BSE&食と感染症 つぶやきブログ

食品安全委員会などの傍聴&企業・学者・メディア他、の観察と危機管理を考えるブログ by Mariko

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米国の2頭目に関する疑問&、BSEと労働安全について

2005年06月25日 17時04分15秒 | アメリカ牛は安全か?
米国で2頭目のBSEが確定しました。

■アメリカのBSE確認検査結果は、陽性。
詳細は笹山さんのブログを
http://www.sasayama.or.jp/wordpress/index.php?p=299
最新ニュースは掲示板
http://www.sasayama.or.jp/saboard/b_board.cgi

ここで、二つの大きな疑問があります。

■「97年8月の飼料規制導入の前に生まれた」
→曝露は規制後の可能性だって否定できないのでは?

参考:
米国における飼料規制除外品目だそうです
http://blog.livedoor.jp/manasan/archives/26071694.html
血液・牛脂は牛の飼料として使用OK(加熱などの規制なし)
※食安委では、チキンリッター(chiken litter)
~養鶏場の餌の食べこぼしや糞などのごみについての詳細が入っていない、という指摘も。
※牛の肉骨粉は鶏・豚には使用可。

2000年生まれのBSE患畜 3頭すべてに同一の代用乳 感染源再検討の必要性
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/05062301.htm
BSE感染源は肉骨粉ではなく「代用乳」説 
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/23ab0dde4b4a2cdbbb3ec688de8e9bb8

■米国牛は安全だ」と強調
→同じ飼料を食べた同居牛の擬似患畜は今どこでどうしてる?患畜から生まれた子牛は?

参考:
米国 2例目のBSE確認 出生地・出荷農場も不明 大量の擬似患畜はどこへ
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/05062501.htm

順次疑問を追加していく予定です。

■BSEと労働安全の問題について
米国BSEが発見されてからというもの、
「飼料管理はヒトの感染問題に関係なく、SRM除去を完全にすれば安全」などと述べる学者や団体があちこちで講演なさっておられますが、そこで、BSE牛を解体して下さる精肉加工やレンダリング、肥料、飼料製造、生産の場での、現場の労働安全がすっかり無視されることについて、私はちょっと腹が立っております。BSEは食の安全だけの問題ではない。労働安全の問題でもあります。

感染しててもSRMを除去するから安全? SRM除去をするのは「人間」なんですが。
(大体、SRMも完全除去なんてできっこないのは国も認めている)
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/2364c0b9046c5e63aed236944b9a9e33
BSE感染牛を研究で解剖される先生方や、英国で肉骨粉を管理する人たちが、どんな防備をして仕事されているか知ってますか?

※解剖時防護に関する写真例
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/byori/NIAH-Atlas/BSE/BSE-Autopsy-Atlas/BSE-Autopsy-Atlas.html
※英国の肉骨粉保管庫で作業する人たちは、肉骨粉を吸わないように、目の粘膜に入らないように?防毒ガスマスクのようなもの(わかります?)をつけて作業されてました。写真サイトを失念・・・

米国の精肉加工労組では、「非常に怪我の多い現場」として内部告発が出てるですよ。
昨年の7月には、日本の農水大臣に陳情にまでいらしてるわけです。

タイソン・フーズ社の安全な職場・安全な食品に関する事実
http://www.labornetjp.org/labornet/worldnews/namerica/usnews/20040720local556fact
ローカル556から農水省への申し入れ
http://www.labornetjp.org/labornet/worldnews/namerica/usnews/20040720local556doc

6月28日
最近アメリカの食肉加工現場の労働者団体の発言が引用されるが、それを取り上げるなら、それと反対の意見も紹介するのがトウゼンだろう」というお叱りを頂いたのですが、反対の意見というか、その後の続報を取り急ぎUPいたします。

告発に対して民主党の調査団が視察を希望したのですが、
「タイソン社がパスコ工場の視察を拒否したため、急遽予定を変更」とのこと。
http://www.yamabiko2000.com/poli_bse-chousadan.html
※ジャーナリストの中村靖彦さんも工場見学希望を拒否されたとか(7月8日追加)

