世界はキラキラおもちゃ箱・第3館

スピカが主な管理人です。時々留守にしているときは、ほかのものが管理します。コメントは月の裏側をご利用ください。

霊魂の光

2017-06-20 04:18:01 | 黄昏美術館


アントニオ・ガスマン・カペル

原題不明。


スペインの画家らしい。偽物だが、興味を惹かれる絵なので採用した。

描いているのは本霊ではない。バックにいる違う霊の方だが、おもしろいのはその画家が、猫の目を描けるようになっていることである。

一昔前の画家が描いた猫は、形は描いてあるが、目が描けていなかったのだ。だから姿は美しく描けても、何となく猫に見えない猫という絵になっていたのである。よく感じていたことだろう。

なぜなら、その頃の人間には、猫の魂が見えなかったからだ。

だが20世紀後半に入り、人類が一斉に嘘の世界にはまりこむと、まるで幻影のように、猫の目が光り始めたのである。猫が人間を見つめている目の中に、人間は何かがいると気づいたのだ。猫が、人間を見て、何かを考えていると。

目覚めかけた感性の中で、人間はようやく、猫の魂が見えるようになったのである。そしてその魂は、真実の光でもって、人間の嘘の姿を見据えているのだ。それはあたかも、闇が深くなるほど明るく見えてくる星のようだ。

ロナーニップの猫の絵などと比べてみるがいい。人類の進歩を感じるはずである。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浮遊 | トップ | 反存在 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む