KINAKOーMOCHI

なんちゃない犬との暮らし。

留守番ふたり

2017-03-22 | 新横浜公園ドッグラン




3連休、一日だけ犬孝行しに朝いち新横浜





誰もいないランに一番乗りしたのはパパ



入口で待機してOKの合図で駆け寄るはずが











勝手にマテ解除した8歳児











そういうことじゃ困ります (-_-)













まだ年若そうなコーギーさん









年長の威厳発揮できないなめられ体質(笑)




家でも猫に同じことされてるもんね



どんまい











みんな遠出してるのかな~、案外空いてた









一番に来て一番に帰る







めいちゃん、ただいま~









ワル顔





いい子にしてた?











3.7キロ









近所のトイプーちゃんより大きいんだい






らーちゃんも、ただいま~











きょうも可愛い










めいの気に入りの場所









Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

走る犬、跳ぶ猫

2017-03-14 | 新横浜公園ドッグラン





今週も犬ひとりっ子は新横浜





朝、一番乗りでランに突入








したのは飼い主







呼ばれた ♪










弾ける犬ひとりっ子
















誰もいない広い芝は気持ちがいい










10分程で









満足







留守番だった猫孝行









しゅわっ








とりゃっ





一人遊びが上手だから


遊んでやらなくなってたけど











最近は毎日お相手してます











パパの足元拠点に









キャッチ ♪








大好きだったらーちゃん












いなくなってから



めいちゃんの甘えん坊度が増したような・・・











きなちゃんとお互い張り合ってるから


構ってちゃん2ぴき相手に


飼い主は退屈してる暇ありません









大丈夫だよ。















Comments (5)
この記事をはてなブックマークに追加

走るひとりっ子

2017-03-08 | 新横浜公園ドッグラン




日曜日



追っかけっ子楽しむ軍団にちょっとぶつかられただけで


大袈裟にキャイ~ンとわめく、へたれ1ぴき連れて新横浜ドッグラン









犬力高めのらーちゃんはもう助けてはくれないよ





きなちゃん好みの中型柴さんが一緒に走ってくれました

















楽しんだ ♪











満足














ブログに書いてなかった2週前の日曜日


らーちゃんと来た最後のラン










広い芝にも沢山の犬にもテンション上がることはなくて


いつも私の側を離れたがらなかった









いつもぱたぱた小走り程度




ドッグランより、断然お散歩派




亡くなる4時間程前、いつも通り


ずんずん先頭きってお散歩してた





ぎりぎりまで色んなこと、頑張らせちゃったのかなあ









犬は喋れないってこと、もっと肝に銘じるべきだった








犬一人っ子に戻ったきなちゃんとベイクォーター









真顔なの?








