近くて遠い昔!?『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』(2007年4本目)


キレイでした〜!!吹石一恵!!
ソバージュヘアーと80年代メイク似合いすぎ


オレのようにこの時代をリアルタイムに経験した人なら、
広末より、この吹石一恵の80年代メイクに参ったのではないだろうか?

もともと眉が太い女優だけど、この時代のメイクは本当に彼女に似合う!
普段の彼女には何も感じないけど、これには本当にビックリ

もう一人のボディコンギャル役の伊藤裕子も1990年当時は16歳。
当時の雰囲気を知ってる年頃とJJのモデル出身というキャリアから
見事な着こなし。とさかヘアーでいい味出してました〜



面白かった〜!!

『三丁目の夕日』『フラガール』と昭和30年代をモチーフにした映画が
団塊の世代を中心に大ヒットした最近の日本映画だけど
この映画の舞台になったのは
1986年11月から1991年の10月までのバブル期と呼ばれた時代が
終焉に向うきっかけになった1990年。

そんな大昔ではなく、
「あ〜もうこんなになるんだ〜」
と懐かしく、ちょっと切なくなる微妙な昔・・・17年前の話。

これは『三丁目の夕日』以上にモロにオレの時代の映画だよ〜。

そういえば、映画の中のCGで再現された工事中のレインボーブリッジは
あの『三丁目の夕日』の工事中の東京タワーのパロディだろうか


別にバブルの恩恵をモロに受けたわけじゃないけど
この時期はオレにとっても恋も仕事も青年期のピーク。
間違いなく人生の中ではハイテンションの時期であった。

その後の『失われた10年』と呼ばれる時代から現在に続く時間を含め
この光と影のコントラストの激しい時の移り変わりの波を
まともに喰らった世代としてこの映画を観た。


他の世代の人の目にどう写ったのかわからないけど
とにかく面白くてしかたなかった。
というかツボにハマリまくり

プリンセスプリンセスの『ダイヤモンド』や
ミュージック・ファクトリーの『gonna make you sweat』
ボーイズ・タウン・ギャング『君の瞳に恋してる』
など当時の音楽。

そうそう、あの健康飲料『鉄骨娘』のCMも懐かしかった。
あのCMに出ていたモデル出身の鷲尾いさ子って今どうしてんだろう??


次々でてくる80年代中期〜90年代初頭を思い出させる映像に
もうひたすらウケまくり。

お立ち台とVIPルームが特長のディスコ。
ボディコンファッションはもちろんのこと
エルメスのスカーフ、ティファニーの『オープンハート』
男性のアルマーニのダブルスーツや紺ブレにグレーパンツ。
当時は幻のデザートだった『ティラミス』
『ポケベル』やステイタスシンボルだった大きな『自動車電話』(ケータイじゃないよ!)
まるで『ハートカクテル』か『トレンディドラマ』に出てくるような
ロフト付きの部屋
初代ゲームボーイ

それから洗濯機の広告のキャッチコピーに出てくる『ファジィ』って単語。
これも、もう死語だよな〜。


当時デビュー直後でまだタレントの卵だった飯島直子、
AVでデビューする前(?)のディスコクイーンだった飯島愛のW飯島が
当時の雰囲気のメイクと衣装で登場したり、
六本木が似合うサッカー選手ラモスが出てきたりと
もう小ネタ満載!
あともう一人、トゥナイトで当時一世を風靡した荒木師匠を
ディスコのシーンに特別出演させたら完璧だったよ。

この映画はそんなバブル時代を背景に、
親子愛をを描いた思い切り笑えるラブコメディ。

なにしろこの映画を作ったのが
『私をスキーに連れてって』(1987年)
『彼女が水着に着替えたら』(1989年)
『波の数だけ抱きしめて』 (1991年)

の三部作を作って当時の若者のライフスタイルに多大な影響を与えた
ホイチョイ・プロダクションとなれば、
もう一度時空の壁を飛び越えてオジサン、オバサンになった
オレたちの心を鷲掴みにしても不思議ではない。

