きまぐれ鳥見んぐ

野鳥たちとの出合いを求めてのきまぐれ鳥見日記

*掲載している画像の無断複写・転用は固くお断り致します*

山形市霞城公園’18.2/3

2018年02月03日 | 村山地方
最近どうも鳥運が悪く、ずっとテンション下がりっぱなしだった。でも、鳥見しないことには運も上がらないだろう。節分のこの日、朝から天気が良く、絶好の鳥見日和だ。しかも、明日からずっと雪マークで、またまた大雪の予報も。これは、今日行くしかないだろう。…という事で、霞城公園に行った。どうして地元で鳥見しないの?と思う方もいるでしょう。我町、我が家周辺は雪に閉ざされ、マイフィールドに入って行けない状態なのです。ちなみに我が家周辺の積雪は約1mです。霞城公園の芝生の上の積雪は、15~20cmといったところだった。土手の上に上がり、お堀を見ると、全面氷と雪に閉ざされ、カモ類の姿は無し。連日厳しい寒さが続き、カモたちには厳しい状況となっている。何とか元気に乗り切ってほしいものだ。体育館を過ぎ、再び土手に上がると、シロハラの声が聞こえる。桜の木の枝に止まっているのを発見。シロハラは警戒心の強い鳥だが、この個体は、割合開けたところにもとまっていた。さらに進み、元児童館のあったところに行くと、ウソ2羽を見つけた。双眼鏡で確認すると、アカウソだった。本日鳥見の目的の鳥さんだ。ほとんど警戒心「0」のウソだった。2,3mあたりのところからたっぷり観察・撮影することができた。これで、これまでのストレス満タンを一気に解消し、久しぶりにテンションあげあげの鳥見となった。鳥見終了間際には、弓道場手前の梅の木のところで、ベニマシコ雄を見つけた。カメラを準備したところで飛ばれてしまったが、この公園で2度目の出合いということで十分だ。今日は真っ青な青空のもと、久しぶりに充実した鳥見を楽しむことができた。

【出合った鳥たち】シロハラ、ツグミ、モズ、ベニマシコ雄、シメ、アトリ、ウソ(アカウソを含む)、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、シジュウカラ

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

福島市小鳥の森’18.1/8

2018年01月13日 | 県外の鳥見
2018年、戌年のスタート。皆様、本年もよろしくお願いします。今年の抱負としては、3月で退職なので、一応人生の節目の年となります。なので、健康第一に第二の人生をスタートしたいと思います。これまで以上に鳥見に精進してまいる所存であります。・・・と、新年の抱負はこれくらいにして、今年の初鳥見は、恒例の福島市小鳥の森。もちろん、目的は青い鳥さんに会いに。夜明け前の6時に家を出て、関山峠を越えて、仙台宮城ICから高速に上がり、福島の飯坂ICで降り、小鳥の森に着いたのは9時頃。小鳥の森手前の急坂は雪が解け凍って、圧雪凍結状態。上りは問題ないが、問題は下りだ。ブレーキの加減を間違えると、そのままツーっと路外に行ってしまう危険が…。帰りを心配しながら、早速ルリビポイントへ。かなり待機するも、地鳴きすら聞こえない。センターの方に聞くと、今年の個体は若い雄だが、かなり出が悪いらしい。・・・という訳で、結局今季は出会えなかった。トラツグミが出るポイントも教えていただいたが、だいぶ待つも、これまた出ず。今年の鳥運は全く無いようだ。ここまでわざわざ来たのに・・・と、かなり落ち込んで、でも下りの急坂はかなり緊張して下り、骨折り損の・・・状態で帰路に就いた。

