知恵の輪 間 ぬけ作のブログ

木工木楽屋が参加したクラフト市・手づくり市の報告のブログです。

おかげ横丁 孫の屋三太さん 2016年 2月

2016年02月22日 09時04分54秒 | クラフト市

 今回の報告はおかげ横丁 孫の屋三太さんです。

2016年2月21日(日)朝5時00分の赤福さん本店です。扉があげられ営業開始です。私 一番をねらったのですが残念ながら〇番でした。残念。大きい看板をよく 見ると


  創業宝永四年と彫られています。宝永四年はネットで調べると1704年だそうです。

 私 四番でした。私 血糖値の高い病気なので2個だけ食べるつもりでしたが親のいいつけ『食べ物は粗末にしてはいけない。』をまもり 3個ともいただきました。(うそつき)赤福本店はすべてのものが江戸時代です。

 この文字読めますか。読めない方は自分で調べてください。形は違いますが私の家にもありました。

ピッカピカに光った手あぶり?(正しい名称わかりません)これにも福赤の文字が

  歴史を感じます。古い が すごい。

この時期おかげ横丁は

 です。

私の知恵の輪を販売していただいている孫の屋三太さんには新しいスタッフが増えほんの少し知恵の輪の話をしました。

一人の若い男の子は私がお手洗いに行っている間

 私の代わりに知恵の輪の説明です。私 ビックリ です。もう一人は

こんな可愛い娘です。二人ともアルバイトだそうです。

たった1日ですが多くのお客様と(勝手に)お友達になりました。

この笑顔最高です。

この二人 超難解なスーパーぬけ作君解いてくれました。驚きの二乗です。記念に撮影させていただきました。

少し暗くなってからのお客様です。大変感じのいいお母さんでした。

『ブログ用の写真お願いします』パチリ。

今回が今年最初の応援販売でした。楽しかった。お昼は事前に買っていたババナ1本でした。次は3月の末に行こうと思っています。すべての方に感謝。きらく。

竈 かまど です。

 



 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木工木楽屋の商品製作過程 | トップ | 京都 桂川マルシェ 3月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。