中高年女子の ひとりあそび

人生の折り返しも過ぎ、待っているだけじゃやりたいことの半分もできずに終わっちゃう(泣)。
だから出掛けようよ、一人で!

坂トレ

2017-05-14 22:17:36 | 自転車




気持の良い日和のとある週末、
ロードバイクでの坂登りを少しでも速くできないかとネットで検索中。
に、こんな記事を発見。

「坂トレを獲得標高で進めてみる。ビギナーなら600m目安。」

そうか。
闇雲に漕ぐだけじゃなくて目的を持つといいのか!





てな訳で、間髪入れずに 出発です♪

考える間を与えたら行くの止めちゃうからね。(クスクス





好きな曲を流しながら気持良くドライブすること1時間ほどで
練習の地に到着。


またまたの物見山なり。





写真にすると全く大したこと無い勾配に見える、この口惜しさ!
注:初心者向けなので、そんなモンです。(笑)



サイクリング日和のこの日、既に老若幅広い方々が楽しんでいて
多くのローディーが坂を激走中。





そんな自転車乗りに愛されこの丘陵地には、
峠名が付けられた様々な坂道に素敵な高台の住宅群、
それからとなんと、大学が3つも建っている。









ここで学ぶ学生さん達は知性と共に
もれなく脚力も身に付きます。(フフフ



大東文化大の坂、東京電機大の坂、村山短期大の坂、石坂GCの坂と目先を変えて
繰り返す周回坂トレ。




途中、薄い体の素敵なロード乗りにゾロゾロと追い越されたり( ̄▼ ̄||)
実際苦しかったりするけど、
自分のペースで登る坂は楽しい♪




で、目的通り標高600m獲得終了。



苦しいけど気持ちがいい♪
汗ばんだ体も心地いい♪



誰かと一緒だと遅くて申し訳なくなったり、
逆にオーバーペースになって苦し過ぎたりで、楽しめなくなる坂だけど

自分一人で登ると本当に楽しい。


そんな風に楽しみながら練習して
いつか皆と一緒に登れるようになったらいいなぁ、と、思ったこの日。


筋力と共に、体重の軽減が最重要課題と認識しました。(フッ





追記:
で帰宅後、自分へのご褒美




体重の軽減は認識したけどサ。(ヘヘヘ


ジャンル:
自転車
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こころの森キャンプ場 その1 | トップ | こころの森キャンプ場 その2 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL