古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

吉野ケ里遺跡(先祖は徐福)

2016-10-12 14:59:28 | 歴史
吉野ケ里の初期の時代徐福出港の時代が重なるのですよね。
徐福船団は、総勢3000人と云われています。全員が一隻の船には乗れません。
一隻に100人として、船の数が30隻ほどだったのではないでしょうか。
徐福伝説は、日本各地にあります。韓国の南東の島「済州島」にもあります。
秦(今の山東省辺り)を出港した徐福一団は、済州島に到着します。
そこで、徐福は考えます。この先何が起こるかわかりません。
徐福は、一部のメンバーを済州島に残します。ここまで到着した証です。
次に、東へ向かうと長崎の島々に到着します。
ここで、徐福は船団を二つに分けます。
玄界灘を東に向かう船団と東シナ海を南に向かう船団です。
東方方面の船団は松浦半島の先端に着きます。
ここで一隻の船を南へ、残りは更に東へ進みます。
南へ進んだ船は伊万里湾に到着し、陸路にて山を越えて有明海へ
筑紫川を上り、金立の地へ到着します。
陸路の途中でも、人を少しづつ残していきます。
筑紫川に到着した際は、残り数十人、最終グループは、田手川に入り吉野ケ里と金立の地で
生活します。
ほか、長崎で別れ南へ進んだ船団の分かれて、一隻の船は有明海に入ります。
船は筑紫川で捨てられ、陸路で川をのぼります。数十人が吉野ケ里に住み、他は更に上流へ
進みます。
玄界灘を東へ進む船団の一部は、糸島半島、博多湾に上陸して奴国など祖先となります。
絶対と云える証拠はありませんが、可能性はあると思います。

吉野ケ里初期の村は、2.5ha規模の小さなものでしたが、青銅器鋳造に用いた鞴(ふいご)の羽口や取り瓶などが出土しています。
鋳造の知識があったとして、材料となる青銅の入手がわかりません。
1、時々、博多湾の人種が訪ねて来て分けてもらった(分捕った)
2、博多湾まで陸路で歩き、入手して戻ってきた。
3、出港時にもっていた鏡を溶かした。
4、有明海に入港した船を解体して入手した。
当初は、3、4でしょうから、かなり貴重だったはずです。
農耕、弥生式土器から鋳造までの技術があり
甕棺を使った集合墓地、国造りなどが
有明海側と玄海側で同時に進んだ様にも思います。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉野ケ里遺跡(とりあえず分... | トップ | 吉野ケ里遺跡(鉄文化で栄え... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。