それとこの映画で大きな役割を果たしているのが『ケータイ』
ケータイと広末の取り合わせというと『iモード』

彼女がケータイの機能をいろいろ説明するシーンは
あの当時のドコモのCMを覚えている人なら笑えるシーン。
ホントにiモードも進化したよね〜
(これも計算しての演出だと思うけど・・・これもウケルのはオレ世代か)

これだって1999年だからすでに一昔前なんだよな〜
だいたい今時『iモード』なんて言葉は日常会話でもう使うことはないし

あ〜
もう月日のたつのの早いこと早いこと


『土地は必ず値上がりする』という土地神話に支えられた
泡のように中味のない経済だから『バブル経済』と呼ばれるそうだけど
その時代を生きた人間は決してみんながみんな『泡』ではないと思うんだよね。


オレとしては2時間楽しく切なくタイムスリップでき、
ノスタルジーとコメディの両方をしっかり楽しめた
これぞ娯楽映画という作品だった。

でも感想には世代間格差が出そう。


映画『バブルへGO!!』の公式サイト


※オレの私見としてはバブル期を代表する音楽は、やっぱり『ユーロビート』だと思うのだが....



バブル崩壊という現象は単に景気循環における景気後退という面だけでなく、
土地や株の高値を維持した購買意欲の急激な減退、
そして、政策の錯誤が絡んでいる。

1990年3月に大蔵省銀行局長 土田正顕(まさあき)(1936-2004)から通達された
「土地関連融資の抑制について」(総量規制)による人為的な急ブレーキが、
本来自然に起きるはずの景気後退を不適切に加速させ、
ついには日本の経済の根幹を支えてきた長期信用全体を崩壊させてしまった。
また、日銀による金融引き締めは完全に後手に回った上に、
崩壊のさなかにおいても続けられ、経済状況を極度に悪化させた。
前年に導入された消費税も景気に悪影響を及ぼした遠因と考えられている。

誤った政策によって人為的に資産としての土地の価格を下落させたとする視点から、
政策判断のミスが引き起こした財産権の侵害であると主張する声もある。

(フリー百科事典ウイキペディアから抜粋)
にほんブログ村 映画ブログへ

コメント ( 10 ) | Trackback ( 46 )
« 観るミステリー小... アウトレットモー... »
 
コメント
 
 
 
こんにちわ。 (michi)
2007-02-14 09:05:36
TBありがとうございました。
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

私も、バブルをリアルタイムで経験したかったです。
ボディコンは持ってたけど、
ワンレンにしようと髪が伸びきる前にバブルがはじけたという、
微妙な時代を生きてました。。。♭
女子大生ブームも、その後の女子高生ブームも、
ことごとくハズしてる年代なんですよ 悲
今は、17年前のバブル経済の再到来を密かに願ってます 笑!
 
 
 
コメントありがとうございます (傷だらけの天使)
2007-02-14 22:57:36
michiさん>
諸悪の根源のように言われてきたバブルですが
あの時代は元気がありました。
はじけた後も、まだ余力はあったと思うのですが
その後傷口に塩を塗りこむような事が多すぎたと思います。

今もITバブルのような階級限定とか業種限定のようなプチバブルはありますけど、
あれほどのお祭騒ぎじゃなくていいですから、もっと国民全体が恩恵にあずかれる好景気は来てほしいですよね。
 
 
 
こんにちは (Hannya)
2007-02-15 00:17:34
トラックバックのお返し、ありがとうございました。
本当に楽しい映画でしたね。
今の好景気とやらは全く実感出来ていないので
昔のバブルを経験してきた世代としては
あの頃が懐かしく、また騒ぎたくなりました。
 
 
 
こんにちは♪ (ミチ)
2007-02-15 11:31:58
ノスタルジーを感じさせる作品が相次いでいますが、感想には自分がどの時代に青春を過ごしたかということも大いに関係が出てきそうですね〜。
実際に東京のあの場所で過ごした方々にはたまらないものがあったでしょう!
地方在住者にはちょっとワンクッションあったかもしれません。
 
 
 
こんにちは (傷だらけの天使)
2007-02-16 00:42:02
Hannyaさん>
本当に実感できる好景気が懐かしいです。
おバカ設定のコメディでしたが笑えました。
たまにはこの手の映画が必要ですね。
 
 
 
