四季菜遊土 菜園倶楽部

週末の菜園、土いじり、採れたて野菜の料理レシピ等々、農と食と環境を考える

菜園日記:1月第3日曜日 小正月の菜園(2017年1月15日)

2017-01-15 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温 5℃ 最低気温 -5℃

 

 畑の最低気温は、氷点下5℃
 今季一番の寒さとなる。

 

 
 午前中は、水道管も凍結していて、水も出ず、
 流石にこの寒さでは、野良仕事にならない。

 

 今日15日は、小正月
 この日は、全国各地で、どんど焼き(左義長)が行われる。
 元日にお迎えした年神様を火に乗せて天にお返しする行事で、
 神社の境内や田圃に正月飾りや書き初めを持ち寄って焼く火の祭りだ。
 「この火に当たると若返る」とか「その火で焼いた餅を食べると、
 一年間、無病息災で過ごせる」などといわれる。

 今年も、畑の休憩小屋で、プチどんど焼きをする。

 

 餅と醤油を持参して、焼き餅を頂く。

 

 醤油の香ばしい香りが、小屋中に広がる。

 

 体も暖まり、年神様も煙に乗って天にお帰りになられた事なので、

 
  
 タアサイや茎ブロッコリ等、冬野菜を収穫して撤収する。

 

【畑の作業】
 集めておいた落葉を堆肥箱に積み込む。 

【今日の収穫】
 キャベツ(冬藍)・ブロッコリ(緑嶺)・ダイコン(三浦大根)
 シュンギク(さとにしき)・レタス(グレートレーク)
 タアサイ・茎ブロッコリ(スティックセニョール)

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園日記:1月 第2 日曜日(正月明け)の菜園(2017年 1月08日)

2017-01-08 | 週末菜園日記

【畑の天気】曇り/雨(最高気温 7℃ 最低気温 1℃

 関東地方では、7日までが、松の内で、家のお正月飾りも片付けられて、今日は、正月明けとなる。
 午前中、雨は降っていなかったが、免許の更新日が近づいていた為、最寄の試験場に出向く。
 今回は、平成25年4月1日の携帯電話等(保持)の違反が付いて、「優良」のゴールド免許から
 一般免許に格下げ。また5年後の更新までは、ブルー免許となった。

 更新を済ませて、畑に向かう途中で、雨が降ってきた。 到着した時には、本降りとなる。
 気温も下がってきて、山沿いでは、雪になっているところもあるようだ。

 

 トウ立ちしはじめた、沖縄島菜も、雨に濡れている。

 


 レタス(グレートレーク)もまだ小振りだが、雪や霜で傷む前に、収穫した。

 

 夕食用に、めぼしい野菜を手早く収穫して、早々に撤収する。
 正月明け、今日のような寒い夜は、レタス鍋もわるくない。


【畑の作業】

 特になし(夕食の食材収穫のみ)

  

【今日の収穫】

 ブロッコリ(緑嶺)・レタス(グレートレーク)・ミズナ(水天)・紅芯大根

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園日記: 元旦の菜園(2017年1月1日:元旦)

2017-01-01 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温 13℃ 最低気温 0℃

 2017年の元旦。

 

 畑には、一面、霜柱が立ているが、

 

 ニンニクも霜柱に負けぬよう、地中深く、根を張っているようだ。

 

    凍った葉っぱも、日の光を浴び、徐々に息を吹き返していく。
 
   

 ビニールトンネルの中では、昨年のクリスマスに播いた亀戸大根が、元気に発芽し始めている。

 

 この厳寒期、厳しい寒さに、じっと耐えて春を待つ野菜の姿には、
 ある種の感動さえ覚える。
 元旦の畑で2017年の旭日を拝みつつ、この野菜達の如く、
 人間もかくあらねばならないと、最近、忍耐力が若干欠如気味の自分に言い聞かせ、
 新年をスタートさせた。

 

