英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

【怒り心頭】こんなのが東大教授なのか?

2017年01月03日 21時18分20秒 | Weblog
東大はいま、こんな感じなの、鴨?
 
 
 
 
ブログ友の記事紹介します。これ(↓)です。
 
・【怒り心頭】こんなのが東大教授なのか?
 http://ameblo.jp/nihonkaigi-yachiyo/entry-12234212934.html
 
画像が多いのでURLのみ(笑)、手抜きです。
だって、もうネットカフェ追い出される時間だもん(苦笑)
その後は数日移動するから・・・・。
 
>苦渋の選択
 
 
他のメンツは肩書きだけの「内弁慶=日本国内オンリー」の<ビッグネーム>だと思いますけれども、冒頭の井上達夫さんは、間違いなく、現在の日本の法哲学研究者としては、長尾龍一さんと森村進さんとともに--そのリストの上位者はほぼ関西勢が占めるなかで、唯一三人の中の一人の--日本のトップクラスの実力・実績の方ではある。リベラル派ではあるがその実績には私も敬意を表するにやぶさかではない。
 
しかし、ある領域ですぐれた方も他の分野では素人にも劣ることはよくあること。それに、碧海純一さんや矢崎光圀先生と井上茂先生に聞いたところでは、面白い、要は、少し変わった方らしい・・・(笑)。以下、自主規制。
 
まあ、井上さんにはアメリカの法哲学とドイツの法哲学の交流の経緯の翻訳紹介とかに時間をつかい、あまり、保守派にもいなくはない(←KABUとかの)贔屓筋にこんな駄文を書かせないよう、本業にまい進していただきたいと思います。聞いてるか井上さん!!
 
 
・法哲学の入門書紹介 でも、少し古いよ(笑)
 
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-11147077543.html
 
・井上達夫教授の<憲法9条削除論>の鮮烈と無為徒食の憲法学者の有害無比な生態
http://ameblo.jp/kabu2kaiba/entry-12148849938.html
 
・<改訂版>自薦記事一覧:保守主義の憲法論と社会思想
-憲法学の再構築と占領憲法の破棄・改正を求めて
http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/5f7bef87927eae129943ca8b5bb16a26

 


 

 

 

 

 

 
ジャンル:
むかつく
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なにげに、京都の思い出とか... | トップ | ブログ友の記事:日本の“左翼... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。