コメントありがとうございます (傷だらけの天使)
2007-02-16 00:53:05
ミチさん>
同じノスタルジーが売りでも
原作のしっかりした『三丁目の夕日』のような
奥深い感動や
『フラガール』での感動の泣き笑いも
この映画には望むべくもありませんが、
この軽さがあの時代の映画には合うんでしょうね。

ノスタルジー映画群の中に咲いた仇花的映画として
楽しみました。

すぐウケてしまうのはホイチョイの仕掛けにノリやすい
バブリング80S世代の悲しい性です
 
 
 
こんばんは〜 (パト)
2007-02-18 22:45:14
TBありがとうございました☆
「ホイチョイ」ってナニ?
って感じでしたが試写では楽しめましたw
(当時はマジメな中高生)
ノスタルジーは全く感じませんでしたが
ああいう元気な映画は好きですね。
バブルらしくて軽さもちょうど良かったような気がします。
 
 
 
こんばんは (傷だらけの天使)
2007-02-20 02:00:02
パトさん>
コメントありがとうございます。

この映画はほとんど小ネタ映画なので
世代がちがうとどうなのかな〜という思いがあります。

ただおバカ設定の部分で十分笑えます。
軽いコメディがいかにもホイチョイらしいです。

ただ深みはないですね〜。
 
 
 
吹石さん! (スナッチャー)
2007-02-21 09:01:56
おはようございます。
TBありがとうございます。
バブル時は、あまり“恩恵”に預かれず
呆然と過ぎてしまったクチですが
“この映画は楽しかった”です。

そうそう!
(自分の感想で触れるのわすれましたが)
吹石さん、良かったですね!!
弾けてました!こういうの合ってるのかな?
落ち着いた役が多いけど・・・。

ではでは。
 
 
 
コメントありがとうございます (傷だらけの天使)
2007-02-21 23:40:22
スナッチャーさん>
バブル期すべての人が恩恵をこうむったわけではありませんし
弊害もありましたが元気があった時代だとは思います。

吹石さんはホント弾けてました。
ここからまた違ったキャラというか芸風を広げてほしいと思います。

いままではあまり注目していなかったのですが、
仲間由紀恵とは、また違った面白い女優さんになりそうで楽しみです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (そーれりぽーと)
見逃せない大好きなタイムトラベルものなので、とりあえず何も考えずに『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』を観てきました。 ★★★★★ なにこれSUGEEE! タイトルを聞いて、ただのチャラケた映画かと思ったら、今現在の日本が抱えている経済の大問題を深くえぐ...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (ネタバレ映画館)
有り得なくない?
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(2007/日本/馬場康夫) (CINEMANIAX!)
【ユナイテッド・シネマとしまえん】 2007年、現在の日本。景気の回復に力強さはなく、低迷が続く日本経済だが、なかでも800兆円という国の借金が重くのしかかり、国家の崩壊は目前に迫っていた。そんな日本の危機を救うべく、財務省大臣官房経済政策課に勤める下川路...
 
 
 
バブルへGO!タイムマシンはドラム式 (いいかげん社長の日記)
もう今週は、これに決めていました。 バブルの端っこで遊びまくってたあの時代。 そしてバブル崩壊を横目で見ながら生きてきた今日まで。 「バブルへGO!タイムマシンはドラム式 」は、バブル末期の1990年に行って、バブル崩壊を止める、という近未来コメデ...
 
 
 
映画 「バブルへGO!!」 を観ました (THE有頂天ブログ)
映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」を観てきました。 よく言い間違いそうになるんだけど、タイトルは「バブルへGO!!」。 「バブルでGO!!」ではありません。 「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」  2007年2月10日(土) 全国東宝系にて公開 (公...
 
 
 
【2007-22】バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
2007年 日本経済 崩壊の危機! ニッポンを救う!タイムスリップ・ラブコメディ!!
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (花ごよみ)
バブルの崩壊を阻止するために “洗濯機型タイムマシン”で、 1990年のバブル絶頂期へとタイムトラベル。 さーて、バブルの崩壊は止められるのか? 日本の将来はどうなっているのか? 最期まで目が離せない。 ドキドキ感も味わえます。  主演は阿部寛と広末涼子。 ...
 
