漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牛に関する熟語について(荘子が招聘を固辞した故事)

2008年12月09日 06時33分49秒 | Weblog


 [ブログ内検索][牛・丑・うし・ウシ(漢字の語源・成り立ち)]
に関する熟語について

 辞書を引けば、「牛」に関する熟語は少なくないことがわかる。

牛衣
牛飲馬食
牛券
牛車
牛酒
牛女
牛郎
牛斗
牛心炙
牛馬走
牛歩
牛毛
牛喘
牛溲 ・・・ ほほーう (^^;
牛驥同竜

 などなど、「牛」があたまにくるものだけでも枚挙にいとまがない。

 牛鼎烹鶏(ギュウテイホウケイ)

  というのがあった。

  牛鼎(ギュウテイ)にて鶏(ケイ・にわとり)を烹(に)る。

  すぐれた才能・能力を持つ人物は、つまらぬ事をやるのには適しない。を入れて煮るような大きな器でを煮るようなもので、役不足だということ。

   割鶏焉用牛刀(鶏をさくになんぞ牛刀を用いんや)


  『荘子』内篇の素読 をつづけているが、荘子ならこんな不平は言わない。それどころか、国王からの招聘をさらりとことわっているのだ。かっこいーい!

(用意されたポストでは役不足だと不平を言ったのではなく、どんなに厚遇されたとしても、世間的な名誉になんか興味なし、まっぴらごめんだよ ということ)

   [荘子、濮水に釣す(荘子・秋水篇)]


  に関する熟語や故事は、他にもまだまだありそうだ。



招聘(ショウヘイ)
 しかるべきポストを用意して招く。厚遇を約束して雇用すること。
 つまり、国王の「師」として招くこと。

 本来は、外部の人を一日講師として招くような時には「招聘」などとは言わない。これは便利使いしているだけ。礼を尽くして、下にも置かぬ待遇で雇い入れることが「招聘」である。

 「彼は、学長として招聘された」 というような使い方をする。


牛・丑・うし・ウシ(漢字の語源・成り立ち)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荘子:斉物論第二(21) 夫道... | トップ | 荘子:斉物論第二(22) 辯也... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL