楽園づくり ~わが家のチェンマイ移住日記~

日本とタイで別々に生活してきた私たち家族は、チェンマイに家を建てて一緒に暮らし始めました。日常の出来事を綴っていきます。

お知らせ

2011年6月からこのブログを始めた管理人の「うさぎ」です。2012年4月、念願かなって家族でチェンマイに移り住みました。家族のことを中心にタイでの生活について書いていきます。 「タイに住んでみようかな?」と少し思っている方のお役に立ちそうな情報も、できるだけ多角的に収集して書いていきますので、応援よろしくお願いします。

夢枕に立つ

2016-09-28 10:47:00 | タイの暮らし
「夢枕に立つ」とは、神仏や故人が夢の中に出てきて何かを告げることですね。そうそう頻繁には聞かないことです。私などは、一番上の兄、母、父を亡くしていますが、まだ誰も夢枕に立ってくれません。 さて、近所に住む70代の日本人男性が亡くなったのは9月2日のことでした。翌日からお葬式(通夜)が始まり、遺体が火葬されたのは9月6日でした。 前にも書きましたが、男性の遺骨は来月、バンコク近郊の海に散骨される . . . 本文を読む
コメント (2)

近所の娘さんが自殺未遂

2016-09-26 18:07:49 | タイの暮らし
まさかの事が起きるんですね。最初に聞いたときは何かの間違いだと思いました。わが家の上の娘が高校に通っていたころ、とても仲良くしていた同級生の娘さんF(20歳)が自殺をしようとしました。わが家のすぐ近所なので、私もよく知っている娘さんです。 一昨日の夜のことでした。Fの恋人の男性がわが家の娘に電話をかけてきたそうです。「Fが自殺するかもしれないから、家まで見に行ってくれませんか・・・」なぜかFの家 . . . 本文を読む
コメント (4)

2年半ぶりに息子がゴルフボールを打った!

2016-09-24 16:35:52 | タイのゴルフ
わが息子がゴルフをやめたのは2014年5月のことでした。この写真は、やめる少し前に撮影したものだと思います。2013年7月から、息子はほとんど毎日のように、約10か月間ゴルフスクールに通いました。でも先生が、当時13歳の息子に“喫煙”の濡れ衣を着せてしまい、すっかりやる気をなくしてしまったのでした。 あれから2年半近くが経ちました。息子は私と一緒にパターとチップショットの . . . 本文を読む
コメント

妻の病状~いいのやら悪いのやら?

2016-09-22 21:31:21 | タイの家族
今朝妻は2か月ぶりにチェンマイ大学病院で診察を受けました。実は9月7日が予約していた診察日だったのですが、妻はバンコクに行っていて、すっかり忘れていました。それで2週間遅れで病院へ行きました。もちろん予約は失効しているので、数時間の待ち時間を覚悟していましたが、お昼前に行ったせいか、予約の患者が途切れていたのですぐに診てくれました。 妻はチェンマイ大学病院以外にも、バンコク近郊(シンブリー)のが . . . 本文を読む
コメント (2)

はじめての3日連続ゴルフ

2016-09-21 21:16:01 | タイのゴルフ
まだタイは雨期が続いています。今は日本からゴルフ目的で来る人はそう多くはありません。でも、12月から2月ごろにかけては、チェンマイのゴルフ場も、一時滞在してゴルフを楽しむ外国人でいっぱいになります。私もたくさんの日本人にゴルフ場でお会いしました。なかには1か月、2か月と滞在して、毎日ゴルフをされるスーパー元気な60代、70代の方もいます。 それに比べると、3日連続でゴルフをしたなんて、もちろん自 . . . 本文を読む
コメント (2)

二重国籍の何が問題なの?

2016-09-16 19:34:58 | 日本のこと
今日はめったに書かない政治的な話になります。 民進党の蓮舫新党首の国籍問題が相変わらず日本の新聞等のメディアで懲りずに報じられているようですね。私は民進党の支持者でもなんでもありませんが、日本の一部のメディアが相当にいい加減なと言うか、私に言わせれば無知とも思える記事も見られましたので、少々黙っていられなくなりました。 台湾人の父、日本人の母の間に生まれた蓮舫という人物は、政治家として私は相当 . . . 本文を読む
コメント (21)

タイのお葬式(2-2)

2016-09-13 18:38:53 | タイの暮らし
わが家の近所に住む日本人男性が亡くなったのは9月2日・金曜日の午後3時5分でした。看取った現地妻のタイ人女性とそのお姉さんによると、最後はうっすらと笑みを浮かべ、男性の手を握っていた女性の手をしっかりと握り返して息を引きとられたそうです。 そのころ外出していた私と妻は、男性が亡くなった30分後に駆けつけました。私が目にした男性の死顔は安らかでした。私は亡くなっていることを自分で確認してから、すぐ . . . 本文を読む
コメント (8)