 
 
感想/バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(試写) (APRIL FOOLS)
バブル時代に飛び込んですったもんだのタイムスリップコメディ『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』2月10日公開。2007年日本経済は破綻寸前。緊急対策室の下川路は、経済再生のためにタイムマシンを使って過去(1990年)に戻る計画を立てる。狙いは、バブル崩壊の阻...
 
 
 
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 (映画鑑賞★日記・・・)
『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』公開:2007/02/10(02/11)製作国:日本監督:馬場康夫製作:亀山千広出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子、吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり、小木茂光、森口博子、伊武雅刀ヒロスエが過去から現代にやってきて撮影したのかと思...
 
 
 
私たちの“三丁目の夕日" 【バブルへGO! 】 (犬も歩けばBohにあたる!)
いたたたっ! いろんな意味で痛々しい映画だった『バブルへGO!! タイムマシンは
 
 
 
「バブルへGO !! タイムマシンはドラム式」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
タイムマシンにお願い ! 助けてバブルマン〜。ホイチョイプロダクションズ8年ぶりの新作「バブルへGO !! タイムマシンはドラム式」(監督・馬場康夫)。物語・2007年日本の財政破綻の危機を救うため財
 
 
 
映画:バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 完成披露試写会 (駒吉の日記)
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 完成披露試写会(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「眉太っ!」 本日は完成披露試写会ということで監督とキャストによる舞台挨拶がありました。ヒルズのシートはふかふかで頭のとこまであっていいなあ〜 ■舞台挨拶 馬場監...
 
 
 
『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』鑑賞レビュー! あの頃は、この時が永遠に続くと信じてた 戦国よりも幕末よりも ハイテンションなあの時代へタイムスリップ! ★review★ 本作のコピーにあるように 戦国よりも幕末よりもハイテンショ...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (ポケットの中から)
ホイチョイ・プロダクションズ原作の『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』を観てきた。ホイチョイといえば『私をスキーに連れてって』『彼女が水着にきがえたら』など、まさにバブル全盛の時代にヒット作を生み出してき
 
 
 
「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 (てんびんthe LIFE)
『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』ブロガー試写会 東宝試写室で鑑賞 バブル絶頂期の頃私は一体何をしていたか…,諸事情により家にこもっておりました。みんなが浮かれて楽しんでいるときにですよ。それでもそろそろ外に出ようかとしていたかなー。でも楽しく...
 
 
 
バブルへGO!〜タイムマシンはドラム式〜☆独り言 (黒猫のうたた寝)
1990年・・・う、なつかしいと言い切る猫はあのとき、いくつだったのでしょう(遠い目)(爆)『バブルへGO!〜タイムマシンはドラム式〜』洗濯機がタイムマシンなんて・・・面白いじゃーーん♪しかもトラベルするときは、洗剤入れちゃうんだもん(かなり、おかしすぎる...
 
 
 
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 (Good job M)
公開日 2007/2/10監督:馬場康夫 「私をスキーに連れてって」出演:阿部寛/広末涼子/吹石一恵/伊藤裕子/劇団ひとり/伊武雅刀/薬師丸ひろ子 他【あらすじ】2007年。800兆円の借金を抱え破綻の危機に瀕した日本を救うため、財務省特別緊急対策室の下川路は、1990年にタイ...
 
 
 
映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」 ホイチョイ・プロダクションズ製作のタイムスリップ・コメディ。 2007年、回復していると思われた日本の景気の実態は、深刻な危機に晒されていた。日本の借金はなんと800兆円。日本経済崩壊の日まであと二年!この問...
 
 
 
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
なんともベタなタイトルだが、バブルが弾けて今年で16年目。 つい昨日の事の様にも思えるが、ずいぶんと世界は変わったのかもしれない。 当時は列島中が後にバブルと呼ばれる好景気に浸りイケイケの雰囲気で、贅沢は美徳とされ
 
 
 
『バブルへGO!』を観ての只の感想 (音次郎の夏炉冬扇)
今年はバブルブームだと再三書いている手前もあり、話題の映画を観て参りました。先日の『それでもボクはやってない』はシリアスでしたが、今回は笑える娯楽映画。それにしてもこの私が1ヶ月の間に2度も劇場で日本映画を観るのですから、「邦画バブル」というのは本当か...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式/阿部寛、広末涼子 (カノンな日々)
この映画、ワタシ的にはかなりヤバイです、ヤバ過ぎ!(笑) とりあえず描かれていた当時のカルチャーは全て掌握できちゃいました。そこかしこに、知ってる知ってる、行ったことあるヨってとこばっかしなんだもん。ハマらないほうがウソになっちゃいます。でもこの映画、ホ...
 
