漢字家族BLOG版(漢字の語源)

漢字に関する話題など。漢字の語源・ワードファミリー。 現在、荘子「内篇」を素読しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

百元=百円???

2007年09月09日 11時46分15秒 | Weblog



「百元」を翻訳すると「百円」

 「百元=百円」といっても、レート(通貨の交換比率)のことではありません。
 一般的には「人民元」の「元」のことを「ゲン」と呼び、日本円の「円」のことを「エン」と発音することが多いようです。
 これについては、少し気になっていた部分がありましたので、re:「縁」の由来 -- 漢字家族の方にコメントを追記しました。
 結論的には、「元」を「ゲン」と呼んでも何の差し支えもないのですが、この場合「元」「円」だということを知っていた方がよいと思います。

 ※「人民元」のことを、「ジンミンゲン」と読む人がいるが、「ジンミンエン」と読むのが正しい。何故ならば、圓(エン)の省略形(新字体)がでありであるからだ。圓(エン)という漢字と、その新字体(簡体字・簡化字)と「元」という漢字の発音はともに(エン・yuan2)であり、日本語表記の「円(エン・yuan2)と全く同じである。 
 遠足の「遠」や、公園の「園」なども、簡体字ではその発音部分を「元」と表記する。「エン(yuan)=元」なのだ。
 ただし、両方とも「エン」と呼んでいたら紛らわしいので中国元(チュウゴクエン)の方を「ゲン」と呼ぶことが多い。いちいち「ちゅうごくえん」「にほんえん」と呼んで区別するのは面倒くさいですものね。




漢字を筆記する場合の「正しい筆順」はあると思いますか?
ある(708票)
ない(110票)
(2007年 9月9日 11:25現在)



渾沌のブックマーク(検索エンジン型)

re:「縁」の由来 -- 漢字家族

漢字質問箱バックナンバー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

re:「経」という漢字の由来

2007年09月03日 04時03分56秒 | 漢字質問箱ログ



「経」という漢字の由来 投稿者:普通tの主婦 投稿日:2007-08-31 11:12:04

 という漢字の由来、楽しく読ませてもらいました^^
 先日、子供から経済という言葉について聞かれて困ったことがきっかけで、このHPを探してきました。
 「経」「済」きっと意味のある漢字の由来があるのでは? よろしければ「経」という漢字の由来も是非教えてください。

経:図解
 すみません、さきほど「普通tの主婦」さんのコメントに気づきました。「経」については、漢字質問箱バックナンバー:「経営」の語源はなんなのですか? をご覧いただきたいですが、こちらの方にも転載します。「経済」については、現在は「economy」の意味で使用されていますが、そもそもは「経世済民」の略語。国をおさめ、人民の生活を調整する(世の中を調整して人民の生活のでこぼこをなくする)ことですね。



「経営」の語源はなんなのですか? 投稿者:とみとみ  投稿日:2002年 11月21日(木)00時04分36秒

卒論で「経営」に関することを書かねばなりません。
国語辞典(広辞苑など)や漢字辞典で、いろいろ調べたのですが
おおそういうことだったのか!というようなくわしい答えは見つかりませんした。
ですので、下記のこと、よろしければご教授くださいませんでしょうか?
お願い致します。

質問1
「経」の漢字の成り立ちと語源、
「営」の成り立ちと語源は、どうなっているのか?
質問2
かかる言葉が一番最初にでてくる文献は何か?
その文献は,いつ頃、誰によって書かれたものか?
(いくつもの諸説があるようですが・・・ほんとうはどれなのか?)

よろしくお願いします。



Re:「経営」の語源 投稿者:Nothing  投稿日:2002年 11月21日(木)02時10分31秒

まず、「経」ですが・・・

ご存じのとおり、これは
字形としては :「まっすぐにとおった織物のたていと」のこと。
ことばとしては:(ケイ)(=径。まっすぐな近道)・(ケイ)(=茎。まっすぐなくき)・(ケイ)(まっすぐな首)・(ケイ)(まっすぐなすね)などと同系。
意味は    :
(1)たていと ※ヨコ糸=緯 転じて東西を経・南北を緯という。
(2)時代をたてに貫いて伝わる不変の道理。物事のすじ道。
(3)儒教で、不変のすじ道を説いたとされる書。「経書」「五経」
(4)まっすぐとおりぬける。場所や時間をとおりすぎる。「経過」
(5)おさめる(をさむ)。すじ道やたての線を引く。また、転じて、物事の大すじをたてて処理する。管理する。
「経営」「経之営之=これを経しこれを営す」〔詩経・大雅・霊台〕