一人っ子らしく間陣取って、おねだり





もともと2年前までの7年間、きなちゃん1こだったのに


散歩行っても出掛けても


楽過ぎて・・・なんか変














ややこしい子が足りないの









どこに行っても思い出いっぱい。









Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

きなめい近況

2017-03-03 | 日記





きなちゃん、めいちゃん元気です











らーちゃんがいなければ


今のこの距離感はあり得なかったと思います



持ち前の母性で警戒心の強い野良さんの気持ちをほぐして


猫嫌いの犬との橋渡しをしてくれた



母性のかけらも見当たらないきなちゃんが


昨日もめいちゃんのことを追っかけ回してましたが


遊びと解釈してるのか、余裕のめいちゃん








精神年齢が近い者同士、仲良くやってください







拝む黒い肉球の猫








なむなむ






いつだって側にいるはずだから









れろれろ




温かいお言葉、同じような経験をされた方のお言葉、

らーちゃんになりかわってのお言葉、

とても励みになりました、ありがとう。









Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう、ライラ

2017-02-26 | 日記





2月21日火曜日、らーちゃんが亡くなりました。




お散歩して、ごはん食べて、いつも通りの一日を終え、


気に入りのドッグベッドでまったりしてた20時過ぎ


突然呼吸がおかしくなって、すぐに病院へ。




そこで初めて患ってることに気付いた肝臓癌は破裂していて


お腹にたまった血を抜いて血管に戻す処置の最中


私とぶぅちゃんが傍らで見守る治療台で


21時過ぎ、息を引き取りました。




その処置がうまくいってたら


開腹して癌を切除して、それが肝細胞腫であったなら


他への転移のない腫瘍なので余後2、3年見込めたらしい。



あーだったら、こーだったらと仮定の話ばかりしてもしょうがないけど



もう10歳近いし色々出てくる年頃だよねと


今思えば現れていたいくつかの兆候を見過ごして


早期に発見してやることが出来なかったこと


後悔ばかりが残ります。



まさか、もう目を覚まさないらーちゃんを


連れて帰ることになるとは想像もしてなかった


あっという間の出来事。



病院に着いた頃から、既に意識が朦朧としていて


苦しい治療も分からなかったかもしれないというのが多少の救い。






8歳で我が家にやって来てから1年9か月


9年9か月の犬生でした。






一人っ子きなちゃんを溺愛してた私が


2頭目として迎えようと唯一心動いた、らーちゃん。



お里訪問した際、きなちゃんと色違いだけどそっくりで


衝動的に惹かれてしまった、


きなちゃんと1歳3か月違いの母犬らーちゃんは当時3歳。



売り物の子犬じゃなくて、繁殖犬を譲って( 売って )もらうなんて出来るのかは不明だけど


もうこれ以上身体に負担のかかるお産もさせたくなかったし


思い切って後日電話したら、断られた。



子犬迎えたご家庭には引退後譲ることが出来ますからと言われたけど


引退が何歳とは明言されず


おそらく高齢に近い年齢の子を迎えることは


犬歴まだ2年そこらの私に想像出来なかったので


優秀な繁殖犬のらーちゃん、きっと大事にされるはずと信じて一旦諦めた。



諦めたけど頭の隅っこにはあって、だから


きなちゃんに弟か妹どうですか的な話が好きじゃなかったし


うちが次に迎えるべきはパピーじゃないとも思っていた。




それから思い出したり出さなかったりで5年経ち


7歳でのお産を最後に、お仕事引退したらーちゃんを


楽しみというより、むしろ義務感とか使命感、


短い時間で終わるかもしれない覚悟の上迎え


おっかなびっくり始まった生活。



自分の名前を覚えるところから


ゆっくり、ちょっとずつ、


きなちゃんの真似っ子しながら


家庭犬としてのあれこれを身につけた。



最近でも出来ることは新たに増えてて発展途上。



すっかり馴染んで家族の一員になったけど


もっともっと心通わせて、どっぷり愛情に溺れさせたかった。



すべてがまだまだ途中、これから、という感じ。



やっとつかんだ穏やかな隠居生活


くたばってたまるか ! て、しがみついて欲しかった。





残されたのは、物分かりのいい犬と手のかからない猫。


暮らしの中のややこしいことのほとんどは


らーちゃん絡みだったと拍子抜け、喪失感に襲われる。



可愛い子犬産んで、迎える家族に幸せ運んで、ブリーダーが潤って、


お腹痛めたらーちゃんが幸せにならないのは割に合わないんだから


大事に、労わって、幸せにしなくちゃと


おこがましくも思ってたけど



振り返れば



らーちゃんとの暮らしは素晴らしくて


信じられない位楽しくて


健気で真っすぐな瞳に支えられてたのは私の方だ。



きなちゃんがいたから繋がったライラとの縁のはずが


そもそもライラへと繋ぐためのきなちゃんだったのか


分からない位、私にとって尊い存在になっていた。



らーちゃんの思うことはいまいちよく分からないけど


この1年9か月、私は最高に幸せだったよ。



最後に、らーちゃんと未熟な飼い主に関わって下さった方々


ブログを通して、らーちゃんを応援して下さった方々


感謝の気持ちでいっぱいです、ありがとうございました。

















Comments (40)
この記事をはてなブックマークに追加