 
 
世間狭っ!!~「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」~ (ペパーミントの魔術師)
バブルへGO!!―タイムマシンはドラム式君塚 良一 泡江 剛 角川書店 2007-01売り上げランキング : 393Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 気まぐれコンセプト クロニクル 「エンタメ」の夜明け ディズニーランドが日本に来た! 気まぐれコンセプト ラム・ニャンものがた...
 
 
 
■『バブルへGO!!』 レビュー (土方寒三(さむぞう) エンタの御用改め)
前夜、とある飲み会で深夜3時過ぎまで・・・んでもって、今朝は朝一から映画鑑賞。いや〜 なかなかハードな日々ですなぁ我ながら自分のタフさに感心する、、、さむぞうです。(楽しいから 良いんですけど・・・)で、朝一から いったい何を観たかっつ〜と、そうです ...
 
 
 
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 (Thanksgiving Day)
夕方ちょっと時間が空いたので、映画「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」を観てきましたー!! この映画は面白そうだなぁと思ってたので、かなり観たい度が高かったんですよ〜。 あ、こんなあらすじの映画です。。。 ↓↓↓ 『国の借金が800兆円に膨らみ破綻寸...
 
 
 
和製バック・トゥ・ザ・フューチャー。『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 (水曜日のシネマ日記)
バブルを知らないヒロインがタイムマシンに乗って1990年に戻り、 バブル崩壊を食い止めるために奔走するタイムスリップ・コメディです。
 
 
 
バブルへGO!! (UkiUkiれいんぼーデイ)
誰です?あの頃 「バルブがはじけちゃって」なんて言ってた人。。。 「阿部ちゃんってサイコー!」だわ〜♪ 真顔で「洗濯機式のタイムマシ−ンだ。」・・・て、ムフフ♪ 思えばあの頃、ホイチョイとフジテレビもバブルだったよねぇ。 でね、この17年前...
 
 
 
「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」を試写会で観てきました (ぶんじんのおはなし)
また試写会ご招待が当たったので観てきました。今回は「バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式〜」。 ある年代よりも上の人だと「私をスキーに連れてって」のホイチョイ・プロダクションズが原作だと言えば雰囲気はわかってもらえるでしょう。いやぁ、おもしろかったで...
 
 
 
映画「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
誰もが思う過去の修復、なかなか面白いね、17年の時を遡った結果は、1本だったはずのレインボーブリッジがなんと3本に、それぐらい劇的に楽しい物語・・ 日立製作所家電研究所に勤める田中真理子(薬師丸ひろ子)の偽装葬式から物語は始まり、財務省大臣官房...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式(映画館) (ひるめし。)
戦国よりも幕末よりもハイテンションなあの時代へ―――
 
 
 
「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 ホイチョイはあの時代に戻りたい? (はらやんの映画徒然草)
まさにバブル真っ盛りし時にヒットした映画「私をスキーに連れてって」を世に送り出し
 
 
 
『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
優しく分かる日本経済。 今回は、講師に阿部寛さんをお迎えしてお送りします。 『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』 会費は、1800円(割引きあり) お近くの劇場にて絶賛公開中です。(笑) 「コウテイブアイ」 「地下??」 「キンリ」etc. の経済用語には、講義が...
 
 
 
すっげぇ面白かった!!!! (ササの自由空間2!in ブログ)
はじめに書きますが、ネタバレしません。 もしくは前のようにネタバレと勘違いされるような表現もありません。 以前から観たいといっていた「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」をお昼に観てきた。 http://www.go-bubble.com/index.html 《こっから先は主...
 
