不滅のモンスタームービー(2006年の1本目)

3日に今年初の映画を観た。

キングコング(公式ホームページ)

やはりお正月はあまり深刻なやつじゃなく
娯楽的なモノが観たいと思ってこの映画にした。
ジェラシックパークのような派手なアクションやら
大掛かりな破壊シーンも盛りだくさんあるのだけど
ラストは悲しく切ない幕切れ。
意外にけっこう訴えてくるものがある映画だった。
正直うれしい誤算。

この映画興行的には苦戦しているらしい。
どうしても『怪獣映画』ってイメージがあるんだろうか?
だったらプロモーションの失敗だよ


昔、テレビで1939年代にできたオリジナルを観てから
キングコング関係の映画を観るのははこれで4作目。
なかには『ゴジラ対キングコング』なんていう日本産の
キングコングの映画もあったけど、あのキグルミははどうみても
類人猿というよりは『猿人』だったな

映画館でみたのは現代リメイク版のキングコング。
あれが1976年の作品ってことはもうあれから30年たったのか。
けっこう自分の頭の中ではもっと最近のような気がしていたんだが。
たぶん舞台があの2001年9月11日の同時多発テロの標的となった
世界貿易センタービルのせいなのかもしれない。

さて今回のキングコングは一番最初の1933年代を時代背景にした
オリジナルの復刻版である。
身長が7mと今までの20mとかといった数字よりは
はるかにリアリティのあるサイズにダウンサイジングされた。

映像は当時の1930年代のニューヨークの風景がVFXにより
見事に再現されている。
この辺は『三丁目の夕日』と同じで最近のCG技術の革新のおかげで
昔の風景がリアルに再現できるようになったんだと感じる。
監督は『ロードオブザリング』のピータージャクソン。

もうストーリーはみんなが知ってのとおりで
南海の孤島で島民から恐れられていた巨大なゴリラを
野心家の男がニューヨークに見世物にするため連れて
くる。
そしてそのゴリラは探検隊の中の女性を好きになり、
その女性を捜がすため鎖を断ち切り街へでて大暴れ
やがて女性といつしか気持ちが通い合うようになるというお話。

やはりここでもCG技術の進歩は素晴らしく、コングの顔の表情が
今までのコング映画に比べると格段に表現が豊か。
それがこの映画にものすごくドラマ性を持たせられた要因ではないかな。
今回のキングコングは無言でも目や表情だけで演技のできる名優になっていた。
上映時間が3時間と非常に長いが前半は冒険活劇、
後半はとても切ないラブストーリーになっている。

最後はやはり今までどおり軍隊に殺されてしまう。

コングは島でも種として最後の存在だったようだ。
自分の棲家には同じ種類の生物の白骨死体がころがっている。
たぶん親兄弟や仲間はすでに絶滅してしまっていたのだろう。
そんな一人ぽっちの寂しい存在だったコングが探検隊の中の女性に恋をして
そのために人間に捕獲されることになり最後は命を奪われる。

最後に「コングは美女に命を奪われた」というセリフが出てくるが
野心が強い自分勝手な人間にさらわれたとはいえ、
自分以外の存在を愛する喜びを知り、
愛する女性のために死んだコングはそれでも幸せだったのだろうな。

アマちゃんなオレはそう思う。

おもしろい日記ブログが多数あります。

コメント ( 10 ) | Trackback ( 43 )
« 暴風 2006初ラーメン »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございました (ミチ)
2006-01-06 16:56:32
はじめまして♪

今年1本目がこの作品でしたか!

>愛する女性のために死んだコングはそれでも幸せだったのだろうな

私もそう思います。

落ちていくときのアンを見つめる眼差しがそう語っていましたよね。



 
 
 
TBどうもです。 (たいむ)
2006-01-06 18:26:02
はじめまして。



>今回のキングコングは無言でも目や表情だけで演技のできる名優になっていた。

そうですね、名優だと私も思いました。

それだけに切ないですね、ラストが。
 
 
 
TBありがとうございました。 (foo)
2006-01-06 20:31:43
甘ちゃんな私も、幸せだったと信じています(笑)

愛で死ななくて何で死ぬ!と思いますので。。

またよろしくお願いいたします。
 
 
 