なお、USDAはこの件について、米国大使館に問題ないという声明を発表しているようです。(41ページ参照)
http://www.fsc.go.jp/senmon/prion/p-dai26/prion26-siryou2-2.pdf
この発表については、歩行していた1頭目をへたり牛(Downer Cow)と嘘こいたUSDAの発表なので、申し訳ないのだが私は全然信用できないでいます。食安委は大使館の発表だけを聞くのではなく、告発者も召喚して確認すべきであると思う。政治的にできないだろうけど。。だからこの問題は「科学」では語れないんですよ~。

参考:一頭目の患畜をと畜されたDave Louthanさんによる告発ページ
http://www.davelouthan.org/

なお、先日米国にBSE調査団を派遣された食健連という団体の報告によると、今現在、上記労組の代表者の方々に連絡が取れなくなってしまっているそうです。いただいた資料によると、労組潰しの話をきいてきた、というようなことが書いてありましたが。。といえば、参加者のレポートブログを発見したのでご紹介。

やっぱりずさんだったアメリカのBSE対策・・・視察報告より(nanayaのひとりごと)
http://ch.kitaguni.tv/u/5238/%a3%c2%a3%d3%a3%c5/0000233084.html

いやしかし、ぜひ、大衆食に関わる方には、(ちょっとタイトルが仰々しいんですが、内容は大袈裟というわけでないので→)この辺りを読みいただけたらなぁと、ちょっと思いました。大衆食は労働者の味方でもあるけれど、その大衆食を担う現場で働いている方々についての紹介のご本です。

そして、感染する確率を言えというのであれば、それは世界中、どこの学者だって「不明」としか答えられない現状ですが、以下の問題も発生しています。この病気の感染源は「食」だけではありません。

英国:BSE(狂牛病)被害者は本当に150人だけ?
盲腸の推計3800人と二次感染予防に関する警告6000人
http://blog.goo.ne.jp/infectionkei2/e/43de01537ba9a244b63cb0412d365181

この問題はまた改めてトピックを作成しようと考えています。


===========================
話ついでに

◆輸出止まり9000人失職、米食肉業界が再開求める◆
ANN 2005/05/25(18:15 テレビ朝日 リンク切れ)
アメリカ産牛肉の輸入禁止で、アメリカの食肉業界団体が「9000人以上が職を失い、大きな損害を被っている」と して、牛肉の輸入再開を急ぐよう強く求めました。 全米食肉輸出連合会のセング会長は、BSE(牛海綿状脳症)問題で牛肉が輸出できなくなったことで、9000人以上が 職を失い、およそ4600億円の損失が出ていることを明らかにしました。 そして、一刻も早く輸入が再開されることが重要だとして、7月までの再開に強い期待をみせました。 ただ、輸入再開が遅れた場合の報復措置については、「不幸な結果を招く」として、日本に対する報復には否定的な考えを示しています。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/inte_news.html?now=20050525255410

・タイソン・フーズ社のCEO(最高責任者)であるジョン・タイソン氏は、 2003年に、自分の報酬を3倍に引き上げ、2090万ドルとしました。 彼の報酬については、米国証券取引委員会が現在調査中です。(参照:雑誌「ネーション」
・タイソン・フーズ社パスコ食肉加工場で食肉加工作業をしている労働者は年収がおよそ2万ドルほどです。(略
http://www.labornetjp.org/labornet/worldnews/namerica/usnews/20040720local556fact
http://www.labornetjp.org/labornet/NewsItem/20040716local556

解雇をし、日本に圧力をかけるより先に、経営陣トップのお給料はいくらなのか、どのような経営努力、BSE対策をされているのかを完全公開いただきたいものだと思いますが如何?
コメント (2)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米消費者団体CUが20ヶ月以上全頭... | トップ | 米国食肉輸出連合向けに販促費供... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (8823_nazo)
2005-06-27 02:54:10
いつも詳しく、かつ適切な投稿で尊敬いたします。