タイのお葬式(2)

2016-09-12 19:57:11 | タイの暮らし
一昨日の続きです。ですが、お断りしておきたいことがあります。「タイのお葬式(1)」の記事は、アップした直後、同じ記事が2つも同時に出てしまいました。すぐに気が付いて一つを削除しました。ですから、2つのうちの一つは「削除されました」というメッセージが出て、記事がないと思います。どうしてそうなったのかは全くの不明です。 (1)の続きの記事は、実は昨日の午後、2時間もかけて、しかもお葬式の写真をふんだ . . . 本文を読む
コメント

タイのお葬式(1)

2016-09-10 21:01:49 | タイの暮らし
およそ2か月ぶりの投稿となります。わが家の近所に住む70代の日本人男性が末期のがんを患っていて、日本にいる娘さんと息子さんの2人が10数年ぶりにチェンマイで父親に再会したことは書きました。その男性が先週末、帰らぬ人となりました。 男性が娘さんたちと会ったのは6月末のことでした。その後、容態は悪化の一途をたどり、8月下旬まで3回入院して輸血など延命のための治療を受けました。でも基本的には病院が大嫌 . . . 本文を読む
コメント (9)

抗がん剤は休んでも大丈夫そうだね、と主治医は言った!

2016-07-13 19:17:07 | タイの医療
転移している乳がんを抱えた妻は、今日2か月ぶりにチェンマイ大学病院へ行きました。予約してある診察日だったのです。前回、5月中旬の診察のときは、主治医から「7月に抗がん剤治療を再開しましょう」と言われていました。 前に書いたと思いますが、タイの30バーツ医療保険で使える抗がん剤の種類は限られています。今月から使う予定だった抗がん剤はパクリタキセルという薬です。3年ほど前に使ったことのある薬です。乳 . . . 本文を読む
コメント (13)

妻の焼きもち

2016-07-10 18:20:12 | タイの家族
唐突ですが、タイ人の女性について、みなさんはどのような特徴があるとお考えでしょうか?思いつくままに、まずは良い点から。 一、タイ人の女性は男性よりもよく働く。 二、親や子供をとても大切にする。 三、ときどきハッとするような美人や愛らしい女性がいる。 ほかにもいろいろあるでしょうが、とりあえずこの3つを挙げておきましょうか。一は文句なしですね。二も大体賛同されるでしょう。でも三番目は、何もタ . . . 本文を読む
コメント (8)

恐るべし!タイの税関

2016-07-08 16:57:43 | タイの暮らし
今日も近所の男性のお話です。でも、その後の病状のことではなく、タイの関税のことを書きます。 今日の午後、日本から男性の自宅にEMSで段ボール1箱が届きました。重さは15キロくらいあります。中身はというと、蕎麦や素麺、めんつゆ、チョコレート、粉末のお茶、粉ミルク、粉末のポカリスエット、子供のお菓子、そして私あてに紙パックの日本酒2本などが入っていました。一番大事なものは、タイの病院で書いてもら . . . 本文を読む
コメント (6)

父と子の再会

2016-07-06 06:55:35 | タイの暮らし
「お父さん、お父さん!私たち、とうとうチェンマイまで来ちゃいましたよ。長い間ほったらかしにして、ゴメンね・・・」 娘さんは、ベッドに寝ている父親に向かって最初にこう話しかけました。父親は、痩せこけた体を力なく横たえたまま、身動きひとつせずに娘さんの顔を見つめました。そばに居たタイ人のパートナーと私の妻は、その光景に涙を流しました。ところが、男性は弱々しい声で信じられない言葉を口に出しました。 . . . 本文を読む
コメント (11)

日本の奥様と電話がつながった!

2016-07-05 11:46:30 | タイの暮らし
昨日の続きです。 10数年前、日本の家族と別れてタイで暮らすようになった男性は、パートナーのタイ人女性に家族の連絡先を教えていませんでした。もちろん私たちにも。ただ、日本の奥さんと正式には離婚していないこと、社会人の子供がいることは彼女に話していたようです。 さて、チェンマイの総領事館から帰ってすぐ、私は男性のパスポートに書かれていた日本の電話番号にかけました。でも、ずっと留守電になっていまし . . . 本文を読む
コメント (6)

万が一の時、タイでは外国人はどう扱われるのか

2016-07-04 09:29:09 | タイの暮らし
近所に末期がんを患う70歳くらいの日本人男性が住んでいることを2週間ほど前に書きました。同居しているタイ人の“現地妻”が、もしもの時にどうしらいいか悩んでいました。彼女は、日本にいる男性の家族に連絡する方法も知りませんでした。 10日ほど前、私は彼女と妻を連れてチェンマイの日本総領事館を訪ねました。半年先か1年先か、3年先か5年先か、それは誰にもわかりませんが、もしもの時 . . . 本文を読む
コメント (2)