訪問御礼 (傷だらけの天使)
2006-01-06 20:46:24
ミチさん>たぶんあのまま一人ぽっちで島でしかも親か兄弟の骨のそばで一生をおくるのなら、たとえ一時でも恋ができたらそれだけでも幸せなのかと思いました。



たいむさん>本当に観終わったあと切なかった。

これはやっぱり超大作『悲恋モノ』ですよ。



fooさん>自分も最初はキングコングは身勝手な人間の野心の

犠牲者と思ったのですが・・・

なんかあの最後のアンをいとおしそうに見つめるコングの

目をみると「うん、わかるよ。わかるよ」って気分になってしましました(汗)
 
 
 
TBありがとうございます (サネ)
2006-01-07 02:16:43
コングのあの悲しげな表情を見て、胸がキュンとなってしまいました。

おっしゃるとおりCGの技術の進歩は素晴らしいですね!

こちらからもTBさせていただきました。
 
 
 
TBありがとうございました♪ (cherry)
2006-01-07 10:29:06
鑑賞した人の多くは傑作だ!と評価しているけれど、冬休みはハリポタに負けていたようですね(汗)

口コミで周囲にオススメしてたんだけどなぁ

( ̄∇ ̄;)

やはり【怪獣映画もの】と誤解されてるんでしょうね



話は変わりますがブログの画像、可愛いですね♪

お魚くわえたドラ猫〜って感じで(*^▽^*)

猫が好きなので見蕩れちゃいました〜
 
 
 
訪問御礼 (傷だらけの天使)
2006-01-08 00:28:42
サネさん>

前半と後半ではCGの使われ方というか

果たす役目が違ってましたが、後半のような

使われ方が得きるようになったことが

1976年のコングとの大きな差になっていると

思いました。

あの公園でのスケート(?)のシーンとか

ファンタジーな映像もありよかったです。



Cherryさん>

コメントありがとうございます。

やはりキングコング=怪獣映画というイメージと

もはやあまりにも有名なストーリーなので

目新しさがなかったのかもしれません。

古典ゆえの難しさかもしれませんね。



このネコはいかにもドラネコって雰囲気が好きです。



 
 
 
TBどうもっ (kazukekkon)
2006-01-08 09:40:54
TB有難うございます。

僕もキングコングが2006年の1本目でした!

うれしい誤算はいい表現!僕も同感。観る前は若干の裏切りは期待してたものの、裏切りどころか・・・でしたね。
 
 
 
TBありがとうございます☆ (シオ)
2006-01-08 17:25:05
トラックバックありがとうございます。

キングコングよかったですね!みんな誤解してるみたいなので、周りにすばらしさを布教中です。このブログに来てみてみなさんがキングコングを褒めていてうれしくなりました。
 
 
 
訪問御礼 (傷だらけの天使)
2006-01-08 22:46:36
kazukekkonさん>

本当に自分も観るまでは怪獣大暴れの映画

とばっかり思ってましたが意外でした。



ただ確かに前半と後半の2本立て的に雰囲気が

変わってしまうので長い映画にはなってしまいましたが。



シオさん>

やはりストーリーが知れわたった古典だけに

みんなにイメージができあがってるのかもしれませんね。

あとはどしてもあの米国版ゴジラのようなイメージで

捉えてる人も多いです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
映画「キング・コング」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「キング・コング」★★★★ ストーリー:冒険映画撮影のために幻の孤島にやってきた監督のカール(ジャック・ブラック)、脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)、女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)は、島で巨大な生き物に遭遇する。 前夜祭にて鑑賞
 
 
 
『キング・コング』 12月18日に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『キング・コング』 公式HPはこちら 1930年代の大恐慌時代のアメリカ、ニューヨーク,。野心家の監督のカール(ジャック・ブラック)。脚本家のジャック(エイドリアン・ブロディ)、そして不景気で路頭に迷う女優のアン・ダロウ(ナオミ・ワッツ)。監督のカールは無
 
 
 
キング・コング (Akira\'s VOICE)
コングへの愛情がたっぷり詰まったド迫力の三時間!
 
 
 
「キング・コング」 (試写会帰りに)
“ジャパン・プレミア”と映画の感想を分けました。 映画は、ひと言で言うともの凄いCGアクション! 畳みかけるスペクタクル映像! 今まで観た事のない物を見せてくれる! とにかく、キング・コング、巨大なゴリラのCGが素晴らしいです。人と絡む場面意外では、ほとんど本物.
 