つぎに、「営」・・・

字形としては :營の上部は炎が周囲をとり巻くこと。營はそれを音符とし、宮(連なった建物)の略体を加えた字で、周囲をたいまつでとり巻いた陣屋のこと。周囲をぐるりと壁で区切ってとりまき、その中に住むこと。
ことばとしては:(エイ)(とり巻く)・(ケイ)(=蛍。光の輪がまるくとり巻いたほたる)・(=栄。まるくとり巻いて咲く花)などと同系。
意味は    :
(1)ぐるりをとり巻いて守った陣屋。「兵営」「営舎」
(2)周囲をとり巻く。▽直線の区画を切るのを経(ケイ)といい、外がわをとり巻く区画をつけるのを営(エイ)という。あわせて、荒地を開拓して畑をくぎるのを「経営」といい、転じて、仕事を切り盛りするのを「経営」という。
(3)いとなむ。仕事を切り盛りする。
(4)「営営」とは、ぐるぐる周囲を巡るさま。また、せっせと働くさま。


<出典>
(a)事業をはかりいとなむこと。「経営四方=四方を経営す」〔詩経・小雅・北山〕
(b)土地をはかって縦線と外わくの線とを引く。転じて、土台をすえて建設すること。〔書経・召誥〕
(c)苦心して仕事につとめること。「経営無太忙=経営太だ忙しきこと無からんや」〔韓愈・調張籍〕 ★韓愈



「経」と「営」(言葉の系譜)より 投稿者:Nothing  投稿日:2002年 11月21日(木)02時40分39秒

 紀元前の八世紀、周の国の詩人は祖先文王が「霊台」という祭壇を築いて建国のシンボルとしたことを追想して、

  霊台を経始し、これを経しこれを営す。
  庶民これをおさめ、日ならずして成る。

 と歌っている。土木工事や建築を始めるさい、まずという作業を行ったのである。
 の字の右側は・・・
--- 中略 ---
 そこで、タテに伸びた草木のクキをといい、タテに張った人体のクビをという。屈曲した道路をタテにつなぐ近道はという。・・・
--- 中略 ---
 土木工事や建築にとりかかるさいにも、まずクイを立てて、その間にピンと縄を張り渡し、削る所や掘る部分、支柱の位置などの予定をつける。その作業をというのである。つまり、工事にかかる前の縄張りの作業である。

 はもとと書いた。・・・
--- 中略 ---
 ・・・の火も同様で、やはりおしりを丸い光の輪がとり巻いている。木蓮や桐の花が満開となると、白い花の輪が木全体をとり巻くのでという。ふつうのハナは花・華というが、その木全体を外からとり巻いて、ホタルの光冠のように咲く花はというのだ。繁栄の栄(さかえる)はその派生義である。
 してみると、營もまた建物の周囲に丸い外枠をめぐらすことだ。だから、大将の幕舎の周囲に垣をめぐらしたのを「陣営」といい、外側をヘイでとり巻いた兵舎を「営舎」というのだ。工事の初めに、外枠に縄を張りめぐらしてクイを打ちこみ、全体の大きさ、規模を定める動作がである。

 も、事業の当初に慎重に要所を定め、規模を予定する作業である。
 どちらも、周到な事前の準備のことであって、事が起こってからあわてて手当をすることではない。
孫子の兵法にまねて、ドロ縄式の奇策を弄したり、伊賀の忍法を学んで産業スパイを試みるなどは、経営の本旨に反することはなはだしい。

<言葉の系譜・藤堂明保・1964年7月25日発行(絶版)>




漢字を筆記する場合の「正しい筆順」はあると思いますか?
ある(660票)
ない(101票)
(2007年 9月3日 3:55現在)



渾沌のブックマーク(検索エンジン型)

「経営」の語源は何ですか?

「済」という漢字の由来について

漢字質問箱バックナンバー

コメント (1)   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加