ジョハンズが「これは科学じゃない、政治の問題だ」と言った言葉を実践しているようで、日本の一部の人間もそれに同調する行動をとっているのも大きな問題ですね。

日本の未来を支える子供たちにどう説明していいのやら。
USより・・・ (タケ)
2005-07-10 22:19:00
こんにちは。大変詳しく書かれているので、このようなブログは本当に有難いです。USから投稿させて頂いていますが、スーパーのお肉セクションには何一つ問題を掲げているサインはありません。健康食品のお店ですら、店頭にも書かれていません。本当に何処を見渡してもないので、アメリカ人でBSEを知らない人は多くいます。あとニュースでも放送されませんね。利益優先だからかとは思いますが、国民の為を思えば、正しい情報を教えるのが義務かと。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
米国2頭目のBSE感染牛確認 (俺俺主義Blog)
10日ほど前にお伝えしましたが、アメリカでBSE(牛海綿状脳症)感染の疑いのある牛がイギリスの検査機関で最終検査が行われた件で、アメリカ農務省は24日、その牛がBSE陽性だったことを発表しました。アメリカではこれが2頭目の感染牛となります。 この感染牛の肉は食用にな
米国(アメリカ)で2頭目のBSE感染牛 (ブログで情報収集!Blog-Headline)
「米国(アメリカ)で2頭目のBSE感染牛」に関連するブログ記事から興味深いものを...
アメリカ牛肉協会のふざけた利益優先主義 (MEICHIKU なんでもぶろぐ)
先日、アメリカで2頭目となるBSE感染牛の疑いが出た問題(6/24に、BSEに感染していたことが確認された。(6/25追記))で、とんでもないことを言い出すことになっている。全米肉牛生産者牛肉協会の会長が農務長官と会談し、「一度「シロ」が確定した牛について別の検査方法で再
アメリカ農務次官、牛肉問題で衆院調査団を「恫喝」... (Continental Breakfast)
アメリカのBSE対策を調べるため訪米中の衆院調査団は21日、ペン農務次官らアメリカ農務省幹部と会談しました。ペン農務次官は従前からのジョハンズ農務長官と同じく、調査団側に対し「この問題がこじれると日米関係全般に悪影響が出る」と述べ、アメリカで2頭目のBSEの疑いが
主張する ところはせねば ナメられる (日経を読むと世界が読める)
 『BSE牛、米で2例目』という見出しが1面に。 『ジョハンズ米農務長官は24日、米国内で2例目のBSEの感染牛を確認したと発表した。1例目はカナダ産の輸入牛だったが、今回は米国内で生まれ、飼育された初の国内産の感染牛の公算が大きい』というもの。別の関連記事に、政府
吉野家の牛丼復活はまだ遠いのか (VINCO VOICE)
アメリカでBSEの疑いのある牛が発見されたとか。 http://www.jc-p
悪い方に合わせてどーすんだ (お試し期間)
BSE新基準決議し閉幕へ OIE、日本は懸念表明 もっとがんばって押せよ。 「[米国産牛肉]「輸入再開の条件は整っている」 by読売新聞社説」へのコメントの意味も含めて。 このニュースでは、ネタが薄いので、讀売新聞のコラムから。 [米国産牛肉]「輸入
安全って (お試し期間)
米国産牛肉は安全、日米協議にも影響ない=米農務長官 米国で2例目のBSE確定=農務省 うわーん。オレ様の予言が外れちゃったよ。 と、自分から言い出すところが、オレがおばちゃんよりエラい所だな。 (まだ言い逃れする) 長官は、「米国産牛肉は安全だ。きょ
茨城で鳥インフルエンザ 弱毒性のウイルスを検出 (拾稔堂店長のこうかい?日誌)
【Sankei Web】茨城県水海道市の養鶏場で4―6月に鶏計約800羽が死に、農水省は26日、動物衛生研究所(同県つくば市)の検査で、国内初のH5N2型の高病原性鳥インフルエンザウイルスを検出したと発表した。  1951年の家畜伝染病予防法施行以来、高病原性ウイ.
BSE感染 (ジジニュース)
すばらしい情報をありがとうございます。納得できました。
GOOD BYE 吉野家 (Graf通信)
米でBSE感染、2例目確認 米国産の8歳牛 農務長官「輸出に影響ない」 (産経新聞@yahoo!) 「米国では感染牛が食用には決して回らないシステムになっている」と強調。 しかし、 米で2例目のBSE 再検査で「シロ」判定覆る (Sankei Web) 昨年11月
飲食店の食中毒予防 - 仕入先の工場見学 - (食の安全コンサルタント-仙台-)
工場見学を拒否するということは限りなく黒という事だと私も思います。批判が集まっているだけに尚更公開すべきなのに、そうしない、できないのは....。
Doxycycline. (Doxycycline.)
Doxycycline mixing pleural. Doxycycline diabetes. Doxycycline taken with desonide. Doxycycline.