 
 
キング・コング/ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ (カノンな日々)
ちょっとした個人的な思い入れもあって、この作品を観るのをずっと楽しみにしてたんですッ。先行上映に行こうかなとも考えたんだけど、3時間ちょっとでしょ。夜の回で観るのは体調的にきつそうだなと思って、万全を期して一般公開の初日にしたわけなんですが、なんとシネコ.
 
 
 
『キング・コング』 (京の昼寝〜♪)
 
 
 
『キング・コング』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
ピーター・ジャクソン監督。ナオミ・ワッツ主演。 1930年代、大恐慌の中のニューヨーク。コメディ女優を目指すアン(ナオミ)は、貪欲な映画プロデューサーのデナムに新しい映画のヒロインとして見初められる。仕事を探していたアンは、不安な気持ちを抱いたままデナ
 
 
 
「キング・コング」みた (たいむのひとりごと)
オリジナル作品は当然みていない。けれど内容を知っているのは、そのリメイク(19
 
 
 
KING KONG (毎週水曜日にMOVIE!)
「好きこそものの上手なれ」・・・・まさに実践する監督、ピーター・ジャクソン。 えらいです。がんばりました。 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズで手に入れたお金をつぎ込む→自分の原点の映画をこれでもかというCGで描く→満足する→またお金が入る→また大好き
 
 
 
キング・コング (ネタバレ映画館)
 大きな山をひとまたぎ〜♪とやってきたキング・コング。驚愕のVFX、壮絶な恐竜との戦い、そして1933年のオリジナル『キング・コング』への深い愛情をも感じとれるが、観終わった直後の感想は「長かった・・・」であった。  オリジナル作品はSFXの先駆け、後世の怪獣映画
 
 
 
[ キング・コング ]あの夕陽をあなたと二人で見たかった (アロハ坊主の日がな一日)
[ キングコング ]@吉祥寺で鑑賞。 史上最高のアカデミー賞11部門ノミネート、11部門完全 受賞を果たした[ ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 ]。 この快挙を成し遂げた監督ピーター・ジャクソンの、映画 監督を志すきっかけとなった[ キングコング ]。 こ
 
 
 
キング・コング KING KONG (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ、ジャック・ブラック主演 この映画は1933年の同名のリメイク版です ストーリーは言うまでも無く 南海の孤島Skull Islandで 冒険映画プロデューサーの指示でキングコングを生け捕り ニューヨークへ持ち帰り 興行しようとします
 
 
 
キング・コング (八ちゃんの日常空間)
待ちに待ったこの時がやってきた。今年最後の大作、ピーター・ジャクソン版キング・コングが14日水曜日からスタート。期待を裏切ることなく、現代の映画・映像技術をふんだんに使った監督自らの夢を実現させた映画だ。 大満足で帰ることが出来た。
 
 
 
キング・コング (まったりでいこう〜)
わかっていたとはいえ、やっぱ3時間は長いですね〜。見終わったあとはぐったりという感じでした。でもとても楽しめてそして泣けました。ええもう号泣ってほどに泣きましたですよ(笑) 髑髏島での出来事はなんだか異次元にでもさまよったかのようでしたね。いるはずのない恐
 
 
 
映画館「キング・コング」(2005年) (☆ 163の映画の感想 ☆)
とても楽しみにしていた作品。今回は、33年のオリジナル版と76年のリメイク版の予習もきっちりしてから観てきました。 「キング・コング」(1933年) 「キング・コング」(1976年) 過去の記事はこちらから ピーター・ジャクソン監督が、33年のオリジナル版を観て...
 
 
 
キング・コング・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
2005年の「キング・オブ・ザ・ムービーズ」 ピーター・ジャクソンは「ロード・オブ・ザ・リング三部作」に続いて、映画史に残る素晴らしい仕事をやってのけた。 「キング・コング」は
 
 
 
★「キング・コング」 (ひらりん的映画ブログ)
3時間超の長編モノなので、さすがのひらりんもナイトショウで観るのはやめ。 予習もしたし、いざ拝見・・・というところ。
 
 
 
キング・コング (色即是空日記+α)
『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン監督。 昔のキングコングは見たんだケドはっきり覚えてない。 まぁ、そのほうが比べなくていいかもしんない。さすが ピーター・ジャクソン監督!! やること派手! すっごい迫力!!   キングコングはもちろんの.
 