<出合った鳥たち> アトリ、シメ、マヒワ、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

「トリ年」の鳥・トリ’17.12.30

2017年12月29日 | ブログ
酉年の年末は、雪・雪・雪で終わりとなりそうです。今年は「トリ年」と云う事で、いろいろなことがありましたが、自分的に「いい出会いだったなぁ。」と思った鳥たちを紹介して、今年のブログを締めくくりたいと思います。一番最初は、何といってもケアシノスリですね。雪解けの進んだ3月。鳥友人より「今、どさいだなや?」「こさケアシノスリいだよ。」と情報をいただき、大急ぎで駆け付けたのでした。その後、だいぶ長逗留してくれて、大サービスぶりでしたねぇ。春5月。「トラフのヒナ、巣立ったよ。」と、これまた鳥友人より情報をいただきました。お陰様で、お父さん、お母さん、そして巣立ったヒナ4羽に出会うことができました。やはり、持つべきは鳥友ですね。6月に入ると、毎年「赤い鳥さん」に出会いたくなります。今シーズンも無事到着し、元気な姿を見せてくれました。近年、カメラマンが増え、なかなか厳しい環境になってきている中だけに、ホッとする出会いでした。そして、もう一つ気になるのが、チョウゲンボウの繁殖。今年は、1つがいが繁殖に失敗したようですが、何とか他のつがいは無事成功したようでした。そんな中で、いつもと違う場所で繁殖したヒナたち4羽の巣立ちの瞬間に出会うことができました。7月、8月は、鳥たちにも鳥見人にも暑さの厳しい季節。暑さの苦手な自分は涼と鳥を求めて高山へ・・・というのが毎年のパターン。今年は、蔵王でイワヒバリに出会うことができラッキーでした。しかも、目の前数メートルの近さにワクワク・ドキドキでした。目の前数メートルの近さと言えば、7月のチゴハヤブサ。マイフィールドで久しぶりに繁殖してくれて、食事のシーンを目の前というか、目の上で観察することができました。8月は、毎年行く新潟の瓢湖。今年もヨシゴイに出会うことはできましたが、ハスの面積がかなり減っていることがとても心配です。このままでは、ヨシゴイの繁殖にも影響が出るのではないだろうか・・・と。暑さが一段落した9月。小鳥たちの秋の渡りが見たいと、街中の公園へ。ここで、渡り途中のサンコウチョウをじっくり観察することができました。今年の鳥運は、ここで使い切ってしまったようです。その後はさっぱり・・・状態で、年末を迎えてしまいました。
来年は「イヌ年」。たくさんの鳥たちとワン!ダフルな出会いをしたいものです。来春からは飛島探鳥も再開しますので、楽しみ・楽しみ。
最後になりますが、拙ブログにお越しの皆様、一年間有難うございました。皆様、良い年をお迎えください。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

天童市原崎沼Ⅱ’17.12/10

2017年12月16日 | 村山地方
先週のベニマシコの残念な結果のリベンジという事で、2週続けての原崎沼。まずは、リベンジの結果は?・・・今回も残念!でした。雌は何とか証拠写真程度は撮れたが、雄は全然だった。さて、エナガの出迎えを受けながら山道を上っていくと、杉の木の所で、コガラの小群と出合った。盛んに草の実を食べている。それにしても、とても動きが速くて落ち着かない。しばらく観察したところで、また歩き出すと、今度はホオジロ系の地鳴き。「チッ。」と一声なので、ホオジロではないが。声のする方を探すと、ミヤマホオジロだ。雄雌ともにしっかり観ることができた。カシラダカは、赤い実のなっているところにとまってサービスしてくれた。ベニマシコ雄を撮りたかったが、今日も鳥運なしということで諦め、車に戻った。最後、沼のカモをちょっと眺めようと思い、沼沿いを歩いて行った。アトリ2羽を見つけた。今日はオオバンがいなかったが、あとは先週の顔ぶれと変わらず・・だった。ミコアイサ雌でもいないかと双眼鏡で見ていくと、カルガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ・・・、カイツブリもいる。ヒドリガモ、・・・「んっ?ヒドリガモ?頭が緑っぽいな。アメリカヒドリ?」アメヒっぽいが、ヒドリガモとの交雑個体かな?と思った。ここ10数年、アメヒを見ていない。アメリカヒドリ、見たいなぁぁぁ。

【出合った鳥たち】 マガモ、コガモ、カルガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ホシハジロ、カイツブリ、ダイサギ、カワウ、ジョウビタキ、ベニマシコ、アトリ、カワラヒワ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、ホオジロ 等

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天童市原崎沼’17.12/2

2017年12月03日 | 村山地方
久しぶりのじっくり鳥見だ。最近、土日というと天気が悪かったり、天気が良くても用事ができたり、飲み会があったりと、いろいろあって鳥見ができず、それ故ブログも更新できず、・・・といった状況だった。その間に、とうとう雪まで降ってきてしまった。いよいよ雪との格闘の始まりだ。その前にと、天童市の原崎沼に行った。ここは、た~くさんのカモが見られるポイントだ。しかし、沼を見てびっくり!カモが・・・いない!もう数えるほどしかいない。昨年、「ずいぶん減ったなぁ。」と思ったが、そんなもんじゃない。どうしてこんなことに???エサとなる水草等が無くなってしまったのだろうか。とりあえずサラっと観察すると、マガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、オオバン、カワウ4羽といった顔ぶれだった。次は、山の方に上って行った。お目当てはベニマシコとミヤマホオジロだ。まず現れたのはマヒワの群れ。100近い数だ。そして、ベニマシコは土手の草むらにいたが、なかなか開けたところには出てくれず、また、出ても露出をミスってしまい、散々な結果となってしまった。やっぱり1か月のブランクは大きい。帰り道、カシラダカを見つけた。以前ならスルーしてしまうところだが、絶滅危惧種になってしまったということで、しっかり撮らせてもらった。そのおかげで、ミヤマホオジロにも会うことができ、一応目的達成となった。

【出合った鳥たち】 マガモ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、カワウ、オオバン、ダイサギ、ベニマシコ、シジュウカラ、ヤマガラ、コガラ、エナガ、ミヤマホオジロ、カシラダカ、ホオジロ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加