四季菜遊土 菜園倶楽部

週末の菜園、土いじり、採れたて野菜の料理レシピ等々、農と食と環境を考える

菜園日記:2月 第3日曜日の菜園(2017年2月19日)  

2017-02-19 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温 10℃ 最低気温 1℃

 先週末(17日金曜日)に、関東でも春一番が吹き、
 当日の午前11時までの気温は18.6℃と、4月中旬並みの陽気だったが
 夜以降、一転して冬型の気圧配置となって気温が下がり、日曜日の
 最高気温も10℃止まりと、寒い一日となった。 されど、寒いこの季節こそ、
 春・夏にむけて、畑の土づくりは、はずせない。 
 昨年の秋から堆肥箱に積み込んであった落葉や残渣で落葉堆肥を作る

 

 落ち葉を、30~40cm程度堆肥箱に入れ、ジョーロで水をまき、そこに
 米ぬか、鶏糞を振り掛けて、しっかり足で踏み込み、その上に畑の土を
 4~5cm程被せる。落葉+水+米ぬか+土の順に作業を繰り返し、最後に
 ビニールシートを被せておく。

 

 半年もすれば、よい落葉堆肥が完成し、再び畑の土に還る。


 ホームセンターで、アントシアニンを豊富に含む紫系ジャガイモの
 シャドークィーンを1kg購入した。
 
 

 120g以上の芋は、60g前後に切り分け、切り口がコルク化するまで
 家のガレージで数日乾燥させる。

 

 先週、用意しておいたキタアカリ、アンデスレッドを植えつける。

 

 今回は、超浅植え黒マルチ栽培を試してみることにした。
 切り口を上にして芋が軽く埋まる程度(逆さ植え)に、

 

 株間30cm、条間35cmで、2条の千鳥に植え込み、

 

 その上から、黒マルチを張って完了。

 

 芽が出てきたら、芽の出たところだけマルチに穴をあけて出してやる。
 畝を作る時に、ぼかし肥を撒いて漉き込んだのみで、追肥も土寄せも
 一切無しで、6月初旬には収穫予定。
 この超手抜き、お手軽栽培の収穫結果が楽しみだ。
 

【畑の作業】
 2-D東西 植え付け:ジャガイモ(キタアカリ)
 2-D東西 植え付け:ジャガイモ(アンデスレッド)
 

【今日の収穫】
 ダイコン(紅化粧)・ブロッコリ(緑嶺)・ダイコン(三浦大根)
 シュンギク(さとにしき)・根深葱(石倉一本太)

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園日記:2月 第2日曜日の菜園(2017年2月12日)

2017-02-12 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温 11℃ 最低気温 0℃ 

 
   日本付近は、週末から強烈な寒気が居座り、
   西日本の日本海側から北陸の各地で記録的な大雪になっているようだが、
 今日の南関東は、寒さは厳しいものの、良く晴れている。

 沖縄からし菜(しまな)も、トウ立ちしている。

 

 梅の花が咲いたら、ジャガイモの植え付けの季節。

   

 

 近所のHCに立ち寄ってみたが、今年はジャガイモ陳列コーナーの種類が少ない気がした。

   
 
 とりあえず定番の「キタアカリ」と「アンデスレッド」を購入し、

 

 今年は「メークイン」のかわりに「シェリー」を植えてみる事にした。

 

 あとは、アントシアニン系の「シャドークィーン」等、紫芋を加えて計4品種でいこうと思う。

 

 ジャガイモ植え付け用の畝作りの為、ぼかし肥を撒いて耕起しておく。
 来週末には、植え付けが始められそうだ。

 
 

【畑の作業】

 1-D東西 土作り:(草木灰/ぼかし肥/液肥):ジャガイモ用

 

【今日の収穫】

 ブロッコリ(緑嶺)・赤ダイコン(紅化粧)・シュンギク(さとにしき)
 根深ネギ(石倉一本太)・ハクサイ(黄ごころ85)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園風景 2017年02月05日 IN 福岡

2017-02-05 | 菜園風景

福岡出張で実家にたちよりました。

鶏舎の掃除をお手伝い。

鶏糞を、畑にすき込みます。

卵は、道の駅に出荷。

結構、評判が良いようです。(^ ^!

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園日記:1月 第5 日曜日の菜園 (2017年 1月29日)

2017-01-29 | 週末菜園日記

【畑の天気】曇り/晴れ(最高気温 13℃ 最低気温 1℃

1月の最週日曜日。 朝、出窓のカーテンを開けたら、
先週、水耕栽培の容器に植えつけたニンニクが元気に芽を出している。
ニンニクのスプラウトとして収穫できそうだ。

午後、畑に出向いてみると、菜園の脇に植わっている梅の花が開花している。
今年は、例年より一週間くらい早いようだ。

毎年、梅の花が咲いたら、ジャガイモの植え付け時となる。
今年は、どの品種を、どの方法で植えつけるか、作付けプランをたてて
そろそろ準備にとりかからねばならない。

ブロッコリ(緑嶺)も、主蕾の収穫は済んだが、側蕾が採れて、
まだまだ楽しめそうだ。

あと、この時期の注意は、この野鳥対策。

葉物野菜や若苗は、あっというまに、丸坊主にされてしまう。
そうなるまえに、寒冷紗を被せておく。

【畑の作業】
5-D西 防鳥対策(寒冷紗がけ):キャベツ
5-C東 防鳥対策(寒冷紗がけ):のらぼう菜


【今日の収穫】
キャベツ(冬藍)・ブロッコリ(緑嶺)・ネギ(あかひげ)
赤ダイコン(紅化粧)・サニーレタス・白菜(タケノコ白菜)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園日記:1月 第4 日曜日の菜園 (2017年 1月22日)

2017-01-22 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温 13℃ 最低気温 -1℃

 南関東地方は、朝方は冷え込んだものの、昨日に比べ、風も収まって日中は穏やかだった。

 

 ただ、今月に入ってから、まとまった雨もなく、畑も、そうとう乾燥しているようだ。

 
 
 今日は、タマネギの除草と追肥をする。
 マルチをの上からぼかし肥をまいた後、散水を兼ねた液肥をたっぷりとかけてみた。

 

 ビニールトンネル栽培の亀戸大根、コマツナも、一回目の間引きをする。

 

 トンネル内もかなり乾燥してたので、間引き後は、液肥を散布して、再度、不織布と、
 トンネルを被せる。

 
 
 大寒(20日)も過ぎたが、この寒い冬の時期も、葉物野菜がそれなりに収穫できるのはありがたい。

 

 1月も残り1週間とそこらになった。

 ぼちぼち、春・夏野菜の植え付け計画と畑の準備を始めなければならない。

【畑の作業】

 1-A東西 除草/追肥:(草木灰/ぼかし肥/液肥):タマネギ(ソニック/ネオアース)
 4-D西  間引き/追肥:(液肥):亀戸大根・コマツナ

 

【今日の収穫】

 ネギ(あかひげ)・コマツナ/ダイコン間引き菜・ブロッコリ(緑嶺)
 赤ダイコン(紅化粧)・サニーレタス・ミニチンゲンサイ(シャオパオ)
 大和真菜

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加