古代日本の歴史を謎解き

日本の古代史の謎に挑戦します。

吉野ケ里遺跡(銅鐸文化の発祥地)

2016-10-12 17:32:52 | 歴史
吉野ケ里遺跡の遺物で驚く物が出品
銅鐸 です。
出雲・近畿の文化と思われていて、九州北部は銅矛文化のはずなのですが
銅鐸が見つかっています。それも形が同じ・・・
環濠内部では鋳造が行われていました。
銅鐸は、青銅の材料の形ではないでしょうか。
一般的には、銅鐸は上部分に縄を通して吊るして叩いて音を出す祀り事の道具
青銅の材料を溶かして、製品にする前の運搬する状態と考えては如何でしょう。
銅鐸の上部分に棒を通して縄で固定、前後に人がいて担いで持ち運ぶ
です。
なかなか、製造や鉄の材料が入手できない吉野ケ里一族
そこへ出雲一族が銅鐸を担いでやってきていた。
吉野ケ里では、銅鐸を叩いて細かくし、るつぼで溶かして道具に加工した。

残念ながら、吉野ケ里が銅鐸発祥地ではありませんが
銅鐸の利用方法がここになったような気がします。

ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉野ケ里遺跡(鉄文化で栄え... | トップ | 吉野ケ里遺跡(卑弥呼は吉野... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。