 
 
『キング・コング』 (erabu)
監督、ピーター=ジャクソン。2005年米。SFアドベンチャー映画。出演、ナオミ=
 
 
 
キング・コング (toe@cinematiclife)
いや〜。泣いちゃった (^^;) 自分でもビックリなんだけどさぁ。 3回ぐらい泣いちゃって、ラストは号泣・・・。 ダメなんだよねぇ。動物モノ・・? <STORY> 大恐慌時代のアメリカ・NY。 資金をストップされる窮地に立たされた映画監督のカール(ジャック・ブラック)は
 
 
 
映画鑑賞「キングコング」 (花鳥風月)
原題「KING KONG」 【監督】ピーター・ジャクソン 【出演】ナオミ・ワッツ ジャック・ブラック エイドリアン・ブロディ     トーマス・クレッチマン ジェイミー・ベル 他
 
 
 
『キング・コング』を観ました。 (0120 Blog)
私の中ではかなり期待度が高く、以前からこの日が来るのを首を長ぁぁぁぁぁ〜くして待っておったのす♪ そんなこんなで遂に観て来た『キング・コング』・・・ ハッキリ言って、まともな感想が書けない位の衝撃を受けました! 男なら愛すべき人を求め、守り抜こうとするコ.
 
 
 
キング・コング (My Color)
今回は、映画『キング・コング』です。 監督は『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャクソン。 3時間以上ある大作です。 感想を一言でいうと、感動した!! ですかね。 も〜すごいね、この監督は。 『ロード・オブ・ザ・リング』といい、今作といい映像が素晴ら
 
 
 
キング・コング (まつさんの映画伝道師)
第306回 ★★★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ) 「男根崇拝」と呼ばれるものがある。  日本でも地方の奇祭の中には男性のシンボルを模ったものを用いるものや、神社の境内などに祭っている所がある。これは「生産」や「開運」を.
 
 
 
キング・コング (Cinemermaid)
今年、一番公開を楽しみにしてた映画なので初日に鑑賞〜[:星:] 3時間以上の上映時間と聞いて、朝から水分を摂らず(もう軽い脱水状態で)ブランケットにのど飴やお菓子持参、長時間座ってても苦にならないフカフカの品川プリンスシネマのプレミアシートを予約してワクワクし
 
 
 
映画のご紹介(76) キング・コング (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(76) キング・コング キング・コングは 資本主義の犠牲になった 「ナチュラルさ」の象徴だ。 キング・コングは、今までに、3回映画化されている。 初めて映画化されたのは、193
 
 
 
キング・コング (外部デバイスへの記録)
製作国:アメリカ 公開:2005年12月17日 監督:ピーター・ジャクソン 出演:ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック、エイドリアン・ブロディ ほか 『男たちの大和』も楽しみだけど、今月一番楽しみにしてた作品(^^♪ 立川シネマツーで鑑賞。 ストーリーはこんな感じ。
 
 
 
キング・コング (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  瞳だけで交わされる無言の純愛
 
 
 
キング・コング(先行/映画館) (ひるめし。)
彼は彼女だけを信じた――― 彼女だけは彼を守ろうとした――― CAST:ナオミ・ワッツ/ジャック・ブラック/エイドリアン・ブロディ 他 ■アメリカ産 186分 キングコングってガメラとかキングギドラとかそんな類のゴジラの敵だと思ってました・・・。無知ってこわいです
 
 
 
キングコング 2005 (映画とCINEMAとムービー)
キングコング King Kong(2005) 年末に観るにふさわしい映画だと思う。感動と、その愛に涙した熱い気持ちで1年を締めくくる! キングコングサンキュウ!って感じです。 いやー泣いた。泣いたわ!くっそーやっぱええ映画やなーキングコング!漢だぜ!{/kirakira/} 最高の映
 
 
 