 新年、あけましておめでとうございます。
 本年も何卒、宜しくお願いいたします。

 

【畑の作業】
 特になし(雑煮の具材の収穫のみ)


【今日の収穫】
 キャベツ(冬藍)・ブロッコリ(緑嶺)・ダイコン(秋みね)
 シュンギク(さとにしき)・サニーレタス・ミズナ(水天)・紅芯大根

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園日記:12月 第4 日曜日(クリスマス)の菜園(2016年 12月 25日) 

2016-12-25 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温 10℃ 最低気温 2℃

 12月の第4日曜、クリスマスの菜園。
 2016年も、あと1週間を切った。一年経つのが、日々速くなっているように感じる。

 これから立春の頃までの厳寒期は、トンネル栽培で、葉物野菜や春大根の種蒔きをする。

 まずは、5穴のビニールマルチを張り、

 

 自家採取した亀戸ダイコンを取り出してきて

 
 
 きれいな形の種を選別し、

 

 マルチの1穴おきに、1穴3~4粒にて点播きしていく。

 

 隣の空き穴には、市販のコマツナ(浜美2号)を混植用に播種する。

 

 

 軽く土をかぶせ、水をやったら、その上から保温の為に不織布をかぶせる。

 

 最後に、その上にビニールトンネルを張って、強風で飛ばされぬよう確りと固定して完了。
 年明け早々には、元気に発芽してくれる事だろう。

   


【畑の作業】
 4-D西 播種:ダイコン(亀戸ダイコン) 5穴マルチ&ビニールトンネル栽培
 4-D西 播種:コマツナ(浜美2号) 5穴マルチ&ビニールトンネル栽培


【今日の収穫】
 根深ネギ(石倉一本太)・赤カブ(本紅丸かぶ)・ブロッコリ(緑嶺)
 ダイコン(紅化粧)・シュンギク(さとにしき)・ミズナ(水天)
 丸ダイコン(聖護院ダイコン)・ホウレンソウ(ソロモン)・ミニハクサイ(黄味小町)

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

菜園日記:12月 第3 日曜日の菜園(2016年 12月 18日)

2016-12-18 | 週末菜園日記

【畑の天気】晴れ(最高気温 14℃ 最低気温 0℃

 12月の第3日曜、朝の冷え込みは厳しかったが、日中は良く晴れて、
 寒さも和らぐ一日となった。

 この季節、畑の休憩小屋では、薪ストーブの中の灰をとりだして

 

 新たに、枯れ木や枯れ草を投入して火をお越し、

 
 
 草木灰作りをしている。

 

 
 畑では、11月初旬に定植したタアサイが随分大きくなってきている。
 これから霜にあたると更に甘みを増し、今年の冬も、美味しい野菜炒めが食べられそうだ。

 

 つくね芋(ダイジョ)を全て堀上た。

 

 

 ウコンやサトイモの跡畝は、草木灰とぼかし肥を播き、耕運機で耕起して

 

 厳寒期のトンネル栽培用に、畝立て準備を少しづつはじめる。

 

 

 はやいもので、今年も残すところ、あと2週間となった。

 今月(12月)は、宴会ラッシュで、胃腸も肝臓も、若干弱り気味だが、
 畑で採れた新鮮野菜をしっかりとって、元気に、歳の瀬を迎えようと思う。

 


【畑の作業】
 4-A東  土作り:ウコン跡
 4-B東西 土作り:サトイモ/ヤーコン/ショウガ跡
 4-D西  畝作り:キャベツ跡
      草木灰つくり


【今日の収穫】
キャベツ(冬藍)・つくね芋・茎ブロッコリ(スティックセニュール)・ミズナ(水天)
 レタス(グレートレーク)・赤カブ(本紅丸かぶ)・カブ(スワン)・サニーレタス
 ダイコン(紅化粧)・シュンギク(さとにしき)・根深ネギ(石倉一本太)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加