 
 
★「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」 (ひらりん的映画ブログ)
あり得ない発想・・って、ひらりん好きです。 どこのメーカーの洗濯機かと、興味津々ですっ。
 
 
 
★「バブルへGO!」 (スナフキン・レポート♪)
自動販売機で飲み物、“いつもの”あれを、押そうとしたら隣に、期間限定・・・100円が「ついつい、そちらを買ったら 期待していたより美味しかった」っていう経験ありません?そんな映画を見てきました。「で、何を見たのか?」「バブルへGO!」〜タイムマシンはドラ...
 
 
 
『 バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 』   [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2007年2月10日公開】[ 上映劇場  ] 監督:馬場康夫 脚本:君塚良一 原作:ホイチョイ・プロダクションズ 【キャスト】 阿部寛 広末涼子 薬師丸ひろ子 吹石...
 
 
 
『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回の舞台挨拶は『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』でございます(笑)月曜に放送された「カノッサの屈辱2007 バブルへGO!!SP」(ネタバレあり)はテラナツカシギスでした(爆) 順次、全国放送の予定。劇場に入ると、日立のドラム式洗濯機・・・じゃなかった...
 
 
 
『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回の舞台挨拶は『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』でございます(笑)月曜に放送された「カノッサの屈辱2007 バブルへGO!!SP」(ネタバレあり)はテラナツカシギスでした(爆) 順次、全国放送の予定。劇場に入ると、日立のドラム式洗濯機・・・じゃなかった...
 
 
 
すっげぇ面白かった!!!! (ササの自由空間2!in ブログ)
はじめに書きますが、ネタバレしません。 もしくは前のようにネタバレと勘違いされるような表現もありません。 以前から観たいといっていた「バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」をお昼に観てきた。 http://www.go-bubble.com/index.html 《こっから先は主...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (Black Pepper's Blog)
「あ〜なんてC級な予告編なんだ」と相手にしてなかった(だって洗濯機にのりこんで「
 
 
 
バブルヘGO!!〜タイムマシンはドラム式〜 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  1990年のバブル崩壊を阻止するため、洗濯機型のタイムマシンに乗って、17年前の東京にタイムスリップするというSFコメディー。  バブル全盛期のディスコやワンレン・ボディコンなど懐かしい映像が楽しめるが、いささか極端な描き方をしている。ギャン...
 
 
 
【バブルへGO!! タイムマシンはドラム式】 (じゅずじの旦那)
いやぁ、単純に楽しかった (^0^) 時代は1990年… バブル真っ最中。何でも「金」で買える時代。 もう20年近く前ですって、、、実感なかったけどね(笑) 《街中が浮かれていた1990年のバブル絶頂期の東京を舞台に、バブル崩壊を阻止すべく“洗濯機型タイムマシン...
 
 
 
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ4> 監督:馬場康夫 製作:亀山千広 原作:ホイチョイ・プロダクションズ 脚本:君塚良一 2007年、800兆円の借金を抱える日本。財務省の役人・下川路功は、1990年にタイムスリップしてバブル崩壊をくい止める計画を極秘に進めてい...
 
 
 
バブルへGO!!タイムマシンはドラム式 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
17年前、日本が陽気で浮かれていたバブリーな時代を 体験した年齢層の方々にお勧めの映画となっております終始、笑いながら そして懐かしみながらご覧頂けるでせう。今回もコレ以下 かなり大きくネタバレしてます んで 要注意でござる偶然にして物凄い発明品を何個...
 
 
 
映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』★★★☆ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  広末涼子と薬師丸ひろ子がバブル時代に戻って歴史を変えようとするタイムトリップ・コメディ。 ちょっと前の快作『サマータイムマシン・ブルース』に及ばないにしてもタイムトラベル物にハズレ無しといったところです。 時間旅行をする時代がバブル全...
 
 
 
バブルへGO!!〜タイムマシンはドラム式 (バラ肉色の生活)
バブルがはじける少し前の1990年はどうだったのか。知らない人も、通り過ぎた人も、あの頃の異常なほどの明るく、元気だった日本を見ることの出来る、楽しさ一杯のSFコメディ映画が「バブルへGO!!」です。これを観ればスカッとした気分を味わえると思いますので、お勧めの...
 
 
 
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 (Addict allcinema 映画レビュー)
戦国よりも幕末よりもハイテンションな、あの時代へ──
 
 
 
 
<