トドクロちゃんと山登り

テニス大好きとガーデニング大好きが始めた山登り、更なる高みへエスカレート。

シロヤシオの三池岳、釈迦ヶ岳経由

2017年05月19日 | データ
■2017.05.19 鈴鹿山脈でまだ行けてない『シロヤシオの三池岳』へ
釈迦ヶ岳にも立ち寄り。

登山口の駐車スペースに7時少し前に到着。

岩ヶ峰尾根へ取り付くには少し戻り左側の林道を行く。
少し行くと左側の沢へ下りるルートが確認できる。(林道左脇の木に赤ペンキマーク有り)
そこを降り沢を渡り尾根に取り付く。

光沢のある落ち葉が、良く滑るので注意しながら登高、行きなり急登が続く。
中腹でシロヤシオがお出まし。
ここら辺は終わりに近いようだ。

シャクナゲはまだこれからが本番。

北山

イワカガミ。
既に時期は過ぎているがいたる所に咲いている。

このルート、手の出番も多い

今回見た池で一番立派な池だが名前がない。
綺麗に映り込んだ。

岩ヶ峰尾根を登り詰めると縦走路。
チョット寄り道で『釈迦ヶ岳』へ

ミツバツツジ。

稜線のシロヤシオ

白色のスミレ

釈迦ヶ岳山頂

立派な山頂標識が寝ている。

釈迦ヶ岳最高点。

さあ三池岳まで稜線散歩だ。

シロヤシオは5枚の葉が輪生状に付くことから別名ゴヨウツツジ(五葉躑躅)とも言う。
奥に見える山は竜ヶ岳。



気持ちの良い稜線散歩。

歴史のある八風峠。
八風大明神が祀られている(お菊伝説
織田信長もこの峠を超えたらしい。

空木岳の駒石に似た石(岩)

ハルリンドウ。

三池岳山頂。

お昼も近くんなり今日はこれで・・・・

登山靴のソールが剥がれた登山者が上がってきたのでテーピングテープを渡してしばし歓談。

竜ヶ岳をズームし撮るが羊はいないようだ。

まだ早いのか?、シロヤシオの裏年なのか?

でも控え目なシロヤシオを良いものです。

御菊池。

んー水溜りみたいだね。


12:38下山。

温泉はいつもの阿下喜温泉へ。

今日は静かな山行+控え目なシロヤシオで大満足。

■コースタイム=山行:4時間33分、休憩:1時間9分、合計:5時間42分
07:03駐車場→09:00岩ヶ峰尾根分岐→9:10釈迦ヶ岳→09:14大蔭→10:49八風峠→11:04三池岳山頂11:47→12:38三池岳登山口
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春山は静かな南アへ(仁田岳... | トップ | ▲南アルプス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。