「キング・コング」 (てんびんthe LIFE)
「キング・コング」 日劇1で観賞 一昨日訳ありで見損なった「キング・コング」縁あって本日鑑賞することが出来ました。腰が痛いので3時間頑張るためには環境のいいところで見ないといけません。先行レイトショーで、日劇か六本木と言われましたが、六本木で見たいけど帰
 
 
 
映画のご紹介(81) キング・コング(1976年) (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(81) キング・コング(1976年) 性懲りもなく、またまた キング・コングです。 今度は、1976年もの。 12月にP.ジャクソンのキング・コングを、正月早々オリジナルのキング・
 
 
 
「キング・コング」完全無欠の娯楽大作 (soramove)
「キング・コング」★★★★ ナオミ・ワッツ、ジャック・ブラック主演 ピーター・ジャクソン監督 海図にも無い 髑髏(ドクロ)島での 映画の撮影。 1930年代の クラシカルな雰囲気は何となく まだ、キングコングの 居場所を感じられる。 ヒロインのナオミ...
 
 
 
キング・コング (Ties−こころ−)
 キング・コング  監督: ピーター・ジャクソン  製作: ジャン・ブレンキン      キャロリン・カニンガム      ピーター・ジャクソン      フラン・ウォルシュ      クリーチャーデザイン: リチャード・テイラー  ミニチュア..
 
 
 
キング・コング−映画を見たで(今年2本目)− (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ピーター・ジャクソン 出演:ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ、ジャック・ブラック、 トーマス・クレッチマン、ジェイミー・ベル、コリン・ハンクス、アンディ・サーキス 評価:90点(100点満点) 公式サイト 怒涛の3時間。 息を.
 
 
 
キングコングに圧倒された ([混]ミックスランチ)
今年最初に観た映画は【キング・コング】となりました。 昨年は邦画ばかり観てて洋画はご無沙汰だったのと 上映時間が3時間超との事で観るのを躊躇してたのですが 観て良かったです。
 
 
 
「キング・コング」 (雑板屋)
終始気分だれすることもなく、ずっと集中して観れた。期待も最初から全くなくて・・・。‘ま、200分間トイレ行かなくて大丈夫か?’程度に心配もそこそこで席に着いたほどだった。 ところが!これが結構面白い!次から次へと一難去ってまた一難という感じ。特にジャングル
 
 
 
■〔映画鑑賞メモVol.7〕『キング・コング』(2005/ピーター・ジャクソン) (太陽がくれた季節)
うーん、はや、Xマス・ウィークですねぇ... 幸い、今年のクリスマスはイヴの日を真ん中にしての三連休! お互いに良きクリスマス、三連休にしたいものです!! こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。 いやはや、 私事ながら、私め、先週の中ほどから妙に忙
 
 
 
映画『キング・コング』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
『The Lord of the Rings』のPeter Jackson監督の最新作『KING KONG』を観て来ました。『LotR』での成功後、「是非とも『KING KONG』のリメイクを撮りたい!」と公言していたPJ監督ですが、まさにその情熱が籠もりまくった物凄い作品でした。上映時間は約140分と3時間強の長
 
 
 
キングコング (ミーハーの映画ライフ)
1933年ニューヨークが舞台、この映画はかつてよりたくさんリメーク されてきた映画ですね、今回も美女と野獣は変わってない・・・ 3時間という長い映画でした。もっと短くなるだろーと思うのですが・・ それと今回のコングは人間くさすぎているものだから、まるでお
 
 
 
キング・コング・・・やっと鑑賞できました (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日「キング・コング」をやっと鑑賞してきました。 ということで、映画レビュー(しかも初の劇場鑑賞時レビュー)。 やっと観れましたという感じ。長い映画だから結構時間作るの難しかったんですよね。 もう公開開始から1ヶ月も経ってることもあってか、劇場内は私とヨメを
 
 
 
【洋画】キング・コング (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出4/脚本3/撮影5/音響4/音楽4/配役4/魅力2/テンポ2/合計32) 『
 
 
 
キング コング 06年121本目 (猫姫じゃ)
キング コング KING KONG 舌の付け根を上あごに付けて、んぐ。 PING PONG 、HONG KONG 、、、なんで「キンコン」じゃないの? 2005年 ピーター・ジャクソン 監督ナオミ・ワッツ 、ジャック・ブラック 、エイドリアン・ブロディ 、トーマス・ク ...
 
 
 
 
<