめでたい慰労会となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「君たちの動画を待っている!藤岡弘、地球温暖化防止道場」表彰式

2016年12月13日 | 活動報告(東京・視察)

平成28年12月8日木曜日から3日間、東京ビックサイトにおいて「エコプロ2016」が開催されました。

環境省は同イベントに●低炭素型の3R技術・システムの実証事業●環境技術実証事業●COOLな商品のお買い物●「冷やすワザでおいしい未来に」の紹介●地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」●世界を変える先導的技術の開発・実証と社会実装等のブースを展開し、来場者の方々へそれぞれの事業をご紹介いたしました。

私はイベントステージにおいて『地球温暖化防止のための動画募集キャンペーン「君たちの動画を待っている!藤岡弘、地球温暖化防止道場」』の表彰式で挨拶をするとともに環境大臣賞のプレゼンターとして賞状及びトロフィーを授与させて頂きました。

この動画募集キャンペーンは地球温暖化防止のための国民運動「COOL CHOICE」推進のため、国民の皆様から様々なアイデアを募集し、それを国の普及啓発事業に活用させてもらう取組です。審査委員長には久万高原町出身で俳優であり武道家である藤岡弘、さんに就任して頂きました。藤岡弘、さんからは「日本は何度も危機を乗り越えてきており、世界に対し説得力がある。世界的な問題を日本が率先してやるといったコマーシャリングをしてもいい」との力強いコメントがありました。

環境大臣賞をはじめとした受賞作品(9作品)を決定したのですが、作品に触れた一人ひとりが、地球温暖化の問題を意識し、自分ごととして捉え、具体的な地球温暖化対策の実践に取り組んでいただければ幸いです。

藤岡弘、さんとは「愛媛を環境先進県にしていきたいですね」という話もさせていただきました。

(受賞作品はこちらです)

http://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/douga

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八幡浜港フェリー埠頭再整備事業起工式に出席

2016年12月01日 | 活動報告(地元)

先週末は地元に帰っておりまして11月26日(土)八幡浜みなっとにて「八幡浜港フェリー埠頭再整備事業起工式」に出席いたしました。

「八幡浜港は将来性があり、益々伸びていく。東九州自動車道の開通により九州の貨物が、八幡浜港を経由し関西や関東へ運ばれるなど、物流が変わったと実感している。トラック輸送の一部がフェリー輸送に変わればCO2の削減にもつながる」と挨拶させていただきました。

またこの日は自民党宇和島支部の役員会にも出席、その後は昔からの地元の方々とゆっくりとした時間を過ごしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加